ストーリープロデュース「三浦あずさ」第28週まで

ストーリープロデュース「三浦あずさ」、第22週から第28週まで。

22週目、あずささんの御要望により丸一日ダンスレッスンとした。
もうそろそろパラメータ的には十分だと思うんだけどなぁ。
「Lv.10」→「Lv.11」、Viだけ低くなってしまった。

23週目、まずは「レコーディング(CD)」コミュ。
口では何とでも言えるが、あまり力になれてない気がして悔やまれる。
午後は歌詞レッスンで「Lv.11」→「Lv.12」。

24週目、そろそろランクアップを見据えないと、と言う事でオーディションへ。
流行はVi>Da>Voなのだが、Daが上がり過ぎて衣装で調整が効かない。
流行一位のパラメータが上がらないならジェノればいいじゃない!と言う事で、
ボムを惜しむと自動的にジェノサイドな特別オーディション「カラフルメモリーズ」へ。
一人帰すつもりでダブルアピールを調整していたが、他の参加者がボム外しまで重ねたので二人帰った。
第一審査3位、第二審査1位、第三審査1位の計6で合格。
これにてファン数のノルマ達成。

25週目、あずささんはオーディションを望んだが、ランク上げる前に営業をこなしたいので拒否。
「季節イベント3」コミュでちょっと落ち着いたデート的な事を楽しんでみる。
いやぁ、子供っぽい子と付き合ってるとなかなかこうはならないよね。
午後は「スタジオMEIKO」BUUKOさんと衣装合わせ。
レアな「クロスのブローチ」をゲット!

26週目、流行変動で「Lv.12」→「Lv.11」。
今日は満を持してIU予選に挑む。ついでに、楽曲変更も。
正直言って、些か難しい曲と認識している「隣に…」を3rd Singleとした。
前奏の二節目と最後の二節がリズム取り難いのだ。
これを最後まで残すと苦労しそうなので、ここで使っておく。

レベル的には他の参加者は格下なので、どうと言う事も無い。
前述の様な曲の始まりと終わりのJustAppeal失敗がありつつ、均等打ちでしのぐ。
だが、最後の最後、第三審査第九節にボムラッシュを食らって満点は逃した。
第一審査1位2位3位、第二審査1位3位3位、第三審査1位4位2位の計27点。
記者ブーストが発動して「Lv.11」→「Lv.14」。

あずささんは「だんだん難しくなってきた」と言うが、そんなでも無いだろ。
例によって予選の前後に美希がちょっかいをかけて来たのを面白半分にあしらっていたら、怒らせてしまったようだ。
放っておこうと思ったら、あずささんにフォローするように言われた。
不本意だが、あずささんがそこまで言うなら美希にも構ってやらなくもない。
まったく、胸以外張り合えるところも無いくせに世話の焼けるガキだぜ。

27週目、流行変動により「Lv.14」→「Lv.16」。
「ランクアップ」コミュでよみうりランドの野外ステージにてライブ…って、なんか微妙なこと言っとる。
うーん、こんな時どんな顔したらいいか分からないよ。
午後は「スタイリングKEEN」MINMINさんと衣装合わせの約束。
「ブリリアントパール」って先々週にも頂いたんですけど、流行ってるんすか?

28週目、流行変動により「Lv.16」→「Lv.14」。
記者ブーストが残ってる間にと思いオーディションへ。
流行のDa>Vo>Viに上手く合わせられなかったので、特別オーディション「Vocal master」へ。
第一審査2位2位3位、第二審査3位3位5位、第三審査2位1位2位の計28点で合格。
記者ブーストは継続していて「Lv.14」→「Lv.15」。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.