今週の予定

異常に忙しかった気がする9月ですが、10月は少し余裕が出来そうです。
30日(木曜日)から、下田麻美さん出演の舞台「人生はショータイム!」が始まります。
今週ってそれぐらいじゃないですかね?

9.18騒動関連言及

言われて気付いたんですが、まだあれから9日しか経ってないんですね。
一過性の熱病の如き騒動は兎も角、ガチで話をするのはむしろこれからだよなぁ。
たぶん自分は「擁護派」とレッテル貼りされるポジションでしょうけど、バンナムが迷走しているように見える事には異論ありません。
それに、気持ちを語る事、意見を表明する事が無意味であったり害悪であるとも思いません。
今から「2」の方向性に影響を与える事は無理でしょうけど、議論する事の価値はそれとは別の話だと思います。

先日、私をこっち側に引きずり込んだ友人達の一人と食事をしました。
彼は回転の速いゲーマーで、アケマスと箱マスはプレイしていました(過去形)が、PSPやDSはプレイしていません。
そんな彼の視点だと、Xbox360版の対戦要素と言うのはオマケみたいなもので、それが無くなるのは大した事では無い、と。
やはり、アーケードからXbox360へ移る際に既に大きな変質があり、「アケマスの続編」への望みと「箱マスの続編」への望みは異なるものなんだな、と感じました。
(そして、現在までに出た「2」の情報は、そのどちらにも噛み合わないと言う事も、)

彼は「擁護派」ではありません。
4人がプロデュース対象から外れた事を問題視していて、自分は「2」は買わないだろう、との事。
響や貴音がプロデュース対象になると言っても、SPをプレイしてないと「誰それ?」になっちゃいますよね。(^^;

SP以前からこの辺りの話者のスタンスの違いと言うのは見てましたが、箱マス派が箱マス以前やL4U以降との違いを意識せずに「みんな」と言っちゃうのに対し、アケマス派は常にスタンスの違いに自覚的であったように見えます。
大雑把に分けても、アケマス派、箱マス派、アケ+箱マス派、L4U派、SP以降派、非ゲーム派…と数え切れないバリエーションがあり、その中でも全員プロデュース、特定の数名のみプロデュース、一人だけ、と接し方の違いがあったりする。また、一口に「全員プロデュース」と言っても、アケマスと箱マス以降ではそれに要するリソースには雲泥の差があったり…。
それらを一括りで「みんな」と考えるのが間違いなんだろうなぁ、と…過去の自分の言動への自戒も含め、色々考え中。

それはそれとして

遂に念願のフットスイッチ(フットペダル)を使い始めたのですよ。
買ったのは先月なんだけど、自室デスクの足元は同人誌やCDのダークタワーが林立して足の踏み場も無く、先日の引越しを契機にようやく使用可能となった次第。
テープ起し用のメディアプレイヤーと組み合わせる事により、テキストエディタへのキーボード入力を妨げる事無く自由に「一時停止/再生」「2秒巻き戻し」「5秒巻き戻し」と言った操作が可能。これでテキスト起し系の作業が格段に効率的に…と言う割には感想エントリ積んだままなんだけどね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.