たかはし智秋写真集「Juicy Dancing」

自分は発売日入手ではなく、三日後の13日(土曜日)の握手会での入手なんですが、感想エントリは発売日付けで…後で書きます。
ボディも然ることながら、目がエロいです。10代や20代の小娘には出せない色香です。
全く以ってけしからん!

写真集

豊かな胸から肩に掛けての肌の露出が眩しい表紙です。くっきりと映える赤いドレスで、表題も赤い文字。
その下にはsabra最終号で書かれていた通り「たかはし智秋ファースト即ラスト写真集」の文字も。

表紙ではロンググローブですが、裏表紙では同じ生地のショートグローブで手ブラ。
真正面からのまっすぐな視線にドキッ。
裏表紙を捲った折り返しも同じシチュエーションで、いずれも目の表情に射抜かれそうになります。

表紙を捲った折り返しから計8カットがリムジンの中で、下はパンスト、上は毛皮の上着だけ。
それも、パンスト脱がし掛けと言うか脱ぎ掛けと言うか、すごく悪戯な感じがします。
特に表紙を開いたところは三面分見開きで大迫力。

続いての5カットは黒いラインストーンを散りばめた黒い下着に、クリスタルのラインストーンで出来た手枷・首枷風のアクセサリ。
胸元でリングを挟んで微笑むカットのシチュエーションにそぐわぬ穏やかな表情に魅入られる。

続いての8カットがセーラー(水兵の方)、初っ端からやんちゃな瞳がたまりません。
時々こんな、それまでの色香が嘘の様な御茶目な表情が表れるのが、面白い起伏になっています。

でもって、ゴールドの下着に黒のコルセット風の衣装で4カット。
ほわっと穏やかな雰囲気の伝わってくるナチュラルな表情が魅力的で、これまた衣装のエロさが嘘のようだ。

続いて、白いレースの下着でベッドの上で戯れる5カット。
弾ける様な笑顔に、思わず甘い雰囲気に浸ってしまう。

お約束として「23歳(笑)自重しろ」と言わざるを得ない制服姿で2カット。
しかもトイレでスカートをたくし上げて…。何と言うエロい目をするんだ。

ネックレス以外何も纏わぬヌードでの髪ブラが8カット。
マスカラが濃くてこれはこれで別人のようだ。

個人的には目の周りは濃過ぎない方が好きです。
そんな安心感のある穏やかなフェイスで、花びらを散らした浴槽で2カット。
ヤヴァイ…すごく、かわいい。30代の大人の女性に「かわいい」はどうなのよと思いつつ、これはかわいい。

これはショートのネグリジェでいいのかな?
水色の品の良いレースの下着の上にピンクのネグリジェで、寝起き風の気だるげな表情の4カット。
さらにネグリジェをそれを脱いで4カット。朝から前夜を回想するようなストーリーを感じさせる構成です。
寝起きにもう一戦お手合わせ願いたくなる状況と言うか…

そして、黒の糸の如き衣装で「ホテルの屋上」だそうです。夕暮れの8カット。
挑発的な視線と風で煽られて大きな動きを見せる豊かな髪がいかにもな感じ。せくしー。

sabra最終号でも大いに物議を醸したんじゃないかと思う、着物ポールダンサーで4カット。
ストリップショーってこんな感じなんでしょうかね? どぎつい口紅を中心としたメイクの印象で、これまた別人の様に見えます。

チアキングがその半生を語るインタヴュー3ページの後、オフショット集的なページが1枚挟まる。
いつもブログで見せている様な撮影の合間の豊かな表情がギッシリ。これはこれで、

そして、表紙の赤い衣装で6カット。
ボリューム感が引き立ってとても良い衣装ですね。その腰を後ろから抱き締めて首筋に顔をうずめたくなる様な以下自重

でもって、お前は漁師かと言いたくなる様な太い縄を巻きつけた7カット。
…危ない所だった。ゆるい縛りだからいい様なものの、本気で縛っていたらどうなっていた事か。俺が、

そして、裏表紙の赤いグローブの手ブラで6カット。
スパングルのテンガロンハットと黒革のショートパンツがカッコイイ。
背中をツツツってしたくなるよ。

最後に黄色とオレンジの華やかなドレスで2カット。
やっぱいい表情をするなぁ。

と、駆け足ながら全ページ御紹介しました。
特別付録のDVDについてはまた後で書く。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.