THE IDOLM@STER STATION!!! 第22回

30日とか無理っす。

オープニングはクリスマスライブ中に録音した番組タイトルコールから。
そして、坂上Pがビールを手に乱入。
ガミP「バンダイナムコゲームスの坂上と申します」
ぬーぬー「なんで、なんで名乗る時だけちょっとかっこつけるんですか?」
ガミP「あの、ねぇ、やっぱり、会社、サラリーマンですから」
はらみー「サラリーマンなのにサンタさんの格好してますよ」

THE iDOLM@STER STATION!!!

クリスマスライブ内収録のため、ライブ出演者全員が特別ゲスト。
…ウラヤマシス。

ぬーぬー「私、今日『司会』なんで! 私の言う事を聞いて下さいね」

念押ししとかないと突っ走る人がいますよね。
…まぁ、念押ししといてもお構い無しに突っ走る人ですけど、

まずは「2009年の自分を一言で表す」と言うお題で自己紹介から。
下田麻美さんの2009年は「気合」、納得感のある御言葉。
平田宏美さんの2009年は「暴飲暴食」、ブログでも最近「我慢出来ずに食べちゃった」系の話題が多いです。
長谷川明子さんの2009年は「歌!…を歌ってました」、DG-10も宜しく。
中村繪里子さんの2009年は「濃密」、「今ひとつ実感がね、何をしてたのって言われると」忘れてるやん。

ルーキーズ卒業記念大会

ぬーぬーチームにはアッキーとあさぽん、はらみーチームには中村先生と平田宏美さんが入り、二人がチームのリーダーとしてゲームに臨む。
ゲームは「イントロ上手に言えるかな?」、アイマス楽曲のイントロ中に前口上を喋ります。
当然、「お手本」をミンゴスに振られる。

一曲目は「ふるふるフィーチャー」、しかも、アッキーの生歌付きで、ライブに行った人によればフリ付きだったと言うなんとも贅沢な状態。
ミンゴスは見事にこなし、他の面々から絶賛される。
中村「2009年になって、初めて麻美さんを尊敬した」(ご指摘により修正)
ひでぇ…。さりげなくS入りました。

はらみーチームは宏美さんを、ぬーぬーチームはアッキーでは有利過ぎるかな、とあさぽんを指名。
そして、先攻後攻を決めるのは、
ミンゴス「ここはやっぱり」
はらみー「はーい、アレですよね~」
ぬーぬー「ちょちょちょ!」
ミンゴス・はらみー「あれですよ」
ぬーぬー「…嫌な予感がするんですけど」
ミンゴス「うん、みんなの前でジャンケンして負けなよ」
ぬーぬー「…あの~、負ける事前提…」

しかし、まさかのぬーぬー勝利。はらみー、ぬーをポカポカ殴り、
ぬーぬー「暴力反対! 暴力反対!」

ぬーぬーチームは後攻を選択し、はらみーチームの宏美さんからです。
ミンゴス「じゃあ、由実ちゃんから宏美ちゃんにアドバイスしてあげなよ。チームリーダーとして」
ある意味お約束なフリに会場のお客さん達もザワつくw
はらみー「えーっとですね、そうですね、あ、かわいい曲だなって思いながら、なんか喋ればいいと思います」

ザックリだー!

ここで宏美さんならではの必殺技を発動させ、アッキーがメロメロに。
何と言う男前、コレをされたら勝ち目は無い。
そして一言、「私、声優だからさ☆」

続いて後攻ぬーぬーチームのあさぽんへ、ぬーからアドバイス。
ぬーぬー「あの計ってみたんですけども、8秒ぐらい?」
…微妙。

曲が流れる度にしっかりコールを入れるお客さん達にヒントを得たのか、あさぽんは曲紹介の最後を客席へ振る絡め技でバッチリ決める。
やべぇ、天才対決だ。天下の名勝負キタコレ。
「声優だからさ☆」
あんま関係無い。って言うか、ラジオパーソナリティーとしての公録慣れ?

二回戦は「迷走マインド」。
ぬーぬーチームにはアッキー、はらみーチームには中村先生が出陣。ExA対決か。
そしてまたジャンケンで先攻後攻を決める。今度ははらみーが勝利し、後攻を選択した模様。
はらみー「あのー、かっこいい曲なんで、あのー、かっこいいなって思いながら、なんかてきとーに喋れば…」
ダメだこりゃ。

先攻のアッキーは前奏の長さを読み違えてコケる。
後攻の中村先生…、これはひどいww 迷走し過ぎwww

最終の大将戦は「I Want」。
先攻後攻を決めるジャンケンで、「ここで勝てば、2010年の私だいじょうぶ」と自分を追い込むぬー。
結果は…2010年も安泰なぬーと茫然自失のはらみー。例によって負けた方が先攻で勝った方が後攻。
ミンゴス「頼もしい先輩が『ワン、ツー、スリー、ヴァイ!』を言ってくれるよ、きっと」
中村「あの、♪じゃらららっじゃらら、じゃらららっじゃらら、じゃらららっじゃらら、じゃ…どこで言うんだっけ?」
ミンゴス「多くない? 今の多くない?」
中村「由実ちゃん任して!」

…任せられねぇ。(–;

中村「ミュージック、スタート!」
前奏が流れ、はらみーが喋り始めたと思ったら即、中村先生の『ワン、ツー、スリー、ヴァイ!』が炸裂。
明らかに速過ぎる。はらみーはパニクって「えー?! えーっと、えーっと」。
全員から「繪里子さん酷い」と大クレーム。
アッキーが正しいタイミングを言って見せ、それにバッチリ合わせてコールする会場。
お前ら統率され過ぎww

と言うわけで、やり直し。
すっごいゆるい感じながらも、ピッタリとタイミングを合わせ、絶賛を受けるはらみー。

そして、後攻のぬー。
ミンゴス「ちょっとプレッシャーに弱い子なんですけど、掛けてあげて下さい。敢えて、」
そして、プロレスの実況アナの如く雄々しく叫ぶぬー。その時、ニコ動の画面を埋めたのは「北米版www」

これはなかなか面白い感じになりました。
両チーム甲乙付け難いでしょ。決着どーすんだ?

中村先生が足を引っ張ったと言う事で、ぬーぬーチームの勝利。オチ担当ですね。分かります。
まぁ、勝敗はともかくとして、二人ともルーキーズ卒業。

た・だ・し、はらみーがしっかりオチを付けてくれました。
どんだけ期待に忠実なんだよ!

Ending

ライブ中の収録部分以外(前後)は「ライブ直後の打ち上げ真っ只中の収録」との事。
そんなこんなで坂上Pのみならずはらみーのお母様が居たりするカオス。

よいお年を!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

THE IDOLM@STER STATION!!! 第22回” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.