モゲマスまとめ 其之伍:殴られ屋篇

副アカウントを低ランク「殴られ屋」にしてる分際でアレなんですが、この業態は近い内に(システム側で対策が講じられて)成立しなくなるような気がするので、早めに解説しておきましょうか。

「殴られ屋」あるいは「道場」と言うのは、故意に守発揮値が小さくなる様に編成しておく事で、他のプレイヤーに「LIVEバトル」を挑まれた時に確定的に敗北するようにしてあるユニットです。

「殴られ屋」はなぜ殴られるのか

故意に負ける事に直接的なメリットはありません。
そのため、「殴られ屋」利用の対価として、「応援」してもらって友情ポイントを得たり、勝ったプレイヤーから獲得マニーの一部を貰ったり、不要なNカードを貰ったりしています。
この辺りは任意です。
何も対価を貰えなかったとしても、その相手から「LIVEバトル」を挑まれる事を拒否する事は出来ませんから、貰える相手から貰うと言う形にしかなりません。
(対価を払ってくれないから報復として挑み返す、対価を払ってくれないから殴られ屋を辞める、と言うのはあるでしょうが)

「LIVEバトル」の敗北側は「衣装」と「マニー」を奪われる可能性がありますが、手持ち衣装を全て事務所の増資に回したり、マニーを予め他のアカウントに預けておく事で、故意に負ける事の損失を低減できます。

なぜ「殴られ屋」を殴るのか

主な需要としては、まず「親愛度上げ」が挙げられます。
リーダーおよび攻ユニット(攻編成)のフロントメンバーに、親愛度を上げたいキャラクターをセットし、そのキャラクターが出揃うだけの攻コストが溜まり次第、直ちに「LIVEバトル」を挑みます。
「LIVEバトル」に勝利すると、参加したキャラクター達の親愛度が上がる、と。
「殴られ屋」を相手にする事で、より少ない攻コストで確実に勝利できれば、効率良く親愛度を上げる事が出来ます。
至極単純な話です。

もうひとつ、殴られ屋が現われた契機でもある「スロット早回し」も忘れてはいけません。
ロード系イベントの終了後、次のイベントの開始までの間に行われる「スロット」のキャンペーン、これは、攻コストが50%以上溜まっている状態で、一定のレベル差以内の相手に「LIVEバトル」を挑んで勝利した場合に、バトル後に追加報酬を得られるスロットを回せる、と言うものです。
この追加報酬スロットの出目は完全にランダムなはずなので、回数を回すほど高額当選の可能性が高まります。
ここでも「攻コスト50%」で挑んで確実に負けてくれる相手が居れば、「攻コスト100%」まで溜めてから勝つか負けるか分からない相手に挑むよりも、効率的に稼ぐ事が出来ます。

  • 最初のスロットにおいては「攻コストが50%以上」と言う条件が無かったため、リーダー1人分の攻コストが溜まり次第即座に「殴られ屋」を殴り、何度も延々とスロットを回し続ける人達が現われ、運営が慌てて途中からスロット発動の条件を追加しました。
    恐らく、このスロット以前には「殴られ屋」と言うスタイルは存在しなかった(あるいは、存在していたとしても少なく、あまり知られていなかった)と思われます。

最後に、「LIVEバトル」に勝利する事で得られるファン数およびマニーを稼ぐ事も「殴られ屋」を利用する目的と言えるでしょう。
稀に獲得マニーを全額「殴られ屋」へ「返す」よう推奨している人も居ますが、ハッキリ言ってこれは疑問。
「LIVEバトル」において勝者が得るマニーは敗者から奪ったものではありません。
より具体的に言うと、貴方のユニットが私の副アカウントの「のーがーど!!」に勝利し、1800マニーを獲得したとして、私がその敗北で失うマニーは600程です。上手くマニーを本アカウントに避難できていれば損失ゼロの場合だってあります。
実際にはそう迅速に入ったマニーを即時避難させる事も出来ていないため、ある程度の損失は生じているのですが、それでも貴方が勝利報酬で得たマニーを全額「贈る」必要は無いんじゃないかなぁ。
そもそも、「殴られ屋」を利用されてる皆さんだってマニーは必要でしょ?
まぁ、貰えるものは有り難く頂きますけど、

「殴られ屋」の作り方

  1. 「マニー」と「衣装」を避難させます。
    別にコンプ済みの衣装を避難させる必要はないんですけどね。
    他のアカウントに贈れるものは贈り、遅れない場合は事務所の増資に回したりします。
    イベント衣装はどちらも出来ないので、ご自由に持って行って頂くしかありません。
  2. リーダーおよび守ユニット(守編成)を変更します。
    リーダーにコスト999の《トレーナー》さんを設定した場合、守コストはその1人で使い切ってしまうため、他のキャラクターが「LIVEバトル」に参加する事は出来なくなります。
    また、リーダーが通常のキャラクターで、守編成(守ユニット)の1人目に《トレーナー》さんを設定した場合、リーダーと《トレーナー》さんの2人だけで「LIVEバトル」に参加する事になります。
  3. 編成画面から「守発揮値」を確認し、ユニット名やコメント欄にそれを記します。
    守発揮値が分からない場合、挑む側は勝てるかどうかが分からないため、「殴られ屋」を相手にする意味が無くなります。
  4. 「LIVEバトル」を挑まれ、ぶん殴られます。

「殴られ屋」のONとOFF

「殴られ屋」は確定的に負ける状態であるため、様々なデメリットがあります。
「お仕事」や自分から挑んだ「LIVEバトル」で勝利してマニーを獲得しても、すぐに他アカウントへ預けないと、あっと言う間に無くなります。
「衣装」も同様で、獲得してもすぐに奪われてしまうため、「殴られ屋」営業を続けたままコンプリートする事は非常に難しいです。
マニーを使う「レッスン」や「特訓」も、カードを選んでいる間にマニーが無くなってしまえば行えません。

そのため、オンとオフ、営業中と休業中を明確に区分する必要があります。
ユニット名やコメント欄を書き換えて「殴られ屋」としてのセッティングを中止している事を宣言し、リーダーと守ユニット(守編成)を変更して「挑まれても勝てる状態」へと変更しなければなりません。
そのために、守コストもある程度あげておき、守発揮値を上げるためのカードも手元に置いておく必要があります。

もし、守コストと守発揮値が低い状態のままであれば、例え「休業中」を宣言しても、普通に蹂躙されます。
「営業中」の時の利用者が気付かずに殴って行く場合もあれば、単に衣装を奪うためのマッチングで殴られる場合もあります。
まぁ、ウチなんかはそうです。守コスト振りが小さいので、守ユニットから《トレーナー》さんを外しても「挑まれ負け」が多く、バレンタイン衣装は一度も揃えられませんでした。

「殴られ屋」がこの先生きのこるには?

長々説明して参りましたが、「殴られ屋」はいずれ何らかの規制なり対策なりが入り、業態変更を迫られると思います。

と言うのも、現在の「殴られ屋」は(前述のようにON/OFFをきちんと切り替えられれば)ほぼノーリスクで「無」からマニーを汲み出している事になります。
このゲームでは「レッスン」「特訓」以外ではマニーの使いどころが無いことから、相対的にマニーの価値が低く、それほど重要視されていないように見えますが、誰でも短時間で簡単に「無」からゲーム内リソースを増やせるのは、通貨の価値を暴落させる事態であり、ゲームデザイン的には予定外のはずです。

また、前述の「スロット」キャンペーンなんかは、本来は対人戦促進イベントであったはず。
「LIVEバトル」を積極的に挑む事を促し、「スロットを回せるように」=「勝てるように」攻ユニットを強化する動機とする。そして、攻ユニットを強化するために『課金ガチャを回そう!』…と言う誘導ですね。
ところが、「殴られ屋」が存在する事で、スロットを回すのに「通常の対人戦」は必ずしも必要なくなってしまった。必ず勝てる「殴られ屋」を相手にすればいいのだから、攻ユニットを強化する必要も無いと言うわけです。
課金ガチャ回して貰えないと利益にならないので、スロットで豪華商品をぶら下げる意味がありません。
だから、バレンタインイベント後にスロットがあるとしたら、そのタイミングで何らかの手を打ってくるのではないかと考えます。

例えば…

  • 《トレーナー》さんの「LIVEバトル」時のコストを1として計算する。
    守発揮値を故意に下げる事が難しくなり、ある程度の攻発揮値が出せないと勝てなくなります。
    手持ちのキャラクターをリーダーだけ残して他のアカウントへ避難させれば守発揮値を抑えられますが、めんどくせぇ。
  • 敗北側のペナルティを増やす。
    例えば、敗北時にファン数が減り、ランクダウンも有り得ると言う事になれば、「殴られ屋」側のデメリットが増えます。
    ただし、ゲームバランスが大きく変わるため、敗北時に無条件でファン数を減らすのではなく、故意に負ける設定にしている者(「殴られ屋」)を仕分ける何らかの条件付けは行われるでしょう。
  • 勝利時のファン数加算・マニー加算・親愛度アップの条件を見直す。
    前述の「敗北時に(何らかの条件に基き)ファン数減」を実施した場合、「殴られ屋」は最終的にファン数ゼロになる可能性があります。
    それに加えて、ファン数が一定数以下の相手に勝ってもファン数は増えない、マニーがゼロの相手に勝ってもマニーは増えない、親愛度も増えない、等と言う形に変更されれば、「殴られ屋」を利用する意味も失われます。

この様に、今後何らかの対策が行われるとすれば、その範囲においてまた別の殴られ方を検討する必要が生じるのでしょう。
今ちょうどメンテ中ですけど、メンテが明ける明朝、何かシステム面の変化はあるのでしょうか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

モゲマスまとめ 其之伍:殴られ屋篇” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.