TVアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ 放送直前特番」~お正月だよシンデレラガールズ!~

色々と物議を醸した放送開始前特番でした。
一応、番宣番組と言う事になるのですが、これは番宣になっているのか?とかw

次の月曜にニコ生でも配信されるので、ネタバレが嫌な方は以下は読まないでください。

まぁ、そーゆー事ですわ。見様によっては「いつも通り」ですね。
ニュージェネレーションズ(島村卯月、渋谷凛、本田未央)の中の人ではなく、デレパ(飯屋るーりぃ)+るるきゃん麗ちゃまの構成にした時点で「お察しください」…なのかも。

番組冒頭からナレーションがちひろさん(「千川ちひろ」CV:佐藤利奈さん、シンデレラガールズの事務所における小鳥さんポジション)で、当たり前と言えば当たり前なんですけど、改めて、これはシンデレラガールズなのだなぁ、と。
こーゆー時には、アニメの世界線では「346プロダクションなのだなぁ」と認識しなければならんのでしょうけど、まだその名称には慣れておらず、ちひろさんの口から出てやっと気付く、と言う程度だったりします。我々も早く慣れていかないとね。

で、肝心の番組の方ですが…

こんな感じでした。
既出のPVの一部を流し、4人が自分のキャラを微妙に紹介し(とは言え、概ねネタに走っているので印象付けられているのかどうかは不明)、ソシャゲ起源でCDとかもいっぱい出てるよ~って辺りを微妙にアピールし、ライブの様子をチラ見せした感じですか。2nd代々木での「Star!!」(TVアニメ主題歌)の映像は正真正銘の初出です。

一応ね。番宣番組として、やるべき事はやってると思うんですけど、「全然アニメの宣伝してねーじゃねぇか馬鹿か」的な反応もあったりして。いや、馬鹿か馬鹿じゃないかと言われたらアイマス公式はいつも馬鹿なんですけど、

個人的にはバッチリでした。
と言うのは、自分が「特に原作などに対して思い入れのないTVアニメ」の「放送直前特番」を見る場合って、そこで物語の冒頭部分とか紹介されちゃうと、「試聴継続可否判定」のタイマーを1週分消費しちゃうんですよ。
例えば、「このアニメは割と好みのジャンルっぽいので3話まで見て決めよう」とか、「このアニメは不得意ジャンルなので1話だけで決めよう」とか、事前に試聴継続可否の判定リミットを決めて新番組を見始めるわけですが、「放送直前特番」でアニメの周辺情報ではなく、アニメそのものの情報を出されてしまうと、自分の中で「試聴継続可否判定」がスタートしてしまい、判定期間が消費されてしまうんですね。
だから、この時点でアニメそのものの紹介にほとんど踏み込まなかったのは悪くないな、と。
まぁ、放送直前特番そのものが要らんって御意見もあるんでしょうけど、

これじゃ全然褒めてないけどね。
中の人達が大好きなので、私は満足してますよ、と。
それと、最後の麗ちゃまのやらかしが後で盛大にネタにされそうで楽しみです。
(そーゆーところが内輪向きだと言われるんですけどね。)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.