ヤンヤンCandy Vol.3

不定期刊行中の女性声優専門誌「ヤンヤンCandy Vol.3」を購入した。
前回Vol.2は10月、その前の創刊号は8月と言う事なので、大雑把に言えば隔月。


アニカンJP / アニカンR : ヤンヤンCandy
http://www.anican.jp/anicanr/candy/

例によってアイマスの中の人繋がりでピックアップすれば、表紙&巻頭特集がユニット「スフィア」で、戸松遥さんが出ており、p.24~29に「DAKER THAN BLACK ―流星の双子―」で花澤香菜さんが、そして、p.48~50に沼倉愛美さん、p.51~53に原由実さんが登場しています。

はらぬーはアイマスの話題でのインタヴューですね。
この二年間を振り返り、クリスマスライヴへの意気込みを語ると言う構成になっています。
ぬーぬーはラジオ「THE IDOLM@STER STATION!!!」内のコーナー「歌姫楽園NEW BE@T」でカバーした「夢色チェイサー」について、「スーパーロボット大戦MX」で流れていて知ったと話しています。普通に素でゲームの話してる。(^^;
はらみーは「MASTER SPECIAL WINTER」の収録の話が興味深いです。そして、ぬー同様に「歌姫楽園NEW BE@T」でカバーしたラクス・クライン「水の証」に関する言及も。

二人ともちょっとポーズに乏しいのは撮られなれてないってところでしょうか。
角度も(二軸とも)大きな変化が無いってのはちょっと残念です。カメラの方にはもう少し上手く動かしてあげて頂きたい。

それはそれとして

巻末の読者コーナーの締めに以下の様に書かれていました。

次号ですが発売は未定です。
ぶっちゃけ第4号が出なかったら「3号まで売れなかったんだな」と思ってください。

(前後は省略しています。)
現時点では第4号が出るのか出ないのかも分からず、確認のしようも無いわけだけど、出ないとしたら些か残念。
なので、皆さんにも3号とかその前のとか買って頂きたいのだけど、それ以前に、中の人達にもひとつだけ苦言を呈しておきたい。
それは、高いとか小さいとかそーゆーは話ではない。宣伝が、アピールが足り無過ぎると言う事。

短い期間で売り上げを立てなきゃいけない雑誌は、口コミで地道に長く売る商品ではないでしょう。
定期化以前の不定期状態で次回予告を載せられ無いと言う状況は分かったけど、それならそれで、どうやってリリースを知らせるの?
まさか、自称「史上最強のアニカン的ポータルサイト」である「アニカンJP」上の告知だけでモノが売れると思ってるんじゃないでしょうね?
俺がこれの発売を知ったのは、発売日の沼倉さんのブログエントリの記述からだけど、せめて発売日前日に書いてもらえよ、とか、他の取材対象者は言及してくれて無いじゃん、とか、色々とモヤッとしました。
宣伝にコストを掛けられないなら掛けられないで、お金を使わずに何が出来るか、Social Media Optimization等の視点で考えてみて欲しいです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.