ストーリープロデュース「三浦あずさ」第44週まで

ストーリープロデュース「三浦あずさ」、第39週から第44週まで。

39週目、黒井社長の招待に応じてライバルオーディション。
記者ブースト掛かってカンスト状態なので、もはや怖いものなど無い。
オーディション前にまた美希がもめている様だ。
「あずさだけには負けたくないの!」
『サン』を付けろデコスケが。
チーター子安の力が無きゃ何一つ勝ててない小娘が生意気言ってんじゃねぇ。

第一審査2位3位4位、第二審査3位4位2位、第三審査3位2位3位で、計25点。
終わってみると、オーディション前の対立姿勢が嘘の様な明るい反応。
何だか微妙な褒め方をする。女って分かんないなぁ…。

帰路、再び美希に遭遇。どう見ても正真正銘の待ち伏せだ。
「さっきから美希で遊んでるでしょ?」
勿論!遊びでもなきゃ付き合ってられるか。

40週目、まずは「CM撮影(出演)」コミュ。
話の流れにより遠慮無くタッチさせていただく。なんというイチャラブ。
午後は無難にポーズレッスン。
ここで記者ブースト終了、どーでもいいけど、

41週目、またまた黒井社長の招待に応じてライバルオーディション。
第一審査2位2位2位、第二審査3位3位4位、第三審査3位3位4位で、計26点。
これにて無事にノルマのファン数を達成。

IU予選(ランクアップ)の条件を満たすには、これほど都合の良い存在は無い。

42週目、朝は「アラスカアンカレッジ」YOKKOさんと衣装合わせの約束。
その後、「ある日の風景7」コミュ。ま、ままま、マッサージですと?
なんという誘惑。これはイチャイチャせざるを得ない。
自重しろ、俺。

43週目、あずささんのボイスレッスンのリクエストは断る。
「Rank.B」でボイスレッスンのパーフェクトは俺には無理です。ごめんなさい。
とりあえず、「TV出演」コミュ。
俺のあずさに手を出すなと小一時間説教したい、なんて思ってたら…
「自分の言葉には責任を持ってくださいね」
…噛んでたガム噴いた。

午後はポーズレッスンをして、Da値のカンストを確認。
更に帰路にさっきの件でメールで念押しされた。ニヤニヤが止まらない!

44週目、ついに最終予選となるIU五次予選。
大事なオーディションの前に晩ご飯の話をして和んでみる。それが俺のジャスティス。
身を引くような発言なんて、「この俺が試されている」と言う感じしかしないぜ。
望むところだ。

第一審査2位1位2位、第二審査1位4位3位、第三審査3位4位1位で、計26点。
それはそれとして、オーディション前後の方が盛り上がってる様な…。
あずささんは大人な割り切り方をするが、俺には納得出来ない。
そこまで大人には振舞えないよ。

で、ダメ押しで美希をダシに使う。(^^;
最終的にあずささんかわいすぎてヤヴァイんだが、

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.