DS:ストーリー「日高愛」episode.1

ストーリー「日高愛」episode.1「熱血ダメ候補生の挑戦!」

「あの有名なアイドル天海春香さん」の御紹介とは言え、ずいぶんすんなりと採用されたなと思ったら、社長から「元スーパーアイドルである母親のネームバリューを使う」とプロデュース方針を示された。

俺の脳内設定では愛の母親の日高舞さん29歳はシングルマザー。
愛の父親は当時の舞さんのプロデューサーで、今は765プロあたりに居るに違いないと踏んでいるが、それはそれとして、

母親の名を使う事に強く抵抗する愛に対し、「正攻法では可能性ゼロ」「レッスンで埋まる差じゃない」と言い切る社長。
その率直な物言いは嫌いじゃないぜ。相手を大人として扱ってる証拠だからな。
一回だけチャンスをと食い下がり、次のオーディションで合格を掴めたら希望通りに、合格出来なかったら社長の方針に従ってデビュー、と言う事になる。

と言う訳で、活動第一週。
週の初めの月曜に事務所でミーティングをして、その後のスケジュールは自分で決めろと言う事らしい。放任だなぁ。
流行情報が示され、楽曲や衣装の選択を行う。

楽曲は以下の8曲からの選択となる。
「”HELLO!!”」,「THE IDOLM@STER」,「shiny smile」,「relations」,「GO MY WAY!!」,「エージェント夜を往く」「キラメキラリ」,「???」
「???」は選択不能だが、恐らく物語が進行する事で持ち曲「ALIVE」が選べるようになるのであろう。
曲数制限に関する説明が無かったので、毎週変更可能だと思われる。
各曲の説明にイメージに関する言及が無い事も気になる。
楽曲補正が無い訳ではないと思うが…。
とりあえず、最初なので主題歌「”HELLO!!”」を選択。
印象的にはVocal曲だと思うが、はたして…。

衣装は「CUTE&GIRLY」「COOL&SEXY」「COSMIC&FUNNY」各カテゴリでそれぞれ1種類ずつが初期状態。
流行イメージに合わせて選ぶ事になるが、選んでる間は自身のパラメータを確認出来ない。

選択を終えて、月曜日の活動を始める。
どうやら事務所からはPDA(!)を支給され、重要事項は口頭だけで済まさずにメールでも送られるようだ。
それを確認してからスケジュールを組みなさい、と。
なかなかしっかりしているな。
何度言ってもメールで確認を投げられない社会人も居ると言うのに…。

と言うことで、最初の月曜日は「Visualレッスン」に挑戦する。
…これ、難しくね? なんか上手く捕まえられない。
評価はノーマルでした。

火曜日、続いて「Danceレッスン」に挑戦。評価はグッド。

水曜日、コミュもやってみよう。営業「ファーストライブ」へ…。
ライブ前のシーンから暗転してライブ後のシーン。ライブは一瞬で終了かよ。
失敗だったらしい。…まぁ、頑張れ。

木曜日、残る「Vocalレッスン」に挑戦。
ギリギリでグッドで、「Lv1」→「Lv2」となった。

金曜日、コミュは「アイドル研究」と言うから何をするのかと思ったら、愛の母親:舞さんの話を聴く事だった。
舞さんのあまりの自信家ぶりに、こりゃ何の参考にもならんな、と。
デビューからミリオン5連発とか、次元が違い過ぎる。
一番大事なのは「絶対の自信」だと言う。
うーん、それってある程度の実力があった上での話じゃね?
今の愛には自信以前に身に付けなきゃいけないものがたくさんあるでしょ。
舞さんの代表曲「ALIVE」は、愛に言わせれば「あたしのトラウマの歌」だと。
なるほどね。母親を乗り越える物語って訳だ。

土曜日、流行がViなので「Visualレッスン」。
評価はノーマル。やっぱり難しいよ!

日曜日、通常のスケジュール選択ではなく、家に居るか外出するか。
外出を選ぶと、絵理か涼を選ぶ事になる。今日は絵理のステージを見に行くか。
帰ると、事務所から転送されたらしき「ファンからのプレゼント」が届いていた。
…なぜ神棚に飾る。

そして第二週。活動リミットの様なものは示されていない。
既定の必須「営業」(コミュ)を進める事でシナリオが進行し、最後にオーディションでエピソードを締めくくる流れか。
コミュが物語そのものを構成している様だ。

まだよく分かってないので、楽曲変更も衣装変更も行わない。

月曜日、Viレッスン。ABEABAでノーマル。

火曜日、「バックダンサー」コミュで日比谷公園へ。
結果的に失敗だったけど、いつかIUに出場すると宣言した。
やっぱタッチコミュが上手く行ってない希ガス。

水曜日、「歌のテスト収録」コミュ。
まなみサンに助けられて上手く行ったようだ。

木曜日、Viレッスン。BAAEABでノーマル。

金曜日、「買い出し」コミュ。
涼クンとケーキ屋へお使いに行った。

土曜日、いよいよオーディションに挑戦。
「60%」だったが合格。結構外してたので内心ひやひやした。
そして、初ステージシーン。これ、なかなか凄いね。
PSPでイマイチ納得してなかったステージ周りのオブジェクトが、
マシンパワー無いなりに工夫されてて上手いと思った。

かくして「Rank.E」に昇格。
社長には約束通り舞さんの名を出さずに続ける事を承諾させる。
だが、その「切り札」が手の内にある事を忘れない様に、と釘を刺された。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.