デレ4th SSA

当日はSSA現地でチケ乞いしてます。
(前日も昼過ぎからしてましたけど、収穫無し)

予定外にチケットが余ってしまった方、
急にチケットが増えてしまいお困りの方、
是非お気軽にお声掛けください。

なんでもしますから!

ディレ1、お疲れ様でした&ありがとうございました

出先なので、一言だけ。

石原章弘総合ディレクター、本当にありがとうございました。
きっとまた別の場所で、別のコンテンツの裏側で活躍される事と思います。
そのような形でまたお名前を見つける日を楽しみにしています。

  • アイドルマスター公式ブログ : 「アイドルマスター」を応援していただいている皆様へ
    ディレ1という名前で、10年間、「アイドルマスター」の総合ディレクターを勤めさせて頂いておりました石原です。
    突然のご報告となりますが、石原は2016年1月31日をもちまして、株式会社バンダイナムコエンターテインメントを離れさせて頂きました。…

近況報告と(いつもの)チケット乞い

御無沙汰しております。
昨今は公私共に忙しかったり、風邪をひいて寝込んだりで、不本意ながら色々と更新が滞っております。
稀に頂く御叱りは甘んじて受け止めたい。

近況パート:

昨今のオタカツとしましては、
1月スタートの新アニメ(深夜枠)をちびちびと消化していたり、
ガルパン劇場版の立川極上爆音上映に痺れたり、
デレステでひたすらシャンシャンしたり、
よにこも聞いたりしてます。

新アニメは、例によって本数が多過ぎてようチェックしきらんですわ。
第一話を見た限りでは悪く無い作品であっても、それら全部を見続ける時間は無いので切らざるを得ない。勿体無い。
現状で最新話を1週以内に追えているのは「紅殻のパンドラ」「だがしかし」「GATE」「おそ松さん」「デュラララ!!×2 結」ぐらいかな。
「ブブキブランキ」「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」「無彩限のファントム・ワールド」あたりは時間を作って追い付きたいと思っています。
まだ一話を見終えて無いモノもちらほら…

ガルパン劇場版は、昨年11月の封切時には「一週間だけの劇場公開」と告知されていたので、見逃さないよう急いで新宿バルト9へ見に行きましたが、その後次々と上映館が増えて、上映期間も延長されたのは御存じの通り。
初回試聴は焦って近場で済ませたものの、「これこそ爆音上映で見るべき作品だよな」と悶々としながら年の瀬を迎え、年が明けてからようやく立川シネマシティの極上爆音上映を見に行く事が出来ました次第。

尚、立川シネマシティの極上爆音上映は3月までの上映が決まり、2月からは全国30館の4DXシアターでの上映も発表されています。
爆音上映や4DXは同じ作品を別物のように楽しめるため、二度三度と見る口実として強いですね。
実際、爆音上映はとても良かった。何がどう良かったかを書くとまた行きたくなるので書きませんが、4DXも(子供騙しな演出では無い)価値のあるものだといいなぁ。

デレステは相変わらずです。ちょっとした空き時間を全部持ってかれています。
恥ずかしながら、モゲマス・グリマス(デレマス・ミリマス)は放置状態になってしまいました。
リズムゲームはあまり得意な方では無いですが、繰り返す内に少しずつ上達して行く事に達成感を感じています。
(vitaマストソングスも買ったけど、ボタンのストロークの深さが辛い。タッチパネルで遊びたかった。)

アプリ自体も、幾度もアップデートを重ねて改善が進んでおり、最初期のものとは比べものにならないぐらい早く起動しますし、メモリの小さい端末でもラグを起こし難くなっています。
どんどん遊び易くなるのは嬉しいですね。

目先の話としては、CINDERELLA MASTER第9弾で新たに声の付く子達が楽しみで仕方ない。
そして、その先にいずれ来る第10弾に期待している、俺の脳内では既に声が付いてしまっている子達も…。

でもって、最後に「よにこも」。
シンデレラガールズで「橘ありす」役を演じている佐藤亜美菜さんがパーソナリティを務めているラジオ番組です。
2011年から「ラジオ日本」(AM1422kHz)で放送されている「佐藤亜美菜さんの冠番組」で、私の記憶が正しければ、2014年12月の「橘ありす」キャスト発表以降ずっと、佐藤亜美菜ファンのP達がTwitter等で根気強く布教活動を展開していました。
私もその布教活動に影響を受け、昨年(2015年)の夏からぼちぼち「Podcastバージョン」として公開されているものを聞き始めたのですが、シンデレラガールズ3rdライブを前にリアルタイム聴取して、ド嵌り。

これがすごく面白い。
「百文は一聴に如かず」なのであまり語りませんが、「何でもアリの斬新な番組」と評する人がいるかと思えば、「古き良き深夜ラジオの系譜を感じる」と評する人もいます。新しくて古いラジオ…、わかるわ。
優れたラジオパーソナリティと優れたラジオクリエイター達が本気で殴り合って作られていると感じる番組であり、一人パーソナリティのラジオ番組の中では、今、最も面白い番組だと思います。

昨年まで「木曜26時30分」と言う深い時間帯に放送されており、リアルタイム聴取は翌日のお仕事に影響するために些かハードルが高かったのですが、今年に入ってから「火曜23時30分」の聴き易い時間帯に移動したため、お勧めし易くなりました。

尚、「Podcastバージョン」は単なるmp3ファイルとして番組ブログからリンクされているので、環境を選ばず聴けると思います。(iTunesを使わずに番組ブログのリンクから直接mp3ファイルをダウンロードして聴く事が可能)
「リアルタイム放送バージョン」からBGMと楽曲を取り除いて(←著作権上の制約)、ふつおた等のトークパートを延長したものなのですが、Podcastバージョンを聴き慣れたリスナーが初めてリアルタイム放送バージョンを聞くと、例外無くビックリさせられる事でしょう。何故なのかは聞いてのお楽しみ♪

リアルタイム放送バージョンは初聴取でも楽しめますが、回を重ねる事で更に面白くなる仕掛けもあったりして、ラジオのプロの仕事に感服すること頻りです。
個人的に最近は「ニコニコチャンネル」や「超!A&G+」などWebラジオを聴く比重が増えて、リスニングにおいて「構成作家」と「パーソナリティ」の二者しか意識していませんでしたが、ラジオ番組を形作っているものがそれだけでは無い事を思い出させてくれました。

乞食パート:

この週末から「ミリオン3rd」こと「IDOLM@STER MILLION LIVE! 3rdLIVE TOUR BELIEVE MY DRE@M!!」が始まりますね。
当方は現地チケットは完全敗北となりまして、どうやらライブビューイングのみの参加となりそうです。

ライブビューイングは、今週末の名古屋公演と来週末の仙台公演の分は都内の映画館のチケットを取りました。
また、最後の幕張2daysは会場最寄りの幕張の映画館のチケットを取りましたので、物販後に現地でチケット乞食をしている事になるかと思います。
大阪公演の分は取れていません。もし余らせている方がいらっしゃいましたらお譲り頂けると幸いです。

ちなみに福岡公演は「Trident」ラストライブと被ってしまったのでパスです。
ぬー最優先。仕方ないね。こっちはこれからチケット戦争なんだぜ。

余談ながら、ラブライブfinalはライブビューイングがあるなら見たいと思っているのですが、一方で「年度末と年度初めは超繁忙期」でもあるため、半休ですら取れるかどうか不透明だったりします。

あと、アレだ。
「あすパら」ことデレパ公録「CINDERELLA PARTY!公開録音第三回~あつまれ!プロデューサー すてきなパレード in らんらんホール」。
チケット余らせている方がいらっしゃいましたら、是非お供させてください。
なんでもしまむら。(法に触れない範囲で)

舞踏会前夜

お疲れ様です。ご無沙汰しております。
blogの「下書き」は多数溜め込んでいるのですが、放置状態でした。
いよいよ明日・明後日は幕張メッセ国際展示場にて「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 – Power of Smile -」が開催されます。
準備は出来てますか? 私は…全然ですね。

本当は今日の前日物販も行きたかったんですけどね。
月末と言う事もあって、上手く休暇を調整できませんでした。
その代りライブ翌日の30日に休みが取れたので、安心して全力で楽しもうと思います。

当方の予定としては、

  • 1日目(28日・土曜):
      (家庭内の外し難い用事を済ませてから)池袋にてライブビューイング参加
  • 2日目(29日・日曜):
      (ちゃんと起きれれば朝から現地へ向かい)幕張メッセにてライブ参加

の見通しです。
これ書いてる間に徐々にライブ前のテンションになってきた!

今回、現地チケットもライブビューイングのチケットも譲って頂く形になりました。
不甲斐無い事に1枚たりとも自力当選できませんでした。
本当にありがとう。このお礼はいずれ、精神的に、

Pヘッドは今作ってるものが進捗70%ほどで、間に合わなそうなんでパスになるかな?
今夜帰宅してからの作業が捗れば&土曜のライブビューイング後の飲み会が遅くならなければ、日曜には間に合うかも。
過去のものは半解体状態で部屋の隅に積み上がっており、組み直すモチベーションも湧かないので、新作が間に合わなければスーツやめてラフな格好で行きます。

これから12月に入り、ますます忙しくなりますが、皆様も体調を崩されませんように。

余談ですが

12月6日(日曜日)の SideM 1st LIVE のライブビューイング(品川プリンスシネマ)のチケットが1枚余っています。
2連番で余らせていた方から譲って頂いたために、1枚を持て余しました。
ご入用の方がいらっしゃいましたらお声掛けください。

「1枚確保済みだが友人を誘いたくなったので2連番と交換したい」と言う場合も応相談。
品川プリンスシネマはライブビューイング用に客席傾斜の大きいシアターを用意しているので、とても見易いですよ。

Android,iOS「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT STAGE)

ついに、タイトルが3節構造になってしまった。
「アイドルマスター」を冠したタイトル「シンデレラガールズ」が、更に2つまとめて冠となる新タイトル、
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT STAGE) の登場ですよ。

本作はアイマスのリズムゲームとしては、

  • Xbox360「THE IDOLM@STER LIVE FOR YOU!」(2008年2月)
  • PSP「THE IDOLM@STER SHINY FESTA」(2012年10月)
  • PS3「アイマスチャンネル」(2013年10月)

に続く4本目のタイトルであり、アイマスのスマートフォン向けアプリとしては、

  • iOS「アイドルマスターモバイルi」(2012年3月)
  • iOS「THE IDOLM@STER SHINY FESTA」(2013年4月)
  • Android/iOSアプリ版「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS」(2014年11月)
  • Android/iOSアプリ版「THE IDOLM@STER MILLION LIVE!」(2014年10月,12月)

に続く5本目のタイトルとなります。
「ブラウザゲームのネイティヴアプリ化」をカウントしていいものかどうかちょっと迷ったけど、それを除外すると「アイモバi」の位置付けも微妙になるので、一応ここでは入れときました。

ちなみに、「アイドルマスター」シリーズとしては15本目のゲームです。
これも移植版をカウントするか否かと言う話はあるけど、もう面倒臭いので細かい事は気にするな。

公式側の提示している略称は「デレステ」。
まぁ、冠タイトルから2文字+個別タイトルから2文字って構成は分かるし、「シンステ」だと同人イベントと被っちゃうし、概ね妥当な略称なんじゃないですかね。
「スズスス」は嫌いじゃないけど、まず通じないだろうし、「スタステ」だと冠要素が無い。後は「デレスタ」ぐらいかな?
「スターライト」については、バンナムが「スターライトステージ」の商標を登録した事が分かった時から、(同じバンナムIPである)「アイカツ!」との区別と言うか棲み分けについて物議を醸したぐらいなので、「ステージ」側をより強調する事自体は必然かな、とも思います。

そんなこんなで、公式が早々とハッシュタグ「#デレステ」を掲げた事は評価したい。お前が何と呼ぶかはお前の自由だ。
個人的には、ブログの中では「スターライトステージ」、Twitterおよび口語では「デレステ」、ファイル名・ディレクトリ名などで使う略記は「cgss」としておこうかと考えていますよ。暫定的に、

「スターライトステージ」の登場に伴い、ソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」の方の略称も再び変化を見せるんじゃないかと予想しますが、それはまた別の話。(私は初期から一貫して「モゲマス」派です。)

LIVE

前説はこのぐらいにして、早速ゲームを始めましょうか。
基本無料のネイティブアプリケーションですが、ほぼ全面的にネットワークに依存しており、サーバに繋がらない状態ではタイトル画面から先へ進めません。
常に通信が発生し、データ量もかなり多そうなので、従量課金なデータ通信サービスをご利用の方は気を付けてください。

自分は9月3日(木曜)の昼休みにTwitterでAndroid版のリリースを知り、即座にインストールしたものの、お仕事が忙しく、早くプレイしたいと悶々としながら残業をやっつけ、帰り道でスタート。
うわー、めっちゃ喋る! NGの三人だけじゃなく、ちひろもトレーナーさんもフルボイス! ちひろもトレーナーさんも表情差分ガッツリ! ひゃっほーい!
もうソシャゲの方は要らないんじゃないかな? あっちはトレーナーさんに声付けてくれないし、

主たるゲームは、リズムゲームです。
画面下部に5つのタッチアイコンが横並びに配置されており、画面上部からノーツが流れてくるので、重なるタイミングでタッチします。
単押しの他に、長押し、フリック等もあります。ノーツの流れはちょっとだけ変則的な事がありますが、シャイニーフェスタ/アイマスチャンネルほどキモい動きは無さそうです。
難易度を上げると要素が増えて大変になる模様。一番低い難易度だと長押しすらあまり出て来ません。

スクフェスの様に、と言っていいものか分かりませんが、ユニット編成とキャラクター育成の要素もあります。
有償ないし無償のガチャを回して、出てきたN/R/SR/SSRのカードで5人ユニットを編成します。
カードやその育成はソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」を元にしていますが、ところどころ違いがあります。
ユニットを構成するキャラクターのパラメータによってリズムゲームのスコアが上下し、スキルがプレイを補助します。
パラメータの低い未育成のNキャラだけのユニットだと一曲フルコンボ(ノーミス)でもB評価だったのが、レッスンしてパラメータの上がったユニットだとミスしまくりでもS評価になったりします。
なんか色々な評価軸があるみたいです。

プレイヤー(いつものように「プロデューサー」です)には、レベル、経験値、スタミナのパラメータがあり、時間経過で回復する「スタミナ」を消費してリズムゲームをプレイします。
「スタミナ」が尽きたら、代替通貨を払って回復するか(つまり課金要素)、ゲーム内で支給されるアイテム「スタミナドリンク」を使って回復するか、あるいは、自然回復するまで放置しておく必要があります。
曲によっても難易度によっても消費するスタミナ量は異なりますが、だいたい50分から100分ぐらい放置すると、1曲プレイできるぐらいのスタミナが回復します。

スタミナ上限は初期状態でおおよそ3~4曲分と言ったところですかね。
ザックリ言えば、「3~4曲プレイして、3~4時間放置して」と言うペースなら無課金で遊べる計算です。
逆に考えれば、自然回復分のスタミナを無駄にしないためには3~4時間しか寝れない…いえ、なんでもないです。
尚、スタミナ上限はレベルアップとともに上がります。が、上昇ペースはかなり抑えられています。
せめて6時間分ぐらいまでは上げたいところです。

LIVEモード

リズムゲームの背景は、自分が選んだユニットメンバーによるステージシーンとなります。
このステージシーンには「3D標準」「3D軽量」「2D標準」「2D軽量」の4モードがあり、端末の処理能力に応じて選択する事になるのかな?
ちなみに、私が使用しているAndroid端末:ASUS「Zenphone5」の場合、初期状態で「3D軽量」となっていました。「3D標準」に変更してみたところ、曲に対してノーツが半拍以上遅れ、ノーツを叩いた音は更に遅れたり、途切れたりして、ゲームの進行に支障が出ましたので、「3D軽量」に戻します。

  • メモリの空きが足りていない状況では、「3D軽量」や「2D標準」でも遅延が発生しました。起動前にメモリクリアツールを使う事をお勧めします。私はASUS端末が標準搭載している「メモリ解放」機能を使っています。

「3D標準」と「3D軽量」の差は映像の演出・効果の有無のようです。
ゲーム中にはあまりそれを見ている余裕も無いのですが、例えば、手前から奥へとキャラクターが3人並んで見えるカットで、「3D軽量」だと3人ともフォーカスが合っているパンフォーカスの状態、「3D標準」だと手前の1人だけフォーカスが合って奥の二人が少しぼけて見える、と言う感じです。
いずれ、「3D標準」で動かせる端末を用意したいなぁ。

さて、これだけであればリズムゲームの苦手な俺は一通りプレイして満足していたでしょうが、流石にバンナムも、シャイニーフェスタの過ちは繰り返さないようです。
主たるゲームの他にも、結構なボリュームのコンテンツが盛り込まれていました。

コミュ

これまでもずっと(一部のタイトルを除き)「コミュと呼ばれる要素」はありましたが、そのまんま「コミュ」とラベリングされるのってアケマス以来なんじゃないですか?
Xbox以降は「営業」と題された要素が「通称:コミュ」でしたよね。

端的に言えば、ストーリーモード。いや、ストーリーそのもの、かな?
「ストーリーコミュ」と「アイドルコミュ」の2種類があり、前者はレベルアップと伴に順番に、後者は当該アイドルを獲得した際に開放される(閲覧可能になる)ようです。

XboxやPS3のそれと違って2Dイラストなので、紙芝居と言えば紙芝居なんですが、全キャラ多数の表情差分が用意されていますし、声の付いているキャラはフルボイスで展開します。
ちひろもトレーナーさん姉妹もフルボイス! 表情差分付き!

…これもうモゲマス(ソ-シャルゲームの方)要らないんじゃないかな?
あっちはいつまでもトレーナーさんに声付けてくれないしさ。(←しつこい)

とてもボリュームが多いので、まだ見切れていません。

ルーム

ソシャゲ版の方に昨年10月から追加された「ぷちデレラ」を思わせるデフォルメキャラ達が、事務所と言うていの箱庭の中でわちゃわちゃと過ごします。…かわいい。
しかも、これも声付きキャラは喋りまくる。…うるさい。

色々とルームアイテムを配置すると、その近くに通りがかったキャラがルームアイテムに反応したアクションをしたりします。
ソファーに座ってくつろいだり、観葉植物に水をやったり、ホワイトボードに落書きしたり…

尚、ルームアイテムによっては、キャラクターの育成に使う消費アイテムが配布される「待ちゲー」要素を持つものや、リズムゲームのクリア報酬を加算するものもあります。

(プレイ初日の)まとめ

これは面白い。
暫く時間泥棒になりそうです。
既に色々なものが犠牲になっています。
例えばTwitter、TLに目を通す時間も、自身のTweet数も激減しました。

ガチャの話とか、また別途書きたいですが、時間が無いので書けないかもしれません。