モゲマス業務日誌 活動第13週

昨夜も書こう書こうと思いながら遅くなってしまい断念し、
今日も書こう書こうと思いながら気付けばメンテ時間に入ってしまった。
と言うわけで、おやすみなさい。また明日。だって、メンテ中はサバイバルの戦績を参照できないんだもの。

と言うわけで、改めまして

先週は業務日誌を上げた翌日にサバイバルの追加&延長が発表になり、
今週は金曜未明メンテ(1:30~7:30)でいよいよPMFが始まるのかと思って様子を見ていたら、不発。
まぁ、それはそれとして、祝・新エリアなのです!

業務報告

前回に引き続き「スタミナと攻コストの両方を消費するイベント」真っ最中であったため、LIVEバトルを怠って成績低迷中です。今週は先週より更に下げて11000位代となりました。次回PRAも似たようなもんだろうなぁ。
プロダクションランキングも先週より少し下げて236位、「c.大手プロダクション」ランクにて5週連続の敢闘賞となります。

育成方面はと言うと、プロダクションマッチフェスティバルに備えて守備を強化中です。
先週MAX特訓したR《兵藤レナ》さんが育ちきり、続いてR真をMAX特訓しました。
それと、副アカウントへMAX特訓したRあずささんを派遣。
いいかげんイベント報酬以外のSRも欲しいぜ。課金ガチャ回そうかな。

殴られ屋「のーがーど!」休業

予告通りと言うか予告から遅れてと言うか、副アカウントの殴られ屋を休業しました。
本アカウントで育成した守備型のユニットを回して、守編成の《トレーナー》さん達を外し、守コスト強化。
プロダクションマッチフェスティバルの詳細が判明し、殴られ屋営業に支障が無いと分かれば、再開するつもりです。

イベント「アイドルサバイバル ひな祭り編」終了

まさかのエリア追加&期間延長で3月15日に幕を下ろした雛祭りイベントでしたが、お疲れ様でした。
サバイバル埼玉も序盤で勧誘リスト埋まっちゃって40まで完走する意味が無い雰囲気になってましたから、最後まで走らせるための「ご褒美追加」、やりこみ要素としてのエリア追加は分からんでも無いのですが、渋谷エンドレスはホントしんどかったですねぇ。

渋谷エンドレスの乱入ライバルとして追加された『過去のイベントクリア報酬SR』、個人的にはSR《[艶娘大作戦]桃井あずき》さんは副アカウントと合わせて3枚獲得したのでもう充分ですが、SR《[聖なる乙女]望月聖》さんは親愛度も上げずにトレードに出してしまったので、素直に欲しかったのです。出来れば2枚。

しかし、「気力:50万」…笑いしか出ねぇ。orz
エンドレス渋谷追加時点での本アカウントの『全力(100%)振り+事務所応援召集』で発揮値11万、5回殴らなきゃ倒せないわけですよ。最終的には『全力(100%)振り』8万4千、『+事務所応援召集』で12万4千まで積み増しましたが、それでも5回必要な事には変わりなく…
更に厳しかったのが副アカウントの方で、『全力(100%)振り』で3万代、『+事務所応援召集』で4万8千~5万6千と言う按配だったので、10回は殴らないと届かないわけです。
それでも諦める事無く何度も殴り、300分の追撃タイムオーバーを意識して寝る前にタイマーをセットし…

結果はと言えば、副アカウントでは3度目ぐらいの討伐で聖さんを得られましたが、本アカウントでは何度討伐しても獲得できませんでした。パトラッシュ、僕もう疲れたよ…

と言うわけで最終成績は、
副アカウントは13420ポイント獲得で22019位、個人成績「10001~30000位」入賞報酬としてべテ子さん2人を頂きました。
本アカウントは30280ポイント獲得で4986位、個人成績「4001~9999位」入賞報酬としてべテ子さん3人を頂きました。
また、弊社《音無プロダクション》は629760ポイント獲得で303位、プロダクション成績「301~1000位」入賞報酬としてべテ子さんとトレーナーさん1人ずつ頂きました。

…サバイバルはもうこりごりだよ。(と、僕はトレーナーさんの胸に顔を埋め…げふん)

新エリア「大阪」開放

昨日3月15日に「埼玉」に続く新エリア「大阪」が追加されました。
本アカウントの方はちょうど埼玉エリアの最後の「26.埼玉D」に居たので、やっと追い付いたなぁ、と。
大阪と言えば、と言う事で、ショップ「BK MANIAC」の実装はよ!

とは言え、例によってエリア名表示部分のバナー絵以外には何の変わり映えもしないわけで、このカードゲームもどきにもいいかげん飽きてきました。

所持可能数が少ないから、今育ててる誰かを切り捨てないとエリアクリア報酬のカードも受け取れないし、受け取れないからアルバムも埋まらない。
出来る事全部やりつくしたわけでもないのに、システム制約でこれ以上進められない閉塞感が…
うん、少しペース落とそう。

ソシャゲで満足しているわけではない

最初の頃にも書きましたが、「ほどよく面白くない」言い換えれば「ほどほどにつまらない」のです。
DSリメイクを待つ時間潰しにと思っていましたが、ホント、これはゲームメーカーが堂々と自社の名前を出して世に出すほどの娯楽ではない。

うん。そんで、これはソシャゲだからダメとかそーゆー話では無いと思うんですよ。
既存のゲームにソーシャルな要素を加えたからと言って、そのせいでつまらなくなったりはしないでしょ。
ゲームとしてどこが足りないのかはたぶん運営側も分かってる。でも、それを実装する気が毛頭無い。
ソシャゲーの構造的欠陥と言うのは、運営環境と消費者側にあると思うんです。

  1. 戦略性としては競馬や競艇を遥かに下回る「5ボタンを押すだけ」レベルのゲームであっても、上手く射幸心を煽って供給すれば効率的に売り上げが立ってしまう『消費者』が充分な数(それこそ、日本ではフルプライスのコンシューマゲームを買う消費者の何十倍も)存在している事
  2. 運営側はその市場環境に最大限効率的に適応し、売り上げが立つ必要最小限の娯楽しか提供しないと言う割り切った判断をしている事

この二点から、現在の「面白くないソシャゲー」が成り立っている。
現実として、頭を使わないと楽しめないゲームの消費者よりも、「5ボタンを押すだけ」ゲームの消費者の方が遥かに多い。
面白くしなくても稼げるのであれば、面白くするためにコストを掛けるのは経済的には非合理な事です。
経営者の判断として「確実に稼げるところへ資本投下する」事は文句の付け様がありません。

だから、難しいゲームを求めていない、「5ボタンを押すだけ」レベルのゲームを求める『カジュアルなソシャゲーゲーマー』達が悉く現状に飽きて、ソシャゲー市場が完全に禿げ上がるまでは、ソシャゲー以外のゲームで頑張ろうって雰囲気にはなり難い気がしています。
大作を作るのが宜しくないとは申しませんが、今は可能な限り小さな作品でその場をしのいで、ソシャゲーのターンが終るのを待つべきタイミングなんじゃないのかなぁ。

今後の展望

とりあえず、PMF(プロダクションマッチフェスティバル)待ちですかね。
これの準備が間に合わずにサバイバルが延期されたんじゃないか?なんて憶測も流れてましたが、果たしてどんな仕様になるのやら。
所属社員達の「社長、守備上げとけよ」プレッシャーが日に日に強まって気が休まりません。

それよりも俺は《[お花見]トレーナー》さんを待ちわびていると言うのに!

…とか言ってたら、PMF詳細キターー!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.