MASTER SPECIAL WINTER

と言うわけで、クリスマスですよ!クリスマス!
(註:春香さんは居ません)

THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL WINTER
MASTER SPECIAL WINTER
COCX-35991
三浦あずさ (たかはし智秋) , 四条貴音 (原由実) , 如月千早 (今井麻美) , 星井美希 (長谷川明子) , 高槻やよい (仁後真耶子) , 双海亜美/真美 (下田麻美)
http://columbia.jp/idolmaster/2009/COCX-35991.html

  1. Large Size Party 三浦あずさ, 四条貴音, 如月千早
  2. あったかな雪 星井美希, 高槻やよい, 双海亜美/真美
  3. SCENE01
  4. ワンダー☆ウィンター☆ヤッター!! 双海亜美/真美
  5. チキンライス 高槻やよい
  6. 一時間遅れの僕の天使 ~Lately X’mas~ 星井美希
  7. SCENE02
  8. すてきなホリデイ 三浦あずさ
  9. 遠い街から 如月千早
  10. WINTER COMES AROUND(冬の一日)四条貴音
  11. SCENE03
  12. キミはメロディ (M@STER VERSION) 三浦あずさ, 四条貴音, 如月千早, 星井美希, 高槻やよい, 双海亜美/真美
  13. プレゼント・トラック01 キミはメロディ (M@STER VERSION) オリジナル・カラオケ
  14. プレゼント・トラック02 クリスマス当日専用オープニング

「クリスマス当日専用オープニング」って何だ?w
ちなみに公式サイトの方ではコピペミスなのか「クリスマス専用当日オープニング」となってますが、CDブックレットでは「当日専用」。
でもって…

クリスマス当日は、 14.プレゼント・トラック02 を1曲目として、
以降 トラック01→02→04→05→06→08→09→10→12 というように連続再生していただくと、
また新たな気分で当CDを楽しんでいただくことができます。

…とのコト。
ふーん、そう仰るならその様に致しましょうか。
とりあえず「14.プレゼント・トラック02」は再生しない設定にして封印しておく。

ジャケットが公開された時にどこぞで「真美は不憫」等と言うコメントを目にしましたが、思慮深い大多数の皆さんの予想通り、裏ジャケが真美の独断場です。真美大勝利。

Large Size Party

なにこれww
イントロからAメロにかけて思わず頬が緩み、サビに入る頃には声に出して笑ってしまった。
コテコテのアイドルソングだ。それも、90年代やそれ以前ではない、2000年以降のアイドルテイスト。
作詞は瀬良羽美さん、DS01「クロスワード」の人ですね。上手いなぁ。
作曲は宮島律子さん、AKB48等にも楽曲提供している方らしい。なるほど、テイストにも納得した。

この2000年代アイドルポップスを「千早、貴音、あずささん」に歌わせると言う捻りも面白い。
順当に考えれば、残る「美希、やよい、亜美真美」の方が担当する楽曲だろう。
まぁ、あずささんの安定感はどんなテイストの楽曲でも揺るがないし、かわいい曲をかわいく歌う時の千早と貴音の破壊力もハンパ無いのだが、

あったかな雪

一曲目とは打って変わって落ち着いたテンポの穏やかな曲。
作詞は白瀬彩さん、MS03「arcadia」MS05「自転車」MS06「リゾラ」の人。
テイストは違うけど、言葉の芯の強さが共通する持ち味の様に思う。
作曲は糀谷拓土さん、初めてお名前を目にしました。アニソン用名義か何かだろうか?

これを「美希、やよい、亜美真美」が歌うと言うのも、一曲目と同じく捻ってるよね。
落ち着いた穏やかな曲なので「千早、貴音、あずささん」側に合いそうだが、敢えての逆配置。
キャラクターをステロタイプへ押し込める事無く、イメージを壊して行く、予想を裏切って行くのが憎い。

ワンダー☆ウィンター☆ヤッター!!

「ふたりはプリキュア Max Heart」の楽曲との事。知らねー!w
キャラソンと言う位置づけになるのかも知れないが、キャラ色はそんなに感じさせない。
(まぁ、そもそもキャラ色強かったらリクエストもされなきゃ選考されてないだろうけど、)
亜美/真美にピッタリのハイテンションな仕上がり。

チキンライス

浜田雅功と槇原敬之のアレ、理解して聞き始めたにも関わらず、噴いた。
聞く前には「やよい=貧乏ネタ」ってどーなの? やよいは貧乏自慢とか貧乏ネタで受け取ったりとかしないよ! と思ってたけど…、やっぱり可笑しい。
「七面鳥持って来い これが七面鳥か」で改めて噴いた。いやぁ、やよいはかわいいなぁ。

一時間遅れの僕の天使 ~Lately X’mas~

正直この曲は知らなかったんだけど、CMソングらしい。
「〝きっと君は来ない”と誰かが余計な歌を口ずさむけど そんな事気にしないよ」ってのが微笑ましい。
冬に1時間待たされてる最中でさえもそう思える強さは羨まざるを得ないし、美希は見掛けによらずそーゆー強さを持ってるんだろうなぁ…。
歌詞の通りのひたすらに前向きな明るさが楽しい。

でも、最初に聞いた時からずーっと違和感として感じてたんだけど、この曲って色々な曲の切り貼りだよね?(^^;
何なんだろう? 故意にやってるって事は分かるけど、凄くいいかげんな…バブル的なノリって言うのかな?
そーゆー意味でも美希の「らしさ」に合うんだよね。

すてきなホリデイ

KFCのCMでお馴染み、竹内まりやの定番ソング。
サイトの方では「素敵な」になってるけど、これは誤植? 平仮名が正しいっぽいよ。
今回どの選曲も素晴らしいが、中でもこの選曲はあずささんに嵌り過ぎで、初っ端からニヤニヤが止まらない。
定番の良曲にあずささんの安定感が噛み合って、この心地良さは感動的ですらある。
この一曲でお値段分の価値があると言っても過言ではない。

遠い街から

今井美樹の曲らしい。冬の夕暮れの少し寂しげな情景が胸に染み入って、ちょっとウルッと来た。
千早、頑張ったなぁ。正直、これまでのミンゴスが持っていた表現力を超えていると思う。
この曲でレベルアップしたんじゃなかろうか。

WINTER COMES AROUND(冬の一日)

TM NETWORKキター!
世代的な意味でも「作詞:小室みつ子/作曲:木根直登」は好物な訳ですが、はらみーはTMN世代から外れてるんじゃなかろうかと言う一抹の不安も。
あの「CAROL」収録曲と言う事で、俺より少し前の世代にはこれを語り始めると止まらない人が一定数居るんじゃないかと思うが、はい、語って下さい。拝聴しますとも。
冬の情景の表現としては1つ前のトラック「遠い街から」に通じるものがあるね。貴音にもマッチしている。

キミはメロディ (M@STER VERSION)

「アイドルマスターSP」8月DLCに突如舞い降りたキラキラソング、ついにM@STER VERSIONで登場。
作詞はMA09「Kosmos, Cosmos」DS01「プリコグ」DS02「ヒミツの珊瑚礁」の遠藤フビトさん、作曲はNBGI内田哲也さんで、MA09「Kosmos, Cosmos」、DS01「プリコグ」と同じペアとなっている。
何だろう? 自分でもまだよく分かってないんだけど、この人の歌、なんか気になるんだよね。
言葉が、詩の作りが独特の空気感を持っていて、それが微妙に心を擽られる。

(続きはクリスマス当日に、かな?)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.