ストーリープロデュース「高槻やよい」第27週まで

ストーリープロデュース「高槻やよい」、第21週から第27週まで。

引き続きレッスン強化週間であるところの21週目。
不得意なものは回避し、ポーズレッスンとボイスレッスンを重ねる。

22週目、そろそろIU予選出場条件を満たそうと思い、
欲を出して70000人獲得のオーディション「IDOL VISION」(ver4)に出場した。
が、ウチのやよいが未だ「Rank.D」なのに対し、他の参加者5人中4人が「Rank.B」。
そして、最後の一人が「魔王エンジェル」(Rank.S/Lv.16)!ぎゃぼー!
しかし、諦めずボムも使って食い下がる事で、23点と言う微妙得点で合格。
内訳としては第一審査4位3位2位、第二審査3位3位1位、第三審査3位4位1位で、
流行上2ジャンルでギリギリの戦いを強いられた。貴重な一勝だ。
尚、これでIU予選出場条件はクリア。

23週目、朝一でやよいからオーディションに出たいと言われる。
このままIU予選、と言うのも考えないでもなかったが、
営業も行っておきたいしパラメータもまだまだ十分とは言えないので、
ここはランクを進めず、特別オーディション「歌姫楽園」に挑戦させる事にした。
が、これまた大波乱。他の参加者がLv的に格上なのはいつもの事だが、
どーゆー分けか全員揃って第二審査からボム外しを連発し、
あっと言う間に審査員を二人帰されてしまった。
最終得点は4点が4人並び、-1点と-6点と言う全体的低調。
かろうじて同点で勝てたとは言え、これはちょっと情けないなぁ…。
10→8

24週目、先週のオーディション後に「Lv.10」→「Lv.8」へ落ちたのが、
流行変動で今度は「Lv.8」→「Lv.9」となる。兎も角、まだ足りない。
歌詞レッスン後、「AQUAスタジオ」TONGARIさんと衣装合わせ。

25週目、営業で「一日警察署長」を勤めた後、
そろそろのIU予選第三戦に備えて「月刊NONJA」小林さんの取材を受ける。

26週目、前回で記者ブースト付いて「Lv.10」としたところを、
丸一日のポーズレッスンで「Lv.11」まで上げる。
よし、IUだ。

27週目、「今週こそIU予選」と思っていたタイミングで、
やよいから「今日すっごくオーディションに出てみたくって」とリクエスト。
「うん、今日すっごくオーディションに出てほしくって」と返してIU予選へ送り出す。

その前に、楽曲変更。3rdはDa曲「キラメキラリ」で行こう。
流行がVo>Da>Viなのに対して曲補正でDaに偏ってしまったので、
衣装はアクセサリ込みの「ポップサウンドブロッサム」で揃えてVoを補う。

で、会場で例によって響に絡まれるわけだが、…「海葡萄」ってww
完全に酒のつまみじゃねーか。そんなものオヤツ感覚で差し入れすんな。
ってか、響ってやよいをダシにして来てるだけで、本当は俺に気があるんじゃね?
海葡萄がその証拠、と言う事で…。

尚、結果は25点で合格し、「Lv.11」→「Lv.13」となった。
パラメータの補正値部分の変動が激しいせいか、Lv変動も大きい。

THE IDOLM@STER STATION!!! 第5回

最初のフツオタがSP新曲「キミはメロディ」の感想だったために、
ぬーぬー「俺がガンダムだ」発言。(言いたかっただけ)
例によってはらみーだけおいてけぼり。

アニメロサマーライブ2009の話題にて、ミンゴス命名「キラメキラリ・ダイエット」。
振り付けの運動量が凄いらしい。見たかったなぁ。

歌姫楽園NEW BE@T

千早、響による「夢色チェイサー」。
これは熱い!

ステップアップ!!!ルーキーズ

今回のお題はそれぞれの視点でのアニサマのレポートを「絵日記風で」。
(ぬーぬー&はらみーはヴァイスシュバルツのPRイベントのミニステージで参加)

はらみーはやっぱりナチュラルに食いしん坊キャラで〆る。
「そこはやっぱり変態っぽさを出したくて」…これはひどい。

ぬーぬーは「雪歩の物真似をするはらみー」がヨダレものだったそうで、
はらみー「みんなヨダレだらけですねぇ」…どーゆー纏めだ。

はらみー、ミンゴスに対し曰く「自由人だったんですね」
ニコ動の反応「お前が言うなwww」

新今週のおまけ

差し入れのドーナツでお約束のショット。
撮影はぬーぬー&はらみー

THE iDOLM@STER STATION!!!

ストーリープロデュース「高槻やよい」第20週まで

ストーリープロデュース「高槻やよい」、第16週から第20週まで。

先週記者ブーストをかけたので、現在「Lv.7」。更に流行変動で「Lv.8」に上がった。
楽曲変更を兼ねて、特別オーディション「TOP×TOP!」へ挑む。
ランク上の参加者も混ざっていたが、ボムを使えばどうと言う事は無い。
が、オーディション終了後にパラメータ変動により「Lv.7」にダウン。

と言うわけで、改めてレッスン漬けの日々に戻る。
17週目は歌詞レッスンとポーズレッスン。
レッスン後に「Lv.8」に上がり、記者が帰って「Lv.6」まで戻る。

翌週は丸々ポーズレッスン。
朝の段階で流行変動により「Lv.6」から「Lv.7」へ。レッスン後に「Lv.8」へ。

19週目、やよいからボイスレッスンの要望があり、安請け合いしたのが大失敗。
もともとボイスレッスンは不得意だったのだ。やめときゃ良かった。
二回ともパーフェクトを取れずに約束未達成となる。
そして…

20週目、テンションがほぼ青。ぎゃー!
ピンク9割で安定していたのが、黄色通り越して一気に青って!
どうしたものかと眩暈がしそうになりながら挨拶を終えると、今度はオーディションが受けたいと言う。
レッスン強化期間が終わってないのでLv低いし、記者ブースト無しのオーディションはまだ避けたいのだが、ここで拒否して更にテンション落とされるのは困る。
止む無くやよいの要望を飲み、特別オーディション「カラフルメモリーズ」へと送り出した。
ジェノサイド前提のこのオーディションなら勝ち目はある、…はず。

参加者6人中3人までがRankもLvも上。
Rank.A/Lv.13の子まで居て、思わず凍りついた。やっぱりジェノサイドしかない。
第一審査全てと第二審査の終盤までをトリプルアピールして、流行一位のDa審査員の興味を削り、その後はVoとVaのダブルアピールで流行二位・三位を確実に押さえる。
狙い通り第三審査前半でDa審査員が帰ってくれたので、15点で通過出来た。
声掛け全部当てたのも相まって、テンション完全回復。助かった。

が、このペースだと、やよいは兎も角、9人目のあずささんが終わらないな。
今週末は土日もストーリープロデュースに充てよう。

ストーリープロデュース「高槻やよい」第15週まで

ストーリープロデュース「高槻やよい」、第13週から第15週まで。

先週ランクアップしたので、とりあえず「ランクアップ」コミュ。
でもって、ASATSUスタジオのmyumyuさんとお約束。
「翡翠の腕輪」入手。あれ? これってレアじゃね? ラッキー♪

さて、「Rank.D」に上がった事だし、これまで先送りにしてきたレッスンに専念しなきゃ。
歌詞レッスンはパーフェクト、表現力レッスンはギリギリでノーマル。
うぅ、思う様に拾えない。

と、ここで15週目。
当初「楽曲変更」を予定していたタイミングだが、レッスンを先送りにして来たために、未だ「Lv.5」。このままオーディションに臨んでも勝てる気がしない。
今日のところは週刊コミック誌の取材を受け、来週オーディションで楽曲変更しよう。
媒体名が「週間」になってるのが気になる緒方智則さんの取材を受けた後(→Lv.7)、ポーズレッスン。

一旦ストーリープロデュースを抜けて、事務所モードで次の楽曲を検討する。
流れとしてはVo曲を入れたいところだが、「まっすぐ」や「思い出をありがとう」の様なクライマックス感のある曲は2ndには相応しくない。Voで似合う曲を探し、「魔法をかけて!」に決定。
で、試しに一度予習してみようと思ったら、「魔王エンジェル」が出て来て俺涙目。

ディアリーステーション 第4回

見所は何と言ってもスペシャルゲスト中村先生の大暴れ。
リアルどんがらがっしゃん未遂他、一瞬たりとも目を離せない。

中村「すごい楽しいね!」
三瓶「うん、中村さんのテンションが高くてすごい面白いです」

ディアリーステーション第4回
http://www.nicovideo.jp/watch/1251641649
http://www.nicovideo.jp/watch/1251642008
http://www.nicovideo.jp/watch/1251642217