モゲマス業務日誌 活動第16週

先週の木曜日、PMF終了時に「すぐに次のイベントで誤魔化すにしても」なんて書いたら、その翌日には「桜舞う花見祭り」が始まってました。
タイミングが悪かったかなぁ。

まぁ、それはそれとして、皆さん集めてますか? 桜の花びら。
そんなもの集めてどーすんだよ、と言う気もしますが…。あっ、ちょ、きらりん、桜の幹に十六文キックはダメだってば!

業務報告

今週月曜発表の先週分のPRAは、「C.普通プロデューサー」ランクにて8900位台でした。更に下がったなぁ。
PRAプロダクション部門では、「c.大手プロダクション」ランクにて408位と微上昇、引き続き敢闘賞を頂いています。
発揮値はスキルが上手く乗って9万行くか行かないかと言うところですか。

育成方面はゆるゆると。
まずはパッション、前回イベントの報酬SR《[お転婆ひな娘]喜多見柚》はMAX特訓しましたが、特訓後のレッスンがしんどいので放置。
「きらりん」こと R《諸星きらり+》には「物理で殴る」担当として活躍して貰っていますが、先日10連ローカルオーディションで三人目となるきらりんを引いてしまったため、レッスンの末に副アカウントへ派兵しました。

続いてクール、「ほのちゃん」こと R《綾瀬穂乃香+》をMAX特訓の末に上限まで育成しました。
前々回イベントの報酬SR《[ピュアハート]綾瀬穂乃香》もMAXまで育成したけど、もう一人居ないのでここまでか。

最後にキュート、一時は育てるものがもう無いと言う状況でしたが、「それなら輿水幸子でもMAX特訓してみるか」と育て始めたら、それ以外に育成すべきキュートRが集まって来て、それどこではなくなってしまいました。
と言うわけで、今は身内トレードとTwitter上でのトレードで得た R《西園寺琴歌》さんをMAX特訓の準備中。

殴られ屋「のーがーど!」休業

本日午後から休業とさせて頂きました。
前々回の「スイーツロード」で、守りが皆無に近い「殴られ屋」のままでは衣装コンプは出来ないと思い知らされましたが、今回、どうしても《[お花見]水木聖來》さんが2枚以上欲しいと言う事で、少し無理をしてみようと思います。

目的の衣装が集まったらまた営業再開するつもりですが、イベント終了に間に合わない気がする。
本当に、奪っても奪っても奪われていくんだもの。

イベント「桜舞う花見祭り」

「プロダクションマッチフェスティバル」(PMF)が終了した翌日である、先週金曜日の15時から唐突にスタートしました。
従来だとイベントとイベントの間には1週間程度はインターバルが設けられていたわけで、イベント明け翌日のスタートはあまりにも性急。
ある程度急いで投入して来るであろう事は予想していましたが、まさかここまでとは…(^-^;;

まぁ、通常の「お仕事」が現況最終エリアの「大阪D」まで行っちゃってる人達にしてみれば、次のエリアが実装されるまでは手持ちブタさんになってしまうわけで、毎日アクセスさせる事を至上命題とするソシャゲ的には「やるしかなかったんだ!」と言うところではないかと思います。
しかし、逆に通常の「お仕事」が残ってる後発プレイヤー達にしてみれば、イベントラッシュで通常のお仕事を進める余裕が無くなってしまうわけで、先発プレイヤーを引き止めつつ後発プレイヤーを置いてきぼりにしないオペレーションのバランスが、今後の課題になるのではないでしょうか。

それはそれとして、今回のロード名は「桜の並木道」です。
私は「ブロッサムロード」と予想してたんですが、残念、外れました。

今回集めるポイントアイテムは「花びら」、他プレイヤー達と奪い合う衣装は以下の通りです。

  • エキサイトスプリング : 3コンプでイベント衣装R《[お花見]中野有香》を獲得
  • ダンシングストリーム : 3コンプでイベント衣装R《[お花見]水木聖來》を獲得
  • フリルブロッサム : 3コンプでイベント衣装R《[お花見]姫川友紀》を獲得

そして、上記3衣装×3回のフルコンプ+「桜の並木道」表100ステージクリアで、イベントクリア報酬SR《[お花見]柊志乃》を獲得できます。
ここまでが無課金(「スタミナドリンク」等の課金アイテムの消費無し)でクリアできる様に設定されているであろう基本的なゴール地点となります。

イベント衣装Rの3人はNだった子達ですね。
中野有香さんは最初(特訓前)道着で登場する18歳の空手少女。特訓前も特訓後もとてもかわいいのですが、コストの低さから、キュート陣営においては島村さんと並ぶ影の薄さでした。
聖來はウチの初期リーダーだったダンスの得意な23歳。コストの高さからレッスンパートナーとしても人気ですが、愛犬の話ばかりしてます。個人的に思い入れの強い子です。
姫川さんは痛ユニクラスタ…じゃなかった、最初(特訓前)はユニフォーム姿で登場する野球ファンの20歳。ちょっとお付き合いが薄いんで印象無いです。
クリア報酬SRの志乃さんは元はRで、クール勢にこの人有りと一目置かれる「飲んだくれ」31歳。モゲマスにおいて「飲んだくれ」と言えば現時点ではこの人の事、この人しか居ません。派手な技能を持たないために市場評価は低いものの、守りが堅いので微課金者(主に俺)に人気です。あと、性的。

一方、課金アイテムの消費を必要とするであろう「やりこみ要素」は以下の様になっています。

  • 「ポイントアイテム『花びら』4000枚獲得」イベント衣装R《[お花見]中野有香》を獲得
  • 「裏『桜の並木道』制覇」イベント衣装R《[お花見]姫川友紀》を獲得
  • 「プロダクションランキング500位以内入賞」イベント衣装R《[お花見]水木聖來》を獲得

衣装3コンプでやっと限定Rを1枚だけ得られて、「やりこみ要素」で2枚目が得られる(特訓できる)と言う仕様や、表100階・裏100階と言う仕様は前回に引き続きです。
まぁ、無課金者をきちんと参加させつつ重課金者にも「課金アイテムを使わせてあげる」必要があるので、この「やりこみ要素で2枚目ゲット」構成は現時点の最適解なんでしょうけど、微課金者的には「ぐぬぬ…」と思うところもないではありませんね。
尚、これまでロードイベントを繰り返す毎にハードルが高くなっている事を考えると、まぁ、今後も低くなる事は無いよね。

前回までとは異なる部分もあります。
まず、前回の「バレンタインパーティー」(スイーツロード)では途中でちょっと配って後から大々的に売り出したポイントアイテム取得数増加アイテム【3倍チョコレート】ですが、今回は【2倍花見団子】としてイベント開始前から大々的に宣伝されていたりします。あぁもう、こいつらの開き直りっぷりと言ったら…

登場するイベント限定Nはクール属性の《[お花見]相川千夏》とパッション属性の《[お花見]大槻唯》の2種類だけで、二人とも特訓前はお花見を楽しむカジュアルなファッション、特訓後はこの二人でユニットを組んだと言う設定の「桜をモチーフとしたペア衣装」となります。
二人のアルバムコメントやマイスタジオコメントも、自分とプロデューサーの間の関係だけでなく、ペアを組むお互いの存在に言及したものが用意されており、キャラクター描写について「新たな路線」へ展開し始めたんだな、と。

尚、唯については千夏だけでなく《諸星きらり》に言及した台詞もありますし、イベント衣装R《[お花見]水木聖來》も《[聖なる乙女]望月聖》と交流がある事を示す台詞がありました。
同人界隈で活動されている方や同人誌ファンは、キャラクターとプレイヤーである自分とのコミュニケーションよりも、むしろこの様な「キャラ同士の絡み」を見たがっている傾向がありまして、この展開に一気に熱が上がってしまった人達をチラホラ見かけます。
思えば、初期のアイマス(SP以前、アケマスおよび箱マス無印)作中ではキャラクター同士の絡みは描かれておらず、CD等の周辺コンテンツや同人界隈がその辺りの描写を担っていたわけで以下略。

コンプガチャ「制服コレクション」

そのタイトルと言い、コンプ特典で水濡れセーラー服と言うあざとさと言い、特訓したらみんな制服を脱いじゃうところと言い、「まるでAV」と専らの評判です。
やっちゃったと言うか何と言うか、鼻息を荒くしている人が居る一方で、その方向性に背を向ける人も居た模様。
まぁ、コンプガチャは避けて通る俺には関係無い話ですが、

尚、このコンプシートの5人も、台詞中に前述の「キャラ同士の絡み」と言うか、横の繋がりの描写があるらしいです。

その他細々

ここ最近、細々と仕様変更が繰り返されているようです。
先週実装された「保護機能」は全プレイヤー待望と言ってもいいぐらいだし、先日からは、「LIVEバトル」を挑む際に相手の守コストはその時点の実行値ではなく上限が表示されるようになったり、「LIVEバトル」のFlashから相手の守発揮が読み取れなくなったりと、挑まれた側を極端に不利にしていた仕様が若干改められています。
また、スマートフォン版だとアンカーエリア(リンク部分のクリックできる領域)に何度目かの改善が施され、全体の操作性は着実によくなっています。
こーゆー丁寧なお仕事が、収益に繋がるといいね。

音無プロダクションよりお知らせ

放置アカウントの解雇やPLvアップによる所属枠自体の拡大もあって、現在若干名の新規所属者を募集しております。
弊社は、コンプガチャ更新の度に目の色を変えて回す重課金者も居れば、ほぼ無課金のプレイヤーも居る、概ね「まったり系」のプロダクションです。
唯一のルールとして「2週間放置で解雇」とさせて頂いておりますが、それ以外に特にノルマ等はございません。

現在のイベント「桜舞う花見祭り」においても、さっさとドリンク飲みまくってエンドレス入りしてしまった方も居れば、今尚「桜の並木道 1」に鎮座しておられる「仕方なく付き合ってるけど表さえクリアする気が無い」雰囲気を漂わせている方も居ます。
その程度に「温度差」を許容している事務所ですので、例えば無課金の方であれば、無課金である事を威張らない、無課金である事を言い訳にしない、重課金者からプレッシャーを受けても華麗にスルーできる、と言う方を歓迎します。

弊社は現在「c.大手プロダクション」ランクで、所属定員33名、3種類の施設は全て完備しております。
PRA上での成績・評価は過去のエントリを御確認下さい。

尚、応募者複数の場合は、Lvや週間獲得ファン数等を比較して選考させて頂く場合がございます。御了承下さい。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

モゲマス業務日誌 活動第16週” への1件のコメント

  1. 5万でも揃わないコンプガチャ
    次第に出ないのが気持ち良くなって来ます

    私のプロダクションも温度差がありますねー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.