ラジオdeアイマSTAR☆ 活動38週目

本日の「3パターン SAY HELLO!!」は(昨日の)七夕、美希も美希らしくていいけど、春香さんが可愛い。
そしてオチはやよいが短冊に書いた願い事。

仁後「でもなんかこれさぁ、自分と、なんか似てるんだなぁこいつは、って思う感じだった」
中村「え? ホントぉ?」
仁後「毎年、未だになんか書く機会があったら『背が伸びますように』って…」
長谷川「かわいー!」
仁後「未だに書くよ」
中村「もうねぇ、織姫と彦星も『しらねーよ!』って」

もう伸びないでしょ、そこは受け入れようよw

中村「星が動くわけ無いだろ! 一日で!」

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/imas_star/

活動38週目『ラジオも今日からRest@rt!?』

長谷川「なんか願い事書きました?」
中村「もうね忘れてた、七夕が来るって事を」
仁後「うん、そうだねー」
中村「だってなんか6月がすごい忙しくて、ずっとさぁ、ジューンブライドが付いて回ったわけよ」
長谷川「ふんふん…付いて回った?」
中村「なんかどこ言っても、6月の話題と言えば、今まではさぁ、『6月と言えば梅雨ですねー』みたいに言ってたのが、え? なんで今年から急にそんなジューンブライドが旬になってんの?みたいな…」
長谷川「ホント?」
中村「ぐらいに、すっごいジューンブライド、ジューンブライドってどこでも言うのね」

えーっと、年齢的にそろそろ如何ですか?的な話題振りなんじゃないでしょうかね?
10代の小娘や既婚者には振らないような気がします。それはそれとして、願い事のお話。

中村「とりあえずあたしは今『無病息災』」
仁後「…なんかすごいアレだね」
長谷川「…堅実的ですね」
中村「かなぁって、だってほら、これからライブじゃん?
長谷川「あぁっ! またそーゆー事言ってぇ!」
中村「だからぁ…失敗しないといいなぁって思って…」
長谷川「私もっ…切実に」
仁後「じゃあ私もそれにしよっかな、今年は」
中村「じゃあ…」
三人「ライブが成功しますように」

日直はジャンケンでアッキーになりました。

コミュニMail☆

最初のお便りは6月23日に発売になったDJCDの感想。
録り下ろしパートで「温泉に行きたい」と言う話題が合った事から、群馬は草津温泉への勧誘あり。
三人とも「行きたい!」と好感触ですよ。

中村「じゃああたし決めた!」
仁後「何?」
中村「『温泉に行く』って言うお願い事にする」
長谷川「『行く』って言う…決定になってるよ?」
仁後「え、もうアレなんだ? あのぉ、ライブのアレとかもういいんだ?」
中村「え、ライブはもうダイジョブ! あ、もうだってねぇ、人様にねぇ、頼っちゃいけない上に、よくよく考えたら七夕の前にライブ終わってるから

と言うわけで、願い事が変更になりました。
アッキーと仁後さんは「それに連れて行ってもらう」に変更。

続いてのお便りは、先日のジューンブライドの話題の際に中村先生が「南半球で式を挙げればいいんじゃない?」と言った事に対し、オーストラリア在住の方からの現地情報提供でした。
で、どこに住みたいの?と言う話で、

中村「あたしやっぱねぇ…日本」
仁後「…えっ? …うん」
長谷川「ここじゃん! 住んでんじゃん!」
中村「だって言葉通じないもん!」
仁後「え、じゃあ日本のどこがいいとかあるの?」
中村「六本木!(即答)」
長谷川「…えっ?」
仁後「…えっ? それさぁ、仕事行くのに近いからって…」
中村「六本木住みたい。超便利、超便利よー」
長谷川「あー、そうかぁ。セレブですねぇ」
中村「住めるかー!」

車で駐車場に住めばいい、等と言い出す中村先生。
中村「たぶんそこだったら3万から5万ぐらいでしょう? …駐車場する? そんなに? …何十万もすんの? 馬鹿じゃないの?!

仁後さんは仏語が喋れればフランスに住みたい、と。
中村「アッキーは?」
長谷川「アッキーお城に住んでみた~い!」
中村「何言い出した? 何言い出した?」
長谷川「なんかねぇ、洋風のお城でね、お姫様みたいにもてなされてみたいよー!」

それに対して中村先生は、江戸村に行け、と。

続いてのお便り、スポーツでギックリ腰になった方が「死ぬかと思うぐらい痛い経験をした事はありますか?」と。
…心が死ぬかと思うぐらい痛々しい経験なら日常茶飯事ですが何か?

仁後「あ、なんか繪里ちゃんありそうだね♪」
中村「なんでそう嬉しそうに、あるけどぉ! あるけどぉ!」
長谷川「あるんだ」
中村「結構あり過ぎてなんかもうよく分かんないぐらいあるけど」
長谷川「一番痛かったのは?」
中村「えっとねぇ、一番最近で痛かったのは、えっとねぇ、あれ…『』」
長谷川「石? 何?」

…あ~、結石ですか。うん。

中村「石が…出来ちゃって」
長谷川「どこに?」
仁後「身体の中に?」
中村「そうそうそう」
長谷川「えー?! ダイジョブなんですか?」
中村「結石ができちゃって、すっごい痛かった、動けないの」
仁後「ほわぁ…」
中村「なんかね、ちょうどそろそろ寝~ようって思ってソファから立ち上がってちょっと中腰になった瞬間ピギッ!って来て、それが夜中の1時ぐらいだったんだけど、結局、5時間我慢したのね。朝の6時まで、」
長谷川「へー、すごーい」
中村「もう痛いし動けないから、で、寝る事も出来ないの、あの寝っ転がったとしても、もう限界つって朝の6時に、自分で動けないから救急車呼んで、で、あの、ベッドのところになんとかこう向きを変えて、四つん這いになって『ふー!ふー!』って泣いてたら、家族が『海亀の産卵みたいだ』って…
長谷川「心配して!」
中村「もうなんかねぇ、色んな意味で切なくて痛かった」

ひでぇ…。
激痛や急な高熱などに襲われてる本人は、冷静な判断の困難な軽いパニック状態になる事はあると思います。
朝まで我慢する事が良いとは限りません。考えるのも嫌なぐらい辛ければ、まずは家族や知人など、近くの人に電話で助けを求めましょう。
で、助けを求められた方。「救急相談センター」と言うのがありまして、救急車を呼ぶべきかどうか、呼ばない場合でも、近くで夜間救急センターのある病院などを紹介してくれます。私も一度、「救急相談センター」に相談してからタクシーで知人を病院へ送った事があります。
いざと言う時にパニックにならないよう、「#7119」を電話帳に入れておく事をオススメします。携帯電話からも繋がるとの事です。

仁後さんはお母さんが結石にかかった事があるとの事で、お母さん世代の病気だと思っていた、と。
中村「若くてもなる。私の様にピチピチでも…」

ピチピチ?

仁後さんからは箪笥の角に小指をぶつけたり階段で躓く程度のお話。
その絡みで中村先生が話した「寝入りしな」に仁後さんが引っ掛かってちょっとまどろっこしい話に。
アッキーはブルマの中に蜂が入っててお尻を刺されたと言う、これはこれで聴くだけで痛い話。

長谷川「今お尻さすさすしても、たぶん、ちょっとだけ分かります」
中村・仁後「えー?!」
長谷川「なんか、痕じゃないけど、なんかあって、分かります」
中村「へー、どれどれ?」
長谷川「え、どれどれって、しょうがないなぁ、もう…って脱がないわ! 脱がないよ!」

中村先生でよかった。ミンゴスなら脱がされていた。
中村先生はギックリに慣れているような話だったため、「腰のプロ」との評価も。

ラ・ポエーム

中村「アッキーはここのコーナーの中では何て呼ばれてるの?」
長谷川「えっとー、『吟遊詩人長谷川』ですか?」
中村「呼…ばれてるん…だ?」

長いよ。
今回のお題は「ハンマー」「筋肉」「そこはかとなく香るにほひ」。
…いやもうお題からどうかと思います。まぁ、いつもの事ですが、

中村「(笑)どこで終わるの? ここで終わるの?」
長谷川「ここ、うん、ここ」
中村「…死ぬ! もう死ぬ! 完全に死亡フラグ!」

…何とも形容し難い。

ま!スター☆オーディション

今回は七夕に因んで「星に願いを!あなたのお願い叶えまSTAR☆オーディション」。
一人の願い事を後の二人がその場で叶えるんだそうです。

中村「アッキー、頑張ろうね。この真耶を倒そうね!」(←フラグ)

まずは短冊に願い事を書くわけですが、仁後さんは達筆の中村先生に「真耶の分も書いて欲しいな」とか。

中村「あ、でもあたしさっきさぁ、ポロッと喋っちゃってた、『温泉行く』って」
仁後「え、じゃあ真耶も毎年書いてるもの書いていいかな?」
中村「身長? いいよ、いいよ、あたしとアッキーで頑張って伸ばすから」
仁後「ホントに? …でもそうだよね。点数を稼がせないように阻止しなきゃいけない…」
中村「ちょちょちょちょ!」

仁後さんがアッキーの字を綺麗と評し、それを見た中村先生が爆笑。
長谷川「え? どうしました?」
中村「(笑)いやだって、おかしいだろ。アッキー? 何があったの?」

と言うわけで、中村先生は「温泉」、アッキーは「新潟に帰る」、仁後さんは「身長が伸びます」。
…そりゃアッキーは心配されるわ。はらみーだと「またか」だけど。
仁後さんはペースを誤って「伸びますように」まで書ききれずに宣言になってしまいました。

ジャンケンの末、まずは仁後さんの願いを叶える事に。
中村「アッキー、こっちこっちこっち」
仁後「ねぇ、何すんのー?」
中村「真耶ちゃん立って立って。アッキー、足持って。あたし上持つ」
仁後「え? そーゆーのなんだ? みんな縮んでくれるとかじゃないの? ねぇ、怖い…」

30cmぐらい引き伸ばされたようです。(を

続いて、アッキー。
新潟に行ったことの無い二人がイメージする新潟とは?
長谷川「さぁ、新潟在住のみんな耳の穴かっぽじって聞いてくれ!」
中村先生がアッキーのおばあちゃんに、仁後さんがお姉ちゃんに扮します。

…食ってるだけじゃね?
仁後「アッキーおばあちゃんと一緒に住んでたんだ?」
長谷川「いいえ?」

最後、中村先生の願いを。
中村「えっとねー、今入りたいのは、腰痛と肌荒れと、あと新陳代謝が良くなる温泉に浸かりたい。んで、そうだな、一人で入るの寂しいから、みんなでわいわい温泉に入りたい。OK? で、向こうの方に打たせ湯があったりとか、ここら辺に、ちょっと最新のジャグジーがあったりなんかしてぇ…」
長谷川「自分で考えてる」
仁後「いっぱい提供されたね」
長谷川「あたし達いらなくないですか?」

なんかもう自己完結してると言うか、中村先生の状況説明だけで1分超えていると言うか…

珍しくアッキーがすごい勢いで中村先生を弄ってるよ。
仁後「わぁー! 楽しそう!」

いいねぇ、阿修羅(アイステチーム)と一緒に行けばいいのに。
それはそれとして、結果発表。
まず、仁後さんの願い事では中村先生とアッキーに7ポイントずつ。
続いて、アッキーの願い事では中村先生に8ポイント、仁後さんに5ポイント。
最後に、中村先生の願い事ではアッキーに10ポイント、仁後さんに5ポイント。
と言う事で、仁後さん+10、アッキー+17、中村先生+15、では、これまでのポイントと合算すると…

中村「アッキーじゃあ繰り上げの計算」
長谷川「え? 何?」
中村「189たす17は?」
長谷川「17は、6で1で2だから、126」
中村「減っちゃった」
仁後「アッキーそんなに減っちゃってダイジョウブ?」

仁後さん280ポイント、アッキー206ポイント、中村先生224ポイント、まだまだ差は大きいぞ。
と、ここで、中村繪里子党首のマニフェスト未達成の罰ゲームのお時間に。

仁後「ねぇ、罰ゲームって何でもいいの? うちらが決めていいの?」
中村「いやいやいやいや」
長谷川「じゃあね、じゃあね、チョコレートを鼻に詰めて…」
中村「おかしいでしょ? それ、食べるものね。食べ物だから…」

お菓子に穴を空けて笛の様に吹く(※ただし、鼻で)とか、ここぞとばかりに知恵を絞るアッキー。

仁後「待って、アッキー、一応あれだよ、繪里ちゃん女の子だからさ…
中村「一応じゃない。全面的に女の子…」
仁後「鼻から挿すのはちょっと可哀想かなぁ」
長谷川「あ、そっか、じゃあ耳にしときます?」
中村「吹けないでしょ!」

これはひどい。

長谷川「あ! 分かった、分かった、繪里子さん! 今あたしポイント低いじゃないすか。繪里子さんのポイントちょーだい♪
仁後「あ、じゃあさぁ、真耶とアッキーおんなじポイントにしてさぁ、繪里ちゃんのとこから取っちゃえばいいんじゃない?

…MAJI鬼畜。

仁後「あ、ねぇ、きり良く300にしちゃおうよ、うちら」
長谷川「よっしゃー!」
仁後「300ずつにして、あと20…」
中村「いやいやいや、あの、真耶ちゃんおかしいでしょ? あなた今280ね」
仁後「違う違う、280だからあと20足せば300になるじゃん」
中村「んじゃあ聞こうか。どこから足すのかな?」
仁後「繪里ちゃん♪」
中村「『繪里ちゃん♪』じゃないよね? 『繪里ちゃん♪』じゃないよね?」
仁後「…足したら、今幾つになる? えっと…」
中村「……この人達、恐ろしい」

こんな搾取見た事ねーよw

中村「まぁ架空で計算し…ちょ、なんでスタッフも真面目に計算しだしてんの? おかしくない?」
結果:仁後さん300ポイント、アッキー300ポイント、中村先生110ポイント、
…これはひどい。

中村「おかしいでしょう! あたし頑張ったよね?」

肝心の場面でアッキーに裏切られたね。

Ending

例によってDJCDとVocalCollectionのご紹介。
また、夏コミ先行発売のDJCDについてもちょこっと言及。

更に、ここでマニフェスト不達成の指摘をしたPに、中村先生から削って5ポイント付与、と言う事に。
中村「あたしから奪ってったって事は、あたしも二人から奪える、なんならプロデューサーからだって奪ったっていいんだ…」

な、なん…だと…?
なんか暴君を開眼させてしまったような気が…

中村「…そーゆー事だ」
長谷川「はっ、そっか…」
中村「だから、あたしにポイントをあげゆって人」(噛んだ)
長谷川「あげゆ? あげゆよ♪」
中村「くっそー!」
仁後「そんなかわいこぶっても無駄だよ
中村「仁後真耶子ー!」

中村先生、脱力。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.