THE IDOLM@STER STATION!!! 第32回

冒頭は「週刊 原由実」から。
「たまには料理しないとな、と思って今日の朝ごはんにですね。ホットケーキを作ってみました」

この時点で既に全力で不安なのは何故だろう?

「すぐ焦げて黒くなっちゃうのに、案外中には火が通ってなくて、なんかドロッとしたのが…」

火が強過ぎです。そして、お約束過ぎます。
食いしん坊キャラで料理下手と言うのはキャラ的には美味しいんじゃね?

THE iDOLM@STER STATION!!!

今週から新オープニング曲です。
ぬーの第一声「おぉぉ、かっけー(笑)…すげーかっけー!」

ぬーからはらみーへ、火が強い、ホットプレートを使え、とアドバイス。

ふつおた!!!

最初のお便りが以下のブログエントリへの反応。

で、ここから水没話。
このデジカメは去年の誕生日に御両親に買ってもらったそうです。
ミンゴスは新幹線のトイレに携帯電話を落としてしまった話。
ぬーも携帯電話をトイレと洗濯で水没させたと言う。

で、それが中学生の頃だったと言う事で、今度はいつから携帯電話を持ったかと言う話に。
はらみー「あたし高一ですね。初めて持ったの」
ミンゴス「あたし大学生だね…これ時代の問題じゃない?」

俺も年齢的にはミンゴスに一番近く、大学一年でPHS持ったのが最初だったなぁ。
あまりにも繋がらなくて電話会社と揉めてから携帯電話にしたけど。

ミンゴス「あたしの時はまだPHSだったんもん。最初」
はらみー「あ、そうですか。あたし小学生の時ポケベルでした。懐かしの」
ミンゴス「ポケベルはあたし、なんか乗り遅れて使わなかった」
ぬーぬー「全然分からなかった。ポケベルって言うものが」

そしてポケベル話で盛り上がる。ポケベルは使ったこと無いなぁ。
まぁ、それはそれとして、

ミンゴス「落とさないようにしないとね~」
はらみー「あ、はい、今後…あの来年からは、しないように気をつけたいと思います」
ミンゴス「去年もそんなような事言って…」
はらみー「あ、毎年言ってる気がする」

続いてのお便りは「765円のレシート」の話で、ミンゴスもクリーニングの受付番号が7650番だった、と。
ミンゴス「お、なんかこれ、MASTER BOXの数と一緒だ!みたいな、限定品と一緒の数!とか思って…」
はらみー「あ、そうなんですか」
ぬーぬー「あれ?」
はらみー「あ、そうです! 7650です!」

リカバリが早くなったww

で、好きな数字を見つけると嬉しいと言う話をしていたら…
はらみー「あたしもね。666って言うのがすごく好きで…
ぬーぬー「…え?」

今、自分の声とぬーの「え?」がハモったw

はらみー「愛美に『それなんかよくない数字なんだよ』って聞いて…」

貴音さんも面妖な気配を感じたようです。内側から、

最後のお便りは、3月と言う別れの季節に因んで、学生生活の思い出などありますか?と。
はらみー「ありま…す…? あたし全体に記憶が薄いんで、あんまり出て来ないんですが…」

卒業式の記憶すら薄いらしい。
なんだ、甘酸っぱい青春の黒歴史とか無いのか。

ぬーぬー「なんかね学生時代の記憶が、基本的になんか、ぼんやりしてるよね。由実ちゃんね」
ミンゴス「今がちょっとやっぱあれなんじゃないの? 忙しすぎちゃって塗り替えられちゃってるんじゃないの?」
はらみー「でも、結構、一週間前とか昨日の記憶も薄いんですけどね
ミンゴス「…そっか、今を生きてるんだね

落ちた。

そして、ゲーマガ新CM。
…噴いた。まさかのジャイアンネタ。

週刊 沼倉愛美

トイレのドアの鍵が出た後に閉まったと言う話。
最後の「え?」で弾幕。

そして、ここで一曲。
3月17日発売の「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL SPRING」より、天海春香、水瀬伊織、我那覇響、秋月律子、菊地真、萩原雪歩で「チェリー」。
ちょっと、いや、かなり懐かしい感じがしますね。80年代と言っても過言ではない。

シスター愛美のちいさな福音

最初の相談は、シスター愛美以外の二人について…「あの二人は一体何者なのでしょうか? 教えてください」。
ぬーぬー「え? 教えてください?」
ミンゴス「教えてください! あたし達、誰なんでしょう?」
ぬーぬー「え? 自己紹介とかじゃないんですか? お二人が…」
ミンゴス・はらみー「分からないんです」
ぬーぬー「え~?!」

無茶振りw

次、競馬ゲームで育てている馬の名前に悩んでいると言う相談。
「こう、なにか『くいどぅるるる』な名前をひとつお願いできないでしょうか」

くいどぅるるるw

ぬーぬー「わたしが発生した奇声ですけれども…」

で、イマイチよく分からない状況があって、

ぬーぬー「じゃあ、わたしが最近愛している物の名前を付けたいなぁ思うんですけど、いいのかな? これで」

命名「梅干」

最後、手から波動的な物を出すにはどうしたらよいか?と。
ミンゴス「かーめーはー」
ぬーぬー「しーっ!」

ぬーぬー「そうですねぇ。私が言えるのはこれだけですね。…諦めたら、そこで終わりだ」

歌姫楽園2010

今週はちゃんと導入ミニドラマ付きです。
自分にとってのヒーローとは?

響「千早も貴音も、子供の頃にいただろ?最高のヒーローが。誰もが憧れて、いつか自分もそうなりたいと思った最高のヒーローが!」
貴音「どうでしょう…」
響「千早は?」
千早「が、ガーシュウィンとか、マリア・カラス、とか?」
響「もう、千早も貴音も、どうしてこう普通の子供時代を過ごしていないふうなんだ?!」

我那覇響さんが教えてくれた最高のヒーローは…「アンパンマンのマーチ」。
しかも、今回はエンディング曲と合わせて2本立て。

オチで噴いた。パン工場逃げて!
いかん、貴音を中の人が侵食している!

週刊 如月千早

「悔し過ぎてね。もうね。語り尽くせないんですよ。今わたしにあの話題を振らないで欲しいです」

尚、先程の歌姫楽園のリクエストは「神奈川県にお住まいの沼倉愛美プロデューサー」からだったそうです。
ニコ動ではお約束の「自演乙w」が飛び交ってます。タグも「ぬー自演乙!」。

Ending

まずはコロムビアから、3月17日発売の「THE IDOLM@STER MASTER SPECIAL SPRING」と紹介と、「またね」(M@STER VERSION)ソロの限定配信について。
次にバンナムから、PSP「GOD EATER」の紹介。

ミンゴス「今日何時まで? 終電までダイジョウブ?」
喋らせないと収まらないらしい。

今週のおまけ ver.2010

収録の後に行われたと言う「FIRST TRAVEL」発売に際しての合同取材の様子。
恒例の合同取材記事は内容充実でとても嬉しいので、可能な限り開催して頂きたい。
既に幾つかのメディアで上がってますね。

余談ながら

先程SSGの予告動画も上がったようです。
遅くまで御苦労様です。

ぬーかわいー!(ごろごろ)
…はっ、いえ、何でもないです。
しかし、これほど期待感を煽る予告もそう無いですよ。
あと、はらみーがカメラに開眼したようです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.