DS:ストーリー「水谷絵理」episode.7

ストーリー「水谷絵理」episode.7「囚われた過去の真実」

…なんだそりゃ?
少なくとも絵理には過去と言うほどの過去はあるまい。
純粋に「とばっちり」なのか?

それはそれとして、「アイクラ」いや、「クラトナ」? 兎に角、第一次予選の話が上がって参りました。
クラシック・トーナメントは、第一次予選、第二次予選、決勝の三戦だそうです。
エピソード7,8,9の三戦と言う認識でいいのかな?

絵理と尾崎さんとの会話を聞いてると、絵理は本当に義理堅い良い子だと思うが、俺は尾崎さんへの不信感が色々と育ってるので、そんなに素直な気持ちにはなれないな。

「…でも、その前にやる事がひとつ」
サイネリアと共に再び765プロへ向かう絵理。
「呪われた事務所は、作り話?」
「それがね、そうとも言えないの」
な、なんだってー?!

この渋谷のLv.3事務所の建物に、ずっと前によろしくないプロダクションが入っていた事が分かったと言う。
「倒産寸前まで残っていた、その最後のアイドルの名前は“riola”」
…誰?

とりあえず幽霊屋敷と自殺アイドルの呪いは別件と分かったものの、絵理が不可解なトラブルの渦中に居る事については何も解決してない。

第一週、流行はVi>Da>Voで、前回から変わって無いから楽曲も衣装も変えない。

月曜日、「おはらい」コミュ。
「この神社が、ネットで紹介されてたお祓い効果マキシマムの神社デス!」
九字なんか切ったら電子の妖精:鈴木さんが消えてしまうよ!

その帰り道、何の脈絡も無く夢子さん登場。それも、夜道で背後から。
「あなたを…潰す。フフッ」
なんたる不敵な笑み。

「通りすがりの知り合い」「今、思い出した。多分…そう」
すごいイイカゲンに聞こえるかも知れないが、サイネリアを動揺させたくない。
うっさいから、

火曜日、涼からメールが入っていた。え? 夢子さん知り合いなの?
と言う事で「涼からの呼び出し」コミュ。
ってかここ何処よ? 見慣れないロケーションだな。
夢子さん来たー! ねぇねぇねぇ、それって私服なの? サイネリアと同類?
夢子さん割とモーション多いな。それに、何気にかわいい。

「私達の追ってる件とは…全然関係無い人…」
紛らわしいやつめ。
まぁ、そーゆー意味では絵理にとって要らない子なんだけど、俺は気に入ったぜ。

「そういう姿勢、嫌いじゃないわ。勝っても負けても恨みっこ無しよ。それじゃあね」
ん、今までに居なかったタイプだね。

その後、尾崎さんに相談。
別コミュにすればいいのに、なんか妙なところで繋げますね。
…な、なに? この新しい反応は…。まさか、もしかして、いや、でも、今は深読みはやめよう。
尾崎さんが替わりに調査するので、絵理は仕事に専念しなさい、と。そりゃそうだ。

水曜日、ストーリーの本筋であるところの必須コミュは続いているが、レッスンも疎かにできない。
まずはDaレッスン。そして翌日・木曜日は、Viレッスン。

金曜日、Viレッスンで春香さんに会う。レッスンはグッド評価。
「絵理ちゃん、ちょっと大切な話をしてもいいかな?」
およ? これは今までに無い新しい反応?
もう出て来ないって事か。ちょっと寂しいな。
「これまで…ありがとう」
「春香サンクス」パネルを貰った。

土曜日、Voレッスンであずささんに会う。
「絵理ちゃん、ちょっといいかしら」
「そろそろ、私からアドバイス出来る事も無くなってきた気がして」
そんな、まだサムカワギャグ何も習ってないですよ!
「あずさサンクス」パネルを入手。

ふーん、これ全員分あるのか。
前回の愛のストーリーではランクBに上がって突然会えなくなった印象があったけど、ちゃんと別れのシーンが用意されてたのね。
さて、全員から「サンクス」パネル貰えるかな?

日曜日、涼のステージを見に行く。
もう何度か言った気がするが、涼のキラメキラリもかわいい。
ってか、キラメキラリって中の人達も口々に好きだと言うだけあって良曲だよ。
プレゼントは「ねこみみ」。被り? ぬっこぬこ~♪

第二週、事務所前で愛に遭遇。やっぱり声がデカイ。慌てて音量を下げる。
「すっごい張り切ってますね!」お前がな。

流行はVo>Vi>Daだが、まだコミュも終わってないし、あと4人会う事を考えると今週中のオーディションは無いな。必須ではないコミュの出現フラグになるかも知れないし、敢えて流行を外すか?
Da曲「エージェント」に、衣装「インディゴスパングル」と「クールサングラス」。

月曜日、「ミーティング3」コミュ。
尾崎さんにファミレスで、立ち絵の無い女性に引き合わされる。もしかして…
え? 結論が単なる偶然だと? …三話も引っ張って? …微妙。

火曜日、社長からメール「八方美人にならないように」。いやいやいや、それ言うの遅くね?
それはそれとして、「律子に報告」コミュ。
律子に会いに765プロへ行くと亜美登場。お前暇そうだな。
「こう見えても、す~ぱ~アイドルなんだから♪」
嘘を言うな、嘘を。愛なんて亜美の名前聞いても分からなかったぞ。
どうせ「Lv.4 一部で人気のアイドル」ぐらいなんだろ?

でも絵理は知ってたみたい。サイネリアはリアルアイドルに疎いので、
「こんな歳から、もうコキ使われてるんデスカ?」
ん~、見たまんま言えば、この通りこき使われては居ないよね。仕事無くて事務所で遊んでる、としか…。

律子に報告してたら、亜美が割って入って来て過去に“riola”を見ていたと言う。
「んっとね。デパートの屋上!」
よく覚えてんなー!
「二人ともすっごく優しかったよ!」
な、なんだってー?!
ここでBGMがフェードアウトし…
「“riola”の二人?」
シリアスなBGM「ED_MORNING」が流れ始める。
「デュオなの?」「うん、ショートカットのお姉ちゃんと髪の長いお姉ちゃん!」
尾崎さんフラグ消えてねー!

「もう一度、尾崎さんに…」「待って」
りっちゃんの言う通り、尾崎さんを問い詰める前に調査が必要だな。
この時点で4パターンの妄想が並行展開中なんだが…。

水曜日、「過去ログ検索」コミュ。
サイネリアがアイドルデュオ“riola”の情報を見つけてくれた。
「近藤聡美と尾崎玲子」…あっさり出ちゃったな。最初に尾崎さんに相談した際の反応で感じた通りだったか。
社長が業界内で宜しくない評判の持ち主だったために、彼女らも散々中傷を受けていたようだ。…アーツビジョンの枕営業?(違)
サイネリアは絵理のライバルに向けられた嫌がらせについて、尾崎に疑いの目を向け始める。
次に動きがあるとすれば、『アイドル・クラシック・トーナメント』の第一次予選…

木曜日、と言うわけでオーディション解禁。
Daレッスンで千早に会う。パーフェクト評価で下がり気味のテンションも回復。
「水谷さん、来るべき時が来たようね」
「千早サンクス」パネルを入手。

金曜日、Voレッスンで真に会う。パーフェクト評価。
「そんなに怖がらなくてもだいじょうぶだよ」
音声で聞くとそんなでもないんだけど、テキストにするとエロいね。流石は平田宏美(関係無い)
「真サンクス」パネルを入手。

土曜日、Daレッスンでやよいに会う。カンストでパーフェクト評価。
「絵理さん!今日はひとつお願いがありますっ!」
「やよいサンクス」パネルを入手。

日曜日、愛のステージを見に行く。「エージェント夜を往く」が春香さんに似てる。
プレゼントは衣装「ノエルアンジェリーク」。これは嬉しい。

第三週、流行はVi>Vo>Daとなる。
楽曲は「GO MY WAY!!」、衣装は「ノエルアンジェリーク」に「しろうさみみ」「天使の羽根」「くまのて」を付ける。
なんかカオスになってきた気もするが、イメージレベルは「Lv.9」→「Lv.10」…上がるんかい。

月曜日、非必須の「ベストアルバム選曲」コミュが湧いていた。
「でも、ヒット曲あんまりないのに…早過ぎ?」
「とにかくベストってタイトルに付ける事で、関心を引く事ができるから」
…そーゆーの、ヤです。
詳しく話を聞いても、考え無しの「やっつけ」過ぎる。何なんだアンタ。
俺の中で尾崎さんへの不信感がドンドン蓄積されて行くんだが…。

火曜日、Voレッスン。カンストでパーフェクト評価。
水曜日、雪歩に会うために、尚もVoレッスン。
たぶん何らかの条件を満たしたら、100%会えるんだと思う。
第一週の水曜・木曜には誰にも会えてないので、具体的な条件は理解してないけど、
カンストながらパーフェクト評価。
「あの…絵理ちゃん、ちょっといいですか?」
「もしかしたら、もう私の助言は要らないんじゃないかなって」
「雪歩サンクス」パネルを入手。

木曜日、Viレッスンでグッド評価。
「ビジュアルアクシデント」パネル…ってヲイ!なんじゃそりゃ?

金曜日、りっちゃんから調査の進捗に関してメールが来ていた。
ようやくカンスト。その上パーフェクト評価でテンションも最高。
まさに絶好のオーディションタイミングだぜ!

土曜日、と言うわけでオーディションへ。
サイネリア「今日こそ真犯人を捕まえて、ブタ箱送りです!」
尾崎さんは不信感を更に上積みする別行動中。
そして、サイネリアの予想通り先に会場入りし、小細工中らしき尾崎さん。
「これまで…センパイの敵を、影からキッタナイ手で潰してきたんでしょ?!」

そこに、夢子さん登場。
相変わらずの不適な笑みに俺はもうニヤニヤだぜ!
その上、ちょっとツンデレな一面まで…。俺はもうメロメロだぜ!(黙れ)
「食うか食われるか、勝負よ!」

思い出11個、初期状態80%で、7回まわして1回だけ外したものの、最終90%で合格。
夢子さんかわいかったなぁ。再登場を期待。

「信じて。私は…やってない」
え~? ここで二択かよ。俺の中では不信感MAXなのに!
でもでも、大事なのは絵理の将来だ。俺の感情で選んじゃいけない…。
後でここのセーブデータからやり直すとして、今は…

「センパ~イ、お人好し過ぎますよ~っ!!」
それはそれとして、無事、昇格。何も解決してないけどな。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.