THE IDOLM@STER STATION!!! 第43回

冒頭は「週刊 今井麻美」。
なんか背景で誰か喋ってるんですけど…。

ミンゴス「ゴミ捨て場にボンッて置いた時に、ちょうど、角から男の人がバッて出て来て、あの漫画みたいに、バッでぶつかって、『あっ!』てなっちゃったの。『あ、これで恋が始まるんだ』って思ったけど、特に始まりませんでした」

…そろそろ年齢とか意識しようぜ。(^^;

THE iDOLM@STER STATION!!!

ぬーの第一声は「ウニ美味しいー!」
はらみーの第一声は「タコ美味しいー!」

何? 何なの? 誰か寿司でも持って来たの?

ミンゴス「えー、本日は実はですね。いつものスタジオとは違う場所で、収録をさせて頂いております。と言うのは何故かと申しますと」
ぬーぬー「はい、なんと、アイステCD第二弾の特典DVDの、撮影場所で収録しているからなんですねー」

あー、それで背景でスタッフが喋ってる声が聞こえてるのか。
それはそれとして、寿司が食いたくなりました。

たった今DVDの撮影が終わって「何もかも終わったテンションになりかけている」と言うはらみー。
ミンゴス「実はあっちのテーブルではもうスタッフさんがね。宴会始めてます」

クリスマスライブの時も打ち上げに混じってのオープニング収録だったじゃん。
パーソナリティ三人に酒が入る前なのでギリギリ宴会放送では無いと言う事なのか。
特典DVDのプロデューサーを担当したはらみーが、自らロケハンして見つけて来たと言うレトロなお座敷だとか。
と言うわけで、今回はアイステCD第二弾のコンセプト等々を語る内容になるようです。

沼倉愛美プロデューサーの「ジャケット撮影報告会」

CDジャケットのビジュアルプロデュースをぬーが務めたと言う事で、そのお話。
まず、コンセプトは「海でデート」との事。

ぬーぬー「まず最初に、カメラがプロデューサーさん、彼氏になって、で、私達がその彼氏と一緒に海でデートをする…って言うのがいいな、と思いまして…」
ミンゴス「なるほどー」
ぬーぬー「で、そーゆーのやりたいですーって言って、で、今までロケって無かったですよね?」
ミンゴス「確かに、無かったと思いますね」
ぬーぬー「そう、ま、悩んだんです。あの、ロケをするか…その『FIRST TRAVEL』では、なんだろ、個人個人のなんか個性を、いっぱい…」
スタッフ「すいませーん、ご飯ふたつ下さーい!
ぬーぬー「あははは(笑)ごはん、私も食べたい」
ミンゴス「うん、私も欲しいな」
ぬーぬー「ですけど、個性を、ちょっと、目立たせようって言う感じだったので、それぞれ違う格好をしたんですけど、で、お揃いもいいなって思って、で、普通にスタジオでお揃いの格好して色んな事をしようか、どっちにしようか迷ったんですけど、やっぱりやったこと無い、みんなが見た事無いロケをやろうかなって思って…」

晴天で海もキレイに撮れたと言う話とか、
はらみーが海からの照り返しが眩しくて目が開けられなかったと言う話とか、
衣装も「FIRST TRAVEL」の時より女の子らしく、と言う事でぬーが考えて発注したとの事。

ミンゴス「由実ちゃんのコンセプトはどんな感じだったの?」
ぬーぬー「えっとー、気合い入り過ぎ…入り過ぎな初デート」
はらみー「あ、そうですねー」
ミンゴス「分かるーわー! すごい分かる!」
はらみー「確かに、海か?って言う様な格好でしたもんね」

早く見たい!
観劇に行く様なドレス?らしいが…

はらみー「なんかこう普通に海っぽいお二人の間に挟まれたりとか、横にパッと行った時、あたしここに居ていいのかな?って言うのはちょっと思いました」
ミンゴス「由実さんでもそーゆーの感じる事ってあるんですね」

で、その、はらみーの着たコートは30万円だったそうです。
ミンゴス「ちなみに由実さん幾らって言ったんでしたっけ?」(値段当てで)
はらみー「1万8000円ぐらいって…」

そんな借り物の衣装を屋外で使うとかって怖いよ。

ミンゴス「じゃあ、あたしのコンセプトは?」
ぬーぬー「麻美さんのは、あのー、何て言うんでしょうね? ちょっと、やっぱり、私達よりちょっとお姉さんな雰囲気が欲しかったので、シチュエーションを、ちょっと夕方とか、ちょっと夜になりかけたぐらいの、シチュエーションにしようって思ってて、で、お洋服も、ちょっと、なんだろうな? お姉さんっぽいと言うか、『元気元気!』って言うよりは、なんかちょっと…」
ミンゴス「女らしさ、みたいなね! あたしに足りない部分だよね!」
ぬーぬー「若干ちょっとなんか色っぽい感じも欲しいなぁとか思って、シチュエーション的に」

ぬー曰く、最後のショットが最高だった、との事で、これまた期待が高まります。

ミンゴス「じゃああの御本人、あの、沼倉プロデューサーはどーゆーコンセプトで?」
ぬーぬー「自分は、えっと、シチュエーション的に、もうホントに、由実ちゃんはちょっとお洒落なカフェでデートみたいな、海の見えるカフェでデートみたいな感じだったんですけど、あたしは普通に、あの、砂浜デートみたいなイメージだったので、結構あのー、やっぱり元気な感じで、なんか砂浜を駆け回ってる感じで、そーゆーのが似合う格好がいいですって言ったら、あのね、でもね、すごい…なんて言うんだろうな? 元気は元気なんですけど、どっかね、ちょっとね、やっぱりね、かわいらしいんですよね」

なんかもうこの話だけで息が止まりそうになった。
待ち遠しい! どうにかなってしまいそうだ。

週刊 沼倉愛美

ぬーぬー「今回のCDのブックレットの写真を色々セレクトさせて頂きまして、自分のパソコンの方に、全部、ちょっと転送させてもらって、全部見たんですね。で、ちょっと、申し訳無いなと思ったんですけど、あのー、みんなの、お気に入りの自分が『いいな、かわいいな』って思った写真を、全部、あのー、保存して、あのー、アルバムみたいに作っちゃいました」
ミンゴス「マジで?!」

ちょwww 羨まし過ぎる。独り占めせずにzipでくれ。

ぬーぬー「みんな見れない写真いっぱいあるけどゴメンネ!」

でれでれしながら言うなしw

原由実プロデューサーの「どんとこい!DVD企画」

コーナータイトルコール直後に、
ミンゴス「美味しい! これ!」
はらみー「ねー! このつくね、今出てきたつくね、合鴨のつくねですか? めっちゃ美味しいですねー」

相変わらずフリーダム。

はらみー「はーい、発表しまーす。今回のコンセプトはー、『原由実の夢を叶えていこう』でーす!」

ちょwww 直球職権濫用キタコレ。
とりあえず宇宙旅行ですか? 食べ放題?

ミンゴス「じゃあどんな夢を叶えようって思ってるの?」
はらみー「夢はですねー。あたし海外行った事無いじゃないですか」
ミンゴス「…知らないけど(笑)」

そして、どんどん怪しげな方向へ…

はらみー「今回、これを期に、まぁ、『世界に羽ばたこう、アイステ』みたいなコンセプトを、あたしずっと考えておりまして、はい、今回ですね。なんと! 初だと思うんですけど、アメリカのラスベガスに来て、DVDのね、撮影をしちゃったわけなんですけども…」
ぬーぬー「ちょっと待って! さっきさぁ、『おばあちゃんちに来たみたい』って言ったじゃん!」
ミンゴス「あとさぁ、ラスベガスにさぁ、『鴨のつくね』とか出てくるんだ」

タグの「ラスベガスinおばあちゃん家」ってこれの事ですか。

ぬーぬー「なんでそーゆー嘘つくの? 何なの?」
はらみー「ちょっと大きく出てみたかったんです。ホントに行きたいって提案してみたら、却下されちゃったんですよ」
ミンゴス「え、じゃあさ、他に、今日幾つか『夢を叶えましょう』みたいなのやったけど、他にどんな事言ってたのよ?」
はらみー「そのー、例えばですねぇ、まぁ、そのー、『ラスベガスでカジノをしたい』とか言うのはもちろん言った…プラス、後はねぇ、なんかねぇ、『フットサルをしたい』つったら、なんか『危ないからダメ』って、『怪我したら危ないからダメ』とかぁ、あと、王将の餃子を、色んな店舗のを集めて、どこの店舗のか、こう、当てる!
ミンゴス「当てる!」
ぬーぬー「当てる?!」
ミンゴス「待って! 由実ちゃんそれ自分が当てられる自信があるからやる企画だよね?」
はらみー「え、もちろん、食べた事の無い店舗ばっかりだったんですけどね」
ぬーぬー「ちょっと待って、どこが一番美味しいか決めるんだったら分かるけど…どこの店舗のか当てるって…」
ミンゴス「『これは高田馬場店だな』とか決めるわけ?」
はらみー「そうそう、そうなんですよ!」
ミンゴス「わぁ…、難しそうだね。やめてよかった」
はらみー「そう、無性にね、それ考えてた時に、餃子…王将の餃子が食べたくて、ポロッと言っちゃったら、却下されちゃって」
ミンゴス「そうなんだ…そりゃされるよね」
ぬーぬー「そりゃそうだろうね」
ミンゴス「まぁ、良かった。もしやってて、あたし餃子たくさん食べてさぁ、餃子の王将がさぁ、もう暫く一年ぐらいいいや、とかなったらヤだもん」
はらみー「でもそれぐらい食べれたら幸せじゃないですか、大好きでしょう?」
ミンゴス「まぁ大好きだよ。大好きだけど…」
はらみー「じゃあ今度、プライベートでやっちゃいますか? 却下されたもの全部」
ぬーぬー「……え?」

なんかもう色々と酷いよ。
結局、実際のDVDの話はビタイチせずにコーナー終了。
はらみーに任せると収拾が付かないと言う事を再確認した次第。
ミンゴスの声を聴く限りでは、まだお酒は入って無いと思うんだけどなぁ…

歌の天使アーサの「ここだけの話」

ミンゴス「皆さんmお元気ですか? この度自分のコーナーが出来ました」

…え?

世間にお祈りが駄々漏れになっている件、と某掲示板に書かれてしまっていたため、シスターへの無茶振りコーナーとは別に、懺悔のコーナーを設けたとの事。
なんとなく、なんとなくですけど…ミンゴスだけコーナー無かったのが寂しかっただけでは?(^^;

ミンゴス「じゃ、最初に懺悔したい肩どうぞ」
はらみー「は~い♪ 原でーす」
ミンゴス「軽いねー」
はらみー「でしょ?」
ぬーぬー「悩んでないね」
はらみー「あんま悩み無くてですねー」

恐らく初回の人選を誤っている件。
そして、ミンゴスにナースのコスプレをさせようと目論んでいるはらみー。

はらみー「ここだけの話、さっきの話でこう、ラスベガスがどうって言う風に出てて、まぁ、ラスベガスは流石に無理かな、なんて思いながら言ってたんですけど、あたしが本気で言ってたお願いみたいなのがあって、あたしラルク好きじゃないですか」
ミンゴス「ラルクアンシエルですね」
はらみー「そうですね。ラルクアンシエルがすごす好きなので『ラルクアンシエルに会いたいです、あたしの願いはもうそれのみなんです、お願いします』って言って、却下はされたんですけど、却下されても結構しつこく『どうしても無理ですか?』何度も何度も…」

その欲望全開っぷりをミンゴスにたしなめられるはらみー。
で、最後にミンゴスの即興歌で〆る。…え?

はらみー「大阪ではね」

…え?

週刊 原由実

はらみーのお姉さん「みーみーちゃん」の話。
お姉さんもかわいいです。

Ending

今回のお知らせはSPカタログ16号のみでした。
アイステCD第二弾ってタイトルまだ決まってないのかな?

それはそれとして、アイステCD第二弾も発売記念イベントを行うとの発表。
しかも、今回は東京、大阪、名古屋、横浜の四都市を回ると言う。
ただし、金銭的都合により(笑)三人で全部を回るのではなく、「大阪」「名古屋+横浜」「東京」に分かれ、誰がどこへ行くのかは今三人で決めろ、と、

各会場の会場側責任者に三人分の自己アピールを送り付けて、選んでもらおうと言う事に。
更に、いつもの「空気が読めるサイコロ」でアピール時間を決める。
(大吉:30秒、凶:10秒、大凶:5秒、その他:20秒)
結果は、ぬー20秒、ミンゴス10秒、はらみー5秒、
今日もサイコロはいい仕事したな。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.