ラジオdeアイマSTAR☆ 活動4週目

前回に引き続き、「水谷絵理」役:花澤香菜さんゲスト回です。
オープニングから「ぬっこぬこ~♪」いただきましたー!

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/details.php?id=imas_star

活動4週目『秋といえば、お芋しかないでしょ?』

中村「花澤香菜さんに来て頂きました~。ありがとうごじゃいましゅ~」(じゅるり)
仁後「そんなに嬉しかったんだね。嬉しい時とかじゅるじゅる…」
花澤「あ、そうなんですか」
仁後「うん、きっと、出るんだと思う」

中村先生またテンションがおかしい。

コミュニMail☆

お便り「新番組になった事ですし、改めてお互いのあだ名でも…」
中村先生のネーミングセンスは、悪意が無いとは思えないラインに突っ込んで来ますよね。

長谷川「気をつけてね。あのね、繪里子さんはね、こう、なんか、硬くて尖った様なので刺してくるから」
仁後「なんかね、突拍子も無い事言ってくるよ。どうしてこれになったの?みたいな」
長谷川「だから、迂闊に『つけてください』とか言っちゃダメだよ」
花澤「え~?! つけてください!」(即答)

女の子らしい甘~い感じ、とか言ってたら、
花澤「あ、あたし女の子らしくないんですよ」
中村「あ、確かにギャップのある印象は…暫く会ってると『おや?』って思う」
長谷川「お互い様でしょ?」
中村「見た目はめっちゃ…それこそ『ギンガムチェック』って感じなんだけど、びっくりするところが親父臭かったりとか」

携帯電話の電話帳に指定する絵(vCardの添付画像の事?)が「めっちゃ気持ち悪い絵」だったと言う。
花澤「気持ち悪くないです!」
中村「なんか溶けかかった茶色いソフトクリームみたいな」
花澤「違います! あれは干し芋です」

花澤「干し芋が大好きで、好き過ぎて干し芋のキャラクターを作ってしまったんですよ。干し芋子って言うんですけど」
ファンから貰った立体の画像を使ってるらしい。…って、これだよね?
うん、キモイと評するのは無理からぬ事と思います。

仁後「好みが似てるんだよ」
芋繋がりですね。分かります。

続いてのお便り、中村先生が番組に託けて運転免許取得を希望している件に繋げて、中村先生が免許を取ったとして、行楽に行くとしたら何処行きますか?と。
長谷川「え? これ繪里子さんの運転で行くの?」
中村「はい、そうです」
仁後「真耶ウチに居たい!」(即答)
長谷川「私も!」(慌てて追随)
中村「いや、どっか行くんだってば!行くの!」

中村「芋子は何処行きたい?」
長谷川「…香菜ちゃん芋子なんだ」
花澤「そうですね。私はじゃあ、どっかに芋掘りに行きたいですねぇ」
仁後「…やっぱ芋なんだ」
中村「あっ、いいねぇ!」
《…ここから芋トーク…》

…自由過ぎる。

ツッコミが足りない。
アッキーだけじゃ支え切れてない。

ドラマですよ、ドラマ!

いわゆる「出演依頼」のコーナーです。
絵理によるセキュリティソフトのCMとか、シチュエーションものとか、
まぁ、当たり障りの無い感じ?

ソフトにハードに!

アイマスシリーズのクロニクル的なコーナーですが、初回は最新作「アイドルマスター DearlyStars」。
活動報告(お便り)として、16人通信プレイの話とか、タッチペン2本でレッスンすると言う話とか。
タッチペン2刀流に長谷川さんが食い付いていたのは、この中で最も積極的にDSをプレイしているのが長谷川さんであると言う事だと思う。
(個人的にはVisualレッスン以外は普通にGood以上出せるしなぁ…)

続いて、スタッフインタビュー。
DSなので、お約束のブンケイPに「苦労話や裏話があれば」と振ったところ、真っ先に出てきたのは台詞収録の際に用意したおやつの話でした。
一人一人の好みに合わせつつ、同じものが続かない様にした、とかなんとか…。

ついでに、ニコ動のブンケイPコミュに対する言及。
花澤「へぇ~、じゃあ出ちゃえばいいのに」
仁後「え? それはゲームの中に出ちゃう?」
中村「入ってしまえばいいのに! 出ないで入ってしまえばいい」

花澤さん、ブンケイPのおやつオペレーションを絶賛。
「ブンケイさんね、最高ですよ!」「もう凄いですよ。餌付けされました、私」

ブンケイPは香菜様のファッションチェックを受けて色々と改善中らしい。

え? ブンケイPだけ? と思ったら、ちゃんと梶岡Dのお言葉もあるよ!
梶岡Dはもっと表に出て欲しいぜ。

最後に、中村先生から香菜様へ「キャラ作りの過程」等についてインタビュー。
やはり歌が先行するのはキャラクター作り的には難しい、と。
スタッフとの間では、キャラクターイメージの摺り合わせでリテイクもあったと言う。

中村「お気に入りの歌とかって、ある?」
花澤「そうですね。あのぉ、私、仁後さんの『GO MY WAY!!』が大好きなんですよ」

仁後「先日の話なんだけれども、あのね。基本、歌の歌い癖のなるべく無い方の曲とかをデモテープとかで出したりとか、ウチらも仮歌さんの歌をもらって聞くんだけど、『GO MY WAY!!』だけは私の歌を渡してたみたいで、みんな『れぅ~、れぅ~』って一生懸命歌ってたんだよ、って言うのを後日聞いて…」
長谷川さんだけ何を言ってるのか分からなかったようで、中村先生が「Bメロの『見てる』の…」と説明。
仁後「で、それをそのまま一生懸命歌ってたんだよ、ってのを後で聞いて、『なんで私のをCD持ってったの?!』って『正しくないの持ってかなくてもいいやん』って思って…」
花澤「でも、すっごいかわいくって!」
中村「やよい成分が出まくってるんだよね」

仁後さんにとってはそれは「ガッカリ」なんだそうです。
でも、あれは破壊力あるよね。開発サイド的にも現在の「GO MY WAY!!」はやよいのを標準にしてるって事でしょ。

Ending

引き続き、芋トーク。中村先生大喜び。
「まだその話続いてたんだ…」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.