ストーリープロデュース「三浦あずさ」第44週まで

ストーリープロデュース「三浦あずさ」、第39週から第44週まで。

39週目、黒井社長の招待に応じてライバルオーディション。
記者ブースト掛かってカンスト状態なので、もはや怖いものなど無い。
オーディション前にまた美希がもめている様だ。
「あずさだけには負けたくないの!」
『サン』を付けろデコスケが。
チーター子安の力が無きゃ何一つ勝ててない小娘が生意気言ってんじゃねぇ。

第一審査2位3位4位、第二審査3位4位2位、第三審査3位2位3位で、計25点。
終わってみると、オーディション前の対立姿勢が嘘の様な明るい反応。
何だか微妙な褒め方をする。女って分かんないなぁ…。

帰路、再び美希に遭遇。どう見ても正真正銘の待ち伏せだ。
「さっきから美希で遊んでるでしょ?」
勿論!遊びでもなきゃ付き合ってられるか。

40週目、まずは「CM撮影(出演)」コミュ。
話の流れにより遠慮無くタッチさせていただく。なんというイチャラブ。
午後は無難にポーズレッスン。
ここで記者ブースト終了、どーでもいいけど、

41週目、またまた黒井社長の招待に応じてライバルオーディション。
第一審査2位2位2位、第二審査3位3位4位、第三審査3位3位4位で、計26点。
これにて無事にノルマのファン数を達成。

IU予選(ランクアップ)の条件を満たすには、これほど都合の良い存在は無い。

42週目、朝は「アラスカアンカレッジ」YOKKOさんと衣装合わせの約束。
その後、「ある日の風景7」コミュ。ま、ままま、マッサージですと?
なんという誘惑。これはイチャイチャせざるを得ない。
自重しろ、俺。

43週目、あずささんのボイスレッスンのリクエストは断る。
「Rank.B」でボイスレッスンのパーフェクトは俺には無理です。ごめんなさい。
とりあえず、「TV出演」コミュ。
俺のあずさに手を出すなと小一時間説教したい、なんて思ってたら…
「自分の言葉には責任を持ってくださいね」
…噛んでたガム噴いた。

午後はポーズレッスンをして、Da値のカンストを確認。
更に帰路にさっきの件でメールで念押しされた。ニヤニヤが止まらない!

44週目、ついに最終予選となるIU五次予選。
大事なオーディションの前に晩ご飯の話をして和んでみる。それが俺のジャスティス。
身を引くような発言なんて、「この俺が試されている」と言う感じしかしないぜ。
望むところだ。

第一審査2位1位2位、第二審査1位4位3位、第三審査3位4位1位で、計26点。
それはそれとして、オーディション前後の方が盛り上がってる様な…。
あずささんは大人な割り切り方をするが、俺には納得出来ない。
そこまで大人には振舞えないよ。

で、ダメ押しで美希をダシに使う。(^^;
最終的にあずささんかわいすぎてヤヴァイんだが、

ストーリープロデュース「三浦あずさ」第38週まで

ストーリープロデュース「三浦あずさ」、第33週から第38週まで。

33週目、メールブーストが発動したので特別オーディション「VisualMaster」へ。
第一審査で適当にダブルアピールしていたが、審査員のゲージの減りが鈍く帰りそうに無かったので、その後の第二審査、第三審査は全てトリプルアピールとし、第三審査第九節に駄目押しのボム。
第一審査2位5位1位、第二審査2位3位1位、第三審査1位3位1位、計25点で合格した。
記者ブースト切れで「Lv.16」→「Lv.13」。
これにてIU予選出場のノルマは達成。

34週目、流行変動により「Lv.13」→「Lv.14」。
あずささんはオーディションに出たいと言うが、コミュを消化したいので拒否。
「ミーティング」コミュの後、「スタジオナムコット」YURICAさんと衣装合わせ。

35週目、ポーズレッスンの後、「ビデオ撮影」コミュ。
なんで声を掛ける時点からタッチコミュなんだよ!
誘惑に駆られなくも無かったが、あまりにも唐突なので自重。

36週目、あずささんの御要望により丸一日ポーズレッスンとし、「Lv.14」→「Lv.16」。
Daはそろそろカンストじゃないかと言う感じ。

37週目、満を持してIU四次予選に挑戦する。
同時に楽曲変更も行い、4tn Single「Colorful Days」とした。
例によってオーディション前に美希が絡んでくるが、あずささんはと言えば、
「私にはプロデューサーさんがそばに居てくれますけど、美希ちゃんには…」
と、美希本人を前にして余裕の上から目線な発言。
美希も流石にそれにはカチンと来たのか、踏み込んだ発言であずささんに俺を意識するよう仕向ける。
…思惑通り(ニヤリ)

オーディションはボム無しでも満点余裕だろうと思ったが、第三審査中盤でボム外しにより流行一位を帰されてしまった。
第一審査2位1位、第二審査1位2位、第三審査1位1位、15点で合格。

自分が御邪魔虫だとも気付かずに、あずささんをジャマ呼ばわりする美希が物悲しくも滑稽だ。
「美希の前でラブラブしないでってば!」
はっはっはっ、そこまで分かってて何故自分の方が邪魔者だと認めない!
「美希のことはどうでもいいんでしょ?」
うん!(きっぱり)

記者ブースト発動により全てのパラメータがほぼカンスト状態。
その帰り、どう読んでもデートのお誘いにしか見えないメールが来た。喜んで!

38週目、「Rank.B」初週ながら、スーパー子安タイムの予感で早く目覚めてしまい、ふらふらとテレビ局へ。
まぁ、それはそれとして、「ランクアップ」コミュで部屋に呼ばれた。
で、…遠回しに告白された気がする。俺もそろそろ結婚を考えていい歳だよな…。
午後は表現力レッスンをと考えていたが、軒並み閉まってて歌詞レッスンになった。
Voもそろそろカンストしそうだ。

ストーリープロデュース「三浦あずさ」第32週まで

ストーリープロデュース「三浦あずさ」、第29週から第32週まで。
(今日はちょっと忙しいので減速進行)

29週目、記者ブーストが継続しててレベル高めなので黒井社長の招待に応じてみる。
舞台袖での声掛けで「一心同体」を選んだら、「ついにその時が」と返されて噴いた。
舞台袖で何やらかすつもりですか! 俺はむしろ望むところですが、

流行一位から順に3.5発、3発、2.5発のペースで打ち、ボムは封印。
第一審査3位2位3位、第二審査2位3位3位、第三審査4位2位3位の計25点で2位通過。
過去のプレイでのライバルオーディションに比べれば、全然余裕ですね。
と思ったら、美希は「今日は結構厳しかったのに」なんて言ってる。
あずささんは大人なので「なんとか合格したわよ」と謙遜するが、余裕でしたよね?
記者ブーストが切れて「Lv.16」→「Lv.12」。

30週目、あずささんがオーディションに出たいと言うので、特別オーディション「DANCE MASTER」に挑戦。
ちゃんとパラメータを合わせてジェノらせるつもりは無かったが、Da審査員を帰されてしまった。
第一審査1位3位、第二審査4位3位、第三審査2位3位の計12点で合格。
また記者ブーストがついて「Lv.12」→「Lv.16」。

31週目、子安と、もとい、黒井社長と美希が朝っぱらから弊社前で茶番劇。
わざわざ品川まで御苦労さん、子安、もとい、黒井社長ノリノリだな。
「レコーディング(CD)」コミュの後、「アラアラマイッチング」HUKUKOさんと衣装合わせ。

32週目、あずささんの御要望により昼まで歌詞レッスンとした。
午後に「スタジオMETRO」MITSUKOさんと衣装合わせで、やっと「ダッコかっぱ」ゲット。
レアじゃないアイテムもまだまだ揃ってないんだよなぁ…。

今井麻美のSinger Song Gamer 第24回

今井麻美のSinger Song Gamer
【第24回】今井麻美のSSG:アイドルたちの舞台裏
http://www.famitsu.com/blog/asami_ssg/1227503_1944.html

三瓶由布子さんをゲストにディアリースターズを紹介する回。
(先週配信分と異なりブンケイP・梶岡D抜きで)
と言うか、正確には三瓶さんが涼クンを語る回。
例によって印象的な部分のみ抜粋。

三瓶さん曰く「(涼クンの)モノローグがいつもピンチ」

千早と涼クンは同い年だと言う話で、
ミンゴス「自分でも時々忘れるんだけど、ああ見えて15歳」

モノローグとアイドルの時の声の切り替えは難しくなかったか?と言う問いに、
「男の子役が多いので、どちらかと言うと楽なのはモノローグの方なんですね」
「アイドルは大変でした!」
「男の子の涼ちゃんが居て、その涼ちゃんが演じるアイドルの涼を演じる私、みたいな」
「モノローグの方は、どっちかと言うと『素の涼』と言うか『普段の涼ちゃん』に近い方と言う事で、一歩自分の方へ寄って来てくれるんですけど、例えば『社長さんとか同期の愛ちゃんとか絵里ちゃんに見せてる涼』と、お客さんの前って、またたぶん違うなって思ったんですよ。」

三瓶さん
→三瓶さんが演じる男の子「涼」クン
→男の子「涼」クンが演じる女の子「涼」ちゃん(男の娘)
→男の子「涼」クンが演じる女の子「涼」ちゃん(男の娘)が仕事として装うアイドル「涼」
と、ひとつの役柄に階層構造の3バリエーションが存在すると言う話。
確かに演じる側はややこしそうだ。

「セリフ量も凄かったっしょ?」
「DSって聞いてたんで、そんなにでも無いかなって思ったんですけど、それが間違いでした」

ディアステでは「DSなのに」発言もあり、DSの容量は小さい、と言う一般ゲーマー的認識はある様子。
オーディオスペック相応でビットレートも下げれるのだろうが、圧縮技術も進歩しているのだろう。

既存曲(DS収録の6曲)の中で何が好き?何処が難しかった?と言う話等もあり、
DS上での涼の「キラメキラリ」を見て大喜びするミンゴス。

勿論(?)ミンゴスから三瓶さんへのセクハラ発言もあるよ!