ラジオdeアイマSTAR☆ 活動13週目

2010年初回放送です。オープニングの社長コメントも特別です。
そして、「3パターン SAY HELLO!!」のBGMは「J☆U☆M☆P」なのです。
更に、「菊地真」役の平田宏美さんがゲストなのです!

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/imas_star/

活動13週目『ラジオdeめでたい!?新年会』

中村「今日の、新年一発目の日直は中村なのですよ!」
平田「うわっ、不安だ!」

と言うわけで、日直とポイントに関する色々。

コミュニMail☆

クリスマスライブの感想が来ています。重ね重ね羨ましい。
ブログに上がってた画像だけでも超絶かわいい衣装だもんなぁ。ラジオを聴きながら七転八倒。
メール「中村さん、『I Want』のボーカルアクシデントで全てを持っていくあたり、流石でした」
中村「あぉぅあぉぅあぉぅあぉぅ…」
平田「何回聴いてんの? 『I Want』、何回歌った?」

セットリストにも無いし、「I Want」は歌ってない、と主張する中村先生。

長谷川「だーかーらー、ほらっ、思い出して! 公開録音したでしょ?」
中村「公開録音シタネー」
長谷川「シタデショー?」
中村「シマシタネー、アイマスステーション、シマシタネー」
長谷川「ソノ時、イントロデー、チョットー、口上ノベマース!ミタイナトコロデ「I Want」ヤッタデショ?」
中村「ヤリマーシタネー!」
長谷川「ヤリマーシタデショ、デ、『ヴァイ!』ノアレ間違エタデショ?」
中村「でもあれ私のせいじゃないもん」

一同騒然

長谷川「えー! どう考えても繪里子さんのせいでしょ!」
中村「だってだって、あんのだからね!」
長谷川「落ち着け!」
中村「だからね、ショートバージョンと、M@STER VERSION、ロングバージョンは、『1・2・3・ヴァイ』って入るタイミングが違うわけよ。だから、間違えちゃいけない、これ間違えちゃいけない、ここ間違えて私が笑われるような場所ではない…」
平田「でもね、みんなそれ分かってやってるわけじゃん。あれはロングバージョンって分かってたわけで…」
中村「え? いつ聞いた?」
平田「だってその前に『ふるふるフューチャー☆』が…」

もめてますw

次のお便りで、ライブでは初めてドラマCDの曲も披露された件に言及。
(公開録音イベント内のミニライブではなく、と言う意味ね)
その時、客席のテンションも凄かったと言う話が、

羨ましい。(T-T)

若林直美さんがトナカイをモチーフとした衣装だったと言う話で、
仁後「直ちゃんはトナカイだったんだ?」
長谷川「そうなんです」
仁後「みんな何? 色んな、モミの木とかそーゆーのが色んな…」
平田「ちょっと待て待て、誰がモミの木なの?」
中村「ほんとにね、宏美ちゃんモミの木だったんだよね?」
平田「何言ってんの?!」
仁後「見たい見たいモミの木」

どうやら「Large Size Party」の振り付けの中に雪とモミの木を表すポーズがあったようです。
振り付けのタマちゃん先生に優しく「木」の指示をされた、と。

見たい見たい見たいー!orz

アンコールで平田さんが帽子を落としそうになった時の話とか、若林さんが客席に飛び出しそうだったと言う話とか、まだ終わったばかりなのに(収録は昨年末)凄く時間が経った様な気がすると言う話とか、

ドラマですよ、ドラマ!

コーナー趣旨紹介で噛んだ仁後さんに、「新年初噛みキター」とみんなにまにま。
仁後「宏美ちゃん、ずっと黙って『ふふっ』って言うのやめて、なんか『お前間違えたな』とか言ってくれる方が…」
平田「ここ、やり直すのかな?って思って、こうシーンとしてたら、あ、これ採用なのね?」
仁後「ダメだよ。あんね、諦めた方がいいんだよ。何でも使われちゃうんだよ、ここは、」

BGMにそぐわないシリアス展開?と思ったら…
「中村繪里子さんに年始の挨拶に行く真、美希、やよい」の話でした。

最近の中村先生、「中村繪里子」役が多いですねw
18歳の従兄弟(3年前の時点で)とのお年玉に関するエピソードの後、Pにも中村先生から恐怖のお年玉が…

プチニケーション

お正月回と言う事で、罰ゲームは書初め。
バッドを当てた人の舌に社長茶で何か字を書くので、書いたものを当てましょう、と。

それぞれの選択後に開く「答えを書かれた紙」がお年玉袋に入っていたらしいのだが、本当にお年玉も入っていたと言う事で一同騒然。
最初に誰も選ばなかった選択肢のお年玉袋を開くと、バッドの結果と千円が入っていたと言う事で、その千円を戻すかどうかで騒動。
中村「え? ゴメンよく聞こえない!」
長谷川「戻してーって言われましたよ、今」
仁後「待って、繪里ちゃんの(選んだ)分でもっと高い金額入ってるかもしれないよ」
中村「あ、そうだ、千円から始まるんだ。一番下だもんね」
平田「そうだ! 戻そう、戻そう、戻すよ、みんな!」
長谷川「次はじゃあどうしましょうかねぇ?」
中村「二千円札来るんじゃない? 次」
長谷川「えーっと、じゃあ、Aの雪歩ちゃん」
中村「よーし、一万円札来い!」
平田「よく考えて、二等分しなきゃいけないって事だよね?」(平田さんと中村先生は同じ選択肢を選んだ)
中村「なんだよー! そこは殴り合いに決まってるじゃん」
結果はグッドだったが、入っていたのは五円玉。
仁後さんが選んだBはノーマルで十円玉。長谷川さんが選んだDがパーフェクトで一円玉でした。
つまり、答えが悪い方から金額が大きかった、と。

どうやらお年玉袋には1,5,10,1000の数字が書かれていたようで、次の問題をやる前にお年玉袋からどれがバッドか分かるじゃないか!と言う話に…。
「裏をかいているかもしれない」「いや、裏の裏かも」

パーフェクトを選択した仁後さん、平田さんが、バッドを選択した中村先生に罰ゲーム。
仁後「あたし口を開ける係りになるよ!」
撮影係の長谷川さん、爆笑。

Ending

「ボーカルコレクション01」に続き、「ボーカルコレクション02」の告知がありました。
今後、収録曲目を小出しにしていくみたいです。…曲を流せよw
あと、仁後さんが噛んで滅茶苦茶かわいい。

中村「クリスマスで会ったばっかりだったけどさぁ、なんかさぁ、ホントについ最近の事なのに、凄い昔の様な気がして、楽しい事が多過ぎたよね」
仁後「えー、ねぇ、まだその話聞き終わってないよ。真耶、聞き足りないよ?」

と言うわけで、来週もクリスマスライブの話題だそうです。
ライブの話されると悔しいけど、もっと聞きたい、そんなアンビバレントな気持ち。
そして、「J☆U☆M☆P」がすごくいい!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.