今週の予定 2012年第18週

黄金週間真っ只中、皆様如何お過ごしでしょうか?
一昨日のアイステではオープニングで雪歩が嘘ネタを上げていましたが、「ゴールデンウィーク」は和製英語で、1950年代に映画業界発で宣伝のために作られた言葉です。
今年はカレンダー通りだと3休2勤4休、2日休みを取って繋ぐと9連休ですか。個人的には、長く休むと休み明けに仕事のリズムに戻れなくて苦労するので、飛び石連休は大歓迎だったりします。遠出するような金も無いしね。

と言う事で、今週の予定。
明後日の5月3日(木曜日、憲法記念日)、東京都港区の都立産業貿易センター浜松町館にて、今年もTHE IDOLM@STER オンリー同人誌即売会「MyBestFriends5」が開催されます。
ゴールデンウィークの定番となっている「都産祭2012」の中での開催です。たぶん行きます。

そして週末。
5月5日(土曜日、こどもの日)は水瀬伊織の誕生日であり、961プロダクション社長「黒井崇男」役の子安武人さんの誕生日でもあります。

伊織はね。アニマスでも「765プロの良識」として場を引き締めてくれたよね。
アニマスで伊織回と言うと2話と7話でしょうか。第2話ではこれまでのイメージよりちょっと幼い面を、第7話では凛々しい面を見る事ができます。そして、第13話では伊織の悔し涙も…
MASTER ARTIST 2の伊織個人曲「DIAMOND」、是非とも7th横アリで聴きたいです。

みんな大好きテラ子安、子安武人さんは確か今年で45歳になられます。
アニマスではやりたい放題やらかしてくれた黒井社長ですが、SPや「2」の黒井社長はまた一味違う、憎めない役どころです。アニマス準拠では黒井社長の人気は理解し難いと思います。是非SPや「2」もプレイして頂きたい!

スーパー踏み絵タイム

もっと先の話だと思ってたんですがね。
間も無くパチスロ「アイドルマスター ライブ イン スロット」が発表になるらしいので、言及しておくべきかな、と。

だいぶ前から、「リリース時期は未定だが開発中なのは確定」として噂になっていた話なので、TLを見てても「遂に来たか~」と言う薄い溜息混じりの反応が多いです。
(今回割りと反応が薄いのは「興味が無いフリをしている」ではなく、「過去に散々反応した」「今はもう規定路線として理解済み」「理解はしたが待ち望んでいたわけでは無い」と言う所でしょうかね。)
個人的にも、いずれは来るだろうけど「ライブでの発表」とかはやめてほしいな、等と思っていましたが、現時点でSummyのサイトでしかティザーが打たれていない等、その辺は充分に承知して居て、かなり配慮して来ている印象です。
権利を買っている側からしてみれば大々的に宣伝に協力させたいところでしょうから、当然ながらアイマス公式サイトでのティザー展開やイベントの場での発表を望むはずです。少なくともパチスロメーカーは、それを要求するのが「自分達のビジネスでベストを尽す」事だと思います。

パチンコを含むギャンブル界隈の話題は(ポリティカルな意味で)炎上し易いと言われていますが、既に私の中ではモゲマスのコンプガチャを(私個人基準において)「賭博的」認定しているので、今更敢えて避けるほどでも無いと言うか、それでもまぁ、一種の踏み絵かw

パチスロ展開に寄せて、賭博に対するスタンスから

まず、賭博をどう扱うかと言う問題があります。
それも、「私的感情」と「公的なルール」の2側面で。これを混同させるのは下策です。

では、「私的感情」から掘ってみましょう。
まず、以前モゲマスのガチャの話で言及した通り、私はギャンブルと上手くつきあえる人間ではありません。
かなり強めの制約を掛けておかないと、持ち金全部突っ込んで路頭に迷いかねない自制の弱い人間です。
もし世の中がそんな人間ばかりなら、世界中であらゆるギャンブル行為が厳しく法規制されると思いますが、現実にそうではなく、上手くつきあえてギャンブルを楽しめる人間もいる。
そんな状況で私の立ち位置は、「ギャンブルと上手くつきあえて、社会生活を犠牲にせずに娯楽の範疇で楽しめている人間が羨ましいなぁ」と言ったところです。
うん、妬ましい。それ以上でもそれ以下でもない。

続いて、「公的なルール」の側面について。
ほとんどの人類が等しくギャンブルで身を持ち崩すなら、この世のあらゆるギャンブル的な行為が等しく厳重に法規制されるべきです。しかし、現実はそうではない。上手くつきあえる人とそうでない人が居る。となると、「大当たり確率等ゲームのルールを明確にし、消費者が騙される事を防ぐ」「判断力と自己責任能力の乏しい未成年の関与を防ぐ」と言った弱者保護の方向の規制のみで問題無いはずです。
そもそも娯楽の類を「自分に必要無いものだから」と言う安易な理由で規制論に走るのは、危険と言うか馬鹿です。
世の中には酒もタバコも必要無い人が居るのは言うまでもないとして、甘いものを好まない人が「お菓子は生きていくのに必要無い。規制しろ」と言い出したり、ノンフィクションの書籍しか読まない人が「フィクションは生きていくのに必要無い。規制しろ」と言い出したら理不尽さに気付くはずです。
ギャンブルも、それらと同列の娯楽のひとつに過ぎない。「自分にとって必要ないから」で無闇に規制を主張すべきではありません。

と言う観点に基くと、そもそも現在の日本の賭博規制そのものがアンフェアなんですけどね。
公営ならおおっぴらな換金が許され、民間だと三店方式などの脱法的な方法で、と言うのがおかしい。
私は、公営ギャンブルと民間のそれは原則的に同じ基準で規制されるべきだと思います。
民間がやっちゃいけない事を公営で許容する明確な根拠がない。
民間でやっちゃいけない根拠があるなら、それは公営でもやっちゃいけないはずです。
「賭博規制がどうあるべきか?」と言うのはここでの主題ではないので、ここまでにしておきますが、

と言うわけで、賭博は、あるいはパチスロは、人を選ぶと思います。
とは言え、そもそもこの世の大抵のゲームは楽しめる人を選ぶんですよ。
シューティングが楽しめない人、コマンド式ロールプレイングが楽しめない人、アクションが楽しめない人、パズルが楽しめない人、幾らでも居ます。
自分の楽しめないフォーマットで派生タイトルがリリースされたから文句を言う、と言うのは建設的じゃないので黙ってようと思います。

一方で、これを歓迎してる人達もいます。
もともとパチスロを楽しめていた人達は勿論として、特撮テレビドラマ「牙狼-GARO-」の「パチスロ業界から資金が入ったから劇場版も作れたしテレビドラマも続きが作れたよ」事例を見ると、何にしろ資金が入るなら結構な事じゃないか、と。それはそれで分かります。

そして、「PROJECT IM@S」観点でのもうひとつの視点。
正直、今この流れで本編ナンバリングタイトルであるところの「3」へと進んで欲しいとは思わないので、派生作品によって本編の流れが足踏みするのは大歓迎だったりします。
「2」は色々な意味で中途半端だったと思うんですよ。その反省があれば、今すぐ「3」と言う話にはならないはず。良いものを作るためにも、今はまだ市場の動向を見極める時期だと思いますし、時間稼ぎが必要です。

「ライブでパチスロ化の発表をして欲しくない」と言う願いは叶った事になりますが、もし7th横アリで「3」の制作が発表されるとしたら、私はそっちの方が怖いです。ちょっと待て、それは蛮勇ですらないぞ、と。
対戦要素を望む層と望まない層、ギャルゲ展開を望む層と望まない層、据え置き環境で遊びたい層と持ち歩きたい層、その他様々な相反する要求が存在する中で、多大な投資を突っ込んで博打を打つわけですから、追われる様に休み無くコインを投入するのではなく、立ち止まり、過去資産を遣り繰りしながら冷静にこの先を見極めて頂きたいと思います。

ところで、略称はどうなるんでしょうか? パチマス?

危惧

つまるところ、「羨ましいけど俺はギャンブルしちゃいけない人間だから関係ないね」で距離を置いていればとりあえず累は及ぶまい、と言うのが私のスタンスですが、全く危惧が無いというわけではないです。
と言うか、これは「危惧」ではないか。必然的なガッカリ事象と言うべきかもなぁ。

「ホール限定プライズ」が登場するだろう、と言う事だね。特に、CD。
だってさぁ、そーゆー周辺展開も含めての話でしょ。そこまで広げなきゃ権利を買う意味無いでしょ。
メーカーは当然その様な展開に勤しむと思うし、もしそれをしなかったら自分のビジネスでベストを尽していない事になると思う。

CDは欲しいから、その意味ではもう「ギギギギギ…」だよね。
やるからには関係各位がベストを尽して商業的成功を収められる事を祈ってやまないが、その一方で彼らがベストを尽くせば尽しただけ俺が入手困難なCDが増えるので残念、と言うアンビバレントな状態。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

今週の予定 2012年第18週” への2件のコメント

  1. ライブでの発表はやめてほしいですね…。
    アニメRioのライブイベント行ったときですら「パチンコ化!」って発表したときの会場が引いてましたし…(あれ元々スロットなのに!!)

    あと昔からスロットやってる側の意見ではSammyさんが版権ということでよかった…となりました。
    他の会社さんだと愛が足りない感じで作られることもしばしばなので><
    後ホール限定グッズはSammyさんだとなかなか無いかなって思います。
    最近大きなホール限定グッズやったのが京楽さんのAKBくらいでSammyさんであるとしてもライターですかね。
    逆にというとちょっとアレなのですが、ツインエンジェルシリーズのグッズ展開を見ると一般CDもしくはコミケの限定みたいな感じなのですよ…
    つまり夏コミはアニプレさんとSammyさんにいってね^^ってされるわけです(死が見えます)

    ながながと失礼しました><

  2. 「パチンコ」という名詞はネット界隈では否定的な意味で使われる事が多くて残念なのですが、その略称は使わない方がいいかもしれません。
    語の持っている印象に左右された人間が荒らしに来るかもしれませんし
    ここは「スロマス」というのがまだ良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.