ストーリープロデュース「三浦あずさ」第38週まで

ストーリープロデュース「三浦あずさ」、第33週から第38週まで。

33週目、メールブーストが発動したので特別オーディション「VisualMaster」へ。
第一審査で適当にダブルアピールしていたが、審査員のゲージの減りが鈍く帰りそうに無かったので、その後の第二審査、第三審査は全てトリプルアピールとし、第三審査第九節に駄目押しのボム。
第一審査2位5位1位、第二審査2位3位1位、第三審査1位3位1位、計25点で合格した。
記者ブースト切れで「Lv.16」→「Lv.13」。
これにてIU予選出場のノルマは達成。

34週目、流行変動により「Lv.13」→「Lv.14」。
あずささんはオーディションに出たいと言うが、コミュを消化したいので拒否。
「ミーティング」コミュの後、「スタジオナムコット」YURICAさんと衣装合わせ。

35週目、ポーズレッスンの後、「ビデオ撮影」コミュ。
なんで声を掛ける時点からタッチコミュなんだよ!
誘惑に駆られなくも無かったが、あまりにも唐突なので自重。

36週目、あずささんの御要望により丸一日ポーズレッスンとし、「Lv.14」→「Lv.16」。
Daはそろそろカンストじゃないかと言う感じ。

37週目、満を持してIU四次予選に挑戦する。
同時に楽曲変更も行い、4tn Single「Colorful Days」とした。
例によってオーディション前に美希が絡んでくるが、あずささんはと言えば、
「私にはプロデューサーさんがそばに居てくれますけど、美希ちゃんには…」
と、美希本人を前にして余裕の上から目線な発言。
美希も流石にそれにはカチンと来たのか、踏み込んだ発言であずささんに俺を意識するよう仕向ける。
…思惑通り(ニヤリ)

オーディションはボム無しでも満点余裕だろうと思ったが、第三審査中盤でボム外しにより流行一位を帰されてしまった。
第一審査2位1位、第二審査1位2位、第三審査1位1位、15点で合格。

自分が御邪魔虫だとも気付かずに、あずささんをジャマ呼ばわりする美希が物悲しくも滑稽だ。
「美希の前でラブラブしないでってば!」
はっはっはっ、そこまで分かってて何故自分の方が邪魔者だと認めない!
「美希のことはどうでもいいんでしょ?」
うん!(きっぱり)

記者ブースト発動により全てのパラメータがほぼカンスト状態。
その帰り、どう読んでもデートのお誘いにしか見えないメールが来た。喜んで!

38週目、「Rank.B」初週ながら、スーパー子安タイムの予感で早く目覚めてしまい、ふらふらとテレビ局へ。
まぁ、それはそれとして、「ランクアップ」コミュで部屋に呼ばれた。
で、…遠回しに告白された気がする。俺もそろそろ結婚を考えていい歳だよな…。
午後は表現力レッスンをと考えていたが、軒並み閉まってて歌詞レッスンになった。
Voもそろそろカンストしそうだ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.