THE IDOLM@STER 2

今、プレイしてます。
響MAJIかわいい! 後で書く!

前夜

正確に言えば前々夜、22日の深夜から23日未明にかけて、「ローソンには既に入荷済み」との噂が出ておりまして、23日は「今日の仕事帰りに受け取って帰れるのかな~?」なんて思いながら出勤したわけですが、日中にはローソンで引渡しを拒否されたと言う情報も流れ、「やっぱり日付変更の24時に出直さなきゃダメかな?」と…

まぁ、結論から言えば受け取れたんですけど。
21時前に自宅最寄駅まで帰り着き、そのすぐ近くのローソンに「これ引き取れますか?」と予約伝票差し出したら、「だいじょうぶですよー」と。そんなこんなで約3時間のフラゲですか。
まぁいいや。せっかくだからあと3時間寝かしとこう。先に風呂入って、身を清めて正座で24時を待とう。

発売!

日付変更を待って、Xbox360を起動。
とりあえずS4Uで5人ステージの「MEGARE!」とか見ちゃうよー!
あぁ、これは素敵だ…。

おっと、プロデュースもしなくちゃ。
初回プレイは予てから決めていた通り我那覇響を選択。
うむ、中の人に負けず劣らず可愛いではないか。動いていれば尚更だ。
例によって最初の何週かはチュートリアルみたいなもんだろうから、気楽に行こう。

活動第1週のお仕事は、振り付けの先生へのご挨拶と、ボーカルレッスン。
過去作では最初の挨拶は作曲家の先生だったような気がするが、今作はキャラによって違うとかだろうか?
初っ端から響が飛ばし過ぎで、アホの子っぷりを見せ付けてくれる。だが、それがいい。
ボーカルレッスンはまだ難易度低いので楽々。

活動第2週、まずはユニットの残りの二人を選択しなければならない。
まぁ、これも予てから決めていた通りだ。我那覇響、如月千早、四条貴音のアイステ三人娘。
とするとユニット名は「阿修羅」か…いや、それは幾らなんでも。正直に言おう。ユニット名は考えてなかった。間抜けである。
次回以降はじっくり考えて決めるとして、今回は安直ながら「くぃどぅる☆」とさせて頂いた。
ちなみにアイマスモバイルでは「くぃどぅる響」の芸名で活動させております。ウチの響を宜しく。

第2週の今週はまだまだチュートリアル期間で、社長の指示を小鳥さんが伝え、説明をしてくれる。飛ばせるけど、勿論飛ばさない。
その案内に従い、ViのレッスンとDaのちょーレッスンを選択する事になる。
(それ以外の選択肢はこの時点では湧いていない。)

その前に、気分を盛り上げるために小鳥さんがステージ衣装を用意してくれた。
何を着せても不機嫌になる事に定評のある千早が居るので、内心ビクッとしたが、気に入って貰えた様だ。
ステージ衣装を着て嬉しそうにする千早なんてそう見られない。これだけでも値千金と言うものだ。

それはそうと、レッスンに向かおう。
両方とも初回だけあって難易度は低かったが、早く慣れないとしんどそうだ。
Daはテンポが速くなり1ピリオドが長くなると崩れるし、Viは前々から苦手。
SPの時はボタン押しっ放しでカーソルを追いかける事が出来たが、今作ではボタン押しっぱは不可となっている。

まだレッスン3回と営業2回だが、明日に差し支えない様、今日はここまで。
俺は要領が悪くテンポの遅い不器用な人間なので、ほとんどのゲームで他人より時間がかかるのだ。
平日に進められるのはせいぜい2~3週程度では無いだろうか。SPやDSの時は片道2時間超の通勤をプレイ時間に充てられたんだけどね。
と言う訳で、今夜はDLCカタログを落としてから寝ます。また明日!

中の人達

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

THE IDOLM@STER 2” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.