ラジオdeアイマSTAR☆ 活動66週目

本日の「3パターン SAY HELLO!!」は風邪の予防について、

やよい「やっぱりかんぷぅまさつです!」
春香「特製の生姜湯をどうぞ!」

美希は風邪を引かないそうですw

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/imas_star/

活動66週目『話題の新作、触れてみたい?』

中村「風邪なんか引いてる場合じゃないですよ!…って言いたかった」

ホント、仰る通りです。
風邪引いてる場合じゃない。特に2月からは、

長谷川「そう言えば日直…今日、日直、なんかね、さっきね、『決めなくていいよ』って、ディレクターさんが仰ってて…」
中村「なんでなんで?」

あぁ、お便り読まないんですねw

緊急企画 ソフトにハードに! アイドルマスター2特集

と言う訳で、今日はまるっと全時間使って「アイドルマスター2」を先行プレイするようです。
ゲーム冒頭、初めて事務所へ向かうPの前に現れたのは、美希? …え? あれ? あの…春香さんの立場は?
美希は引っ切り無しにメールしている模様。

美希「『子供には興味無いって言ったでしょ。それじゃあね、バイバイ』っと…」
仁後「(笑)すごい」
中村「君も子供だ」
長谷川「あ、そでした」

そして事務所へ。順二郎社長登場。

中村「順二郎さんも『ピンときた』って言うんだね」

そして、プロデュース対象の選択。
カーソルを動かしてYボタンを押すと自己紹介ムービーが流れるようです。
うわぁ、見たい、見たいよぉ…

三人が最初に選んだのは「春香」。
社長「おぉ、天海春香君を選んだか、彼女はとっても歌が好きで、素直な子だったのだが…」
中村「過去形?」
長谷川(画面のPの台詞を読んで)「今は違うんですか?」
社長「いやぁ、最近少し落ち込んでいる様なのだよ。でも、根は明るくて頑張り屋のごく普通の子だぞ
長谷川「ごく普通の子だぞ
中村「うるさい!」

そして、過去作同様に春香さんを迎えに行く流れ。
Pの台詞はアッキーが読んでくれています。春香さんMAJIかわいい。

中村「前髪が…あたしこの前髪すごい好き」

SPでそうだったように、小鳥さんが結構前のめりな気がします。
ウチに嫁に来ればいいのに、

で、最初のお仕事はデモテープの収録。
中村先生には見覚えあるレコーディングスタジオだそうです。
アッキーは選択を誤りお仕事は上手くいかなかった様だが、それでも春香さんはかわいい。
グッドやパーフェクトでなくてもあんだけかわいいなら、明らかに間違った選択肢も一通り選ばなきゃいけないのかもしれない。

続いて、初レッスン。
ジャージ姿もかわいいと評判です。

中村「これレッスン用のリボンに付け替えたんだね」

それはいいんだけど、初回プレイにもかかわらず説明を飛ばしていくのはいい度胸だ。

中村「失敗すると絶望的な音が鳴るんだね」

ギリギリでグッドに届かずノーマルで終了。

春香「ありがとうございました!」
中村「良かった! あたし…また怒られるんじゃないかなって思ってた」
長谷川「あ、あれ? 『ありがとうございまし、た』」
仁後「言ったの? 今回も」
中村「今回も言ったんだけど、でも、『使うかどうかは分からないよ』って言われてるから(笑)」

うずうず。
と言う訳で、一日目終了。

春香「今まで一人でやってた事も、プロデューサーさんと一緒だと楽しくて、疲れなんて忘れちゃってました」
中村「そうか、自主練だったんだねー。ちょっとライブの時の切なさを思い出すよね」
長谷川「あははは」
中村「すっげー広いスタジオにぽつーんって…」

事務所で社長と話して帰り際に…

小鳥さん「社長、順一郎前社長から絵葉書が…」

前社長について訊く選択肢があったみたいなんだけど、

中村「気になるけれども、うーん…」
長谷川「質問するとちょっとねぇ、長くなっちゃうんで…」
中村「あ、どうするどうする?」
長谷川「まぁ、挨拶して帰りましょう」
中村「じゃ、聞かずに、いいよね」

ラジマスの天の声の順一郎社長を泣かしてみた。

二週目

社長「なかなかいい目をしているねぇ。今後が楽しみだ」
中村「うん、社長の目は見えないのにね」
社長「さて、先週はユニットのリーダーを選んでもらったわけだが、今週は残り二人を選んでくれたまえ」

そーゆー流れだそうです。三人は順当に美希とやよいを選択。
みんなもう決めた? 俺はまだ決められずにいます。
それはそれとして、三人での顔合わせ。

春香・やよい「おはようございます!」
美希「おはようございますなの!」
中村「遅っ!」
長谷川「美希、遅っ!」

やよいのガルウィングについて、

仁後「みんながみんなすごい深くお辞儀すんのかと思ったら春香とか普通にお辞儀してんじゃん」
中村「そう、あの、やよいが…」
仁後「あの、ぐるーんって言うのが…」
中村「手が後ろに…でも、あれ真耶ちゃんもやるよね?
仁後「うん、あれねぇ…うん…」

そうこうしている間にゲーム内では最初に選んだ春香がユニットのリーダーだと言う話が続いていて、美希は春香の事を「なんか普通だけど」と評し、長谷川さんもそれを繰り返して「なんか普通だけど…なんか普通だけど…」。アッキー楽しそうだなw

中村「なんかさぁ、プロデューサーの言葉が出る前に、思ってる事を言うと、大体あってるって言うのが(笑)」

あるあるw

一方、ゲーム内では小鳥さんが「超レッスン」の説明。
通常よりコスト(と言うか、マニー)を費やして長時間の(即ちグッドの取り易い)レッスンを行うようです。
あと、今回はレッスンだけどジャージではなく、小鳥さんがステージ衣装を用意してくれた模様。

小鳥さん「例えば私なんかは、日々是妄想って感じで、一日の楽しみの八割が妄想だから…」
仁後「そんなにいっぱいなんだぁ」
中村「うん、もうちょっとの割合で仕事しよう!」

過去作ではレッスンのスタジオは都内各所の背景だったけど、今回はレッスンでも全国区みたいです。
まぁ、そこは突っ込まないでおこう。そして、やはり説明をすっ飛ばしてダンスレッスンに突入。
かなり苦戦してるっぽい→バッドレッスン。

中村「まぁ、説明を聞けよって事だね」
長谷川「そうですね」
仁後「そうだよ! 説明見てないから分かんない!」
中村「いやいやいやいやいや、大丈夫です大丈夫です」
仁後「ホントに?」
春香・美希・やよい「ありがとうございました」
仁後「すっごいションボリしてんじゃんか!」
中村「ホントだ(笑)」
仁後「ねぇ、これ春香の目がさぁ!」
長谷川「うわぁっ、怒ってるー!」
仁後「他の二人とかそうでもないのに、春香のあのジトーってした目が…」
中村「ねぇ…」
春香「あのぉ、あんまり上手くいかなかったのは、まだ、あたしがリーダーとして力不足だから…」
仁後「違うよ、繪里ちゃんがリーダーだからだよ」
中村「違うよ! 真耶ちゃんが説明聞かなかったからだよ」
仁後「嘘っ、飛ばしちゃえって言…」

早くも仲間割れかw 前途多難だ。
続いてのビジュアルレッスンもやっぱり説明すっ飛ばしてます。
二週目を終えて、美希とやよいの感想もそれぞれに、

最後に社長からアドバイスの申し出があったが、それさえも断る三人w
そして、前社長がオーディションの参加権を確保してくれたようです。なんか、この中では一番高齢のはずの順一郎氏が営業として外回りしてるようなイメージで何かと心配になるぞw

三週目

社長からデビュー曲を決めてオーディションに臨む様に指示が下る。
そして、竜宮小町も登場。

伊織「紛らわしいところにいるんじゃないの!」
中村「あー! 怒られたー!」
伊織「新入りなら新入りらしく、とっとと仕事を探しに出かけなさい!」
中村「うん、もっともです」

いおりんMAJIリーダー、りっちゃんPマジ敏腕、あずささんも亜美も…早く見たいなぁ。
今週はオーディションに参加すると言う事で、まずは楽曲「MEGARE」を選択。
番組の求めるイメージに合わせたアピールが必要なようです。倍率変動も番組によって異なるのかな?
参加30ユニットとか言ってるけど、そんなにたくさんいたらライバルのバーストアピールのタイミングなんて気にしてられなくね?
うーん、疑問は尽きない。

三人の初オーディションは無事通過し、テレビ出演シーンへ。
アッキーも美希の胸揺れに大喜びw

と、そんな感じで今回のプレイは終了。
うーん、楽しそうだなぁ。もうすぐだよ! 一ヶ月切ったよ!

Ending

まず、4月27日発売予定「ぷちます!」ドラマCD、2月24日発売予定Xbox360「アイマス2」の告知。
続いて、リリース済みのDJCDの紹介。次回はぬーさんがゲストだそうです。

中村「あー、ぬーが着てくれるの久しぶりだね」
長谷川「そうですねぇ、なんか、なんだろ、毎日あってるような気がするんだけど」

中の人達もスケジュール過密ですもんねぇ。
それにしても…「アイマス2」直前である以上にチョコガ2直前じゃないですかw

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.