THE IDOLM@STER STATION!!! 第35回

冒頭は「週刊 原由実」で「One Step」について。
本当にいい曲です。はらみーにはこれからもこーゆー歌をいっぱい歌ってほしいな。

THE iDOLM@STER STATION!!!

オープニングからぬーさんの挙動がおかしいよ。なんか動揺してるよ。
とりあえず、背景に「DEAD or ALIVE」流したまま別の曲を歌うのは無理だと思います。

ふつおた!!!

「FIRST TRAVEL」感想回、ですね。
あー、毎日聞いてるのにまだ感想書けてねーや。

お便りにはDVD収録時間の指摘も、
「CDケースには、映像は約50分とありましたが、実際には60分11秒の大ボリューム!」

うんうん、見てて50分過ぎても終わらないから、アレ?って思った。
あと、末尾の「緊急告知」とか。本当にね。温泉は是非ともお願いしたい。
秋頃とかどうっすか? ダメっすか?

ミンゴス「実際にじゃあ次のCDが出るよーってなった時に、どんなCDにしたいとか、ありますか?」
ぬーぬー「なるほど、ちょっと先週、この収録の後に話してたのは、なんか、誰だか分かんないくらいに、すっげー化粧をした…」
ミンゴス「ビジュアル系バンドみたいな!」
ぬーぬー「そう、なんか、目の回り真っ黒、みたいな」

むむむ、ぬーは「別人になってみたい」と言うけど、我々はまだ今のキャラクターのままのぬーさんを十分に堪能できてないのですよ。
その様な方向性の追求は、もっと今のぬーさんを出して、一段落してからでもいいんじゃ無いでしょうか?

ミンゴスは「シチュエーションCDみたいなのやってみたい」と言う。
不思議の国のアリスとか、御伽噺系で役を割り振って、それぞれに曲も、と。

はらみー案は?
はらみー「すごくねぇ、悲しい事にねぇ、今日もねぇ、台本がありがたい事に例が書いてあって、読んでしまいそうな自分が…居てですねぇ。ヤバイ、カバー特集とかしたいかな?」
ミンゴス「(笑)…ひどい…」
ぬーぬー「ラルク歌わせねーよ!」
はらみー「歌いたい」
ぬーぬー「歌わせねーよ!」
ミンゴス「どうしよう? 原さんのコーナーだけ全部ラルクなんでしょ?」
はらみー「そうそうそうそう」
ぬーぬー「やらせねーよ?!」

まぁ、カバーも少しはやって欲しいけどね。
出来ればショートバージョンじゃなく、フルでね。

週刊 今井麻美

「この曲でホントに親孝行が出来ました」と言う「FIRST TRAVEL」収録ミンゴス曲「SHADOWLESS」の紹介。
この曲をかけると霧が出るんだそうです。なるほど、日が高く明るいままで濃霧になると、光がぼやけて影が消えるよね。

シスター愛美のちいさな福音

このコーナーの前々回だったかに、ミンゴスとはらみーは天使と言う設定になりましたが、「歌の天使アーサ」と「食の天使ユーミ」と言う設定が追加されました。「蝕の天使」じゃないですよ。

最初の相談は、人のボケに上手くつっこめないので、ノリツッコミのお手本を見せて欲しい、と言う無茶振り。
「それと、天使のお二人にもお願いがあります。シスターがノリツッコミし易いように、ものすごーく面白いボケをかましてあげてください」

ミンゴス「え? ちょっとさ。あの、ちょっとゴメン、どうして由実ちゃんこのメール選んだの?」
はらみー「あのぉ、ノリツッコミってところしか、目に入らなくて…」

自爆だー!www
と言うわけで、今回は全員に無茶振りですね。
そして、ミンゴスとはらみーの間で押し付け合いが発生。

はらみー「えー?! そんな、いやや、いやや~!」
ぬーぬー「貴方が選んだんです!」

で、やってみたのはいいんですが…

…あー、コメントし難い。

「次いこ次」と自分の番を無かった事にしようとするミンゴス。
はらみー「アーサやってないですよ」
ミンゴス「アーサは、歌の天使なので、お歌のこと以外は出来ません♪」
はらみー「歌でボケるんですよ!」

噴いた。
で、実際に歌でボケたんだけど…

はらみー「ノリツッコミ…ですか?」
ぬーぬー「次いこ!」

これは酷い。

次の相談は「我那覇響の『デートしてくれま・す・か?』が可愛過ぎて夜も眠れない」と、そして、「僕と妄想デートをしていただけ無いでしょうか?」
瞬間、ニコ動では「爆発しろ!」「融解しろ!」「阻止」と怒涛の弾幕状態。

まぁ、それはそれとして、はらみーを男役にデートの即興劇。
…やばい、はらみーの男役っぷりに腹筋が痙攣する。ぬーの可愛さを堪能するどころじゃない。

ミンゴス「…みんなちょっと『FIRST TRAVEL』発売されて、浮き足立ってないか?」

テンションがおかしいです。

最後の相談は「シスターの楽しそうな笑い声を聞いていると癒される」と言う事で、「1分間くらいずっと笑い声を聞かせてくれませんか? 出来れば色んなバリエーションを聞きたいです」
間髪要れずに、
ミンゴス・はらみー「それでは、用意、スタート!」

途中で「由実ちゃん面白い事して!」と助けを御求めるも、
はらみー「しなーい。今日はしなーい」

うん、頑張った。可愛かった。感動した!

歌姫楽園2010

桜を前に、変わり行くものについて意味深なトークを繰り広げる三人。
曲は尾崎豊「卒業」。むぅ、あまり合わない気がするよ。

週刊 沼倉愛美

「FIRST TRAVEL」収録ぬーぬー曲「AVALON」の紹介。
最初の頃は大分苦戦したようです。

「もうね、皆さん。曲、曲を聴いてください。あの、歌はそっちのけでいいです。ついでに歌を聴いて下さい」

いや、まぁ、曲もいいですけどね。
ぬーの歌も最高だよ。

「大好きなんで、ヘビロテして下さい!」

もちろんですとも!

Ending

まずはコロムビアから「MASTER BOX VI」の紹介。買ったよ!
そして、「FIRST TRAVEL」リリース記念イベントの応募について、
最後に、「またね(M@STER VERSION)」アルバム未収録ソロバージョンの着うた。
バンナムからはSPカタログ14号の紹介。まだアイドラ見てないです。

「響-HiBiKi Radio Station-」での過去回再放送開始と言う事で、4月からは自分が主役、と大喜びする響。
ミンゴス「すごい、おめでとう!」(拍手)
はらみー「おめでとうございまーす」(拍手)
ぬーぬー「…つっこんでくれないの? つっこんでくれない、の?」
はらみー「敢えて乗っかっていく感じで、はい」
ミンゴス「そうだね。ノリツッコミならぬ『乗るだけ』」

何と言うボケ殺し。
ぬーはいじられキャラなので仕方ないね。

あと、「FIRST TRAVEL」は3/23付オリコンデイリーチャート14位だそうです。

今週のおまけ ver.2010

デイリーチャート14位に浮かれ騒ぐ(ただし、わざとらしく)三人の連続写真です。
ええ、動画ではなく連続写真です。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.