チョコレートガールズ2

久し振りに完全「非アイマス」話、吉祥寺「前進座劇場」にて行われた舞台「チョコレートガールズ2 ―チョコレートガールズ vs アズキガールズ―」を見て参りました。
中の人ネタに興味の無い方にはゴメンナサイだけど、もともとこのブログはどうあっても「中の人」志向から抜けられない俺がオタネタを隔離するために設けたものなので御容赦頂きたく…

中村先生とぬーさんが出演しているのですよ!

とは言え、眠い。体力の限界だ。感想はまた明日。
明日はまだ当日券があるみたいよ? 平日は公演後にトークショーが付きます。
初日と同じなら、18時:当日券販売開始、18時30分:開場、19時:開演、21時30分:終了、21時40分:トークショー開始、22時:トークショー終了…と言う按配だと思います。たぶん、

改めまして

予習として前作「チョコレートガールズ」のDVDを見るつもりでいたんですが、うっかり忘れていて先週の週中に注文、届いたのは土曜日で、今日の時点でまだ見終わってませんでした。計画的に生活してないと、2.5時間まとまった時間を作るのはなかなか難しい。

まぁ、どうせ週末では消化しきれないだろうと思って、今日は午後半休を申請しておいたんで、職場を出てお茶しながらノートPCでDVD鑑賞。終わってから思うに、やっぱり前作を予習しといて良かったです。

更に、ゲネで撮ったと思しきメッセージ動画の配信に昂ぶる昂ぶる。チャイナドレスだと?!

開演前


で、アイモバのオファーを2件消化してから吉祥寺へ。
行った事無いところなので、早めに行ってまずは場所を確認しておこう、と。

JR中央線および京王井の頭線の「吉祥寺」駅、公園口を出て「末広通り」をまっすぐ進むと、やがて通りは細く寂れていって、「井の頭通り」に突っ込んで消滅します。そこで井の頭通りを横断して道の向こうへ渡ると、前進座劇場。道を渡る前に上の画像の建物が見えるはずです。駅から徒歩で10分も掛かりませんでした。

まだ開場時刻まで1時間近くあるんですが、既に並んでいました。今日は18時から当日券が出るらしいです。
ちょっと眠かったので、駅方向に少し戻ってお茶しながらうたた寝。途中にタイヤキ屋がありました。

開場時刻になり、再び前進座劇場へ向かいます。
ロビーには溢れんばかりのフラワースタンド、ぬークラスタもご覧の通り。
とりあえず、物販でパンフを確保しますか。物販に並んでいるのは、今回の公演のパンフ、前回公演のパンフ、黒地の「チョコレートガールズ」Tシャツ(M,L)、小豆色の「アズキガールズ」Tシャツ(M,L)、それと、日替りゲストのCDがありました。

初日開演

基本的には14日の最終公演が終わるまでネタバレは自重せざるを得ない。
が、ネタバレにならない範囲で幾つか。

まず、ホールに入って最初に気付くと思う「花道」について。
右上の画像の様な感じで、下手側に先頭4列×3席を潰して花道が作られています。
私はこの花道にかなり近い2列目の席だったんで、嫌が応にも意識せざるを得なかったわけですが、この花道の意外な使われ方、そして、(少なくとも初日の公演においては)その一回ぽっきりしか使用されなかった事に驚きましたw
さてはこの花道、稽古の時は全く想定していなかった完全後付でしょ?

中身への言及は14日以降に追々としたいのですが、ぬーさんの出番、台詞量ともに全く予想外に多くて素晴らしくぬー充できました。これでもうあと3年戦えると思えるぐらいに。
タイトル的に「まず前作の続きでチョコガがあり、そこにライバルユニット登場」と言う流れをイメージしてたんですが、そこから全く違った。沼クラスタな人達は見ておいて損はないと言うか、間違い無く「見ないと大損」です。

メタな台詞や中の人ネタが多いんで、こっち側の人以外にはあまりオススメできないかも知れませんが、まぁ、ここでそんな心配をする必要も無いですよね。

ぬーさんのチャイナドレスから覗く足が云々と言う話はまた後日改めてするとして、今は中村先生とぬーさん以外の話をさせて下さい。
まず、橘家四姉妹・四女「冬美」役の明坂聡美さん、週刊少年チャンピオンのグラビアでも拝見した事がありましたが、変身後(ステージシーン)はグラビア以上にかわいいですね。写真写りが悪いとかそーゆー事ではなくて、アイドル役を演じる事によりオーラを発している。これはDVDでは味わえない、生の演技ならではの空気なのでしょう。
それと、前作でアフロヤンキーから変身する伊瀬茉莉也さんも凄かったですが、今回はそれに加えてリーゼントヤンキーから変身する浦えりかさんの、ステージ慣れしたアイドルオーラも見所です。

アフタートークショー

21時30分に舞台が終わり、10分の休憩の後に「平日(2月9日&10日)限定特別企画」のトークショーが始まりました。出演は小山剛志座長+チョコレートガールズ(下川みくにさん、中村繪里子さん、伊瀬茉莉也さん、明坂聡美さん)+アズキガールズ(保田圭さん、沼倉愛美さん、浦えりかさん、酒井香奈子さん)の全9名。この企画自体、結構ギリギリのタイミングで発表されたので、ちょっとしたサプライズと言うところだったりします。

まず最初に座長が登場し、残りの8名を呼び込み。約一名、緑色のコップを片手に持ってますが…

チョコレートガールズ&アズキガールズは、下は最後のステージ衣装のスカート、上は物販でも販売している「チョコレートガールズTシャツ」「アズキガールズTシャツ」をそれぞれ着ています。「アズキガールズTシャツ」は明坂聡美さんデザインなんだそうです。

明坂「ありがとうございます。おかげで私はお肉が食べれました!」
座長「そうなんですよ。もうね、計3回ぐらい焼肉をおごらされる破目に…」

このTシャツは座長のブログでも紹介されています。
そう言えば、あけちゃんTwitterでもお肉お肉言うてたなぁ。

物販においてはTシャツは広げて展示されていなかったので、開演前は全く興味を持たなかったのですが、このトークショーで見てからどうしても欲しくなってしまい、帰り際に購入しました。パンフとセットで購入すると少し安くなるんですが、パンフは開演前に買っちゃったから仕方ないね。むしろ、皆は後からTシャツを欲しくなっても良い様にパンフも帰りに買えば良いと思うよ。

そんな紹介もありつつ一同席に着くも、緑のコップの人は舞台袖に対しコップを掲げて水を持って来るように要求。いつも通りのフリーダムです。

座長「何? そーゆーペースでやろうとしてんの? 君は」
中村「ちょー喉渇いちゃって」
座長「あぁ、そうだね。まぁ喉も乾くでしょう、あんだけ歌って踊れりゃあね。うん、でもその、緑がやっぱり似合うね。なんだか知らないけど…」
中村「乾杯します?」
座長「うん、あぁ…また後でね。ゴメンね。今あんまり頭が働いてないから上手い返しとか出来ないから」

水をコップに注いでもらい、「10分の休憩で飲めましたよ」と突っ込まれるも、「水の場所が分からなかった」と言い訳。

座長「ホントはそーゆー設定なんでしょ? そーゆー傍若無人な設定なんでしょ?!」
中村「実は胃がちゃぷちゃぷしてます。苦しいです」

本題に入れねぇw
と言う訳で、各ガールズ末っ子から順番に初日を終えての感想。
まず最初は「冬美」役の明坂聡美さん。

明坂「2になりまして、劇場も大きくなって、ぐるぐる回る、なんか、変な…なんだっけ?」
中村「盆だね」(回り舞台のこと)
明坂「盆が付いたりとか、ちょっと豪華になって、やったぁ!って、嬉しかったです!」

座長からも、明坂さんがリハの時に盆の回転で大ハシャギだった事が明かされる。
続いて「西湖」役の酒井香奈子さん。

酒井「大きな失敗も無くって言おうと思ったんですけど、アクションの時に思いっきり階段から滑りまして、かっこつけて跳んだはいいけど着地失敗して…」

明日は成功するから(明日は当日券もまだあるし)是非、見に来てね、と。
「千秋」役の伊瀬茉莉也さん。

伊瀬「(前作が如何に楽しかったかの話の後)それがまた今回こーゆーカタチで『2』、更に今回アズキガールズって言う面子が増えて、こーやってKOYA・MAPファミリーが広がっていく? あ、こりゃもしかして『3』もある?みたいなー」

座長、「まだ初日が終わったばかりなのに」と大慌て。
続いて座長から「かわいくなって良かったねぇ」と振られたのは「北斗」役の浦えりかさん。
「こんな人出てましたっけ?」「誰?」と皆に一通り弄られて、

浦「『北斗』役のリーゼントの浦えりかです」

保田圭さんが出ると言う所に食い付いて即決だったと言うお話とか。
あと、稽古の時に「ドラえもんみたいな声」が出てダメ出しされていたとか、

座長「今日の昼のゲネもまた一匹出てましたね」
浦「千秋楽までドラえもんが出ないように頑張って…『3』でも出ないように」

続いて、「夏子」役の中村繪里子さん。

中村「(前回と違い)長ゼリが無くて今回良かったなぁと」
座長「凄い君に頼まれたからさぁ」

夢枕にまで立って「長ゼリにするなら降板します」と懇願したとか。

中村「その代わりといっては何ですけれど、『バレンタイン・キッス』が…」

これは前作DVDと今作を見た方がいい、ネタバレ領域のお話なので公演終了まで自重しておきます。
続いて、(中村先生の)「後輩の」と振られる「南」役の沼倉愛美さん。

沼倉「(前作は見に行ったので)長台詞があるのかと戦々恐々としていたんですけれども、幸いそこまでのものはなく、ですが、まさかのチャイナドレス…あと、先輩との対決」

座長からは、初舞台とは思えないほど堂々としていた、とお褒めのお言葉。

沼倉「実は、色んなところで、なんかちょいちょいやらかしたんですけど、そこはね、じっくり見ない方が…」

一言一句、一挙手一投足を逃さぬように見てますが何か?
と、ここで沼倉さんから座長に「裏設定の話は言っていいんですか?」と質問。
時間が無くてお蔵入りになった設定があって、と言うお話なんですが、まぁ、ストーリーに絡んで無い話なんであまり関係無いです。

続いて「春奈」役の下川みくにさん。
下川「今回も出させて頂いて、すごく嬉しく思うんですけれども…ひとつだけ問題が」

チョレートガールズ側の私服衣装が変わってないのは何たる事か、「小石川」ですら変わったのに!と、
座長からはチョレートガールズ側を描写する時間が無かったから仕方なかった、と釈明。
最後は「東子」役の保田圭さん。

保田「ほとんどの皆さんが『はじめまして』なんじゃないかなと思うんですけど」
座長「え? ハロプロ…」
保田「もちろんハロプロのファンの方も来てくださっていると思いますけど、でも、これだけ共演者の、だって何割ですか? 何割が声優さんになるのかな? 声優さんが多いので…」

アウェイですかw
まぁ、被ってる様に見えてほとんど被ってないのがこの界隈ですね。

保田「稽古場もすごく新鮮で、普段稽古場って男の人が多かったりするんで、あんまり黄色い感じの声は聞こえてこないんですけど、今回はもう兎に角みんなの声が可愛いんで、あけちゃんとかずっとね、食べ物の前で『これ食べるー!あれ食べるー!』って…」

そして最後に座長。
座長「皆さんの反応がどうなるか分からなくて心配してたんですが、すごい暖かく迎え入れられてホントに幸せな気持ちでいっぱいです」

あと8公演、皆さん最後まで頑張ってください!
…正直、もう一回見に行きたい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.