今井麻美のSinger Song Gamer 第48回

たるき亭でも予告されていた通り、はらぬーゲスト回のSSGですよ。
「THE IDOLM@STER STATION!!!」とのコラボレーションと言う事なんですが…

ファミ通.com編集部お勧めのタイトルをミンゴスがプレイする「ファミ選!」と言うレギュラーコーナーがありまして、そこでの今回のピックアップタイトルがPSP the Best「アイドルマスターSP」であると言うわけで、ゲストがはらみーとぬーぬーなわけです。
まぁ、そうは言っても「PSP the Best」としての発売も1月28日で、だいぶ経ってるんですけど、

ファミ選!

アイステのメンバーでありながら別番組、当然収録のスタジオもいつもと違うと言うことで、

ぬーぬー「なんか、変な感じですね」
ミンゴス「そうなのよ、座りがいつもと違うのよ」
はらみー「ホントに違いますね。スタジオが違えば、なんか雰囲気も全然違いますね」
ミンゴス「なんか、ちゃんとしなきゃいけない気分になるのはなんでなんだろうね?」

不思議だね。
ミンゴス一人について言えばどちらの番組でも普段はちゃんとしてないのにね。

ミンゴス「でもこの座りだとなんか由実ちゃんが、なんか全部仕切ってくれそうな空気なんだけど」
はらみー「いやいやいや、むしろ愛美の顔が見えない、みたいな」

アイステの配置はミンゴスとぬーが向かい合って、お誕生日席がはらみー。
今はぬーとはらみーが向かい合っていて、間にマイクがあり、ぬーの隣がミンゴス、との事。

それはそれとして、まずはぬーからアイマスSPのご紹介。
ぬーぬー「そちらがですね。なんと、今度、…今度? もう? ベスト版として、2800円で販売されていると言う…」
はらみー「えっ? えー?! 三つで2800円ですか?
ミンゴス「違います!!

ちょwww やり過ぎだ。ワゴンってレベルじゃねぇ。

ミンゴス「流石大阪人は違うね。値切る値切る!」
ぬーぬー「由実ちゃん元の値段分かってる?」
はらみー「元の値段…知らない…」
ぬーぬー「ですよねー」

続いて、はらみーからDLCのご紹介。
はらみー「(略)等も、ダウンロード出来る…ようで御座います」
ミンゴス「超伝聞」

ここでミンゴスから衝撃の…でもない告白。
ミンゴス「正直さぁ、アイステでさぁ、番組やっててさぁ、色んな情報お伝えしてるけどさぁ、あたし正直な話してもいい? ベスト版が出てたの…あんまり気付いてなかった
はらみー「あたしもです~!」

噴いた。まぁ、でも、無理も無いよなぁ。
公式の情報開示は12月のDLCカタログのタイミングだっけ?
電撃オンラインマイコミでは一応記事が立ってたけど、オフィシャルでは一週間前に別の告知の末尾に少し紹介された程度で、非オフィシャル(と言うか一般のPの間)で言及されていた割にはオフィシャル筋は触れてなかったよね。

ミンゴス「言ってた? 番組で、」
ぬーぬー「言ってないですね」
ミンゴス「言ってないでしょ?」
ぬーぬー「なんか噂では聞いてたんですけど、もう出てるって言うのは全然知らなかった…」

「ベスト版が出たって事は元々のSPが出てから一年と言う事で…」と言う導入で、はらぬーのデビューからこれまでについて。
ぬーぬー「去年の2月に発売されて、ちょうど一年経って、なんかねぇ、感慨深いですねぇ」
はらみー「早くない? すごく早く感じちゃって…なんだかんだで、あの、ゲームの、こう発売されて、その当時ってまぁ色んな取材とかもあるわけじゃないですか。そーゆーのが、ホントにね。そんな1年前の事かの様に思えなくて…なんかすっごい最近、なんかもう数ヶ月前、三ヶ月前とか四ヶ月前って感じ、感覚としては」
ミンゴス「ホントに? 割とその、発売されてからすっごい色々あったよ? 覚えてる?」
ぬーぬー「ライブ2回分あったよ?」

…はらみーテンポが違うからなぁ。

ゲームの収録の時の話に及び、
ぬーぬー「もう…ヘトヘトになったのを覚えてますね。初めての収録が、結構時間が長くてですね。で、響ちゃんは結構元気で、もう『ワーワー!』って言うキャラクターなんで、もう終わった時にはもう、屍と化していたような気がします」

はらみー「あたしも凄い長丁場だったんですよね。すごく、6時間以上とか普通に喋ってたと思うんですけど、なので、その間にこう、何度かね。ご飯食べて、お腹…」
ミンゴス「…何度か?」
はらみー「あのぉ、おにぎりを食べたりして、こう腹ごしらえをして、お腹満たされたらまた、た、食べるじゃない、収録に臨む、みたいな…」
ミンゴス「そうか~、食べて食べて食べて録る、食べて食べて食べて録る、ぐらいの」
はらみー「そうですねぇ」
ぬーぬー「由実ちゃんは必ず、休憩時間、『じゃちょっと5分ぐらい休もうか?』って言う時がちょくちょくあったりしても、必ず何か食べないと気がすまない感じだったもんね」

…食いしん坊過ぎる。

ミンゴスからは、アイマスの収録時に用意されているお菓子の量が、はらみーの影響ですごい事になったと言う話が。
あと、ミンゴスの最近の流行は稲荷寿司だと言う話。「もう、台詞の合間に食べたりとかする」

話をベスト版に戻し、この番組のリスナーなら既にプレイしているだろうから、と言う事で、「友達へのプレゼントに」と言うご提案。
ぬーはワンダリングスターだけやって無いと言うことで、それをあげて「どうだった?」と感想を聞きたいそうです。
えっ?! ワンダリングスターやってねぇの? 意外だ…。

例によって2週単位と言う事で、来週はCDの話をするよ、と言った辺りでコーナーを締め括る。

新コーナー?

はらぬーがゲストと言うだけでコラボレート等と大仰な事を言うのは変だなぁとは思っていたわけですが、まさかのウメP登場。
ウメP「あれ? 今日、アイステの収録って…ここでいいんだっけ? なんか違…」
はらみー「あ、どうも~」
ウメP「あ、由実ちゃん、あれ? 今日アイステの収録ここって聞いたんだけどさぁ…」
はらみー「これはアイステの収録では、あ・り・ま・せ・ん・よ?」
ぬーぬー「あ、おはようございます。あれ? なんでウメちゃんいるんすか?」
ミンゴス「ウメちゃん!やばいよ!やばいよ!ここファミ通.comさんの番組だよ!」
ウメP「え? ファミ通? ウソ!」

と言う小芝居から始まるわけです。
えぇ、ファミ通とは競合にあたるゲーマガの編集長:梅田浩二氏です。
噴いた。いや、確かにアイレディの時からウメPは準レギュラー的なポジションではあったけどさ。
一応はスポンサーとして、番組には裏方サイドで関与しているわけでしょ。
「コラボレートだからウメPも」と言う発想が斜め上だw

ウメP「ちょっと待って、いいのか? これは」

ミンゴスが言うには、SSGは5pbもスポンサードしてるがコロムビアで出すアイステCDの宣伝もしたし、ありなんじゃない?と。
ウメPは立派なスタジオとブース外のギャラリーに「すげー緊張する」と言うが、先程の小芝居が上手かった、と、ぬーに弄られる。

ミンゴス「それではですね。今回始めてやるコーナーなんで私もちょっと勝手がよく分からなくて、ちょっとどんなコーナーになるのか分からないんですけど」
ウメP「新コーナー?」
ミンゴス「はい、新コーナーです。SSG独自の完全オリジナル企画と致しまして、『ジャンプアップ!!!ルーキーズ』yeah!!!」
ウメP・はらぬー「…え?」
ウメP「待って、これさぁ、これどっかで聞いたよ?」
はらみー「完全、オリジナル?」
ぬーぬー「ジャンプアップ、ルーキーズ?」
ミンゴス「うわっ、新鮮な響きだなぁ。この感じ」
はらみー「なんか聴いた事がある、響きが」
ミンゴス「はい、このコーナーは、ルーキーズを卒業したはずの、原さん沼倉さんがいろんな事に挑戦する、SSG独自の完全オリジナルの新企画でございます!」
ウメP「いやいやいやいやいや、これアイステやん、これ」

しかも、その挑戦する内容は、SSG内で今週と来週だけ流すファミ通.comのCM作り。
…そ、そのためのウメPなのか?!

ファミ通.com編集部からは、四条貴音・我那覇響ではなく原由実・沼倉愛美でCMを、とのオーダー。それってハードル高くね?
ミンゴス「それをですねぇ。もちろん、いつもやって下さっている様に、ゲーマガ編集長のウメちゃんが…」(笑)
ウメP「待って、待って待って、俺が、待って、俺がファミ通.comのCMの出来具合を評価すんの?
ミンゴス「その通りでございます!
ウメP「おかしくないか、それ!」

おかしいです。
コラボだから、で押し切られるウメP。

で、30秒一発録りです。
そこにウメPが、ファミ通に因んでクロスレビュー形式で得点をつけます。
先攻はらみーの作品、ウメPの評価は「8,8,9,6」。
ウメP「9はね。僕の好きだったあの森下真理子さんの枠ですね」
ミンゴス「かわいいよね!」

レビュアーねたかww

後攻ぬーの作品、ウメPの評価は「9,9,9,2」。
ウメP「2はですねぇ。あの伝説のレビュアーの、あの、タコXさんを意識して、辛めの」

はらぬーはレビュアーねたが全く理解出来ずキョトン、「ブースの外に居るおっさん大受け」だそうです。

Ending

ミンゴス「いやはや、ウメちゃんお疲れ様です。本当に急に来て頂いてありがとうございます」
ウメP「ホント急で…いやいや、そんな事ないですよ。…いや、いいのかな?これ」
ミンゴス「どうでした? 今回、アイステとのコラボ企画をやったわけですが」
ぬーぬー「はい、なんか、ねぇ?」
はらみー「不思議、な、気が…なんか、居るメンバーは同じなのに…」
ぬーぬー「広いし」
はらみー「スタジオが違う、みたいな」
ウメP「キレイだし」
ミンゴス「みんなそこに感動して…違う、アイステを録ってるスタジオはレトロって言うんだよ!」

で、ゲーマガ最新号(2月26日発売)のかなり詳しいご紹介。
3月9日の初音ミクのソロコンサートにゲーマガも協賛してグッズを作ったりしている、と言う話の時に、
ミンゴス「あ、そう言えばブルラジにも、ゲーマガさんからTシャツありがとうございます」
ウメP「あぁ、いやいやいやいや」
ミンゴス「もうあたし一回目の時に言っちゃいました、ありがとうウメちゃんって」
ウメP「そのっ、その話もいいのか?これ!」

ミンゴスは「何でもあり」と言い切り、はらぬーにも「好きなこと話していいよ」と。
なので、ウメPは気を取り直し、自分が編集して3月末に出ると言う「初音ミク マスターブック」を紹介する。

ミンゴス「うわっ、ウメちゃんのじゃあ、初音ミクに対する想いが…」
ウメP「いやいやいや」
ミンゴス「うわっ、どんな穿った見方してるのかなぁ~?」

興味が出てきましたw

で、ぬーからアイステCD「THE IDOLM@STER STATION!!! FIRST TRAVEL」の紹介。
ミンゴスからは4月21日発売予定の3rdシングル「Horizon」の紹介。

〆のトークで、「アイステまんまの顔ぶれで不思議な感じ」ってな感想の後、「今度一人ずつおいでよ」と言う話も。
はらぬー「(この顔ぶれだと)アイステにいる気分になっちゃう」
ミンゴス「このまま、じゃあなんか、『歌姫』録る?」
ウメP「あー、いいねぇ」
ミンゴス「ウメちゃんも歌えばいいじゃん!」
ウメP「え? いやいやいや」
ミンゴス「じゃあちょっとあたしの、あの新しい『Horizon』歌ってください。せーの、はい、どうぞ!」
ウメP「歌えるわけ無いじゃないですか!」

久し振りにウメPいじられてるなぁ。
ミンゴスがフリーダムなのはいつもの事として、ウメPを出そうと思い付いた経緯が知りたいw

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.