2:「我那覇響・如月千早・四条貴音」活動第45週~

「声優グランプリ4月号」(3月10日売り)を買いました。
ネタバレの無さそうな座談会記事なので、積まずにすぐ読んじゃうぜ。

それはそれとして、どうやら無事にこの週末で終わらせられそうです。
現在の懸念事項は「残り10週」の内の何週が使えるのか、と言う事。
最終週は「IA大賞グランドファイナル」で固定イベント扱いだろうが、それ以前にも固定イベントが入るかもしれない。
特に心配なのが、響が胸中に抱え込んだ爆弾ですかね。終業後の夜から週末にかけて発生するイベントなら活動週を食わずに済むけど、SPのランクA昇格初週にあったような、1週犠牲にするようなイベントだとちょっと困る。

活動第45週

活動45週 (Lv14)、活動終了まで残り10週。
ファン数を見てると何だか不安になってくる。今週は全国オーディション、来週はレッスン&営業って事でどうだろう?
千葉にて難易度8「THIS IS S」に参加する。100組参加、合格2枠のオーディションで、ボムは使わずに記録更新のスコア。
…と言うか、最近ボムの有効な使いどころがよく分かんないのです。フェスなら兎も角、オーディションで使うと興味レート的には返って不利になる気が。うーん、一周終わったら勉強しよう。

と、ステージ後にエレベーターホールで冬馬に遭遇。
「…チッ、イヤなヤツに会っちまったぜ。今日はとことんついてねぇ!」
ご挨拶だな。ん? もしかして、他の二人にも会える?
いや、残念。冬馬は他の二人と喧嘩をしたらしい。
「おせっかいかも知れないが、三人ユニットで上手くやっていくには、あんまり意地を張らない方がいいぞ」
流石だ、このPも引き抜きフラグを立てる事に余念が無い。さては貴様、SPで味をしめたな!
「うるせーよ! 本当におせっかいだな、あんた。俺は単に、あいつらが…、いや、何でもない」
いいねぇ、どんどんJupiterに興味が募ってしまうよ。
「ああっ、またしゃべっちまった! …ったく、あんたと居ると調子狂うんだよ。じゃあな!」
女も男も見境無しか。圧倒的ではないか、我らがPは! ニヤニヤが止まらない。どうしてくれる。

事務所に戻ってランキングのチェック。は、初の10位以内って言うか、10位キタ! ひゃほ~い♪
たぶんここが限界なんだろうなぁ。4thの時と同様に限りなくまぐれっぽい雰囲気だぜw
でも、まぁ、結果は結果であり、嬉しいものは嬉しい。
今は三人と喜びを分かち合いたい。…うん、酒でも飲もうか。

帰路、何とも余計な事に「響は自分のハリウッド留学をどう思っているのだろうか?」と、響に電話をし始めるP。
馬鹿かお前! 思わず電源を切りそうになったぞ。
「胸にしまっておく」と書いていた響からのメールを忘れたのか?
自分で掘り起こして起爆してどーするよ?! この大事な時期に活動止まるぞ?

幸いと言うか何と言うか、ここでは響は電話に出ず、翌朝を迎える。
そして、今度は響から電話が、
「ねえねえ、プロデューサー。自分ね、今、どこに居ると思う?」
…まさか、沖縄へ帰っちゃいました?(-_-;
「…あ、こら、いぬ美、離れないでよっ、寒いでしょ!」
さ、寒いとこ?!
「とにかく、自分、今、遠いとこに来てるんだけど、プロデューサーに見せたいものがあるんだっ!」
なんか元気そうで安心したけど、遠くて寒いとこってどこだよ。
と、ここで三択。「沖縄」「北海道」「近所の公園」…寒いとこひとつしかねぇし。

札幌で合流し、響に連れられて更に移動。
連れて来られたのは…雪山? ちょっとちょっと、響さん、あなたせめて冬服着なさい!
なんだその格好は、まるっきり馬鹿じゃないか。馬鹿だけど、
「自分、どうしてもここで、プロデューサーに見てもらいたいものがあるんだ」
コートを着たら見てやってもいい。とにかくその寒い格好を何とかしなさい。

響、雪山でステップの修行をしていたようです。
…アホの子だとは思っていたが、まさかそこまでとは…(絶句)
「別に、それだけじゃないけどね」
心配して損した、等とは言いたく無いが、もうちょっと別の何かは無かったのか。
「自分、勝ちたいんだ! どうしてもっ! プロデューサーを見送る時、笑ってたい。それには、勝たなきゃ!」
それで雪山って、突っ走ったなぁ。アホの子かわいい。

そして、この終業後コミュでもって思い出Lv3となった。
その夜のメールでは、「プロデューサー、北海道旅行、楽しかったねっ。まさかあそこまで来てくれるなんて思わなかったぞ。」
…旅行じゃねぇし、来いっつったのおめーだし、

金丸記者から取材終了の挨拶メールも。

活動第46週

活動46週 (Lv14)、活動終了まで残り9週。一抹の不安はくすぶったままだが、今は前へ進むしかない。
思い出レベルは3に上がったから、無理に営業する必要は無いかもな。もっと上もあるのかも知れないが、あったとしても流石に残りの期間で4までは上げられないだろう。
よし、今日は「LUCKY RABBIT」での買い物と、ちょービジュアルレッスンだ!
たぶん買い物は今回が最後になるだろう。

「LUCKY RABBIT」に着くと、ヤスコ店長の第一声が「あっ、お客さん、待てましたよ!」
ふむ、何を用意して待っててくれたのかな?
「フフ~ン、約束どおり、とっておきの商品を用意しておきましたからね」
と言う訳で、アクセサリー「ヤスコインカム」登場。気になるお値段は、76万5000円也。…すまん、全然足りない。
ちょービジュアルレッスンはボーナスつきパーフェクト、自分、頑張ったぞ! るんっ♪

事務所に戻ってランキングをチェック、おぉっ、5thが7位まで上がった!
もう『ギリギリまぐれ』じゃ無いんじゃね?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.