ラジオdeアイマSTAR☆ 活動2週目

活動1週目を聞く限り、まともに進行出来るのかどうかすら怪しい本番組ですが…。
そう言えば略称はどうなる?

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/details.php?id=imas_star

活動2週目『いきなりマイナスって、ありですか?』

オープニングは三人のユニット名について。
春香と美希の案を集約したやよい案は「どどーん!ハニーマロン」。

長谷川「じゃあ、繪里子さんだけで、御願いします」
中村「ユニットでしょ?!」

長谷川「面白いかなぁって」
仁後「ねぇ、うちら面白くなりたいの? アッキー!」
長谷川「え?…あぁ、そうですねぇ」(しどろもどろ)

コミュニMail☆

フツオタコーナー、番組開始前の予想としてリスナーが挙げた
「ボケるえりりん、つっこむアッキー、それをホクホクしながら眺めてる仁後さん」
に対して…

仁後「ねぇ、ホクホクしてて、見てていいんだ?」
中村「すごいあぐらかきだしたね。このひと!」
仁後「繪里ちゃんボケて!」
長谷川「すげー!『繪里ちゃんボケて』って!すげーの来たー!」
中村「えーっと、えーっと…」

この後、大惨事。
中村先生、「ショッパイ思いした…」と半泣きで「-5点」を宣言。
このシステムは前途多難だ。

定番と言う事で、略称および挨拶ネタのお便りが多数寄せられている模様。
中村「みんな挨拶考えるの好きだね」
仁後「挨拶にみんな命賭かってるのかな?」
中村「たぶんだけど、これは前回の放送前に送ってるから、全く分かってなかったんだよ。コーナー何やるかとか」

なるほど、みんな慣れてるなぁ。

仁後「小腹が空きM@STER」

お菓子を食べ始める仁後さん、長谷川さんがお便りを読み終えたところで、

仁後「音の鳴らないお菓子とかは無いのかなぁ?」
長谷川「あ、はい、すいません。音の鳴らないもの探しましょう」

長谷川さんが面倒を見なきゃいけない子が増えました。
更に、中村先生がお菓子を開封する際に周囲に飛び散らせてしまい…

仁後「私、見れて良かった! 繪里ちゃんはね。普通のコンビニとかで売ってるお菓子開ける時は全部飛ばすんだよね」
長谷川「クッキーがですねぇ。こっちに飛んできM@STER」

それ、気に入ったのか。

長谷川「ぽりぽりぽりぽり、食べてんなぁ!もう!」「何言ってるか分かんないから!」「二人ともモグモグし過ぎですよぉ」

これはひどい。二人ともフリーダム過ぎて、アッキーが不憫。

長谷川「助けてくださ~い!」

それ、今日もう三度聞いた。

ま!スター☆オーディション

仁後「なんか真耶ね。小腹が埋まったから頑張るね」

リスナーから寄せられたゲームは「アイドルクッキング対決」。
くじを引いて料理名を決定し、一人が作り方を説明、残りの二人が料理名を当てると言うもの。
つまり、アレです。『牛、牛を使う』ですね。
(参考:とかち組@ネ実「おいしいビーフストロガノフの作り方」
「ラジましょ時代とは一味違う仁後さんを拝聴したいと思い、リクエスト致しました」
こいつ確信犯(故意犯)だー!

先手は中村先生、かなり分かり易い説明だと思いま…あれ? 途中から迷走してる。
仁後「ねぇ、繪里ちゃん。真耶とさ、あんまり変わんなくない?コレ」
仁後さんが見事に正解。

次はアッキー、くじ引いた時点で「えー?どうやって作るんだコレ!」と狼狽。
なんか不思議な擬音が多くて困惑。そして最後に、「あ、美味しいです!」
…それ中村先生と同じ。
仁後「これ絶対真耶より酷いって、アッキー!」
中村さんが正解。

最後は仁後さん。
中村「基本ね。擬音が多いの」
仁後「それは擬音を使えって事かい?」
中村「使うなって事!」

と言うわけで、期待の仁後さんのターン!

「たぶんなんだけど、缶詰とかを使うかも」
「どの?」
「たぶんねぇ、お豆にバターを入れて、小麦粉を入れて、ちょちょちょちょって火にかけて、牛乳を入れて、また混ぜて、トロトロにして、ホワイトソース作るんじゃないかな?」
「どっち?」
「なんか食べた感じがそんな感じなんだけど、違うかな? あ、でもねぇ。ホワイトソースの作り方教えてもらったからちょっと言ってみたかったの」
「それは…必要なのかな?」
「あ、きっと使う!」
「OK?」
「あ、こーゆーやつ!チョキチョキ、チョキチョキ、これの缶詰を使うの」
「って言うか基本出たー!」
「これを、くるくるくるってしてから、ポンって油で揚げて、シュワッてなって、パクッてして、美味しいんだよ?」(超高速)
「………はぁ?」

正解は「カニクリームコロッケ」。
二人とも当てはしたものの…「なんか癪だなぁ」

中村「それ普通に『カニをさばきます』とかから始めちゃダメだったの?」
仁後「あ、カニって言ってもいいの?」
中村・長谷川「材料だからいいんじゃないかな?」(完全シンクロ)

中村「ビーフストロガノフの時『牛』って言ったじゃん!」
仁後「うん、でも『ビーフ』とは言って無いじゃん!」

当てた方も当てられた方も1ポイントずつ入るため、中村先生が3点で勝利。

社長「この先が思いやられるな」

同感です。
組み合わせの妙により、カオス過ぎる。

次回は花澤香菜さんゲスト回ですよ!
…えーっと、心配です。ゲストが散々な目に遭わないかと、

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.