ストーリープロデュース「高槻やよい」第20週まで

ストーリープロデュース「高槻やよい」、第16週から第20週まで。

先週記者ブーストをかけたので、現在「Lv.7」。更に流行変動で「Lv.8」に上がった。
楽曲変更を兼ねて、特別オーディション「TOP×TOP!」へ挑む。
ランク上の参加者も混ざっていたが、ボムを使えばどうと言う事は無い。
が、オーディション終了後にパラメータ変動により「Lv.7」にダウン。

と言うわけで、改めてレッスン漬けの日々に戻る。
17週目は歌詞レッスンとポーズレッスン。
レッスン後に「Lv.8」に上がり、記者が帰って「Lv.6」まで戻る。

翌週は丸々ポーズレッスン。
朝の段階で流行変動により「Lv.6」から「Lv.7」へ。レッスン後に「Lv.8」へ。

19週目、やよいからボイスレッスンの要望があり、安請け合いしたのが大失敗。
もともとボイスレッスンは不得意だったのだ。やめときゃ良かった。
二回ともパーフェクトを取れずに約束未達成となる。
そして…

20週目、テンションがほぼ青。ぎゃー!
ピンク9割で安定していたのが、黄色通り越して一気に青って!
どうしたものかと眩暈がしそうになりながら挨拶を終えると、今度はオーディションが受けたいと言う。
レッスン強化期間が終わってないのでLv低いし、記者ブースト無しのオーディションはまだ避けたいのだが、ここで拒否して更にテンション落とされるのは困る。
止む無くやよいの要望を飲み、特別オーディション「カラフルメモリーズ」へと送り出した。
ジェノサイド前提のこのオーディションなら勝ち目はある、…はず。

参加者6人中3人までがRankもLvも上。
Rank.A/Lv.13の子まで居て、思わず凍りついた。やっぱりジェノサイドしかない。
第一審査全てと第二審査の終盤までをトリプルアピールして、流行一位のDa審査員の興味を削り、その後はVoとVaのダブルアピールで流行二位・三位を確実に押さえる。
狙い通り第三審査前半でDa審査員が帰ってくれたので、15点で通過出来た。
声掛け全部当てたのも相まって、テンション完全回復。助かった。

が、このペースだと、やよいは兎も角、9人目のあずささんが終わらないな。
今週末は土日もストーリープロデュースに充てよう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.