近況報告と(いつもの)チケット乞い

御無沙汰しております。
昨今は公私共に忙しかったり、風邪をひいて寝込んだりで、不本意ながら色々と更新が滞っております。
稀に頂く御叱りは甘んじて受け止めたい。

近況パート:

昨今のオタカツとしましては、
1月スタートの新アニメ(深夜枠)をちびちびと消化していたり、
ガルパン劇場版の立川極上爆音上映に痺れたり、
デレステでひたすらシャンシャンしたり、
よにこも聞いたりしてます。

新アニメは、例によって本数が多過ぎてようチェックしきらんですわ。
第一話を見た限りでは悪く無い作品であっても、それら全部を見続ける時間は無いので切らざるを得ない。勿体無い。
現状で最新話を1週以内に追えているのは「紅殻のパンドラ」「だがしかし」「GATE」「おそ松さん」「デュラララ!!×2 結」ぐらいかな。
「ブブキブランキ」「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」「無彩限のファントム・ワールド」あたりは時間を作って追い付きたいと思っています。
まだ一話を見終えて無いモノもちらほら…

ガルパン劇場版は、昨年11月の封切時には「一週間だけの劇場公開」と告知されていたので、見逃さないよう急いで新宿バルト9へ見に行きましたが、その後次々と上映館が増えて、上映期間も延長されたのは御存じの通り。
初回試聴は焦って近場で済ませたものの、「これこそ爆音上映で見るべき作品だよな」と悶々としながら年の瀬を迎え、年が明けてからようやく立川シネマシティの極上爆音上映を見に行く事が出来ました次第。

尚、立川シネマシティの極上爆音上映は3月までの上映が決まり、2月からは全国30館の4DXシアターでの上映も発表されています。
爆音上映や4DXは同じ作品を別物のように楽しめるため、二度三度と見る口実として強いですね。
実際、爆音上映はとても良かった。何がどう良かったかを書くとまた行きたくなるので書きませんが、4DXも(子供騙しな演出では無い)価値のあるものだといいなぁ。

デレステは相変わらずです。ちょっとした空き時間を全部持ってかれています。
恥ずかしながら、モゲマス・グリマス(デレマス・ミリマス)は放置状態になってしまいました。
リズムゲームはあまり得意な方では無いですが、繰り返す内に少しずつ上達して行く事に達成感を感じています。
(vitaマストソングスも買ったけど、ボタンのストロークの深さが辛い。タッチパネルで遊びたかった。)

アプリ自体も、幾度もアップデートを重ねて改善が進んでおり、最初期のものとは比べものにならないぐらい早く起動しますし、メモリの小さい端末でもラグを起こし難くなっています。
どんどん遊び易くなるのは嬉しいですね。

目先の話としては、CINDERELLA MASTER第9弾で新たに声の付く子達が楽しみで仕方ない。
そして、その先にいずれ来る第10弾に期待している、俺の脳内では既に声が付いてしまっている子達も…。

でもって、最後に「よにこも」。
シンデレラガールズで「橘ありす」役を演じている佐藤亜美菜さんがパーソナリティを務めているラジオ番組です。
2011年から「ラジオ日本」(AM1422kHz)で放送されている「佐藤亜美菜さんの冠番組」で、私の記憶が正しければ、2014年12月の「橘ありす」キャスト発表以降ずっと、佐藤亜美菜ファンのP達がTwitter等で根気強く布教活動を展開していました。
私もその布教活動に影響を受け、昨年(2015年)の夏からぼちぼち「Podcastバージョン」として公開されているものを聞き始めたのですが、シンデレラガールズ3rdライブを前にリアルタイム聴取して、ド嵌り。

これがすごく面白い。
「百文は一聴に如かず」なのであまり語りませんが、「何でもアリの斬新な番組」と評する人がいるかと思えば、「古き良き深夜ラジオの系譜を感じる」と評する人もいます。新しくて古いラジオ…、わかるわ。
優れたラジオパーソナリティと優れたラジオクリエイター達が本気で殴り合って作られていると感じる番組であり、一人パーソナリティのラジオ番組の中では、今、最も面白い番組だと思います。

昨年まで「木曜26時30分」と言う深い時間帯に放送されており、リアルタイム聴取は翌日のお仕事に影響するために些かハードルが高かったのですが、今年に入ってから「火曜23時30分」の聴き易い時間帯に移動したため、お勧めし易くなりました。

尚、「Podcastバージョン」は単なるmp3ファイルとして番組ブログからリンクされているので、環境を選ばず聴けると思います。(iTunesを使わずに番組ブログのリンクから直接mp3ファイルをダウンロードして聴く事が可能)
「リアルタイム放送バージョン」からBGMと楽曲を取り除いて(←著作権上の制約)、ふつおた等のトークパートを延長したものなのですが、Podcastバージョンを聴き慣れたリスナーが初めてリアルタイム放送バージョンを聞くと、例外無くビックリさせられる事でしょう。何故なのかは聞いてのお楽しみ♪

リアルタイム放送バージョンは初聴取でも楽しめますが、回を重ねる事で更に面白くなる仕掛けもあったりして、ラジオのプロの仕事に感服すること頻りです。
個人的に最近は「ニコニコチャンネル」や「超!A&G+」などWebラジオを聴く比重が増えて、リスニングにおいて「構成作家」と「パーソナリティ」の二者しか意識していませんでしたが、ラジオ番組を形作っているものがそれだけでは無い事を思い出させてくれました。

乞食パート:

この週末から「ミリオン3rd」こと「IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!」が始まりますね。
当方は現地チケットは完全敗北となりまして、どうやらライブビューイングのみの参加となりそうです。

ライブビューイングは、今週末の名古屋公演と来週末の仙台公演の分は都内の映画館のチケットを取りました。
また、最後の幕張2daysは会場最寄りの幕張の映画館のチケットを取りましたので、物販後に現地でチケット乞食をしている事になるかと思います。
大阪公演の分は取れていません。もし余らせている方がいらっしゃいましたらお譲り頂けると幸いです。

ちなみに福岡公演は「Trident」ラストライブと被ってしまったのでパスです。
ぬー最優先。仕方ないね。こっちはこれからチケット戦争なんだぜ。

余談ながら、ラブライブfinalはライブビューイングがあるなら見たいと思っているのですが、一方で「年度末と年度初めは超繁忙期」でもあるため、半休ですら取れるかどうか不透明だったりします。

あと、アレだ。
「あすパら」ことデレパ公録「CINDERELLA PARTY!公開録音第三回~あつまれ!プロデューサー すてきなパレード in らんらんホール」。
チケット余らせている方がいらっしゃいましたら、是非お供させてください。
なんでもしまむら。(法に触れない範囲で)

舞踏会前夜

お疲れ様です。ご無沙汰しております。
blogの「下書き」は多数溜め込んでいるのですが、放置状態でした。
いよいよ明日・明後日は幕張メッセ国際展示場にて「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 – Power of Smile -」が開催されます。
準備は出来てますか? 私は…全然ですね。

本当は今日の前日物販も行きたかったんですけどね。
月末と言う事もあって、上手く休暇を調整できませんでした。
その代りライブ翌日の30日に休みが取れたので、安心して全力で楽しもうと思います。

当方の予定としては、

  • 1日目(28日・土曜):
      (家庭内の外し難い用事を済ませてから)池袋にてライブビューイング参加
  • 2日目(29日・日曜):
      (ちゃんと起きれれば朝から現地へ向かい)幕張メッセにてライブ参加

の見通しです。
これ書いてる間に徐々にライブ前のテンションになってきた!

今回、現地チケットもライブビューイングのチケットも譲って頂く形になりました。
不甲斐無い事に1枚たりとも自力当選できませんでした。
本当にありがとう。このお礼はいずれ、精神的に、

Pヘッドは今作ってるものが進捗70%ほどで、間に合わなそうなんでパスになるかな?
今夜帰宅してからの作業が捗れば&土曜のライブビューイング後の飲み会が遅くならなければ、日曜には間に合うかも。
過去のものは半解体状態で部屋の隅に積み上がっており、組み直すモチベーションも湧かないので、新作が間に合わなければスーツやめてラフな格好で行きます。

これから12月に入り、ますます忙しくなりますが、皆様も体調を崩されませんように。

余談ですが

12月6日(日曜日)の SideM 1st LIVE のライブビューイング(品川プリンスシネマ)のチケットが1枚余っています。
2連番で余らせていた方から譲って頂いたために、1枚を持て余しました。
ご入用の方がいらっしゃいましたらお声掛けください。

「1枚確保済みだが友人を誘いたくなったので2連番と交換したい」と言う場合も応相談。
品川プリンスシネマはライブビューイング用に客席傾斜の大きいシアターを用意しているので、とても見易いですよ。

10thライブ概評

「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」
最高に楽しい2日間でした。

アーケード版の稼働から10年を祝う区切りの大イベントと言う事で、
アイマスに振り回されてきたこれまでの日々を思い返すところもありましたが、
終わってみれば、びっくりするほど素直に「楽しい!」と感じたイベントでした。

約1年半前にさいたまスーパーアリーナで行われた
「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2014」が、
既に、アイマス史上類を見ない大きなお祭りであり、
全力で楽しみ、全力で泣いて、もうこれ以上は無い!と感じたので、
私は今回の「M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」に対し特別な期待はしていなかったのかも知れません。
ひとつの到達点、大きな区切り、初期アイマスが掲げた物語の中の夢の結実、
そんな曖昧なイメージだけを抱え、
具体的な期待を抱かずにこの日を迎えたような気もします。
それは、7th直前や8th直前に感じていた期待感と大して変わらない気持ちだったのかも。

別に、期待を裏切られないように故意に「あまり期待しないようにしていた」つもりはないんですけどね。
あんなに楽しかったSSAを、あんなに特別だったSSAを、
さらに上回る、幸福で濃密な時間でした。
言葉以上に雄弁に、
これからも楽しい日々が続いていく事を、
これまで以上に驚きや喜びに満ちた日々が続いていく事を、
伝えてくれた、理解させてくれた、信じさせてくれたイベントだったと思います。

個人的には、直前で体調を整えられた事も功を奏したかも知れません。
意外な事に、SSAの時ほどは泣かされず、SSAの時の倍以上は笑顔でいられた気がします。
恥ずかしながら、SSAの時は「体力を消耗し過ぎて朦朧としている時間」が結構あったんですが、
今回は丸二日フルフルで楽しめました。

実は、ライブ中にそれほど泣かされなかった代わりに、翌日以降に思い出し泣きをさせられてます。
キャラクロへ行って、「my song」で泣いて、「虹色ミラクル」でもう一度泣かされたりね。
これが西武ドーム症候群か。

劇場版の春香さんの台詞が、この現実世界で、SSAの時以上に質量を伴って感じられます。
バンナムの新旧スタッフ陣や、初期声優陣だけじゃなく、
バンナム外部のイラストレーターさんや作詞家さん、作曲家さん、脚本家さん、
新たに役を引き継いだ声優さんや、アニメで加わった声優さん、たくさんのラジオ番組の制作陣、
日本コロムビア、フロンティアワークス、ソフトバンククリエイティブ、5pb、
アニメ化以降に巻き込まれた企業に至っては、ちょっと挙げきれないぐらいです。
ゲームも、CDも、その他書籍の展開についても、
高く評価された作品もあれば、しょっぱい評価で終わった作品もありました。
悪い意味で名高いクソグッズ、クソダサライブTシャツもあれば、再販を切望される商品もあります。
それら全て、誰か一人でも欠けてしまったら、ここまでたどり着けなかったのかも知れない、と。

本当に、みんな、ありがとう。

10thライブ当日用暫定エントリ

19日(日曜日)分

昨日は到着が遅かったため、お一方のPヘッダーとしかお会いできませんでした。
今日はもっとたくさんのPヘッダーに会えるといいな。一応、色々探してウロウロしてるんですけどね。

18日(土曜日)分

物販はもうコリゴリなので(概ね目的を達成したので)、朝一では行きません。
いやー、昨日の前日物販は疲れた。

1日目は、たぶんお昼頃には現地にいます。
↓これに混ぜてもらう予定です。

17日(金曜日)分

はい、有給休暇を取りました。
物販終わったら、帰って洗濯やら掃除やらするんだ…。

(いつもの)お願い

  • お声掛け頂けるのは大変嬉しいのですが、Pヘッド内は音が遮られて聞え難く、気付けない場合が御座います。無視している訳では御座いませんので御容赦下さい。
    お手数ですが、肩を叩いて頂けると確実に反応できます。
  • 当方、お顔とお名前を覚えるのがかなり苦手なため、過去にお会いした方でも失念している事が多いです。
    お名刺のデザイン等で思い出す事が少なからずあるため、以前交換させて頂いた方は再度お名刺を拝見できればと思います。
  • 当方の「Pヘッド」展開中は撮影自由です。事前に撮影される旨をお知らせ頂く必要はありません。
    逆に、「Pヘッド」を被っていない時は撮影は御遠慮下さい。
    ※ もしも第三者から「無断撮影」と誤解されて咎められた場合は、「事前に許可を得ている」と御説明下さい。
  • 会場周辺の通行を阻害する等の理由により(会場側やライブ主催者側の警備の方などから)退去を求められる可能性がありますので、交通を阻害しないよう御協力頂ければ幸いです。
    基本的に、開場時刻の少し前の「入場待機列の準備」が始まる際に撤収します。
  • 撮影された画像をWeb等に公開する際は、画像内に映り込んだ周囲の方の肖像権およびプライバシーに対して御配慮を願います。
  • 撮影された画像をお送り頂けると喜びます。
  • 大変恐縮ですが「目線」のお求めには応じかねます。
    カメラの方を向いた場合、P字ではなくI字のシルエットとなってしまうためです。
    当人的には向かって右45度~60度辺りがベストな角度と自負しておりますが、その位置取りの場合、当方は撮影されている方を視認できないため、手振り等で指示を頂いても全く気付けません。御了承下さい。

10thライブ前雑感

お疲れ様です。
ついに10thライブ二日前となりましたが、如何お過ごしでしょうか。
私はいつもライブ前日まで生活習慣が残念な感じになっている事が多いため、今回は前日に有給休暇を取ってみました。
明るい内に準備を済ませて、前日は早く寝よう、と。ちゃんと準備を済ませられるかどうかは分かりませんが、

天気の話

今日の昼間に私が見ていた天気予報では、

  • 17日・金曜日が雨(最低25度/最高28度)、
  • 18日・土曜日が雨のち曇り(最低26度/最高33度)、
  • 19日・日曜日が晴れ時々曇り(最低25度/最高34度)、

と、概ね期待の持てる見通しになっていました。

TL上のP達を見回しても、一ヶ月ぐらい前から天気に対する注目度合いは高止まりしており、「めっちゃ暑くなるかも→台風来るかも→前日までは天気が崩れるけど当日はめっちゃ暑くなるかも→やっぱ崩れたままかも」と、動きの読み辛い台風に振り回されて両対応の心構えを迫られていた昨今でしたが、雨に降られるのもいつもの事。まぁ、大丈夫なんじゃないですか?
いつもと違うのは「会場は半屋外」ってところですが…。
土曜日は誰か音ノ木坂学院へ行って「雨やめー!」ってやつ一発お願いして来いよ。

まぁ、ガンガンに日照られるよりは、降られた方がマシかなーって思いは無きにしも非ず。
降られる場合は雨具の用意が必要ですが、飲料の消費量がかなり減るので、トータルでは荷物の重量が減る。
Pヘッダー的には晴れても降ってもシンドイ要素はありますが、健康面のリスクは晴れた場合の方が明らかに大きいです。
そして何よりも、週明けに職場で「ずいぶん日焼けしてるけど何してたの?」と突っ込まれるリスクを回避できます。

光り物の話

さて、ここ最近、アイドル生写真とサイリウムのお店として有名な「でらなんなん」がはっちゃけた事になっておりました。

過去にもアイマスライブ直前に、(UOと総称される)オレンジの高輝度短時間発光タイプのケミカルライトが品薄になる現象がありましたが、今回は「でらなんなん」が早めに大量確保を宣言したために、煽られて購入に走る人が増えているような…。
他の店舗や通販サイトでも、一部のメーカーの物が品薄になっているようです。

と言うか、正直に言えば私も煽られました。
私は電池式LEDスティックをメインに使っているので、1度のライブに持ち込むケミカル(化学式)はせいぜい高輝度オレンジ2,3本なのですが、今回は12本入りを3箱も買ってしまった。
同行者の一人は手ぶらで来るっぽいので、シェアすればいいかな?

ケミカルに加えて、電池式の方も静かな騒動が。
近年、アイマスレギュレーション内のマルチカラーライトはターンオン社の「ミックス・ペンラPRO」(MIX PENLa-PRO)一強と言われておりました。

ここで言うレギュレーションとは「25cm以内のボタン電池式ライト(市販品・無改造)」を指します。
マルチカラーライトのカテゴリにおいてはルイファン社の「キングブレード」シリーズが有名ですが、マルチカラーだと単四電池を用いるものが多く、ボタン電池式でマルチカラーはあまり一般的では無いのです。
皆無と言うわけでも無いのですが、暗過ぎたり、発色が悪かったりと、あまりスペックや品質の評判がよろしくない。
そんな中、ターンオン社は「ボタン電池式のマルチカラーライト」と言うアイマスレギュレーション製品の改良改版を続けており、「ミックス・ペンラPRO」は現時点でベストな選択と見られていました。

無論、他社もそんな状況を座視しているわけでは無く、ルイファン社の次期マルチカラーライトではボタン電池バージョンも予定されておりましたが…。
ルイファン社の新製品って、発売予定とされた時期から、半年~1年ぐらいは遅れるのが当たり前になってる気がする。結局、春に予定されていた「ボタン電池バージョンより前に出る単四電池バージョン」もまだ出てません。

そんな一強「ミックス・ペンラPRO」でしたが、既に生産終了になっていた事が(たぶん)6月に判明、店頭在庫限りと知った皆が目の色変えて確保に走ったため、あっと言う間に店頭から根絶されてしまいました。
でらなんが「どんな判断や。商機ドブに捨てる気か」と言ったかどうかは知りませんが、この非常事態に「ミックス・ペンラPRO」の強化版とされる製品が「でらなんなん」限定で緊急先行販売される事態に。
14日に告知されて15日に入荷。秋葉原店の場合、約1000本入荷して、16日の朝に完売したようです。

でらなんと言えば、以前も「ターンオン社と交渉して、ブリスターパック梱包してないのを緊急入荷しました」とかやってたような。
何やってんだこいつらw

そんなこんなで、15日の「でらなんなん」秋葉原店は大行列。時間帯によっては200人以上ならんだらしいですよ。
まぁ、私も仕事終わってから直行したんですが、

またしても煽られてしまった。
2本だけ買うつもりだったのに、「あっ、カード使えるか…」で、4本買っちゃった。
もし、「チクショウふざけんなそれ寄越せ!」と言う方がいらっしゃいましたら買った金額でお譲りしますので、お知らせください。
金曜中にお声掛け頂ければ、土曜日に未開封の状態でお持ちしますので。
居なきゃ金曜の夜に開けます。色の設定しなきゃだし、

今回のPヘッド

今回は ver.5 “decade” で参加します。
昨年まで ver.4.x のマイナーバージョンを改版して試行錯誤を続けておりましたが、
アイマス10周年記念モデルと言う事でついにメジャーバージョンアップ。命名規則も変更しました。

このバージョンは、自分の中のフォームバランスのルールに反しない範囲で「どこまで小型化できるか」をテーマとして、昨年から挑戦を続けていたPヘッドの集大成、一つの到達点となりました。

小さい分、総重量も過去のフルフェイスPヘッドの中では最軽量となりましたが、正直言えば、被ってる時のしんどさが半端無い。
従来品の比ではありません。小さ過ぎるが故に、めちゃくちゃしんどい。痛い。苦しい。疲れる。
眼鏡も潰れてしまうので、度入りのスイミングゴーグルを使います。*
「頭を潰して押し込む」と形容しても過言では無い。
一人我慢大会ここに極まれり。

  • 子供の頃、眼科医に「目の表面が乾いているのでコンタクトはやめておいた方がいい」と言われまして…

小型化を追求する上で、その引き換えに ver.2~4 のほとんどのPヘッドに搭載していた「被ったまま飲食できる機能」を廃止していますので、正直、悪天候に救われる部分があるとか無いとか。
もちろん、スピーカーを搭載する余地もありませんでした。

10thが始まる前からこんな事言うのはなんですけど、「小型化はもうこりごりだよ」って感じですね。
で、完成してしまうと興味を失ってしまうところがあり、今は ver.7 の構想と試作版の素材候補集めを始めています。
ver.7 ではテーマを一新して小型化には拘らず、快適さと機能性を追求したいと思います。
(ちなみに、ver.6 は先日御紹介した「超簡易版」です。やっつけ仕事過ぎる…)

そうそう、最後に一つ、ver.5 のアピールを。
実際に試してはいませんが、このPヘッドは「りっちゃんのシャイニングウィザードを受けられる」スペックを想定しています。
もし、シャイニング系の技をかけてくれる秋月律子さんがいらっしゃいましたら、お声掛け頂ければと思います。*

  • 不意打ちはご遠慮ください。当方も素人ですので、最低限「どちら側から膝が来るか」だけでも打ち合わせておかないと死んでしまいM@S

ここ最近、名刺を切らしておりましたが、火曜日の夜にデータ入稿した名刺が今日無事に届きましたので、久しぶりに名刺交換させて頂ければと思っております。(写真を差し替えた程度で、デザインは基本的に変えていません。)
名刺交換については色々な御意見があるようですが、私個人の趣味を言わせてもらえば、皆さんがそれぞれにご自分の趣味や思いや感性を詰め込んだ「カード状の作品」を見るのが楽しくてやってます。
ですから、「お前の名刺なんか要らんが俺の名刺を見るがよい!」と言う方も大歓迎です。

そんなわけで、10thライブ、楽しみましょう。