ラジオdeアイマSTAR☆ 活動34週目

今日の「3パターン SAY HELLO!!」はジューンブライドがテーマの様で…。
それは春香さんにプロポーズされたと理解していいんだよな?

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/imas_star/

活動34週目『たとえ結婚しても、アイドルでいてくれますか?』

長谷川「繪里子さん、なんで笑ったんですか?」
仁後「うん、なんで笑ったの?」
中村「…うん、なんか…ちょっとアドリブかまそうかなって思ったら失敗した」

まぁ、「天才」中村先生と言えどもたまには失敗するさ。

長谷川「実際、結婚式とかどうなんすか?」
中村「夢のまた夢の夢?

仁後さんから、6月なんて梅雨だから結婚式に向かないじゃん、と言う冷静な指摘。
中村先生からも、日本の風習じゃない、と…

中村「6月だからって別に焦る事とか別に全然無いと思うのね?」
長谷川「そーですね(棒読み)」
中村「腹立つー! 腹立つー!」
長谷川「いや、そうだと思います。うん」
中村「そうだよ。もうなんかね、地に足つけて地道にね。種撒いて行けばいいんですよ」
長谷川「そーですね(棒読み)」
仁後「あはははは!」

本日のポイント日直はアッキーです。
そして、仁後さんが派手に噛みました。

中村「真耶ちゃん…必死に結婚の事考えなくていいから!」

コミュニMail☆

仁後「……あ、私だ! さて、朝のスケジュールは…」

コーナーの出だしを忘れてた仁後さん。

中村「今何が起きたか言った方がいい?」
仁後「なんか真耶さ、どうして二人とも早く言わないんだろう?って思って、もうボタン押しちゃったよ!って…」
中村「新しいストップウォッチのね、機能が付いた…これ手に入れて、ちょっと夢中だった真耶ちゃんは、全然台本を見てませんでした」
仁後「早く、早く言ってよ!って思って、見て…」
中村「おめーだっつーの!

相変わらず仁後さんかわいいですw

最初のお便りは、5月22日に行われたボーカルコレクション発売記念イベントの感想とか。
亜美真美の誕生日でもあり、平田さん、下田さん、仁後さんが出演していました。
うん、俺は外れた。

長谷川「『白い犬 with スズキ』って言うのは…?」
仁後「あ、そうなの。なんかね、麻美ちゃんが『白い犬』を歌ったんだけど、あのぉ、なんかね。前の日かなんかに、あのぉ『白い犬』を作ってくれた佐々木さん、作曲家の佐々木さんに、あのぉ、犬のぬいぐるみを、あのぉ、借りる約束をしていたみたいで、当日に、すごいおっきなねぇ、白いぬいぐるみを持ってきてくれたのね。それ抱えて歌ってたの」
中村「あ、そのポケットみたいなやつじゃなくて…」
仁後「いや普通に本気のぬいぐるみ。あのぉ、あの、なに? タナカ用のスズキ
中村「…ん?」
長谷川「あ、分かりました。えーと、佐々木さんの飼ってらっしゃる、あのー、ね? ワンちゃんのお名前がタナカ。で、そのタナカさんのためのスズキ…」
仁後「あの、タナカの友達のスズキ」

仁後さんの説明の拙さはある種の才能。

仁後「あと、宏美ちゃんのエージェントがすごいかっこよかったよ」
中村「え? みんなアレかな? 河童巻き振ったのかな?」

…振らねーだろ。

続いて、アケマスのオンライン終了に関する感想のお便り。

仁後「これは、なんだったの?」

と言うわけで、中村先生が説明。

中村「でもね。これからも新しい展開がどんどん、うん、『2nd Vision』としてありますし…」

キャストの人達はもう既に「この先の展開」にガッチリ組み込まれ、理解してるんでしょうねぇ。

続いてのお便りで「虫が嫌い」トークに。

長谷川「あ、そだ。繪里子さん虫嫌いですもんね」
中村「もうホントやだー! …え? なんで知ってるんだっけ? アッキー」
長谷川「なんか京都に行った時に、お寺まわってる時に、ブーンってハチかな?が近くに来た時に、繪里子さんが『ズザッ!』ってして、『ズザッ!』ってして『ちょ無理!ちょ無理!』みたいな反応されたので…」
中村「だってさ、こっち来んだよ? 呼んでないのに!
長谷川「まぁ、来ますよねぇ」
中村「もうアッキーが平気なのがすごい不思議だった」
長谷川「そうですか? あ、でも、山の方だったので、庭もあったし、山も近かったので、虫は結構いましたねぇ」
中村「嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌嫌…」
長谷川「まっ、これだから都会のお嬢さんはまったく…」
中村「ゴメンネ、都会っ子で!」
長谷川「イラッ! イライラッ! イラララ! 真耶子さんは? 虫どうですか?」
仁後「うん、嫌い♪」
長谷川「あー、うーん、そうかぁ」
仁後「触れない」
長谷川「ですよねー」

仁後さんがちょくちょく「否定的な言葉」を「ご機嫌な声色」で発するのがかなりツボ。

チャレンジ!マネスブック

新コーナーです。
中村「前回頂いたアイデアを基にですねぇ、えー、真耶ちゃんが色々な記録にチャレンジすると言うコーナーでございます」

コーナータイトルは、アッキーが居酒屋で酔った勢いで決めたんだそうです。

中村「完全に、うん、飲んだ勢いで、はい、こうなりまーしーたー」
長谷川「やっちゃったー、はーい」
仁後「すごいテキトーだなぁ、なんか…」
中村「いや、考えた考えた! 真耶ちゃんのためにね、必死で考えたんだよね」
長谷川「うん、私がね?」
中村「…あ、そっか」

で、今回挑戦するのは…
仁後「はい、えー、鉛筆の…早削り(笑)です」
中村「笑っちゃったー」
長谷川「笑っちゃったー」
中村「笑っちゃったー。先生、自信を持って行きましょう」
仁後「はい、鉛筆の早削りです」
中村「これも酔った勢いで?」
仁後「ううん、違うの。あのぉ、台本を作ってる時なのかな? あのぉ、お電話が掛かって来て…」
中村「お電話(笑)うん」
仁後「あのぉ、どーゆーものをやりたい?って言われた時に、ちょうど目の前に仕舞ってあった鉛筆削りが見えて…」

名前シールに平仮名で「にごまやこ」と書かれた鉛筆削りを持参しているそうです。
まずアッキーが挑戦し、それを参考記録として仁後さんが挑戦する流れ。

仁後「アッキーが(参考記録を)作るの? 超えられないかもしんないじゃん。もうちょっと簡単にしようよ」

いやいやいや、仮にもギネスに挑戦しようと言うアレなのに、目の前の人を超えられないかもしれないからハードル下げろとはw
アッキーは最初、小刀で削るのだと思ってたようです。いや、まぁ、挑戦と言うからには、普通は「単に鉛筆削り器のハンドルを回すだけ」とは思いませんわな。

長谷川「終わった!」
中村「…7分22秒!」
仁後「7分?!」
中村「あ、間違えた! 間違えた!ゴメン」
仁後「あたしそれ超えられる! 7分なら」
中村「すっごいかっこつけて間違えました」

と言うわけで、7秒22でした。

続いて、仁後さん。

長谷川「真耶子さん左利きでしたっけ?」
仁後「そう、箸と鉛筆以外は」

両利きに矯正したって事ですよね?
仁後さんの記録は7秒68で、アッキーの勝利。
勝利と言うか、コーナー趣旨的には仁後さんの「記録更新不達成」か。

ま!スター☆オーディション

あ、2週に一度なんでしたっけ?
前々回放送の投票結果発表からです。

中村先生に投票した人は「毎日」と言う点に期待する意見が、
仁後さんに投票した人は「えりりんのは実現不可能なので、真耶ちゃんとアッキーので迷ったのですが…」
アッキーに投票した人は「中村先生の党に入れようかと思ったのですが、どんなに包囲しても何だかんだで上手い事逃げられ、マニフェストが実行されずに終わってしまう香りが…

中村「基本、その分岐の基点に、私を置くのはやめなさい」
長谷川「だってー、ねぇ?」
仁後「うん、たぶん、繪里ちゃんのをふっと見て、『ふぅー』ってなって…」
中村「『ふぅー』だけなのにすごい伝わったね」

で、結果。
仁後さんは26票、アッキーは47票、中村先生は114票。
断トツですね。

中村「私は、やるよ。嘘つかないよ。任期いっぱいは…きちんと」
長谷川「任期? 任期っていつまで?」
中村「一週間ぐらい?」
長谷川「短っ! 短い!」
中村「なんか、結構、ね? 世の中結構、激しいからね?」

と言うわけで、今日から一週間は毎日ブログを更新するそうです。
アッキーからは公約を破った際は罰ゲームを、との提案。

で、今回の票もスターポイントに加算されます。
中村先生:133ポイント、アッキー:106ポイント、仁後さん:137ポイント。
差がだいぶ縮まりました。

今回のオーディションは「結婚発表記者会見オーディション」と言う事で、誰が一番上手く結婚会見できるかを競う。
結婚相手の設定はくじ引きで、一人が会見してる間、残りの二人は記者役となります。順番はジャンケンで、

まずは中村先生から会見開始。
長谷川「お相手の方とはどこで知り合ったんですか?」
中村「…工…場」

1分は短過ぎると言う事で2分に変更されました。
軽い感じだけど寡黙、安全第一、自作の指輪は開いちゃったり飛んじゃったり…

続いて仁後さん。
長谷川「一般の方と言う事ですけれども、芸能人で言うとどなたに似てらっしゃるんですか?」
仁後「あー、えっとぉ、あのぉ、8チャンネルに出てくる、赤いフサフサした感じの方にとってもよく似てますね」
中村「あっ、あの、ちなみに、その赤いフサフサしてるの、の隣に居るのは緑の方ですか?」

色々とおかしい。

中村「すみません。本当に一般の方ですか?」(二度目)

会見終了後。

中村「いや、絶対…一般の…方、じゃない…」
仁後「一般だよぉ! だって、芸能人じゃないもん!」
中村「そーゆー区分けなの?」

ええ、赤い方と同族でしたとさ。

最後にアッキー。
中村「どれぐらい歳の差がおありなんですか?」
長谷川「そうですねぇ、うーん…300年ぐらいですかね?」
中村「ぅえっ?」
仁後「その方は、あのぉ、フサフサですか?」
中村「真耶ちゃん、自分の結婚相手の事はもう忘れて!」

会見終了後。

中村「えっ? 待って、人間と結婚できたのは、あたしだけ?」

だいぶ苦しかったように見えましたが、どーゆーわけかスタッフ側は全員に10ポイントとの評決。
これはちょっと疑問だ。ハッキリ言って不自然。前々回の様にスタッフが挙手でポイントを振れば良さそうなもんだが、それが出来ない様な状況だったのだろうか?
中村先生も納得出来なかったようで、「またみんなに投票してもらおう」と。
6月16日24時まで投票受付です。

Ending

例によってボーカルコレクションとDJCDの告知。
DJCDのリリースはもう再来週ですね。

中村「どうする? 誰も一票も入らなかったら」
長谷川「え、でも逆に、真耶子さんに今度200とか入っちゃったら、どうします?」
仁後「ダイジョブ! みんな自分のに自信を持ちなよ。自分の相手に自信を持ちなよ。あたし結構フサフサ気に入ったよ?

…それは順応性が高過ぎるだろ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.