バンダイナムコゲームス クリエイターズ展

「アイマスの未公開ポスターの展示も」云々は、展覧会の企画趣旨から見ればただの釣り要素っぽいなぁとは思ったけど、片道30分ぐらいのところだし、釣られて損をするものでもないので、行ってみたよ。

結論を先に言ってしまえば、釣りでした。
SPリリース前にポスターに使われた絵柄のものが数点、端に「2nd Vision」ロゴが入ってたから、たぶん今回のために出力したんでしょうけど、モノとしては見慣れたモノとしか言い様が無い。
まぁ、趣旨は別にある事を承知で行ったので、別に構いやしないのですが。

で、肝心のクリエイターズ展の方だけど、展示数少ないですね。
まぁ、ギャラリースペースが狭いからなんだけど、これぐらいのスペースでやる場合、学生さんや個人なら、縦に2列並べたりして頑張って点数を並べますよ。ちょっと気取り過ぎじゃないかな?

ソウルキャリバーや鉄拳に関わっていると言うダイさんの描く風景がなんか「今っぽい」と言うか、ありていに言えば新海誠風である事や、門谷祥子さんは参加作品は最近のものばかりなのに20年前のゲームデザイナーみたいな古風な線を描くね、と言う話はいいとして、個人的に一番気になったのは横尾有希子さん。
横尾有希子さんは、絵柄見ればそのまんまな「太鼓の達人」シリーズに参加している方と言う事なんだけど、やたらと美味しそうで思わず笑ってしまった。
食べ物なんて、デフォルメして線を減らしていけば、質感が失われ、味覚的な記号は薄れてしまうものだと思っていたけど、これが不思議な事に、ちゃんと美味しそうなんだ。別に腹減ってたわけじゃないよ。
デフォルメの手は緩めてなくて、他のキャラクター、モチーフと同様に残酷なまでに単純化されてしまっているのに、ちゃんと美味しそうに見えていると言うのがちょっと不思議だった。
これは何なんだろう? 俺、正直に言うと「太鼓の達人」シリーズのキャラクターってあんまり好きじゃないんだけどなぁ。思わずポストカードを買ってしまった。
そんなこんなで、白子の軍艦巻きが食べたい。

15日に展示物を入れ替えるらしいので、時間があればまた行くかも。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.