雑記:あずみんのイメージ

昨日と言うか今朝と言うか、あずみん(浅倉杏美さん)がこんな事を呟いておりましたが…

  • Twitter : @asakura_azumi 4月5日 9:16 AM

    皆さんに質問! ずばり、浅倉杏美と聞いてイメージするものは? 真面目にね、マーガリンとかなしでね。笑

流石に本人にreply投げる気がしなかったのでw こっちに書きます。

と、その前に、「マーガリン」について。
過去何度か御紹介している通り、Webラジオ「ラジオdeアイマSTAR☆」(活動41週目)において中村繪里子さんが命名した、本人周辺では微塵も普及していないと思われるニックネーム、あだ名ですが、「弄る」上では本人が受け入れてない呼称の方が都合がいいからでしょうか。ニコ動のコメント等ではよく見かけます。
アッキー(長谷川明子さん)における「小鼻ちゃん」の様な「本人が嫌がるのが面白い」ものなのでしょうけど、アッキーが同じ場の出演者から頻繁に「ほらまた小鼻触った」と弄られる流れの1つのピースとしてニックネーム「小鼻ちゃん」があるのに対し、あずみんの「マーガリン」は流れとして突拍子も無く、その先の展開も無いので、話の流れの中では必要性も必然性も無いように感じるのと、個人的には「マーガリン」と言うよりは「ホイップバター」なイメージである事、そして、中村先生本人が居ない場で中村先生の存在感が強調され過ぎてしまうのは如何なものか、と言った観点から、私としてはあまり積極的に用いる気にはなれません。
まぁ、今後あずみん自身が「マーガリン」に繋がるネタ振りとか開拓するなら話は別ですけど。

で、話を戻して、私の中での「あずみんのイメージ」ですが、まず「自覚的狡猾」。
美味しいところを持って行こうとする努力に対し、本人はとても自覚的だと思います。
あざとい、だが、そこがいい。

格ゲーやSTGで言うなら、パワータイプではなくスピードタイプ、そして、一撃必殺ではなく手数で戦う方ですよね。
正攻法では何とも御し難い暴風圏の如きキャラクター(例えば中村先生)に対し、頭を使い、策を弄し、手を尽くして自分が被害を負わないように誘導するが、その小細工も虚しく暴風に巻き込まれ…と言う所も諸行無常の情緒がありますし、見事に策が功を奏し、矛先をずらして難を掻い潜った時のドヤ顔にも、「努力が報われた」と言う達成感への共感を生みます。
まぁ、何と言うか、いいよね。

そして、最大の魅力はあのS気に満ちた眼差し…
M性を隠しながら生きている身としては、惹き付けられずにはいられません。
来週からの新生「THE IDOLM@STER STATION!!!」は、天然Sなあずみんとはらみーに囲まれてぬーがどんな事になってしまうのか、今からwktkのあまりニヤニヤしてしまうのです。

俺は別にあずみん推しとか新雪歩推しとかじゃないですけどね。
だから、これ以上「浅倉杏美 マーガリン」の検索順位を押し上げるのはやめてくだしあ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.