PS3版「アイドルマスター2」発売日発表

PS3版が発表されましたね。
昨日からファミ通のフラゲで騒がれてましたが、無事に自分の目で確認しました。

タイミング的には同時に開発してたんでしょうね。
同時開発でもXbox360版で出した後にPS3で出さざるを得ないオトナノジジョーは誰かが呟いていた気もしますが、まぁ、あまり興味は無いのでここでは触れません。

6thライブツアーは「バンナムが臆してガミPパートを引っ込めた」のでは無いかと言う気がしてたんだけど、このタイミングでファミ通が第一報と言うと、ますますそんな感じ。
東京公演以降に小出しにして福岡公演までに全て発表済みになる段取りでメディア向けに情報開示日の設定をしていたけど、荒れるとアレなのでライブでの発表は中止しました、みたいな?

ゲハのノリなら「また完全版商法か!バンナムェ…」vs「痴漢ざまぁw」みたいな構図なのかもしれないけど、アイマスクラスタは「遂にPS3を買う時が来たか」みたいな感じで概ね平穏ですなw 訓練され過ぎてて如何なものかとも思いますが、あまり人の事は言えません。
まぁ、据え置きコンシューマゲームはある意味オワコン(笑)、コアなゲーマーは全部持ってて当たり前、一般人は両方持ってないのが当たり前、と言う時代ですから、ハードにこだわってどうこう言うのは「そーゆーロールプレイ」でなきゃキ○ガイだと思います。

個人的な認識では、Xbox360でこけた以上はそのままの状態でPS3で出すべきではないだろうと思うのですが、同時開発ならばこれ以上寝かしておく事も出来んのでしょう。
「そのままの状態」としたのは、発表された限りではオマケ程度の追加要素しかないからですが、ファミ通での発表内容を整理しておきましょうか。
PS3での追加要素は、

  • 難易度選択(“NORMAL” or “HYPER”)の追加
  • Xbox360版におけるDLC03号までを収録
  • アニメ版主題歌「READY!!」を収録
  • 初回限定生産版にはオマケでG4U(1)が付く

んー、ぶっちゃけ「READY!!」と「G4U」だけじゃん?
「READY!!」はXbox360版でもDLC配信されると思うし、「G4U」に目の色変えるような人は既にMMDとかでぐりぐり動かしてると思うんだ。それを全く魅力が無いとまでは言わないけど、Xbox360版を買った人が釣られるほどのものではない感じ。

たとえばの話だけど、1年以上間が開いてからの「携帯機への移植」(例:Vita)であれば、Xbox360での評価を見極めてしっかりブラッシュアップする時間的な余裕があるし、据え置きより携帯機の方が市場も大きく評価もゆるいので見込みが出てくると言うか…そんな感じの戦略的な判断は見えない。
単純に、マルチタイトルがオトナノジジョーでタイミングずらしただけ、みたいな。

と言うわけで、10月発売とされているPS3版は「完全版」と呼べるほど大層なものでは無いと思うわけですが、仮に「完全版」があるとして、皆が期待する「完全版」ってどーゆーものなんでしょうね?
アンチ木星な知人が「木星削除、小町追加」なんて言ってましたが、「2」のシナリオ自体は大きく改変される事は無いと思うわけで(それをしたらもう「3」でしょ)、「2」の主要なラインを逸脱せずに欠乏感を感じる部分を埋めるとすれば…2周目以降に「りっちゃんP視点で竜宮小町をプロデュースするモード」を追加?
んー、そりゃまぁ、出来る事ならプロデュースしたいですし、アニメで新規顧客を獲得してゲームへ誘導すると言う視点でも必要な事ではあるんですが、流石にそこまではしない・出来ないんじゃないかな、と。

いや、商売的には全く妥当でなく、下手(下策)だと思いますよ。
アニメの中でも伊織、亜美、あずささんが別扱いにされているならまだ分かるんですが、アニメで別扱いになっているのはりっちゃんだけです。であれば、アニメから入ってゲームに誘導された人には、伊織、亜美、あずささんがプロデュース対象じゃない状態は「コレジャナイ感」とでも言い表すべき理不尽な話でしかない。まさかそこで無印やSPを売るつもりなの?と、

どうも、アニメと言う「訴求の高いプロジェクト」に対してその他のプロジェクトが上手く協調出来てない感じがありますね。もともとがゲーム主導だから、と言うのはあるでしょうけど、ビジネス的にはその瞬間に一番お金の動く部分、一番耳目を集められる部分に合わせて全体が整合・協調すべきなんじゃないかしら?
そーゆー意味で、プロジェクト全体の「プロデュース」が弱いのかなぁ、と。
規模の拡大についていけてないような…

「2」のためだけにXbox360買った人の立場は…みたいな指摘も見かけまして、あぁ、言われてみれば俺もそうだった、みたいな。
確かに、PS3でも出ると分かっていたらXbo360は買わずに半年待ったかも知れません。
だって、PS3はブルーレイ見られるもん。どっちか片方でいいならPS3を選んでいたかも知れない。
そして、今の俺にはPS3を買う余力は無いぜ、って言うね。
社員証も役立たずだったしなぁ。(-_-;

まぁ、そんな感じのファーストインプレッションでした。
大阪公演では何を発表するのかな?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

PS3版「アイドルマスター2」発売日発表” への2件のコメント

  1. こけたと言いますが、5万2000本を売り上げてXbox360ではNO1の売り上げのようで
    かなり売れて悪くないと思うのですが、どうでしょうか?

    確かに自分もそのために買ったくちですが、まあ面白そうな洋ゲーもあるので
    そっちをやってみようかと思いますw

    • うん、まぁ、仰る通り。
      反ゲハ的に言うなら「そもそも据置コンシューマ・コンソール自体がオワコンだろ」と言うのがあって、そんな現状の上で「なかなかよくやったんじゃないの?」(贔屓目)と思わなくも無いんですけれど、Xbox360と言うハードウェアの強みは北米市場での圧倒的な普及率にあると思うわけで、その数字が視界の隅っこにあると、あの数字はちょっと残念に感じなくも無いのですね。だって、あっちでは未だに箱丸本体を月に30~50万台売っちゃってるんでしょ?
      もっぺん反ゲハ的に言うなら、「日本のゲーム市場ってオワコンでしょ? 北米でも売ればいいのに」的なw
      あ、本当はオワコンって言葉はホントは大嫌いなんですが、わざと使ってます。

      市場の規模を考えれば、そして、向こうの和製コンテンツオタクな皆さんの需要を考えれば、音声そのままでテキストを翻訳するだけでも結構行けるんじゃねーの?と思わなくも無い昨今ですが(まぁ、市場に合わせての値下げは当然として)、そーゆー挑戦は期待できないんでしょうかね。

      あと、前からちょいちょい呟いているのですが、日本の一般人の多くは、もはやフルプライスでフルボリュームのゲームを買ってみっちり遊ぶような余裕は(金銭的にも時間的にも)無いと思うんですよね。
      メインストリームたるゲーム本編の方の展開は暫く停めておいて、例えば竜宮小町だけをプロデュースする「コンパクトな補完アイマス」を3DS/PS Vitaで出すとか、木星だけをプロデュースする何かをiOS/Androidで出すとか、経営シミューションにスピンオフするとか、振付を作るだけのゲーム(?)とか、本編ほど開発費・開発期間を掛けない方向でこれまでより小さな弾を広くばら撒いていくのも有効なんじゃないかと思うわけで…
      G4Uだって単品売りした方がハードル下がってトータルで稼げるんじゃねーの?って言うね。

      何が言いたいかって言うと、木星まだ~?(をい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.