THE IDOLM@STER STATION!!! 第90回

響「ねえねえ雪歩、今日はイースターの日らしいから、チキンを食べようよ!」
雪歩「え? チキン? あの…イースターって、そーゆー日だっけ?」
響「うーん、よく分かんないんだけど、外国のめでたい日って、だいたいチキンとか食べとけばいいんじゃないの?」

これはひどいw
流石はアホの子である。そして、雪歩が犠牲に…

貴音「イースターと言うのは復活祭の事です。これぐらい常識ですよ」
雪歩「あの、四条さん、復活って、一体何が復活するんですか?」
貴音「え? そうですねぇ、やはり、暗黒魔王…とかでしょうか?」

貴音はこうやって2人をからかうポジションなんですね。

THE iDOLM@STER STATION!!!

先週番組中であずみんが即興で作詞作曲して披露した高速道路の歌が、本当にオープニングとして流れる。うわぁ…w

ぬーぬー「すげー!」
はらみー「すごーい、最高ですねー」
あずみん「これ、ガチだったんだ!」(笑)

リスナーと同じぐらいウケてるような気がしなくもないw

ぬーぬー「台本に書いてあったから、まさかとは思ったんですけど、ホントに来ましたねー」
はらみー「えっ、ホントだ『高速道路』って書いてある!」

もしかして、しばらくはオープニングこの歌で行くんでしょうか?w

あずみん「そんなこんなで、4月15日って何の日か知ってる?」
ぬーぬー「あたしに聞いてるの? あたしに聞いてるの? えーっとね、えーっとね…レオナルドダヴィンチの誕生日」
がらみー「マジで? 一緒なの?」
あずみん「じゃあ、お祝いしなきゃ! レオナルドダヴィンチの」

ぬーぬーのお誕生日でした。おめでとう!

あずみん「ぬーぬーの、お誕生日ー!」(拍手)
はらみー「おめでとうございますー」(拍手)
ぬーぬー「…こんな平和な誕生日、初めてかもしれない
あずみん「え?」
はらみー「ねー、何気にねー」
ぬーぬー「『ねー』じゃねーよ! 『ねー』じゃねーだろ!」
はらみー「去年滅茶苦茶だったから…」
あずみん「どう? 誕生日を迎えての気分は?」
ぬーぬー「いやー、そうですねぇ、実際あと何日か残ってるんですけれども…」
あずみん「言っちゃうんだ?w」
ぬーぬー「あの、すごく、今日こーゆー、平和な感じで『おめでとう』と言って貰えて、すごくいい一年になりそうな気がします」
はらみー「ね、平和だね」

ぬーぬー不憫w
原さん、貴方は使命感に滾りつつ平和をぶち壊す側ですよね?

ふつおた!!!

最初のお便りもぬーさんのお誕生日を祝福するものですよ。
「いつも変な無茶振りをしてしまってすみません。でも、それはぬーぬーの事が大好きだから(中略)と言う事で、誕生日記念に、ぬーぬーの得意なあのモノマネを披露してください」
と、無茶振り来ました。
と言う訳で、まずは「あさぽんによるドラえもんのモノマネ」のモノマネ。

ぬーぬー「先週やったじゃん!」
はらみー「それはねぇ、似てないけれども、修行させてあげてもいいから

なんでそんなに上からなんですか?w
伊織のモノマネで大火傷するぬーさんMAJIかわいい。

スモスリ、ゲーマガ、ヴァイスシュバルツのCMを挟んで、週末のシークレットイベントの話題へ。

はらみー「そう言えば、ですね、イベント、終わったんですよね? 16日と17日に、『SMOKY THRILL』と『The world is all one !!』の発売記念イベント」
ぬーぬー「昨日と今日で、ありました」
はらみー「どうでしたかー? 楽しかったですか?」

勿論、収録はイベント前なわけです。
はらみーはこーゆー時間差ネタは振られてからかわれる側だった事がほとんどなので、なんだか無駄に嬉しそう。
ぬーとあずみんは大阪の回に参加(あずみんは翌日の東京の回にも参加)だったので、地元大好きのはらみーは羨ましがる事に、

あずみん「大阪に居る間もね。ちゃんと由実ちゃんの事思い出してたよ」
はらみー「思い出してた?」
あずみん「うん、『由実ちゃんゴメンネ、でもあたし達楽しもうね』って」
ぬーぬー「そうそうそうそう」
はらみー「くやちー!」

まぁ、イベント前なんですけどね。

ぬーぬー「次の日があったので、まぁ、日帰りだったんですけれども、いやほんとに、あのー、きっと楽しませて頂いたと思いますw」

あずみんは、普段は大阪はなかなかいけないから嬉しい、と、
ぬーは「SMOKY THRILL」が大好きなんだけど、竜宮小町の曲なのでイベントで歌う機会はないと思っていたら、あさぽんと一緒に歌えて嬉しかった、と。

と言う訳で、来週は感想回になるようです。
続いてのお便りは花見の話、風情があって宜しいですな。

あずみん「私お花見自体あんまりした事が無いからね、したいなー、やっぱり」
はらみー「あー、そうだね。なんかいつか番組でやりたいね、お花見」
ぬーぬー「あー、もう全て番組にぶっこんで行こう! やりたい事ね、行きたいところとか」

お花見バーベキューなんて話も。
続いて、新生アイマスの感想と言うお便り「こいつは飛び切り酷いラジオだぜ!」
…全くだ。あずみんが『恐ろしい子』なのも、ぬーさんが(自重)なのも完全に同意。

更に、春からアイマスラジオが三本になった事に因んで「アイステは他の番組とここが違うよ」と言うアピール点は?

はらみー「どこが違いますか?」
あずみん「うん、歌うよ」
ぬーぬー「そうだね」
はらみー「そう、人も違いますよ」
ぬーぬー「うん、そうだね」
あずみん「まぁ、みんな違うけどね」
ぬーぬー「なんだろ、カラダ張ってるよ」
はらみー「確かに…もっと張っていこう」
あずみん「張ってくんだ?!」

はらみーはぬーとあずみんに体を張らせる、と宣言。

あずみん「やだよ、そんなの!」
ぬーぬー「そうやって言うんだったら、由実が先陣を切ってカラダ張っていかないとダメだよ!」
はらみー「先陣を切って指示するんだよ」
ぬーぬー「意味が分からないよ」
あずみん「あのね、下から慕われる司令塔って言うのはね、自ら率先してね、闇に斬り込んで行くんだよ」
はらみー「はわー! そうなの? なんかカッコイイ世界だね」
あずみん「じゃあ来週から由実ちゃんのチャレンジコーナーを…」

早くも擦り付け合いが勃発w
続いてのお便りでは、アイレディの時の様に歌詞を募って曲を作っては?とか、
アイレディの「お風呂で、う・ふ・ふ♪」を復活させては?とか、

歌姫楽園2011

ぬーぬー「いやー、楽しかったね」
はらみー「楽しかった!」
あずみん「楽しい」
ぬーぬー「なんかねぇ、…なんか…いい出来でした♪」
はらみー「ねー、なんか本当に、聞き終わった後で3人から拍手が、わーっみたいな」

と言う訳で、今回は「THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 01 天海春香」より、響、貴音、雪歩で「START!!」

これはいい。原曲は春香ソロだけど、3人ユニットでもバッチリですね。
「2」のDLCでもやってくれればいいと思うよ。

あなたを知りたい!

新メンバーとなって、お互いを理解していくための新コーナーです。
3人のうち1人にお題としてシチュエーションが提示され、その時にどんな行動を取るのかを紙に書く。
そして、残りの2人がその行動を当てると言うゲームとなっています。

最初のお題はあずみんに対して、
「貴方はとある会社の社員です。貴方は現在、取引先の社長をカラオケのあるバーで接待しています…(略)」
つまり、アイマスの曲を歌えと振られたらどうすんよ?と言うお題。

と言う訳で、当てる側の2人から、

ぬーぬー「えーっと…なんだっけ? なんだっけ?」
あずみん「まとめとけよ! 時間はあっただろ!」
はらみー「最初は、なんか『え、そんなそんな、あたしダメなんで…』みたいな感じなんだけど、『ははっ、いいだろ、早く歌いたまえ』って言われてるうちに『はい~』みたいな感じで、歌って、最終的に穴掘って埋まっちゃうんです」
あずみん「ブッブー! 違うよ! 違うよ! 2人ともあたしの事全然分かって無いよ!」
ぬーぬー「じゃあ、あずみんの答え教えて下さい」
あずみん「浅倉の答えは…まずは、アイマス6年の歴史を感じて頂くために、『THE IDOLM@STER』から始まり、『First Stage』『エージェント夜を往く』を含み、『I Want』これらフルコースで行かせて頂きたいので、延長お願いしま~す!
ぬーぬー「当て…当てさせる気無いね?!」

計算外w
ってか、あずみん流石あざといw
そう簡単に読まれてたまるかと言わんばかりである。

続いて、はらみーに対し、
「今日は久しぶりのお休みです。一ヶ月も前から、今日はメンバーの3人で遊園地に遊びに行く事を決めていました…(略)」
出際に大好きな男性から電話が掛かって来て、映画に誘われたら?と言うお題。

ぬーぬー「うわぁ、由実に一番向かない問題だよ、これ」
あずみん「え、でもさぁ、これはさぁ、考えるまでも無くない? 由実ちゃんが、ウチらを裏切るわけないよ(笑)」
ぬーぬー「(笑)」
あずみん「御飯だったら負けるかもしれないけど(笑)、映画だったら勝てると思うよ、ウチら」

信用してるんだか信用してないんだかw
と言う訳で、2人の答えは…

ぬーぬー「その男の子の誘いには乗らず…」
あずみん「私達と一緒に…」
ぬー・あず「「遊園地に行きます!」」

対するはらみーの答え、
「『ごめんなさい』と言って別の日の約束をその電話で取り付けて、ハッピーな気持ちで遊園地に行く!」

はらみー賢いw
普段のボケボケも計算され尽くしたものだったんや!

最後に、ぬーに対し、
「今は夜中の2時です。貴方は家で漫画を読んでいると突然、美味しいラーメンが食べたい衝動に駆られました…(略)」
すぐ近くのコンビニでインスタントラーメンを買うか、200m離れた24時間営業の普通のラーメン屋に行くか、1km歩いて24時間営業のとても美味しいラーメン屋に行くか、と言うお題。

はらみーは、遠くまで歩く事も苦にしないのでは?とか言ってるんだけど…いやいやいや、夜中の2時にラーメンってのは普通に我慢するんじゃ無いだろうか?w
2人の答えは、あずみんの「私の場合なら」にはらみーが乗っかって、

あずみん「え、ホントにこれでいいの?」
はらみー「うん!」
あずみん「えっと、とりあえず全部見てから決める!… by 浅倉」
ぬーぬー「ブッブー! 最近…体脂肪が気になるので、我慢します!」
はらみー「あー! 行かないんだ! その選択肢無かった、私の中で!
あずみん「そうか! そうか!」
ぬーぬー「だって夜中の2時だよ? 夜中の2時にお外に出るのもちょっと危ないかなって思うし、ホントにね、体脂肪ちょっとね、増えたの、最近動いてないから、ダメなんです」

まぁ、はらみーの発想には無いよね。「我慢する」って言うのはね。
一般人的にはそっちの方が恐ろしいけどねw

Ending

遂に発売されたアイステ3rdCD「THE IDOLM@STER STATION!!! THIRD TRAVEL WANTED!!!」の話題と、発売記念イベントについてざっくり。
先週からのリスナー応募あずみん終了挨拶とかありつつ、

はらみー・ぬーぬー「バイバーイ!」
あずみん「……バイバイじゃない…」
はらみー「……お誕生日、おめでとう」
あずみん「由実! 由実! 打ち合わせしたやろ!」
はらみー「ごめんなさい!」
ぬーぬー「わー!ケーキだぁ!…(泣)」
あずみん「ホントはね、ホントはね、あの『またねー、バイバーイ』ってやつの、『バイバイ』を、あたしと由実たんが喋んなくて、ぬーたんの…ぬーたん泣いてる!
ぬーぬー「こんな幸せな誕生日ホントに初めてだー(泣)
はらみー「去年酷かったからね」
あずみん「どれだけぬーたん不憫な経験してきたの?」

ぬーさん号泣、これはひどいw
最後のところの流れを外して「おめでとう」と言う流れを予定していたのに、はらみーが間違えちゃってタイミング崩れたんですね。
で、そーゆー普通のサプライズにぬーさんが感極まって泣きだした、と。

もしかして、去年の様な悪い意味でのサプライズに警戒して気を張ってたんじゃねーの?w

今週のおまけ ver.2011 Rev.B

と言う訳で、番組の28分ちょっとをオーバーしてサプライズの様子が続きます。
あずみんとはらみーからプレゼントも、

あずみん「よく響に合わせてポニーテールしたりするでしょ? なので、ちょっと響のイメージカラーに近いシュシュにしました」
ぬーぬー「かわいい、レース付いてる! ちょっと、なかなかこんなかわいいの付けられないから…かわいいカッコするね」

はらみー「あたしからはこれなんだけど、なんか去年とか、すごいいっぱいやったから、こーゆー普通にリアルに渡してるプレゼントを番組で渡すってすごい恥ずかしいんですけれども、ごめんなさい、全然ネタでも何でもないやつ…
ぬーぬー「なんで、なんでネタじゃないと『ゴメンナサイ』なの?」

原さん、普段オチ担当として頑張り過ぎですw
ってか、ミンゴス抜けてから番組の方向性が変わって、オチ無くても許されるようになった、とw
最後に「2人から」と渡されたのは、リキュールの小瓶のセットかな?

あずみん「それで酔っ払って、またぐでぐでになればいいじゃない!」
ぬーぬー「ホントに『バー浅倉』開店すればいいよ」
あずみん「ホントに? 毎週ぬっぱらいだよ?
ぬーぬー「(笑)それはちょっとなぁ…」
あずみん「毎週ぐでぐで…聴いてる人は喜ぶけど

あずみん、よく分かってるなぁw
うん、需要をよく理解していると言う点において申し分無い後継者だね。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.