2:「如月千早・我那覇響・天海春香」活動第16週~

ちょっとプラグインの設定ミスってて、しばらく携帯電話からの表示がお見苦しい事になっておりました。申し訳ない。
明日は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society 3D」の公開日なので、プロデュースは進めないかも。新宿バルト9の朝一の回(監督の舞台挨拶付き)を予約したので、

活動第16週

引き続きレッスン&営業、と思ったら…千早と春香がいちゃいちゃして、響がぼっちの「らぶすね」状態に。
「あ、あれ? ヘンだぞ。そうもちょっとだけ、自分、浮いてる感じだし。んー、気のせいかな~?」
ハルチハは大好物だけど! 寂しそうな響の顔は見たく無いよ!

今週は西エリア愛媛でPROMOTION「すごい地方TVのお仕事」を。その後、「ダンスレッスン」。
そうそう都合よく「テコ入れしたいエリア」に資金営業が湧いてくれるわけじゃないですね。
「うう。邪魔者にされないようにしないとね…」
響、そんな顔するな!(;_;)

「すごい地方TVのお仕事」は初めてなので千早を選択。
夏をテーマにしたドラマへの出演が決まり、制作発表会だそうです。ゆ、浴衣姿ではないか!
ポニテ千早MAJIキュート! 何と言う破壊力だ!
まだ時間があるから、と舞台袖で想定問答。
「ぷ、プロデューサー? 脚本がまだなのに、そんな質問…、意地悪です」
…や、やばい。いや、意地悪じゃねーけど、これは意地悪したくなるわ。かわい過ぎるっつーの!

ダンスレッスンは例によってボーナス付きパーフェクト。
小柴記者効果もあってか、今週もレベルアップしてLv09へ!

事務所に帰ってランキングチェック。
2nd「Little Match Girl」は更に31ポイント上げて21位へ。
…へ? 21位? 惜しい!ここまで上がるならもう一踏ん張り営業しとくべきだったなぁ。

終業前、響が浮いてるのが心配で心配で、お説教タイム。
千早は気付いてくれたのだろうか?

活動第17週

おぉっ、らぶすね解消したか。
「おはようございます、プロデューサー。…フン♪…フフフフン♪」
「ふふふふーん♪ ふふふ♪」
「すっるとー♪」
…揃ってるんだか揃って無いんだかよく分かんないけど、「鼻歌」×3キタコレw
何なの? 先週のお説教後、3人でカラオケでも行ったのだろうか?
画面が大変な事になっているw

うーん、せっかくのこの状態、ボーカルレッスンしないともったいないよなぁ。
今週は営業外すか。「ダンスレッスン」と「ちょーボーカルレッスン」だ。
「それでは、よろしくお願いします。フフフンフンフフーン…♪」
…何? 千早がふるふるフューチャー☆…だと?

ダンスレッスンはもちろんボーナス付きパーフェクト。
続いてのちょーボーカルレッスンは何度かミスって辛うじてのボーナス付きパーフェクト。
そして、今週もレベルアップしてLv10へ!

事務所に帰ってランキングチェック。
2nd「Little Match Girl」は21位に留まりました。
やはり、リリース後2週はランクアップの期待が出来るようだな。

終業時、社長からリーダー変更の最終打診。
いや、今回のユニットは全然まったく何の問題もねーっすよ?

事務所を出てから〆切間際の書類仕事を思い出し、再び事務所へ戻るP、
え? まさか小鳥さんコミュ?(無い無い)
「…あの、プロデューサー? まだいらっしゃいますか?」
千早、こんな遅い時間に渋谷をウロウロしてちゃいかんぞ。
「あの…、今から私と一緒に、ある場所に来ていただけないかと」
え? こんな時間に?
連れて来られたのは小さなライブハウス。
「今日は、友達のライブなんです」
ほう、なんか意外だけど、事務所外でも同業の友達付き合いを広げるのは良い事だ。
「一週間ほど前に、同じ学校の子がいきなり私のクラスにやって来て、自分もアイドルに憧れて自主活動をしているから、一度自分のステージを見てくれ、と」
ステージを鑑賞後の帰り道…
「…あの、プロデューサー。私はアイドルをやっていても、いいんでしょうか?」
お前を信じる俺を信じろ!

何やら意味深げなメール送ってくるし、千早さんは目が離せませんね。
メールと言えば、社長からも、それと小柴記者から密着取材終了の挨拶メールも。

活動第18週

小柴記者は去ったが、鼻歌×3は継続中w 今日は「私はアイドル♥」で3人揃いました。
じゃあ、今週もサービスしてレッスンにしちゃうか?
先週と同じ「ダンスレッスン」と「ちょーボーカルレッスン」。
後でツケが来そうだが、今は彼女達のやりたいようにやらせてみるよ。

ダンスレッスンはもちろんボーナス付きパーフェクト。
続いてのちょーボーカルレッスンはやはり何度かミスってのボーナス付きパーフェクト。
そして、更にレベルアップしてLv11へ! もう暫くはレッスンしなくていいでしょ。

事務所に帰ってランキングチェック。
2nd「Little Match Girl」は3週連続で21位に留まっています。

少し気分を変えようと、公園に寄り道して帰る事に。
すると、公園の茂みの中から千早が。え? そこは響の位置だろ。
…おっと、茂みの中にいたわけではないらしい。
「私は、その…、少し頭を冷やそうと思って」
「いえ、どちらかと言えば、その…、仕事関係の問題ですが…」
…何なんだ一体。
「悩みと言うほどのことでは…。私はただ…、自分が、ふがいないだけです」
「だって、リーダーの大役を任されているのに、こんな…! あ、いえ。何でもありません…」
何その思わせぶりなの。惚れてまうやろ!
「あの…、ん、んっ。ほ、本当に、なんでもありませんから」
表情がいちいちドキッとするなぁ。しかし、話は何やらシリアスな方向に…
これ、伏線ですよね? 後で発火しますよね?(-_-;;

活動第19週

鼻歌×3はまだ継続w 今日は「思い出をありがとう」で3人揃いました。
「そろそろ新曲があれば、刺激になって良いかと」
おぉ、そうですね。遂に3rdですね。

ちょっと待てよ。そろそろ活動第36週の「運命のランキング」を意識しなければ。
経験上、新曲発表の翌週と翌々週はランクアップの可能性があるようだから、逆算して第34週がリリース週と仮定しよう。
その楽曲は更に遡って第31週が発表週となる。31週目に新曲を発表できるようにしておくためには、その前の楽曲は遅くとも第23週発表、第26週リリースと。
ふむ、今週新曲を発表するとしたら、第22週リリースで第27週から次が出せるようになるから、そこから4週間新曲の催促を断る事になるのか。
リリース初週から20位以内とか、リリース後第三週以降まで20位以内を維持できる自信があれば、ここまで細かな事は考えなくていいんだけどね。

おっと、忘れてた。固定イベント週も考慮しないと。1周目と同じなら、第21週が中央エリアのフェス「FUJISAN ROCK」で対「竜宮小町」再戦、第32週が西エリアのフェス「ODYSSEY」で対「冬馬」(引き分け)か。さて、どうスケジュールしようかね?
ここは一週見送って、来週3rd発表、その翌週が対「竜宮小町」かな?

ボーカルレッスンはしたいけど、営業もしたい。
ノーマルレッスンで安定してパーフェクト取れるのはダンスだけなんだよなぁ。どうしよう?
散々悩んで、「ボーカルレッスン」と、南エリアは福岡でPROMOTION「もっとイベントのお仕事」を選択。
そして、「ボーカルレッスン」を初めて『お任せ』にしてみる。お前達の事、信じてるぞ!

最初に「力の入れ具合」を指示したら、シーンは飛んでレッスン後に。
おぉっ、パーフェクトだ。ただし、通常より疲労が溜まったらしきメッセージが表示されていた。
疲労は不可視パラメータなのでちょっと怖いね。乱用は控えよう。

「もっとイベントのお仕事」はもちろん千早さんで、一日消防署長だそうです。
「こういう仕事は、どうも、気が沈みますね」
…ふぅ。まぁ、言うとは思ってましたが、
「他のメンバーが一日消防署員で、私だけ署長なのは、やはり納得できません」
そこかよ! 春香も響も、ホスト側の消防署の人達だって、少なくともそこだけは納得してると思うぞ。
「署長役は一日中車に乗って、手を振るんです。…目立ち過ぎです!」
そこかよ! ったく、この子は…
とか何とかやってたら、リアル火災で出動命令。何このハプニングw

緊急時の応急処置の話題で、気道確保やら人工呼吸の話をしていたら、俺が心停止していた。
何を言っているか分からないと思うが、俺も何が起きたのか…
やっと思い出Lv2になりました。

疲労を溜めるのは怖いので、今夜は終業前コミュは無しで解散しよう。

活動第20週

鼻歌×3まだまだ継続。今日は3人揃いで「私はアイドル♥」。
あれ? 新曲の打診無しでスケジュールに入ったぞ。ぐぬぬ、何か間違えたかな?
京都でPROMOTION「ラジオのお仕事」、後は「ダンスレッスン」にしておこう。

「ラジオのお仕事」は千早は経験済みなので、今回は春香さんで。
「公開録音って、何だかドキドキしちゃいますねっ!」
客弄りはほどほどにね。
「公開録音だからって、目の前のお客さんだけを見てればいいわけじゃない、って事ですね」
噴いた。中村先生…

その後のダンスレッスンはノーミスのボーナス付きパーフェクトで、イメージレベルはLv12に!
やっぱダンスレッスン楽だわ。

帰路、春香から昼間の「ラジオのお仕事」の感想メールが来て、メールブースト発動。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.