DS:ストーリー「秋月涼」prologue

最後を締め括るのは涼クンです。
とりあえず、ディアリーステーションでもお馴染みのプロローグ部分から。

…まぁ、どう見ても男の子ですね。
たぶん共学にも関わらず、初っぱなから同級生の男子に告られる涼クン。
「秋月なら男だっていい!俺、本気なんだ!」
「嫌だよぉ、男同士なんて!」

予てから考えていたらしく、意を結して従姉弟のりっちゃん(律子姉ちゃん)に会いに765プロへ行く涼。
「僕、イケメンになりたいんだ。もっと格好良くなって…」
「どうしたの?さては女の子にでもフラれた?」
それならどんなに良かった事か。

「律子姉ちゃんは、僕が見知らぬ世界に旅立っちゃってもいいの?」
The (Dazzling) World ! …って、コレ嫌な伏線だな。
「…わけわからない」
この時にちゃんと説明していれば、悲劇は避けれたんじゃないのか。
そして、ライブハウスで876プロの岡本まなみマネージャー(仕事中)を紹介される。

トラブルによりステージに穴が空き、涼が穴埋めに歌う事に。
「ここでポイントを稼いでおけば、デビューへの道、開けるかも」
りっちゃんの口車に乗せられるのはいいとして、衣装が女物と気付いてもそのまま着ちゃう弄られ体質は…。
「えーとっ、なに歌えば?」
…歌の前に女物を着せられてる事をもう少し気にしろよ!
りっちゃんもまなみさんもほぼスルーじゃねーか!

元々レパートリーにしていた「GO MY WAY!!」を披露する涼。
「そっか~。イケメンデビューは無理でも、こっちの手があったか~」
ぱーどぅん? 律子さん? あなた何言ってんすか?

「ウチに来ませんか?」
「えっ、でも、ちょっと待って下さい。僕、男ですよ?」
「えっ、男…?男の人???」
素で気付かれてねーし!

涼クン、言わなくても分かると思わずに、ひとつひとつをしつこいまでに説明して話を進める習慣を付けないと、みんな自分の都合の良い様に勝手に理解して、大変な事になるぞ。
りっちゃんまで乗り気になってしまう。ひでぇ…

「やだっ!女の子でデビューだけは、やーだー」
「ウチなら男の子デビューでもいいです!」
…そう言われたら仕方ないよな。
「いとこの私を裏切る気?」
どっちが裏切りだよ!

昔からりっちゃんに玩具にされてたらしい。その時に弄られ体質が身に付いたのか。

そして876プロ事務所へ。石川社長の第一声、
「断じて、女の子デビュー。それ以外は認めません」
どキッパリ!orz
「それが出来ないなら、ウチでは飼えません。まなみ、元の場所に捨ててらっしゃい」
…ひでぇ。鬼!悪魔!
まなみさんにも裏切られる。
「どうしても男性アイドル志望なら、まずは女の子としてチカラを証明して見せて?」
…その理屈はおかしい。
「歌唱力やステージングに男も女もない。輝けるかどうかだけがアイドルの才能よ。そうでしょ?」
全力で丸め込みに来たぞ! 逃げて~!
「まなみ、765プロの秋月さんに返却してきなさい」
ぎゃおおおおんっ!足元見やがって! と思ったら、
「ぎゃおおおおんっ!それだけは許してぇぇぇ!」
…非常に分かり易い反応です。俺が考えた通りに三瓶さんが喋るよ!

「分かってるわ。男に二言は無い。―私、女だけど」
…石川社長が既に前言を覆す気マンマンな件。
涼、終わったな。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.