モゲマス業務日誌 活動第13週

昨夜も書こう書こうと思いながら遅くなってしまい断念し、
今日も書こう書こうと思いながら気付けばメンテ時間に入ってしまった。
と言うわけで、おやすみなさい。また明日。だって、メンテ中はサバイバルの戦績を参照できないんだもの。

と言うわけで、改めまして

先週は業務日誌を上げた翌日にサバイバルの追加&延長が発表になり、
今週は金曜未明メンテ(1:30~7:30)でいよいよPMFが始まるのかと思って様子を見ていたら、不発。
まぁ、それはそれとして、祝・新エリアなのです!

業務報告

前回に引き続き「スタミナと攻コストの両方を消費するイベント」真っ最中であったため、LIVEバトルを怠って成績低迷中です。今週は先週より更に下げて11000位代となりました。次回PRAも似たようなもんだろうなぁ。
プロダクションランキングも先週より少し下げて236位、「c.大手プロダクション」ランクにて5週連続の敢闘賞となります。

育成方面はと言うと、プロダクションマッチフェスティバルに備えて守備を強化中です。
先週MAX特訓したR《兵藤レナ》さんが育ちきり、続いてR真をMAX特訓しました。
それと、副アカウントへMAX特訓したRあずささんを派遣。
いいかげんイベント報酬以外のSRも欲しいぜ。課金ガチャ回そうかな。

殴られ屋「のーがーど!」休業

予告通りと言うか予告から遅れてと言うか、副アカウントの殴られ屋を休業しました。
本アカウントで育成した守備型のユニットを回して、守編成の《トレーナー》さん達を外し、守コスト強化。
プロダクションマッチフェスティバルの詳細が判明し、殴られ屋営業に支障が無いと分かれば、再開するつもりです。

イベント「アイドルサバイバル ひな祭り編」終了

まさかのエリア追加&期間延長で3月15日に幕を下ろした雛祭りイベントでしたが、お疲れ様でした。
サバイバル埼玉も序盤で勧誘リスト埋まっちゃって40まで完走する意味が無い雰囲気になってましたから、最後まで走らせるための「ご褒美追加」、やりこみ要素としてのエリア追加は分からんでも無いのですが、渋谷エンドレスはホントしんどかったですねぇ。

渋谷エンドレスの乱入ライバルとして追加された『過去のイベントクリア報酬SR』、個人的にはSR《[艶娘大作戦]桃井あずき》さんは副アカウントと合わせて3枚獲得したのでもう充分ですが、SR《[聖なる乙女]望月聖》さんは親愛度も上げずにトレードに出してしまったので、素直に欲しかったのです。出来れば2枚。

しかし、「気力:50万」…笑いしか出ねぇ。orz
エンドレス渋谷追加時点での本アカウントの『全力(100%)振り+事務所応援召集』で発揮値11万、5回殴らなきゃ倒せないわけですよ。最終的には『全力(100%)振り』8万4千、『+事務所応援召集』で12万4千まで積み増しましたが、それでも5回必要な事には変わりなく…
更に厳しかったのが副アカウントの方で、『全力(100%)振り』で3万代、『+事務所応援召集』で4万8千~5万6千と言う按配だったので、10回は殴らないと届かないわけです。
それでも諦める事無く何度も殴り、300分の追撃タイムオーバーを意識して寝る前にタイマーをセットし…

結果はと言えば、副アカウントでは3度目ぐらいの討伐で聖さんを得られましたが、本アカウントでは何度討伐しても獲得できませんでした。パトラッシュ、僕もう疲れたよ…

と言うわけで最終成績は、
副アカウントは13420ポイント獲得で22019位、個人成績「10001~30000位」入賞報酬としてべテ子さん2人を頂きました。
本アカウントは30280ポイント獲得で4986位、個人成績「4001~9999位」入賞報酬としてべテ子さん3人を頂きました。
また、弊社《音無プロダクション》は629760ポイント獲得で303位、プロダクション成績「301~1000位」入賞報酬としてべテ子さんとトレーナーさん1人ずつ頂きました。

…サバイバルはもうこりごりだよ。(と、僕はトレーナーさんの胸に顔を埋め…げふん)

新エリア「大阪」開放

昨日3月15日に「埼玉」に続く新エリア「大阪」が追加されました。
本アカウントの方はちょうど埼玉エリアの最後の「26.埼玉D」に居たので、やっと追い付いたなぁ、と。
大阪と言えば、と言う事で、ショップ「BK MANIAC」の実装はよ!

とは言え、例によってエリア名表示部分のバナー絵以外には何の変わり映えもしないわけで、このカードゲームもどきにもいいかげん飽きてきました。

所持可能数が少ないから、今育ててる誰かを切り捨てないとエリアクリア報酬のカードも受け取れないし、受け取れないからアルバムも埋まらない。
出来る事全部やりつくしたわけでもないのに、システム制約でこれ以上進められない閉塞感が…
うん、少しペース落とそう。

ソシャゲで満足しているわけではない

最初の頃にも書きましたが、「ほどよく面白くない」言い換えれば「ほどほどにつまらない」のです。
DSリメイクを待つ時間潰しにと思っていましたが、ホント、これはゲームメーカーが堂々と自社の名前を出して世に出すほどの娯楽ではない。

うん。そんで、これはソシャゲだからダメとかそーゆー話では無いと思うんですよ。
既存のゲームにソーシャルな要素を加えたからと言って、そのせいでつまらなくなったりはしないでしょ。
ゲームとしてどこが足りないのかはたぶん運営側も分かってる。でも、それを実装する気が毛頭無い。
ソシャゲーの構造的欠陥と言うのは、運営環境と消費者側にあると思うんです。

  1. 戦略性としては競馬や競艇を遥かに下回る「5ボタンを押すだけ」レベルのゲームであっても、上手く射幸心を煽って供給すれば効率的に売り上げが立ってしまう『消費者』が充分な数(それこそ、日本ではフルプライスのコンシューマゲームを買う消費者の何十倍も)存在している事
  2. 運営側はその市場環境に最大限効率的に適応し、売り上げが立つ必要最小限の娯楽しか提供しないと言う割り切った判断をしている事

この二点から、現在の「面白くないソシャゲー」が成り立っている。
現実として、頭を使わないと楽しめないゲームの消費者よりも、「5ボタンを押すだけ」ゲームの消費者の方が遥かに多い。
面白くしなくても稼げるのであれば、面白くするためにコストを掛けるのは経済的には非合理な事です。
経営者の判断として「確実に稼げるところへ資本投下する」事は文句の付け様がありません。

だから、難しいゲームを求めていない、「5ボタンを押すだけ」レベルのゲームを求める『カジュアルなソシャゲーゲーマー』達が悉く現状に飽きて、ソシャゲー市場が完全に禿げ上がるまでは、ソシャゲー以外のゲームで頑張ろうって雰囲気にはなり難い気がしています。
大作を作るのが宜しくないとは申しませんが、今は可能な限り小さな作品でその場をしのいで、ソシャゲーのターンが終るのを待つべきタイミングなんじゃないのかなぁ。

今後の展望

とりあえず、PMF(プロダクションマッチフェスティバル)待ちですかね。
これの準備が間に合わずにサバイバルが延期されたんじゃないか?なんて憶測も流れてましたが、果たしてどんな仕様になるのやら。
所属社員達の「社長、守備上げとけよ」プレッシャーが日に日に強まって気が休まりません。

それよりも俺は《[お花見]トレーナー》さんを待ちわびていると言うのに!

…とか言ってたら、PMF詳細キターー!

モゲマス業務日誌 活動第12週

雛飾りをいつまでも出しておくと婚期が遅れるなんて事を言いますが、芸能プロダクションの立場上、そうそう女の子達に生き急がれても困ります。
雛祭りイベント終了まで後4日、なんとなくだれて来ましたが、最後まで頑張りましょう?
あ、そうそう。本日3月8日(木曜日)は昼メンテがあるみたいですよ。

業務報告

スタミナと攻コストの両方を消費するイベントの真っ最中であるため、「LIVEバトル」が減って個人成績は低迷しました。本アカウント、先週は「c.普通プロデューサー」ランクにおいて敢闘賞を頂きましたが、今週は8000位オーバーで完全に選外です。
プロダクションランキングは201位、「c.大手プロダクション」ランクに上がって以来4週連続で敢闘賞を頂いています。

SR+《[艶娘大作戦]桃井あずき》さんは2週前から放置しっ放しですが、それ以前に仲間から貰っていたR《桃井あずき》さんをMAX特訓しました。うん、和装いいね。
もう一枚手に入る当ては全く無いんだけど、「バレンタイン穂乃ちゃん」ことSR《[ピュアハート]綾瀬穂乃香》もレッスン中です。
たまたまローカルオーデションで「通常穂乃ちゃん」ことR《綾瀬穂乃香》も引いたので、こちらもレッスン。SRほど入手難度は高くないだろうし、もう一枚手に入れてMAX特訓したいなぁ。

先週まで(やる気なく)募集していたR《兵藤レナ》さんですが、社内からトレードが飛んで来たのでR《小早川紗枝》さんとの1on1のトレードで解決しました。
で、さっそく猛レッスンして、つい先程MAX特訓したところだったりします。
特訓前の衣装の方がそそられる…とか思ったのはナイショだぞ!

最近はローカルオーディションで引くRが被りがちで辟易しています。
Rあずささんは4枚目でもう一組特訓できちゃうし、R《楊菲菲》さんは3枚目、R《桃井あずき》も特訓して尚1枚余る。
もうちょっと高価ならトレードの弾にもなるでしょうが、安めのレアなので1対1トレードも侭ならず…
抱えてても所属者枠を圧迫するし、不要なレアはとっとと放出しちゃった方がいいのかな?

イベント「アイドルサバイバル ひな祭り編」

思ったより長いですね。
最初の「横浜」は「横浜A」(横浜サバイバル1~5)、「横浜B」(横浜サバイバル6~10)、「横浜C」(横浜サバイバル11~15)、「横浜D」(横浜サバイバル16~20)の4エリア20本で楽だったのですが、続く「千葉」は「千葉F」までの6エリア30本、最後の「埼玉」は40本だそうです。
イベントでスタドリ使いたくない層からは「いつになったら埼玉に入れるの?」の声が多数…

「最初の勝利で勧誘成功」と言う難易度緩和の仕様改定により、各エリアそれぞれ最初の5本ぐらいで勧誘リスト埋まっちゃってますから、その後が長い長い。
まぁ、高コストNとか《トレーナー》さんとかざくざく貰えるから別にいいんですけど、

勧誘リストのライバルアイドル達の「気力」も前回のサバイバルと比べると低めに設定されてるんですが、例えば「埼玉」の1人目、N《木場真奈美》さんとか扱いが酷いです。

彼女は海外でスタジオボーカリストをしていた人で、恐らくはプロデューサーよりも年上と言う関係性に設定されており、それ故に人生経験的にも音楽業界的にも相応に先輩風を吹かせて接して来るのですが、そんな人が僅か気力2000、本アカウントの攻発揮値の3%にも達しない…。あんな大口を叩いておいて…。
人選と言うか、並び(順番)だけでも何とかならなかったのか、と思います。
Nにも関わらず思わずMAX特訓しちゃったぐらい好きなので、この扱いはとても悔しいです。

それにしても、(先週から分かっていた事ではありますが)今回は本当に新規参入者向けですね。
私の本アカウントでは攻発揮値が7万6000、事務所の応援を召集すると10万8000ぐらいまで上がるんですが、埼玉サバイバルのボス(4人目)R《[ひな祭り]藤居朋》ちゃんでさえ気力7万なので、召集するまでも無く1パン終了。
エンドレスで稀に登場する(勧誘リストコンプ報酬と同じ)野生の《[お転婆ひな娘]喜多見柚》(気力15万)だけは一撃で倒す事が出来ず追撃が必要になりますが、それでもちょうど全力(100%)×2回で応援の召集は必要無いなぁ。

一方、戦力の整わぬ副アカウントの場合、全力の攻発揮値が3万6000で事務所の応援付きで5万5000と言ったところ。
これだと千葉サバイバルのR《[ひな祭り]上田鈴帆》も埼玉サバイバルのR《[ひな祭り]藤居朋》も1パンKOは出来ずに追撃が必要になり、ちょうど楽しめるバランスです。

次期イベント「プロダクションマッチフェスティバル」

そうこうしている内に、早くも次期イベントの予告が出始めました。
「プロダクションマッチフェスティバル」だそうです。長いので、以降はPMFとします。民間軍事会社じゃないよ!

カチコミ、もとい、プロダクション同士の抗争、いやいや、えーっと、とにかくプロダクション対抗戦と言う事で、クラン戦だのギルド戦だの様々なゲームの同種のイベントの名称で呼ばれていますが、「神撃のバハムート」における同種のイベントと互換する内容ではないか、との予想が立てられているようです。

で、イベントに備えて「守備」を上げておけよ、と。
私はこれまで攻撃型の子ばかり育成していたのですが(と言うか、赤って守備型は少なくね?)、さっそく意識の高い弊社社員達が「監査」と称してプロダクション代表である私を殴りに来ました。ひぇ~!
とりあえず、先日トレードしてもらったR《兵藤レナ》さん2枚目でMAX特訓かな。
余裕があれば引き続きR真もMAX特訓したいと思いますが、後はR穂乃香さんぐらいしかいないよ…。

殴られ屋 休業予定

次期イベント「プロダクションマッチフェスティバル」において守備の値が問題になりそうな事と、現時点ではそれがどの様に計算されるか分からない事、
そのため、守備の発揮値を故意に低くしておく事が他のプロダクションメンバーに不利な影響を及ぼす可能性が否定できない事、
そして、現在のイベントの終了後、いつ「プロダクションマッチフェスティバル」が開始されるのか分からない事から…

現在のイベント「アイドルサバイバル ひな祭り編」が終了次第、詳細判明までの間、殴られ屋は一時休業致します。
(副業都合に鑑みて、イベント終了前に営業休止状態へ移行するかもしれません。低発揮値で殴る場合は御注意下さい。)
これまでは休止中も結構殴られ放題なところがありましたが、今回は割り振らずに残していたボーナスポイントを守コストへ振り、ちゃんと守備値の高い子を守ユニットのフロントメンバーに配して守りを固める予定です。

「アイドルサバイバル」の発揮値のように、フロントメンバーに関係無く数値の高いメンバーが対象となるようであれば、守ユニットをトレーナーさんにしておいても問題無いと思うんですが、始まってみるまでその辺りの詳細は分かりませんし、副アカウントがお世話になっているプロダクションに迷惑を掛けたくはないですからね。

音無プロダクションよりお知らせ

先週また定員が1つ増えて32名になっていたのですが、過去10週の成績が「0人 / 0人 / 0人 / 19人 / 0人 / 0人 / 0人 / 0人 / 0人 / 17人」と言う方から入社希望があり、「2週放置で解雇」の文字が読めんのか!とカチンと来て、モゲマス初めて間も無い人に声を掛けて入れてしまいました。
まぁ、プレイスタイルは人それぞれだとは思うんですけどね。

プレイスタイルと言えば、弊社社員の中には週間ファン獲得数が僅か2桁と言う人も居ます。
あまりコミュニケーションを取ってないので詳しい事は分かりませんが、恐らくは週に一回ぐらいしかプレイしていないのではないかと。
そんなペースで、よく関心を保って続けられるなぁ。とても興味深いです。

モゲマス業務日誌 活動第11週

「月が替わるのにコンプガチャやらないんだね」(月末月初はユーザの課金ハードルが下がり搾取し易いとされる)…なんて言ってたら予告も無く突然コンプガチャ「禁断の黒魔術」が始まり、「スロット終了日にメンテ予告が来てないから次のイベントはまだ始まらないのか」(これまでのイベントは15時からの昼メンテ明けにスタートしていた)…なんて言ってたらメンテ無しで突然イベント「アイドルサバイバル ひな祭り編」が始まってしまいました。Oops!(←仮面ライダー部部長風に)

業務報告

本アカウント、「c.普通プロデューサー」になってから3度目のPRAは、辛うじて5000位以内、敢闘賞を頂きました。
プロダクションランキングは213位で、こちらは3週連続の敢闘賞。社員の皆様の御協力に感謝します。
現在のLvは64、引っ切り無しに続くイベントのお陰でマニーにもレッスンパートナーにも恵まれ、日々レッスンを重ねています。
と言っても、そろそろ頭打ちかなぁ。

《輿水幸子》さんがかわいい埼玉エリアですが、イベント始まっちゃったので通常のお仕事は暫く保留ですね。
R《兵藤レナ》さんは引き続き募集中です。こちらから出せるのはR《小早川紗枝》さんとか、両方とも今の相場だとスタドリ1なのかな?
ぶっちゃけると、あまり急いでいないので、ここでやる気無く募集してます。
(急ぎならトレスレ行ってスタドリで買います。)

コンプガチャ「禁断の黒魔術」

ハッキリ言って《神崎蘭子》さんはRでもSRでもかわいいし、副アカウントのためにも青い戦力は拡充したくもあるのですが、自らに科した縛りによりコンプガチャは自動的にスルーなのです。ぐぬぬ…

イベント「アイドルサバイバル ひな祭り編」

と言うわけで、「雛祭りイベント」が始まりました。
ロードじゃなかったですね。雛あられでも配るのかと思いましたが、

基本的なルール・形式は前回の「アイドルサバイバル」(イベントとしては前々回)と同様ですが、幾つか変更点もあるようです。
まず、イベントのお仕事中にランダムで遭遇してLIVEバトルを挑んでくるライバル(野良)アイドル達は、それぞれ最初に倒した時に必ず軍門に降り、コンプシートを埋めれます、と。2枚目以降はランダムです。
更に、倒しきれなかったライバルアイドルへダメージを残したまま追撃できる再遭遇タイムリミットが、「180分以内」から「300分以内」にとなりました。スタミナ60しか回復出来なかったのが、スタミナ100へ。これは大きいです。
ふむ、ずいぶんと難易度を下げましたね。となると、流石に「何か裏があるんじゃないの?」と思わざるを得ませんが…各エリア4人目(イベント限定レア)の2度目の捕獲率がメチャクチャ下がっている、とかでしょうか?

前回の(無印)「アイドルサバイバル」は、コンプ報酬でもあるSR《[艶娘大作戦]桃井あずき》さんの2枚目確保こそ難しかったものの、コンプシートを埋めるだけであれば完全無課金(課金アイテムであるスタドリやエナドリを消費しない)&低レベルでも可能でしたから、そこまで難易度を下げる必要はあるのかな?とも思いましたが、単純に「運に左右される要素」を減らしてプレイヤーのストレスを減らす意図での変更なのかもしれません。

難易度が下がる事は、私の副アカウントなど、低レベル・無課金プレイヤーには明らかに救いになりますが、このゲームの収益の大部分を叩き出しているのであろう「上位争いをしている様な人達」にはどの様に効果するのか、競争を激化させ課金アイテムの消費を促すのか、逆に鈍化させるのか、それとも、全く影響しないのか、大変興味深いところです。
バレンタインイベントのように高レベル・重課金プレイヤーを主な対象とした「やりこみ要素」を加えても良かったのでは?

私はと言えば、サバイバル横浜エリア開始早々にエリアボス(エリア4人目のイベント限定レア)である《[ひな祭り]福山舞》に遭遇し、80%でぶん殴って確保、と言う出だしでした。
つい先ほどサバイバル横浜エリアの4人を揃えたのですが、サバイバル横浜エリア自体はまだ半分も進んでいない(前回と同じなら各エリアGまででそれ以降はエンドレス)と思うので、難易度下げ過ぎかな?と思いました。
無印サバイバルでなかなか捕まえられずにイライラした子も居ましたが、「×回逃げられたらその次は確実に確保できる」と言うような修正に留めても良かったんじゃないかな? まぁ、初回100%確保よりフラグ管理の手間がちょっと増えるかもだけど、

最初はね。
《[ひな祭り]トレーナー》さん無いの?!と少しがっかりしたんですけど、この後にイベント「お花見(ブロッサムロード)」が控えていて、ほろ酔い加減の《[お花見]トレーナー》さんが準備中である…と言う電波を受信したため、大いに期待して待ちたいと思います。

モゲマス業務日誌 活動第10週

チョコ坂(あるいは「バレパ」)終了からまだ3日しか経ってないはずなんですが、何だか先週の出来事の様に…って、あぁ、バレンタインデーから10日も経ってました。
お疲れ様でした。

それにしても、絶えず話題を供給し続けるのは流石ですね。
ニコ動を初めとするファンコミュニティでは「常時ムーブメントを作り続ける事で熱量を保つ」のは基本的な生態ですが、コンシューマタイトルではそれがなかなか出来ない。
常にDaily Active Usersに気を配るソシャゲーの本領なのでしょう。

業務報告

本アカウント、「c.普通プロデューサー」になってから2度目のPRAは、7000位代でした。
まぁ、こんなもんでしょう。正直、個人成績はもう期待していない。
Lvは60を超え、火力は(スキルが乗った状態で)70000に届くか届かないかと言う辺りです。

バレパ終了と共に通常のお仕事に戻り、昨夜やっと「千葉エリア」を抜けて「埼玉エリア」入りしました。《輿水幸子》さんに会えるのが楽しみです。
しかし、どんどん消費スタミナが増えるなぁ。次のイベント(雛祭り?)までに埼玉を抜けるのは無理っぽい。

育成状況はと言えば、SR+《[艶娘大作戦]桃井あずき》さんは流石にSR+だけあって上限までが遠い。
ゴールが見えないため心が折れ、最近はバックメンバーの育成に気持ちが移っています。
ゆるぼ:《兵藤レナ》さん、相場はスタドリ1~2なのかな?
それと、今までおざなりになっていた親愛度上げを少々。
あぁ、もう、Nの子もみんなかわいいなぁ。

殴られ屋再開

副アカウントはと言えば、先週「殴られ屋」を休業したものの、守発揮値の致命的な不足により相変わらず殴られ放題・奪われ放題の状態が続いておりまして、バレンタイン衣装のコンプリートは諦めました。
で、再び「殴られ屋」を再開。スロットも始まったので、今は絶間無く挑まれてます。

挑まれ負けですぐ消えるのでマニーを置いとけない→レッスンできない、と言うわけで、現在は(御同業を使わせて頂いて)親愛度上げメインかな。

イベント「バレンタインパーティー」(スイーツロード)終了

残念ながら、裏ロードは完走できませんでした。
最終順位はチョコレート3090個で21667位、一応「個人ランキング10001~25000位に入賞」としてランキング報酬が出ています。
また、プロダクションとしてはチョコレート94169個で690位、「プロダクションランキング601~1000位に入賞」としてランキング報酬が出ました。
プロダクション内ランキングは全くお話にならない。みんな本気出し過ぎだ。

今回のイベント、「やりこみ要素」部分の険しさとランキング争いの熾烈さから「無課金者を振り落としにかかった」と評している人も見受けられましたが、ロード系イベント自体はどちらかと言えば無課金者へのサービスだったりします。
と言うのは、スタミナの回復速度もロードを登る上でのスタミナ消費量も全てのプレイヤーで等しいため、『スタドリを使わない場合は』全てのプレイヤーの登坂速度が等しくなるんですね。
尚、睡眠時間を無視して張り付く前提で考えると、レベルアップ全回復のアドバンテージ分だけ低レベル者の方が速いペースで登れたりもします。

ただ、それだけではユーザの課金を促せない。
課金したがってる(笑)一部のプレイヤーのために、課金し甲斐のある要素も用意しなくてはならない。
そこで追加されたのが、前回(ニューイヤー)・前々回(クリスマス)のロードには存在しなかった「やりこみ要素」と言うわけです。
実際、「イベント衣装コンプリート」(報酬:イベント衣装レアx3種類+イベント衣装トレーナーx6枚)、「表ロード完走」(報酬:イベントSレア)までならば、これまでのロード系イベント同様に課金アイテムの使用無しでも達成出来るレベルに調整されていたと思います。
一応「やりこみ要素」扱いだったチョコレート2500個についても、運に左右されてはいますが、特別支給アイテム「3倍チョコレート」を使えば余裕だったのではないでしょうか。

終盤「3倍チョコレート」を普通に売り始めた時は流石にドン引きしましたが、裏ロードのお陰で(餅坂と違って)最後までダレずに楽しめました。

さて、次は雛祭りでしょうか?
どんな《トレーナー》さん姉妹が見られるのか、今から楽しみです。

100万人突破記念キャンペーン

「延べ」を付けろよデコ助野朗…
あ、延べ人数と言えば、agqrこと「超A&G+」が(Cookie消してるわけでもないのに)開く度に再登録する羽目になるんですが、あれって延べ人数を稼ぐためにわざとやってるんでしょうか?
やりこんでる人は2アカ3アカ当たり前だと聴くので、延べ人数よりDAUをと思わなくも無いですが、それはそれとして、今後の新たな展開が発表された事は大変喜ばしいのです。

CD化

ひゃっほ~い♪ 十分予想されていた事ではあるけど、嬉し~い♪
と言うわけで、「ANIMA@TION MASTER」に続くコロムビアのアイマスCDシリーズは「CINDERELLA MASTER」…って、おーい、ちょっと待て。LMGやきゅんパイアのMASTER VERSIONはどうした?

ゲームとしての展開はモゲマスは完全別ラインだろうとは思うわけですが、コロムビアさんの制作リソース的には同じじゃないかと思うので、あれらが未だにラインナップに降りて来る気配を見せないのは些か以上に残念。

まぁ、それはそれとして、今回の五人は良いチョイスと言うか面白いチョイスですね。
しぶりんは安定的鉄板として、ニート娘こと杏ちゃんは「キャラ立ちし過ぎて扱い難いキャラ」だと思いますが(きらりんもこのカテゴリ)ライターさんには頑張って頂きたい。
かな子なー、美味しいよなー、島村さんには悪いけど、これは企画側も「分かってる」なぁ、と。
楓はピンと来ない人も多いみたいだけど、クール勢では地味に安定した人気ですよ。少なくとも俺のTLでは毎日「楓ちゃんマジ25歳!」と言うtweetが見られる。クール勢の中の年齢的バランスを考えても妥当な選択だと思います。
で、城ヶ崎(妹)。城ヶ崎姉妹は弊社のパッションのPも一押しでして、「モゲマスから3のキャラが出るとしたらパッション枠は城ヶ崎姉妹が当確」と主張して止まないぐらいです。たぶん次(6~10)か次の次(11~15)ぐらいには姉も来る事でしょう。

とりあえず、昨夜の帰りに新宿アニメイトに寄って1枚ずつ予約してきました。
特訓後も考えれば2枚ずつと言う事になるんでしょうが、その辺は仲間と貸し借りしてアルバムだけ埋めようかと。

ところで、過去のアイマスキャストの舞台裏に関するトークを聴いておりますと、ライブの時の楽屋で「次に発表を控えている展開」が情報共有される、と言う事がよくあるようです。
例えば、アニメ「アイドルマスター」は、2011年の新春ライブで発表されましたが、その前の2010年の5th Anniversary Liveの楽屋でキャストに対する情報共有が行われたらしい。
関係者の多くが一堂に会する事から、そう言ったプロジェクトの節目の顔合わせの場にもなっているようです。
で、先月の「Winter Carnival」。エンディングで中村先生も言ってましたよね。楽屋で偉い人が未発表の今後の展開を説明したって。
流石に夏の6th Anniversary Liveの段階でモゲマスのCD展開およびキャスティングまで決まっていたとは思えないわけで、順当に考えれば、あの「Winter Carnival」の楽屋(および関係者席)には、今回の5人のキャストが来てたんじゃないかな、と思うわけです。

さて、キャストはいつ発表されるのでしょうか? アイステへのゲスト出演はある?
個人的には、どんだけ下手でも良いので全く無名の新人を期待します。
《トレーナー》さんに声が付くのも時間の問題だな。

スロットチャンス

あぁ、うん。
…まぁ、その話はいいよ。(←友情ポイントと10000マニーとエナドリしか引いてない)

音無プロダクションよりお知らせ

先週「c.大手プロダクション」へと昇格した我々ですが、昇格後最初のPRAとなる今回は215位入賞で「敢闘賞」を頂きました。
また、PLv:36に上がり、久しぶりに所属者枠が追加されて全31名となりました。

もうアクティヴユーザばかりになってしばらく解雇は無いだろうし、枠の増加ペースは遅いし、この辺りでメンバー固定になるのかな。(誰も飽きなければ)

プロダクション施設追加要望

3施設作ってしまうとその先が無いのが寂しいです。
なので、今後こんな施設が追加されたらいいなぁと言う要望と言うか妄想を、

「ジム」…お仕事の際のスタミナ消費を20%軽減(端数切捨て)
「ロッカールーム」…アイドル所属可能数を+20

特に所属可能数は切実です。

モゲマスまとめ 其之伍:殴られ屋篇

副アカウントを低ランク「殴られ屋」にしてる分際でアレなんですが、この業態は近い内に(システム側で対策が講じられて)成立しなくなるような気がするので、早めに解説しておきましょうか。

「殴られ屋」あるいは「道場」と言うのは、故意に守発揮値が小さくなる様に編成しておく事で、他のプレイヤーに「LIVEバトル」を挑まれた時に確定的に敗北するようにしてあるユニットです。

「殴られ屋」はなぜ殴られるのか

故意に負ける事に直接的なメリットはありません。
そのため、「殴られ屋」利用の対価として、「応援」してもらって友情ポイントを得たり、勝ったプレイヤーから獲得マニーの一部を貰ったり、不要なNカードを貰ったりしています。
この辺りは任意です。
何も対価を貰えなかったとしても、その相手から「LIVEバトル」を挑まれる事を拒否する事は出来ませんから、貰える相手から貰うと言う形にしかなりません。
(対価を払ってくれないから報復として挑み返す、対価を払ってくれないから殴られ屋を辞める、と言うのはあるでしょうが)

「LIVEバトル」の敗北側は「衣装」と「マニー」を奪われる可能性がありますが、手持ち衣装を全て事務所の増資に回したり、マニーを予め他のアカウントに預けておく事で、故意に負ける事の損失を低減できます。

なぜ「殴られ屋」を殴るのか

主な需要としては、まず「親愛度上げ」が挙げられます。
リーダーおよび攻ユニット(攻編成)のフロントメンバーに、親愛度を上げたいキャラクターをセットし、そのキャラクターが出揃うだけの攻コストが溜まり次第、直ちに「LIVEバトル」を挑みます。
「LIVEバトル」に勝利すると、参加したキャラクター達の親愛度が上がる、と。
「殴られ屋」を相手にする事で、より少ない攻コストで確実に勝利できれば、効率良く親愛度を上げる事が出来ます。
至極単純な話です。

もうひとつ、殴られ屋が現われた契機でもある「スロット早回し」も忘れてはいけません。
ロード系イベントの終了後、次のイベントの開始までの間に行われる「スロット」のキャンペーン、これは、攻コストが50%以上溜まっている状態で、一定のレベル差以内の相手に「LIVEバトル」を挑んで勝利した場合に、バトル後に追加報酬を得られるスロットを回せる、と言うものです。
この追加報酬スロットの出目は完全にランダムなはずなので、回数を回すほど高額当選の可能性が高まります。
ここでも「攻コスト50%」で挑んで確実に負けてくれる相手が居れば、「攻コスト100%」まで溜めてから勝つか負けるか分からない相手に挑むよりも、効率的に稼ぐ事が出来ます。

  • 最初のスロットにおいては「攻コストが50%以上」と言う条件が無かったため、リーダー1人分の攻コストが溜まり次第即座に「殴られ屋」を殴り、何度も延々とスロットを回し続ける人達が現われ、運営が慌てて途中からスロット発動の条件を追加しました。
    恐らく、このスロット以前には「殴られ屋」と言うスタイルは存在しなかった(あるいは、存在していたとしても少なく、あまり知られていなかった)と思われます。

最後に、「LIVEバトル」に勝利する事で得られるファン数およびマニーを稼ぐ事も「殴られ屋」を利用する目的と言えるでしょう。
稀に獲得マニーを全額「殴られ屋」へ「返す」よう推奨している人も居ますが、ハッキリ言ってこれは疑問。
「LIVEバトル」において勝者が得るマニーは敗者から奪ったものではありません。
より具体的に言うと、貴方のユニットが私の副アカウントの「のーがーど!!」に勝利し、1800マニーを獲得したとして、私がその敗北で失うマニーは600程です。上手くマニーを本アカウントに避難できていれば損失ゼロの場合だってあります。
実際にはそう迅速に入ったマニーを即時避難させる事も出来ていないため、ある程度の損失は生じているのですが、それでも貴方が勝利報酬で得たマニーを全額「贈る」必要は無いんじゃないかなぁ。
そもそも、「殴られ屋」を利用されてる皆さんだってマニーは必要でしょ?
まぁ、貰えるものは有り難く頂きますけど、

「殴られ屋」の作り方

  1. 「マニー」と「衣装」を避難させます。
    別にコンプ済みの衣装を避難させる必要はないんですけどね。
    他のアカウントに贈れるものは贈り、遅れない場合は事務所の増資に回したりします。
    イベント衣装はどちらも出来ないので、ご自由に持って行って頂くしかありません。
  2. リーダーおよび守ユニット(守編成)を変更します。
    リーダーにコスト999の《トレーナー》さんを設定した場合、守コストはその1人で使い切ってしまうため、他のキャラクターが「LIVEバトル」に参加する事は出来なくなります。
    また、リーダーが通常のキャラクターで、守編成(守ユニット)の1人目に《トレーナー》さんを設定した場合、リーダーと《トレーナー》さんの2人だけで「LIVEバトル」に参加する事になります。
  3. 編成画面から「守発揮値」を確認し、ユニット名やコメント欄にそれを記します。
    守発揮値が分からない場合、挑む側は勝てるかどうかが分からないため、「殴られ屋」を相手にする意味が無くなります。
  4. 「LIVEバトル」を挑まれ、ぶん殴られます。

「殴られ屋」のONとOFF

「殴られ屋」は確定的に負ける状態であるため、様々なデメリットがあります。
「お仕事」や自分から挑んだ「LIVEバトル」で勝利してマニーを獲得しても、すぐに他アカウントへ預けないと、あっと言う間に無くなります。
「衣装」も同様で、獲得してもすぐに奪われてしまうため、「殴られ屋」営業を続けたままコンプリートする事は非常に難しいです。
マニーを使う「レッスン」や「特訓」も、カードを選んでいる間にマニーが無くなってしまえば行えません。

そのため、オンとオフ、営業中と休業中を明確に区分する必要があります。
ユニット名やコメント欄を書き換えて「殴られ屋」としてのセッティングを中止している事を宣言し、リーダーと守ユニット(守編成)を変更して「挑まれても勝てる状態」へと変更しなければなりません。
そのために、守コストもある程度あげておき、守発揮値を上げるためのカードも手元に置いておく必要があります。

もし、守コストと守発揮値が低い状態のままであれば、例え「休業中」を宣言しても、普通に蹂躙されます。
「営業中」の時の利用者が気付かずに殴って行く場合もあれば、単に衣装を奪うためのマッチングで殴られる場合もあります。
まぁ、ウチなんかはそうです。守コスト振りが小さいので、守ユニットから《トレーナー》さんを外しても「挑まれ負け」が多く、バレンタイン衣装は一度も揃えられませんでした。

「殴られ屋」がこの先生きのこるには?

長々説明して参りましたが、「殴られ屋」はいずれ何らかの規制なり対策なりが入り、業態変更を迫られると思います。

と言うのも、現在の「殴られ屋」は(前述のようにON/OFFをきちんと切り替えられれば)ほぼノーリスクで「無」からマニーを汲み出している事になります。
このゲームでは「レッスン」「特訓」以外ではマニーの使いどころが無いことから、相対的にマニーの価値が低く、それほど重要視されていないように見えますが、誰でも短時間で簡単に「無」からゲーム内リソースを増やせるのは、通貨の価値を暴落させる事態であり、ゲームデザイン的には予定外のはずです。

また、前述の「スロット」キャンペーンなんかは、本来は対人戦促進イベントであったはず。
「LIVEバトル」を積極的に挑む事を促し、「スロットを回せるように」=「勝てるように」攻ユニットを強化する動機とする。そして、攻ユニットを強化するために『課金ガチャを回そう!』…と言う誘導ですね。
ところが、「殴られ屋」が存在する事で、スロットを回すのに「通常の対人戦」は必ずしも必要なくなってしまった。必ず勝てる「殴られ屋」を相手にすればいいのだから、攻ユニットを強化する必要も無いと言うわけです。
課金ガチャ回して貰えないと利益にならないので、スロットで豪華商品をぶら下げる意味がありません。
だから、バレンタインイベント後にスロットがあるとしたら、そのタイミングで何らかの手を打ってくるのではないかと考えます。

例えば…

  • 《トレーナー》さんの「LIVEバトル」時のコストを1として計算する。
    守発揮値を故意に下げる事が難しくなり、ある程度の攻発揮値が出せないと勝てなくなります。
    手持ちのキャラクターをリーダーだけ残して他のアカウントへ避難させれば守発揮値を抑えられますが、めんどくせぇ。
  • 敗北側のペナルティを増やす。
    例えば、敗北時にファン数が減り、ランクダウンも有り得ると言う事になれば、「殴られ屋」側のデメリットが増えます。
    ただし、ゲームバランスが大きく変わるため、敗北時に無条件でファン数を減らすのではなく、故意に負ける設定にしている者(「殴られ屋」)を仕分ける何らかの条件付けは行われるでしょう。
  • 勝利時のファン数加算・マニー加算・親愛度アップの条件を見直す。
    前述の「敗北時に(何らかの条件に基き)ファン数減」を実施した場合、「殴られ屋」は最終的にファン数ゼロになる可能性があります。
    それに加えて、ファン数が一定数以下の相手に勝ってもファン数は増えない、マニーがゼロの相手に勝ってもマニーは増えない、親愛度も増えない、等と言う形に変更されれば、「殴られ屋」を利用する意味も失われます。

この様に、今後何らかの対策が行われるとすれば、その範囲においてまた別の殴られ方を検討する必要が生じるのでしょう。
今ちょうどメンテ中ですけど、メンテが明ける明朝、何かシステム面の変化はあるのでしょうか?