今週の予定 2012年第12週

最近またカレンダーのスケジュールが抜けがちになっていて、ホント申し訳無いです。
メール他で記述漏れや間違いのツッコミを入れて下さる皆さんに感謝。
カレンダーの共同編集者になって頂けるともっと嬉しいです。
(Googleのアカウントを教えて下さい)
ミンゴス関連イベントもお知らせ頂いているので、今日中に追加します。

先週の大きな動きは3つかな?
まず、4月29日に幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議」内のイベント「超NovelsM@sterコンテスト」が発表されました。
次に、アイモバこと「アイマスモバイル」の次の展開としてiOSアプリケーション版が発表されました。
最後に、コロムビアのCDシリーズの新展開として「ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL」が発表されました。
後ろの2つについては後述します。

今週は、まず、日付変わって昨日になってしまいましたが、「THE IDOLM@STER ビジュアルコレクション 上」が発売されています。
いわゆる「版権絵」と呼ばれる、アニメ制作側の公式イラストとして雑誌や商品で使用されたイラストが多数、A4サイズで収録されています。掲載雑誌を全部保存するのは大変ですからね。これを待っていました。
初版の数がかなり少なかったらしく、秋葉では品薄になっていたそうですが、新宿アニメイトは昨夜の時点で15冊ほど並んでましたよ。
メガミマガジンのサイトには情報全く無いのか。

本日3月20日(火曜日)は春分の日でお休みで、
明日、3月21日(水曜日)にはアッキー1stライブDVD「長谷川明子1st Live“Simply Lovely”DVD」がリリースされます。
更に、三日後の24日(土曜日)には新宿タワレコにて、この1stライブDVDの発売記念イベントが開催されるようです。

締め括りは3月25日(日曜日)、高槻やよいの誕生日であり、
ラジオ「THE IDOLM@STER STATION!!!」の沼倉愛美・原由美・浅倉杏美による1stライブ「HEART AND SOUL」が行われます。
2/29発売のアイステ5thアルバム「THE IDOLM@STER STATION!!! Nouvelle Vague」に封入されていたチケット優先販売は落選、今朝10時からチケットぴあで行われた一般販売も販売開始後即完売で手に入りませんでした。orz

それと、最後にもうひとつ、中央区日本橋の綿商会館にて、同人誌即売会「THE iDOLM@NIAX 6」が行われます。
会場内にモゲマスのトレーディングコーナーが設けられるそうですw

くっそー! アイステライブ行きてー!!

アイマスモバイルi

スマフォ対応を予想していた人はかなり多かったのですが、iPhoneのみ、しかも「iPhone4以降・iOS5以降」と言う括りは意外なものだったようです。
iPhoneはFlashに対応しないので、「ガラケー向けにFlash中心で組まれたWebサービス」を対応させるのには向かないのですが、アプリケーションとして提供する場合にはどうせ作り直しなのであまり関係無いと言えます。

一方、Androidへ対応させる上で問題になるのは位置情報です。
設計思想の違いとして、Androidは位置情報がサービスの認証キーになる事を想定してないんです。
なので、位置情報はユーザ側が自由に変更できて、それは必ずしもGPSから得られる「本当の位置」ではない。
Android的には、そのユーザが本当にそこにいるかどうかは生身のユーザ自身が実社会のその場で相手に証明する事であって、Android側はその事にはこだわらないよ、と。
これでは位置ゲームは成り立ちませんよね。小笠原のオファーが来ても、実際に行かずに即座に「小笠原に居る事」にしてしまえるんですから。

もうひとつ、GPSを使わずに携帯電話の基地局情報を元に(GPSよりは大雑把な)位置を取得する方法もあります。ガラケー専用である現在のアイモバも、これを使って位置をチェックしています。これなら(たぶん)GPSと違って位置情報を勝手に変更できない。
しかし、その場合はキャリアに縛られるカタチになるはず。3G回線契約の無いwifiモデルや、3G回線を使わずにモバイルルータ等で動いている時には、位置情報を取得できないと言う事になると思います。SIMフリーiPhoneをdocomo回線で利用している場合などもアウトかな。

そんなこんなで、現状ではiPhoneのみと言う形になったのでしょう。
位置ゲーって難しいですね。

尚、内容面では、その多機能性が評価される一方で、一部イベントに対応しない事、サーバが別扱いである事が難点とされているようです。
「アイモバ」のお仕事代行依頼を「アイモバi」で受ける事は出来ず、その逆も出来ない。
現状で常駐Pの少ないエリアの常駐Pが「アイモバ」から「アイモバi」へ移行したら、「アイモバ」はそのエリアの代行依頼が処理され難くなるでしょうし、「アイモバi」への移行者が少なければ「アイモバi」での代行依頼が処理されずに溜まります。
下手をすると、プレイヤーの移行が進む事で「アイモバi」が従来の「アイモバ」に引導を渡す展開も考えられます。ぎゃあ!(←ガラケー&3G回線無しAndroidユーザ)

生っすか Special

アニマスCD「ANIM@TION MASTER」シリーズに続く新シリーズは「ANIM@TION MASTER 生っすか Special」となりました。
コロムビアからのアイマスCDシリーズ名では初となる日本語混じりですが、「AMNS」と略しましょうか?
その名が示す通りのアニマス準拠な内容となるのでしょうが、こればかりは仕方無いよねぇ。だって、バンナムもコロムビアもあれだけ力を注いでアニマスに協力したんだもん。
アニメ終わったからと言って即座に放り出したらあまりにも勿体無いし、ターゲット(想定購買者)だって、アニマス不支持でゲーム準拠に戻すことを望む消費者より、アニマス支持でアニマス準拠展開の継続を望む消費者の方が圧倒的に多いでしょうから…
(でもって、それとは別に7thで「MASTER BOX」は出すでしょうし、)

最初が美希・響・貴音の「Project Fairy」な組み合わせできゅんパイア収録と言う事で、2期OP中の「マイディアヴァンパイア」を纏う三人をイメージした人は多いはず。まぁ、いわゆる「伏線回収」ですな。
たぶんSPの(あるいはProject Fairyの)メタなネタも入ってくるでしょうし、それも楽しみです。

と言うか、あれだけ待ち侘びたきゅんパイアが、「きゅんっ!ヴァンパイアガール(M@STER VERSION)」がようやく登場ですよ。
Xbox360版「2」DLC楽曲のCDリリースを「ANIM@TION MASTER」シリーズの後にする事は最初から決まってたんだろうけど、2期OPに「マイディアバンパイアを纏う美希・響・貴音」が描かれた事はこのCD展開を意図してではないだろうし、それが(OP以外の)2期本編中では使われなかった事も偶然でしょう。
CDの企画者には美味しい拾い物だったんじゃないかと。

更に、その後もアニマス作中ユニットで展開される可能性が高いですよね。
LMGは23話の作中ステージと同じ雪歩・真・春香のユニットで決まりでしょうし、「七彩ボタン」は言うまでもなく竜宮小町(伊織・亜美・あずささん)の楽曲です。
その他にも、HHbが使われた24話の携帯電話向けサービスのCMの真・雪歩・やよいのトリオ(作中描写的にここでのやよいは春香の代打だった可能性があると見ているのですが)、OPネタでは「やよいがメインの料理番組にゲスト出演する伊織」のコンビ、「雪歩と真のラジオ番組」コンビ、「『東京フレンドパーク』風の番組に出演する亜美・真美・あずささん」のトリオ等が登場の可能性を残しています。
そして、りっちゃんが歌わないわけが無い。

むしろ、俺としては発表されている「全5タイトル」では終わらない可能性を主張したい。足りないんですよ。
そうです。「MASTER ARTIST FINALE」のような最後の締め括りの(あるいは番外編的な位置付けの)1枚ですね。
だって、小鳥さんも赤羽根Pも高木社長も黒井社長も歌う必要があるじゃないですか!
これはもうオリジナル楽曲満載で来るに決まってますよ。

そう言えば…ちょっと細かな記憶は定かでないのですが、オノダヒロユキさんが半年以上前に「劇伴として作られた曲に歌詞をつけるのは難しい」と言う意味合いの事を呟いておられた様な記憶が…、あれって何だったのかなぁ?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.