Pヘッドのメリットとデメリット

冬ライブの第一弾先行抽選、3件とも落選でした。
俺達の戦いはこれからだ!

まぁ、それはそれとして、先週に引き続き「Pヘッド」をプッシュするエントリをお送りします。
他人様にオススメする以上はオススメするだけのメリット(利益)が無ければならんだろうと思うわけですが、…よく考えたらあんましメリット無かった。

尚、シャイニーフェスタアニメ先行上映会の会場前チケット乞いでチケットを獲得できたのは「チケットを余らせている人に比べてチケット乞いが非常に少なかったから」であって、Pヘッドで悪目立ちしたせいではないよ、と言う事は強調しておきたいと思います。

ええい、無い知恵絞って考えるぞ!

メリット

  • 目立つ
  • 他のPからは比較的好意的な反応を得られる事が多い気がする
  • 冬は首から頭部周りが暖かい
  • 更衣室不要

順に説明します。

ええ、目立ちますとも。
遠くからでも笑ってもらえる「分かり易さ」が自慢です。
しかし、これはこの後のデメリットの方で挙げた「悪目立ち」と表裏一体かも知れない。

ライブの開場待ちと言うお祭り騒ぎの場においては、他の参加者からは概ね好意的に受け止めて頂いているようです。
7thではキャラメルとかもらったよ!

で、前回も書きましたが、Pヘッドは防寒具になります。
私の場合は水に強い素材で作っているため、6th東京では雨具の代わりにもなりました。

最後は、他のコスプレと比べての利点ですね。
「スーツ姿で出勤し、被り物を被る」と言う一連の流れの中で更衣室は必要ありません。手軽です。

デメリット

  • 悪目立ちしてるかもしれない
  • 視界の悪さから、人ごみでぶつかる等、周囲に迷惑をかける可能性がある
  • 夏は死ぬほど暑い
  • 強風に弱い
  • 行き帰りに荷物になるし、ライブ中に会場外で保管場所を確保しなければならない
  • 会話に支障があるので、仲間とわいわいやりたい人には不向きかも
  • 自分撮りは難しいので、他人に撮ってもらった画像を貰わないと手元に何も記録が残らない
  • 撮影要望に対応しているとご飯食べる時間が無くなる

あぁ、やっぱりデメリットの方が多かった。

「目立つ」事と「悪目立ち」とは厳密に区別されるものではありません。
目障りだなぁと思われてしまったら、それは「悪目立ち」です。

コスプレをする人達の暗黙の了解に「コスプレを許可されている場所以外ではしない」と言うのがありますね。海外では割とカジュアルに仮装をする文化があったりもするのですが、日本はオタクに対する差別と偏見が強いため、その様なルールで自衛せざるを得ないのだろうと思います。
同人誌即売会等のイベント会場以外は「コスプレを許可されている場所」ではありませんので、その辺りの暗黙ルールに抵触します。基本的には施設管理者の黙認に甘える範囲での遊びです。顔の大部分を隠す覆面となりますので、安全管理上の脅威であると認識されてしまう様な誤解を招く行動は慎みたいものです。

そもそも、「安全管理上の脅威」とまでは言わずとも、安全管理上のリスク要因である事は否定できません。
視界は大変悪いので、周囲の人の流れや足元には気をつけましょう。ぶつかったり転んだりすれば、「そんなもの被ってるからだ」と言う事にしかなりません。周囲の皆さんの御協力に心から感謝を、

被り物ですので、暑いです。夏場は本当に厳しい。
直射日光の当たる位置取りを避け、小まめな水分摂取で体調を維持しましょう。塩飴もどうぞ。扇子は必需品です。
万一熱射病で倒れでもしたら、これまた「そんなもの被ってるからだ」となりますよね。
夏はオススメしない。夏以外にやろう。

前面投影面積が大きいため、強風に弱いです。
突風で分解しそうになった事があります。車道にでも飛ばされたら事故になりかねません。

被ってる時は周囲の人にとって邪魔かも知れませんが、脱いだら脱いだで本人にとって邪魔です。
折り畳み出来るように作っても、持ち運びにはキャンバスバッグ(油絵のキャンバスが入る大きなバッグ)が必要です。折り畳み出来ない場合は車が必須なんじゃないでしょうか。
更に、ライブ中にどうするかと言う問題があります。例え折り畳んでも、会場に持ち込むと両隣の席の人の迷惑になると思います。車以外の手段で来ている場合は、会場近くで大きなコインロッカーを予め確保しておく必要があります。
7thでは2日目に寝坊してしまい、新横浜到着時にはコインロッカーが全て埋まっていたのですが、会場近くの駐車場を押さえた痛車オーナー氏が車の中に預かってくださいました。その節はお世話になりました。

そして、これが結構大きい要素なのですが、Pヘッドは「ぼっち向き」です。
周囲の音がヘッド内に聴こえ難い&こちらの声がヘッド外に伝わり難い事から、会話に支障を来たします。
仲間と集まってわいわい1時間ぐらい立ち話…と言うのには全く向かない。一対一ぐらいならなんとかなりますが、会話の相手には「難聴の爺様」と話している様な負担をかけるかも知れません。
これは他のコスプレ、トップク、ハッピとの致命的な違いですね。

しかし、孤独に甘んじるとどうなるかと言うと、自分のPヘッド姿の画像が残りません。
まぁ、トップクだろうがハッピだろうが自分撮りが難しい事には変わりないんですが、他人に絡んで撮影してもらわないと、ガンガン撮られている割に、自分の手元には画像が残らない…
7thでは何枚か自分のデジカメで撮影して頂いたんですが、6thの時は週刊アスキーさんに掲載して頂いた画像をDLしたものしかありません。zemsel Pと並んで撮ったのはあるけど、きくおうPと撮ったのが無いよ!

そして最後に、自分が物販列を抜けてから開場時間まで、調子に乗って撮影要望に応じていると、御飯を食べるタイミングを逸します。

以上の如くデメリットが非常に多いのですが、それを上回るメリットが…あるか? いや、俺的には充分に楽しいんだけど、デメリットを上回るかと言われるとイマイチ自信が…。
えーっと、きっと楽しいよ! ツェペリさんも言っています。北風がバイキングを作る、と。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.