モゲマス業務日誌 活動第21週

またもや間が空いてしまいましたが、それはそれとしてサバイバルお疲れ様でした。
先週は大型連休と言う事で、お仕事も捗る…かと思いきや、むしろ平常より放置気味、かなりのスタミナと攻コストを無駄にしてしまった気がします。

業務報告

先週月曜発表分のPRAにて「B.中堅プロデューサー」ランクへ昇格してしまいました。
昇格前のCランク最終順位が18000位代、Bランク昇格後の今週月曜発表分においては6800位代となっています。
プロダクション部門は相変わらずの定位置、「c.大手プロダクション」ランクにて323位の敢闘賞です。
「京都エリア」も完走し、当面衣装集めの必要も無くなり、親愛度上げも一段落してしまい(と言っても枠の都合で受け取れてないままの子がいっぱい居るんですが)、ちょっとモチベーション下がってるかな?
Lv79で、発揮値は(本気メンバーで)やっと10万超えと言うところです。
もうこれ以上は有料ガチャ回さないと上げられない気も、

現在は、先日までのアイドルサバイバルで獲得した子達を主に育成しています。
やはり枠数が足りない。トレキャン倉庫フルに使わないと全然追い付かない。

あ、そうそう。MAX特訓した R+《[お花見]水木聖來+》は、更にMAXまで育ててから副アカウントへ派遣しました。
次期イベントでは副アカウント側のリーダーとして活躍してくれるはず。

イベント「アイドルサバイバル in テーマパーク」終了

お疲れ様でした。
大方の予想通り、途中でエリア追加がありましたね。
スカイエリアの子達は何度も殴らないと倒せないのですが、なかなか再遭遇しなくて苦労しました。

本アカウントでは、「天帝」こと R《[ウサコちゃんと]持田亜里沙》(ありさせんせー)と「酔いどれ」こと SR《[ほろ酔い]柊志乃》(しのさん)を追い掛けていましたが、倒しても倒しても獲得できず…。
やむを得ず、スカイエリアエンドレスには参加させたく無かった副アカウントも投入して両方で追っかけていました。副アカウントは本アカウントの半分の発揮値しか出てなかったので、あの二人を追うには非効率極まりないのですよ。

ただ、頑張った甲斐あって最終的に本アカで亜里沙先生を、副アカで志乃さんを獲得できました。
うん、結果オーライ、かな?

次期イベント「プロダクションマッチフェスティバル(第二回)」予告

今のところ、「来週開催」としか発表されていませんが、初回が阿鼻叫喚の地獄絵図だった事から、早くも悲鳴が上がっています。
怖いです。

(続きは後日)

モゲマス業務日誌 活動第19週

なんかもう怒涛の展開ですね。
先週末の時点では、「来週はスロットキャンペーン後のイベントぐらいかな?」なんて思ってたんですが、まさかこんなに話題が集中してしまうとは…

業務報告

今週月曜発表分の先週分のPRAは、「C.普通プロデューサー」ランクにて16000位台でした。ぐぬぬ、まだ下がるのか。
プロダクション部門では、「c.大手プロダクション」ランクにて277位の敢闘賞。この辺りが定位置になりつつありますね。
発揮値は時々10万超えるようになりましたが、「京都エリア」も完走して当面の衣装集めの必要が無くなったので、フロントを親愛度上げメンバーに入れ替え、下がっています。

大阪、京都と自力では3色しか集められないのがメンドーですね。
京都エリア開放直後は他色だろうがお構い無しに奪われてましたが、今はだいぶ落ち着いてきたようです。
私自身は談合プレイ肯定派なので、通常のマッチングで衣装を奪う際は、その相手にとっての自色を選んでいます。
また、挑まれログから「×挑まれて敗北」の相手にリベンジする際は、他色を奪われている場合はなるべく取られた色を、それが無い場合はその人にとっての他色を奪い返す事にしています。

育成方面は、主力のキュート勢では R《宮本フレデリカ》さんをMAX特訓して、とりあえず打ち止め。
特訓後にMAX育成してない子が何人か居るので、当面はそれらを仕上げるつもりです。

クール勢では R+《[お花見]水木聖來+》が(特訓前後とも)とてもかわいくて、特訓後の育成中。
本当は他にもイベント報酬SR勢等の(戦力的な意味で)優先すべき子が居るんですが、聖來を優先せざるを得ないのです。
お花見聖來は正直3枚目(特訓せずに置いておく分)が欲しくなりますね。

パッション勢は特に目的も目標も無く765プロ勢(SRではなく普通のR)を育成中。
(SRではなく普通のRの)765プロ勢はあまり強くないのが残念だと言う声も聴きますが、「微課金組としては」コスト比的に充分な性能だと思います。フロントに並ばないだけで、
そう、この子達みんな課金ガチャでは無くローカルオーディションで引いて来たんです。
今持ってるのは雪歩2枚、亜美2枚、真美1枚、美希1枚だったかな。

ローカルオーディションはいいですよ。何であれ、レアを引いたら素直に嬉しいもの、

「スロットLIVE」キャンペーン終了

貴方が私にくれたもの、200ptの友情ポイント。

昨日の18時でしたっけ? キャンペーンが終了しました。
何と申しますか、今回も《トレーナー》以外のカードは引きませんでしたが、

友情ポイントが「当たり」扱いなのは納得行きませんね。残念賞のマニーの方が有り難いです。

Mobage Award 2011 “Platinum Prize” 受賞記念
SR+《[スクーリッシュガール]如月千早+》配布

モゲマスが「Mobage Award 2011」において「Platinum Prize」と言う賞を受賞したとの事で、記念品が配布されています。
「Mobage Award 2011」の主旨は、以下の記事を読めば分かるよね?

「アイドルマスターSP」のDLC衣装「スクーリッシュガール」のために用意されたイラストの使い回しですね。
能力値が低いのは全員配布の記念品だから当然として、個人的には大好きなイラストのひとつなので、とても気に入っています。
SR+と言う事で親愛度上限が300なので、アルバムの親愛度を埋める上では大変ですけど…、千早かわいいよ千早。

全プレイヤーに無条件に1枚ずつ配られ、数値低く、特訓できないと言う事で、稀少度的にはほぼ無価値。
普通なら他のSRの特技Lv上げの餌にされてしまいそうですが、何と言っても千早だし、一応MAXまで育てようかな。

尚、SR+《[スクーリッシュガール]如月千早+》は、5月25日までにTopページの「祝 Mobage Award 2011 受賞」バナーから受け取りページへと進んで、受け取り手続きする事によって贈られ物ボックスへ入ります。
自動的に贈られ物ボックスへ届いているわけではありませんので、ご注意下さい。

イベント「アイドルサバイバル in テーマパーク」

「スロットLIVE」キャンペーンが終わると共に次期イベント「アイドルサバイバル in テーマパーク」の予告が出たため、「近日開催ってどうせまた翌日なんでしょ?」と話題になっていましたが、大方の予想通り本日15時に開始しました。
えーっとですね。どうせ何も考えずに使ってるんだと思いますけど、「近日」と言う言葉は、それが「一日以内」を予定している場合には使いません。まぁ、なんでもいいですけれど、

それはそれとして、今回は「ゴールデンウィーク」や「こどもの日」と言った季節ネタを回収するイベントのようですね。
「こどもの日」ネタについては以前からプレイヤーの間でも予想されていましたが、「アダルト勢(主にクールの20代後の人達)の幼児化」なんて際どい方向には振らず、穏当に納めたと思います。

今回の勧誘リストは3エリア×4人、「ゲリラLIVE」後の勧誘成功判定にFlashのルーレット演出が追加されてますが、別にFlashゲームでルーレットを止めて賞品を獲得するわけではないでしょうから、Flash演出の分だけテンポが悪くなっているって事ですよね?
最初の一人は必ず当たる(勧誘成功になる)様になっている気がします。また、稀にルーレットの全マスが同じキャラになる「確定」状態になるのですが(条件は不明)、この時にFlash演出上で当たったキャラクターとは別のキャラクターが遷移先画面にて「勧誘成功」扱いになっていると言う不具合を目撃しています。

あと、トレーナーさん一家に新顔が加わったそうで、私はまだ引けてないんですけど、四姉妹だったんですね。

殴られ屋「のーがーど!」営業中

「アイドルサバイバル」において他のプロダクションメンバーからリーダー召集が掛かる都合上、攻発揮値の小さい子をリーダーに置いておくわけにはいかないため、変更しました。
攻発揮値だけ高くて守発揮値が超低い子がいたら「殴られ屋」的には好都合なのですが、そうそう都合の良い話も無く、守発揮値も上がっております。
まぁ、「アイドルサバイバル」の開催中に殴られ屋殴って親愛度上げに勤しむ人なんて少ないとは思いますが、殴る際はご注意下さい。

モゲマスCD第二弾発表

そんな最中(さなか)に飛び込んで来たのがこのニュース。
発売初週のCD売り上げランキングにて5枚ともが10位以内を占めた、モゲマスCD「CINDERELLA MASTER」シリーズの第二弾が発表されました。

んー、もうちょっと出し惜しみするかと思いましたが、蘭子ですか。
「誰が声を当てるのか」以上に、「どの様に表現されるのか」が気になります。

恐らくは今回も5枚同時リリースなのでしょうが、その詳細発表は週に1人ずつ小出しにするようです。
ただ、私はCD自体も1枚ずつ出した方がいいんじゃないかと思うんですよね。

第一弾5枚の同時リリースは分かります。
プレイヤーの多くは商品としての価値評価に加えて「ご祝儀」的に買い支えたと思います。
そして、見事に5枚とも10位圏内に入る事ができた。世間一般に対する露出は大きく、狙い通りの大成功なのだと思います。

しかし、第二弾以降、売り上げは徐々に確実に下がっていくはずです。
それを考えたら、「不定期の分かり難いペースで話題に上がるが、そのインパクトは徐々に下がっている」と言う様子を見せるよりも、週に一枚ずつ出して「XX週連続リリース」等とし、その一枚を毎週確実に10位圏内に届ける事の方が、話題性、インパクト、熱量の意地と言う意味で効果が最大化するのではないか、と。

「MASTER ARTIST 2」シリーズの時にも若年層に「1度に3枚はキツイ」と言う反応があったんですよ。
「CINDERELLA MASTER」シリーズは5枚合わせてもフルアルバム1枚分の価格ですが、5週に分ければ更に買い易くなるはずです。
また、ソシャゲの多くは毎日や毎時のアクセスを促し、習慣化させる事でプレイヤーの生活に根を張っています。
常に話題を供給し続ける事が勝利の鍵だとすれば、「毎週水曜はモゲマスCDの日」と言う流れを目指すべきなんじゃないかな。

さて、話題はこれに留まらず、更には…

徳島「マチ★アソビ」にて「公開インタビュー&ライブイベント」

「鉄は熱い内に打て」と言いますが、本当に素晴らしいタイミングでぶつけてきました。
この時分、アニプレックスの人達が頑張っているのは「DVD最終巻を売るまでがアニマスです」と言う事で当たり前と言えば当たり前なんですが、それだけじゃないな、と。アイマスと言うプロジェクトの周囲の様々な人達の熱量が、アニマスの放映中と比べても未だ損なわれていないのだと確認した次第。

くっ、俺も徳島でメデメデ叫びたい!
それにしても、杏はどの様に騙されて徳島のステージに立つ事になったんでしょうね?
寝てる間に拉致?

音無プロダクションよりお知らせ

また定員に空きが出来ましたので、社員を募集致します。
弊社「音無プロダクション」はPLv:50、「c.大手プロダクション」ランクの事務所です。
現状、特にノルマなどはありませんが、2週連続で放置されている場合は解雇を検討させていただきます。

かなり本気で課金ガチャを回し、エナドリ飲んで走るメンバーもおりますが、無課金でまったりやっているメンバーもおります。その様な「温度差」が許容される事務所でありたいと思っております。
尚、代表者(私)はプロダクション内では弱い方です。

以上、宜しくお願い申し上げます。

モゲマス業務日誌 活動第18週

メデメデメデ!と声高らかに謡いながら始めなければならないような気がしなくも無い今日この頃。
モゲマス業務日誌としては2週間ぶりの御無沙汰でございます。やみのま!(お疲れ様でした)

とりあえずご報告から。

業務報告

今週月曜発表の先週分のPRAは、「C.普通プロデューサー」ランクにて13000位台でした。下がり続けてます。
PRAプロダクション部門では、「c.大手プロダクション」ランクにて236位と大健闘、引き続き敢闘賞を頂いています。
発揮値はスキルが上手く乗って9万9000、10万まで後少しです。

育成方面は、まず主力のキュートではトレードで集めた R《宮本フレデリカ》さん。只今2枚目を育成中で、来週には特訓できると思います。
ここ最近でMAX特訓したのは R《西園寺琴歌》さんと、戦力的には弱いですがかわいいので仕方なかった (埼玉衣装)R《輿水幸子》です。
いや、ホント、弱いんですけどね。仕方ないですよね。かわいいんだもん。

クールでは(お花見イベント衣装)R《[お花見]水木聖來》をもう間も無くMAX特訓する予定です。
ウチの初代リーダー聖來の晴れの舞台ですから、これも仕方ないのです。
強いとか弱いとかそーゆー話ではないのです。

イベント「桜舞う花見祭り」終了

確か4月13日(金曜日)15時に終了しました。お疲れ様でした。
私の戦績はと言いますと、終了30分前の時点で「裏 桜の並木道 94」であった事から、「やりこみ要素2:裏『桜の並木道』制覇」達成のためにスタドリを飲んでしまいました。
また、その過程で「やりこみ要素1:ポイントアイテム『花びら』4000枚獲得」も達成。
花びらは完全にランダムでしたけど、団子食べなくてもギリギリ4000枚に届くぐらいのバランスだったようです。

副アカウントの方は表の「桜の並木道」こそクリアしましたが、イベント衣装は「ダンシングストリーム」1種×3コンプしか出来ませんでした。
本アカウントの方で「やりこみ要素3:プロダクションランキング500位以内入賞」が達成できない事は明らかなので、R《[お花見]水木聖來》2枚目を獲得するために衣装は「ダンシングストリーム」に絞って、半ば意地で獲得。
自分のプロフィールのコメント欄「自色以外持ってかないで」とか言ってる人が、普通にこちらの他色を持っていくのにイラッとする事もしばしば…

副アカウントも「殴られ屋」セッティングを解除して本アカウントからそこそこのRを派遣していたので、もう少し守れるかと思ったんですがね。
このイベントの直前、と言うか、「プロダクションマッチフェスティバル」の後に、副アカウントがお世話になってるプロダクションの代表さんが放置アカウントの大量解雇をしたもので、守コスト激減により全然守れませんでした。ぐぬぬ…

放置アカウントの解雇はプロダクション代表者としては当然の判断ですが、一時的な社員数減少によるボーナスポイント剥奪の影響を考えれば、勧誘して新入社員を入れるのと並行して徐々に人員整理を進めて欲しいものです。

新エリア「京都」開放

4月13日(金曜日)より、「[30]大阪D」に続く新エリアとして「京都」が追加されました。
現在までにエリア限定Nとしてパッション10コストN《及川雫》さんとキュート10コストN《関裕美》さんが確認されています。
エリア衣装は「シノビトラディション」、エリアボスである衣装レアはクールR《塩見周子》さん。特訓後はいわゆるクノイチ風の衣装のようです。

まだ受け取って無い R《塩見周子》さんはさておくとして、まずは N《及川雫》さん。
岩手出身の16歳で、家は酪農家(おいかわ牧場)のようです。一部を熱狂させてしまったのは、彼女がその若さで「1mオーバー」105cmと言う驚異の胸囲を有していた事。
しかも、趣味が「乳搾り」で、特訓前は『充分な被膜面積にも関わらず嫌が応にもバストが主張してしまう』つなぎの作業着、特訓後は『豊満なバストを生かした』牛娘(牛をモチーフにした衣装)と、あざといってレベルじゃねーぞと毒づきたくもなるキャラクターデザインだったのです。
で、結果的にPixivのR18絵師達が沸騰しちゃったみたいだね。仕方ないね。

そんな牛乳娘(ギュウニュウではなくウシチチ)の陰に隠れてしまった N《関裕美》さんですが、こちらもなかなかの逸材です。
富山出身の14歳で、伊織から「でこちゃん」の愛称を奪いかねない癖っ毛デコドル。
自分に自身を持てず、引っ込み思案で目つきの険しさをコンプレックスとしているようなのですが…。
視力の低い人が眼鏡やコンタクトレンズで矯正せずに無理に裸眼で過ごすと、目つきが悪くなりますよね。
一瞬「これはもしや、初の『特訓後に眼鏡をかける』子なのでは?」と期待を持ったのですが、あっさり裏切られました。
まぁ、それは兎も角として、特訓後の明るい笑顔もかわいく、かなりのお気に入りです。

先々週は、前回イベント「プロダクションマッチフェスティバル」終了翌日に即座にイベント「桜舞う花見祭り」のスタートとなったため、その終了後はどうなる事かと危惧していましたが、イベントではなくエリア追加と言う事で一安心。イベントラッシュはしんどいですから、

CD化記念「スロットLIVE」キャンペーン

名目上はCDリリース記念なんですが、タイミング的には単なる次期イベントまでの繋ぎに見えなくもないスロットキャンペーンです。
期間は4月17日(火曜日)15:00~4月23日(月曜日)17:59、今回は一度スロットを回した後10分以内に再度スロットを回すと、当選確率がアップするそうです。エナドリ飲んでもう一度LIVEバトルしろって事ね。

「殴られ屋」の成立により課金ガチャ誘導施策としての効果を失ってしまったスロットの「新たな課金誘導施策」として、考えたなぁと感心しましたが、具体的にどれだけアップなのかは公表されていません。
これまでスロットで得られた一番価値の高い賞品が「ベテラントレーナー」である私から見れば、「0.001%が0.002%になっても確率アップだよね。どちらにしても俺は当たらないけど」と遠い目をせざるを得ない。

あ、リーチ演出が色々追加されてて見目楽しいですよ。
俺に当たるのはせいぜい「友情ポイント200pt」ぐらいだけどな!

殴られ屋「のーがーど!」営業再開

イベント「桜舞う花見祭り」終了後に再開しています。
これまで守発揮値はコメント欄に書いていましたが、スロットキャンペーンで需要が増えると思い、ユニット名の後ろにも追記する事にしました。
リーダーによって上下しますが、なるべく5000以下にしておきます。スロット回しましょう!

あと、たまに衣装贈ってくれる人、ありがとう。
マニー贈ってくれる人もありがとう。過去にも書きましたが、獲得マニー全額くれる必要は無いのよ?

モゲマス業務日誌 活動第16週

先週の木曜日、PMF終了時に「すぐに次のイベントで誤魔化すにしても」なんて書いたら、その翌日には「桜舞う花見祭り」が始まってました。
タイミングが悪かったかなぁ。

まぁ、それはそれとして、皆さん集めてますか? 桜の花びら。
そんなもの集めてどーすんだよ、と言う気もしますが…。あっ、ちょ、きらりん、桜の幹に十六文キックはダメだってば!

業務報告

今週月曜発表の先週分のPRAは、「C.普通プロデューサー」ランクにて8900位台でした。更に下がったなぁ。
PRAプロダクション部門では、「c.大手プロダクション」ランクにて408位と微上昇、引き続き敢闘賞を頂いています。
発揮値はスキルが上手く乗って9万行くか行かないかと言うところですか。

育成方面はゆるゆると。
まずはパッション、前回イベントの報酬SR《[お転婆ひな娘]喜多見柚》はMAX特訓しましたが、特訓後のレッスンがしんどいので放置。
「きらりん」こと R《諸星きらり+》には「物理で殴る」担当として活躍して貰っていますが、先日10連ローカルオーディションで三人目となるきらりんを引いてしまったため、レッスンの末に副アカウントへ派兵しました。

続いてクール、「ほのちゃん」こと R《綾瀬穂乃香+》をMAX特訓の末に上限まで育成しました。
前々回イベントの報酬SR《[ピュアハート]綾瀬穂乃香》もMAXまで育成したけど、もう一人居ないのでここまでか。

最後にキュート、一時は育てるものがもう無いと言う状況でしたが、「それなら輿水幸子でもMAX特訓してみるか」と育て始めたら、それ以外に育成すべきキュートRが集まって来て、それどこではなくなってしまいました。
と言うわけで、今は身内トレードとTwitter上でのトレードで得た R《西園寺琴歌》さんをMAX特訓の準備中。

殴られ屋「のーがーど!」休業

本日午後から休業とさせて頂きました。
前々回の「スイーツロード」で、守りが皆無に近い「殴られ屋」のままでは衣装コンプは出来ないと思い知らされましたが、今回、どうしても《[お花見]水木聖來》さんが2枚以上欲しいと言う事で、少し無理をしてみようと思います。

目的の衣装が集まったらまた営業再開するつもりですが、イベント終了に間に合わない気がする。
本当に、奪っても奪っても奪われていくんだもの。

イベント「桜舞う花見祭り」

「プロダクションマッチフェスティバル」(PMF)が終了した翌日である、先週金曜日の15時から唐突にスタートしました。
従来だとイベントとイベントの間には1週間程度はインターバルが設けられていたわけで、イベント明け翌日のスタートはあまりにも性急。
ある程度急いで投入して来るであろう事は予想していましたが、まさかここまでとは…(^-^;;

まぁ、通常の「お仕事」が現況最終エリアの「大阪D」まで行っちゃってる人達にしてみれば、次のエリアが実装されるまでは手持ちブタさんになってしまうわけで、毎日アクセスさせる事を至上命題とするソシャゲ的には「やるしかなかったんだ!」と言うところではないかと思います。
しかし、逆に通常の「お仕事」が残ってる後発プレイヤー達にしてみれば、イベントラッシュで通常のお仕事を進める余裕が無くなってしまうわけで、先発プレイヤーを引き止めつつ後発プレイヤーを置いてきぼりにしないオペレーションのバランスが、今後の課題になるのではないでしょうか。

それはそれとして、今回のロード名は「桜の並木道」です。
私は「ブロッサムロード」と予想してたんですが、残念、外れました。

今回集めるポイントアイテムは「花びら」、他プレイヤー達と奪い合う衣装は以下の通りです。

  • エキサイトスプリング : 3コンプでイベント衣装R《[お花見]中野有香》を獲得
  • ダンシングストリーム : 3コンプでイベント衣装R《[お花見]水木聖來》を獲得
  • フリルブロッサム : 3コンプでイベント衣装R《[お花見]姫川友紀》を獲得

そして、上記3衣装×3回のフルコンプ+「桜の並木道」表100ステージクリアで、イベントクリア報酬SR《[お花見]柊志乃》を獲得できます。
ここまでが無課金(「スタミナドリンク」等の課金アイテムの消費無し)でクリアできる様に設定されているであろう基本的なゴール地点となります。

イベント衣装Rの3人はNだった子達ですね。
中野有香さんは最初(特訓前)道着で登場する18歳の空手少女。特訓前も特訓後もとてもかわいいのですが、コストの低さから、キュート陣営においては島村さんと並ぶ影の薄さでした。
聖來はウチの初期リーダーだったダンスの得意な23歳。コストの高さからレッスンパートナーとしても人気ですが、愛犬の話ばかりしてます。個人的に思い入れの強い子です。
姫川さんは痛ユニクラスタ…じゃなかった、最初(特訓前)はユニフォーム姿で登場する野球ファンの20歳。ちょっとお付き合いが薄いんで印象無いです。
クリア報酬SRの志乃さんは元はRで、クール勢にこの人有りと一目置かれる「飲んだくれ」31歳。モゲマスにおいて「飲んだくれ」と言えば現時点ではこの人の事、この人しか居ません。派手な技能を持たないために市場評価は低いものの、守りが堅いので微課金者(主に俺)に人気です。あと、性的。

一方、課金アイテムの消費を必要とするであろう「やりこみ要素」は以下の様になっています。

  • 「ポイントアイテム『花びら』4000枚獲得」イベント衣装R《[お花見]中野有香》を獲得
  • 「裏『桜の並木道』制覇」イベント衣装R《[お花見]姫川友紀》を獲得
  • 「プロダクションランキング500位以内入賞」イベント衣装R《[お花見]水木聖來》を獲得

衣装3コンプでやっと限定Rを1枚だけ得られて、「やりこみ要素」で2枚目が得られる(特訓できる)と言う仕様や、表100階・裏100階と言う仕様は前回に引き続きです。
まぁ、無課金者をきちんと参加させつつ重課金者にも「課金アイテムを使わせてあげる」必要があるので、この「やりこみ要素で2枚目ゲット」構成は現時点の最適解なんでしょうけど、微課金者的には「ぐぬぬ…」と思うところもないではありませんね。
尚、これまでロードイベントを繰り返す毎にハードルが高くなっている事を考えると、まぁ、今後も低くなる事は無いよね。

前回までとは異なる部分もあります。
まず、前回の「バレンタインパーティー」(スイーツロード)では途中でちょっと配って後から大々的に売り出したポイントアイテム取得数増加アイテム【3倍チョコレート】ですが、今回は【2倍花見団子】としてイベント開始前から大々的に宣伝されていたりします。あぁもう、こいつらの開き直りっぷりと言ったら…

登場するイベント限定Nはクール属性の《[お花見]相川千夏》とパッション属性の《[お花見]大槻唯》の2種類だけで、二人とも特訓前はお花見を楽しむカジュアルなファッション、特訓後はこの二人でユニットを組んだと言う設定の「桜をモチーフとしたペア衣装」となります。
二人のアルバムコメントやマイスタジオコメントも、自分とプロデューサーの間の関係だけでなく、ペアを組むお互いの存在に言及したものが用意されており、キャラクター描写について「新たな路線」へ展開し始めたんだな、と。

尚、唯については千夏だけでなく《諸星きらり》に言及した台詞もありますし、イベント衣装R《[お花見]水木聖來》も《[聖なる乙女]望月聖》と交流がある事を示す台詞がありました。
同人界隈で活動されている方や同人誌ファンは、キャラクターとプレイヤーである自分とのコミュニケーションよりも、むしろこの様な「キャラ同士の絡み」を見たがっている傾向がありまして、この展開に一気に熱が上がってしまった人達をチラホラ見かけます。
思えば、初期のアイマス(SP以前、アケマスおよび箱マス無印)作中ではキャラクター同士の絡みは描かれておらず、CD等の周辺コンテンツや同人界隈がその辺りの描写を担っていたわけで以下略。

コンプガチャ「制服コレクション」

そのタイトルと言い、コンプ特典で水濡れセーラー服と言うあざとさと言い、特訓したらみんな制服を脱いじゃうところと言い、「まるでAV」と専らの評判です。
やっちゃったと言うか何と言うか、鼻息を荒くしている人が居る一方で、その方向性に背を向ける人も居た模様。
まぁ、コンプガチャは避けて通る俺には関係無い話ですが、

尚、このコンプシートの5人も、台詞中に前述の「キャラ同士の絡み」と言うか、横の繋がりの描写があるらしいです。

その他細々

ここ最近、細々と仕様変更が繰り返されているようです。
先週実装された「保護機能」は全プレイヤー待望と言ってもいいぐらいだし、先日からは、「LIVEバトル」を挑む際に相手の守コストはその時点の実行値ではなく上限が表示されるようになったり、「LIVEバトル」のFlashから相手の守発揮が読み取れなくなったりと、挑まれた側を極端に不利にしていた仕様が若干改められています。
また、スマートフォン版だとアンカーエリア(リンク部分のクリックできる領域)に何度目かの改善が施され、全体の操作性は着実によくなっています。
こーゆー丁寧なお仕事が、収益に繋がるといいね。

音無プロダクションよりお知らせ

放置アカウントの解雇やPLvアップによる所属枠自体の拡大もあって、現在若干名の新規所属者を募集しております。
弊社は、コンプガチャ更新の度に目の色を変えて回す重課金者も居れば、ほぼ無課金のプレイヤーも居る、概ね「まったり系」のプロダクションです。
唯一のルールとして「2週間放置で解雇」とさせて頂いておりますが、それ以外に特にノルマ等はございません。

現在のイベント「桜舞う花見祭り」においても、さっさとドリンク飲みまくってエンドレス入りしてしまった方も居れば、今尚「桜の並木道 1」に鎮座しておられる「仕方なく付き合ってるけど表さえクリアする気が無い」雰囲気を漂わせている方も居ます。
その程度に「温度差」を許容している事務所ですので、例えば無課金の方であれば、無課金である事を威張らない、無課金である事を言い訳にしない、重課金者からプレッシャーを受けても華麗にスルーできる、と言う方を歓迎します。

弊社は現在「c.大手プロダクション」ランクで、所属定員33名、3種類の施設は全て完備しております。
PRA上での成績・評価は過去のエントリを御確認下さい。

尚、応募者複数の場合は、Lvや週間獲得ファン数等を比較して選考させて頂く場合がございます。御了承下さい。

モゲマス業務日誌 活動第15週

PMF、無事に(?)終了しました。お疲れ様でした。
そこかしこでスケジュール設定やルール、報酬、イベント運営そのものに対する不平不満の声が漏れており、すぐに次のイベントで誤魔化すにしても、プレイヤーの平均的ロイヤリティ(忠誠心)は確実に押し下げたものと思われます。
まぁ、明日辺りにでも新たなコンプガチャのひとつもぶっこめば…げふんげふん。

業務報告

今週月曜発表の先週分のPRAは、「C.普通プロデューサー」ランクにて6900位台でした。まぁ、定位置と言えば定位置か。貞一クンではない。
PRAプロダクション部門では、「c.大手プロダクション」ランクにて466位、敢闘賞は101~500位ですから、かなりギリギリの入賞だったと言えます。ぐぬぬ…

現在のLvは71、スキルが上手く乗れば発揮値8万9000ぐらい出る事もあります。
お仕事は先週、現時点で実装されている最終エリアである「大阪D」に至りました。
衣装4つ揃ったら残り2色を狩り始めようと思ってたら、ここって自力では3色しか獲得できないのな。
ちゅーこって、今、大阪衣装を集め中です。3コンプが済むまでの間、自力獲得できない緑・赤・紫には「鍵付きクローゼット」を仕掛ける場合があります。悪しからず御了承下さい。(と言うか、ぶっちゃけ緑と紫には複数重ねで掛けていますが、)
今日、赤衣装を奪うべくパッションのプレイヤーに挑んで、鍵クロで二回追い返された挙句に三度目に負けたのがこちらのアカウントになります。orz

尚、私はプレイヤー同士の談合を殊更否定する立場ではありませんので、「おまえーっ! 人間がなーっ! 紫衣装をなーっ!」とか絡まれたとしても、別に代わりの色(と言うか主に黄衣装)を差し上げるのにやぶさかではないのよ?

イベント「プロダクションマッチフェスティバル」終了

長い…長い戦いだった。
今思い返しても、徒労感だけが残ったなぁ、と。

こちらでは開幕初日、仕切り直し一日目、二日目にはエントリを立てて取り上げたのに、三日目以降スルーだったので「あれ?」と思った方もおられるかも知れませんが、そうです。お察しの通り、心が折れて気持ちが離れ、毎日戦況の中間報告をする気にはならなくなったのです。
敢えてこの上無く端的に表現するなら、「飽きた」とも言う。

尚、弊社は安定的に「6位」でありました。
二日目に6位になって、その後ずっと6位を保ってた気がする。
弊社は昨夜の第14戦終了時点でグループ6位が確定しておりまして、本日の最終戦は完全に消化試合でした。
1位と2位の間、3位から5位の間が勝ち点差3点以内と逆転圏内になっておりましたので、5位までのプロダクションの皆さんは最後まで必死の戦いを繰り広げたんじゃないかと思いますが、まぁ、蚊帳の外ですわな。

いやはや、事前に分かっていた通りですが、「どんだけエナドリ飲めるか?」と言う戦いでしたね。
せめて防衛成功(挑まれて勝利)でも少しぐらいポイントつけてくれればなぁ。

次期イベント「桜舞う花見祭り」

と言うわけで、次期イベントの予告が始まりました。
そうですね。関東は4月上旬がお花見です。うん、お花見行きたいです。
「星振るクリスマス」(クリスマスロード)、「アイドルおもちつき大会」(ニューイヤーロード)、「バレンタインパーティー」(スイーツロード)のようなロードタイプのイベントになるのでしょうか?
既に「限定アイテム2倍花見団子」等と言う恐ろしいキーワードも飛び出し、もはや運営も開き直った感が…

まぁ、ほろ酔いの《[お花見]トレーナー》さんさえ出てくれば、何でもいいですけれど。

新コンテンツ「シンデレラガールズ劇場」

昨日の28日(水曜日)より、4コマ漫画「シンデレラガールズ劇場」が始まりました。
不定期更新との事ですが、二日目の今のところは日替りです。
DAU向上施策と言う事なのかなぁ?

モゲマスにふさわしく「ほどよく面白くない」作品に仕上がっており、惰性的に目が離せないコンテンツとなるであろう事は間違いありません。

その他諸々

んー、この一週間の動きについてはまだ幾つか書きたい事が…。
週末にでも時間作って書き足そうかな?