SP:DLC「765ショップカタログ12号」

PlayStationStoreで買わないと一括ダウンロードが出来ないのが不便だが、今日の通勤時間に楽しむためにはStoreに並ぶのを待っていられない。
いつもの様にリリース日前夜の帰宅後にカタログ更新。

で、いつもならこのままPSPを通勤鞄に放り込んでオヤスミナサイなのだが、待望のオバマスと言う事もあって、ちょっと疼く。
少しだけ、一人だけならいいじゃないか。…そうだな。今夜は千早だけ聞いてから寝よう。うん、そうしよう。

気付いたら亜美真美を選択していた。
何を言ってるか分からないと思うが以下略。

楽曲「オーバーマスター」

というわけで、待望のオバマスです。
「全員に歌って欲しい楽曲ランキング」堂々の2位(俺調べ、調査期間:2009年4~10月、調査対象:全俺)。
まさにSPリリース12ヶ月目の節目を飾るに相応しい楽曲と言わざるを得ない。

いつもだと、まず千早→響→貴音とDLし、次は誰にしようかなと思案するところだが、今回はそのまま亜美真美→春香さん→やよい→あずささんと一気に落としてしまった。危うく全員分買うところだったぜ。
しかも、事務所モードに入って最初に選んだのは亜美真美。好奇心に負けた。

で、どんな化学変化を起こしているだろうかとwktkしながらオーディションへ…期待通り!
これは凄い。流石に天才と呼ばれるだけの事はある。
続いて春香さんも、と言うか、パンゴシ来てるんだからまず春香さんだろJKって感じですが…
あぁ、しまった! 春香さんのカメラ目線が可愛過ぎてオーディションに集中出来ない!

おかしい。これはおかしい。
ちょっと考えを整理させてくれ。なんかね。今回、表情が細かい。
フリもカッコイイし、必ずしも全てキャラクターの顔のテクスチャで表現されてるって事じゃなく、歌唱その他から補正されたイメージと言う部分も大きいだろうし、そもそも俺がオバマスを特別扱いしているプラス補正もあるかもだけど、

みんな、凄い魅力的な表情をする。
春香さんは基本的に曲を楽しんでる事が伝わって来る歌い方。
カッコ付ける部分ではいい意味での気負いが表れていて、挑むような目がとても魅力的。
やよいは一生懸命さが出てる。「高嶺の花ね」で顔を赤らめておいて、間奏では真面目な顔でポーズを決めるのがかわいい。
このやよいの表情を見てると仁後さんに収録の感想を聞きたくなる。
千早はキリッと真面目な顔で決めているシーンが多い分、「Good luck to you」のところ等、ふと表情が緩む瞬間に引き込まれる。
貴音は基本的には表情を抑え気味にしている様に見えるが、時折目の奥が笑っている様に見える事が…。

…これはもしかして、全員分見なきゃ収まらないんじゃないだろうか?
真ならどう歌うんだろう? いおりんは? ゆきぽは? 美希なら? りっちゃんは?
DLしなかった残りの子達が気になり始めた。くっ、悔しい!…でも…

今回は曲調に合わせて凄い激しい、複雑な振り付けだよね。
その上、動きが大きくて、手足の長いキャラクターはとてもカッコよく見えるが、逆に小さい子達はかなり無理してそうw
動きが複雑なためか、カメラが寄ってると、角度によって全然違う動きに見えるのが面白い。
前述の通り、それぞれの「表情の変化」も楽しめるしね。

Extend衣装「パンキッシュゴシック」

例によってアクセサリー無しの衣装のみが一番映えるので、とりあえず衣装のみをDL。
と言うか、衣装にもある程度のアクセサリー的な要素が搭載済みなので、そこに更にアクセサリーを加えると、うるさすぎるんだよね。
例外はあるけど、Extend衣装って衣装そのままの状態が「足し引きの余地が無い」完成されたものになってる事が多い様に思う。
ネタとして、見た目のバランスを崩す事は承知でアクセサリーを足す事も出来るが、やはりステージ(テレビ出演シーン)を鑑賞して満足感が高いのは、それらがない状態と言わざるを得ない。

とは言っても、これは例外も多い。
「ユカタメイド」はパーツ分割が上手いと言うか、完成された一揃いを上手くアクセサリーへと切り出していたし、「ミニウエディング」はアクセサリーが衣装に上手く溶け込んでいて、フル装備でも個別に主張しないのでうるさくならない。

で、ここからが本題。

箱丸なP諸兄からしたら変な話に聞こえるかもしれないが、このPSPの画面でパンゴシを見られる日が来ようとは感慨深い。
ステージ描写についてはDSも頑張ってて感服したが、やっぱりキャラクターはPSPぐらい細かくないと厳しい。
ちゃんとパンゴシに見えるのが嬉しいね。
でもって、パンゴシと言えば春香さんである事は論を待たないと思うけど、春香さんの魅力が通常の3倍。
オバマスにより更に3倍されるので計9倍だ。例えるならばウォーズマンのベアークローの様なもんだと思ってくれていい。

黒ベースに赤のアクセントは最高の組み合わせだよね。
春香さんのリボンはある程度大きい方がメリハリがあっていいんだけど、それでも過剰に主張せず、シンプルに、クールに色を添えている。
女の子のネクタイMAJI最強説については異論は受け付けないので悪しからず。
普段はいまひとつ自己主張の足りていない春香さんが、頑張ってエッジの立った格好をして、精一杯カッコつける、と言う非日常感もスパイスになっていて、いつもより気合いの入ってる感じ、高揚感が伝わって来るような物語性を見出してみたり。
やっぱり俺は春香さんのパンゴシが好き過ぎる。

春香さん春香さんと連呼しててもアレなので、話を広げよう。
今回新たに追加となった響と貴音の衣装は、杏仁豆腐先生が書き下ろしたと言う。
響さん? その貴女のお腹から太ももに伸びるスカイブルーのラインはガーターベルトですか? とか、伝線ストッキングがせくしぃとか、言いたい事はたくさんあるが、それよりもけしからんのは貴音。
なんですか? その、ボリューム感のある貴音のプロポーションを生かし、引き立てるゴージャスな衣装は? もはやそれはパンゴシじゃない! パンゴシじゃなくて、えーっと、その、パンゴシと同じぐらい素敵な何かだ!
…勢いだけで言った。今は反省している。
それと、貴音は頭のクラウンなアクセも目を引きますね。
メタリックな質感を表現しているのか、他のアクセと塗り(と言うかグラデ)が全然違う。

せっかくだから、他の子の分も書こうかな。…いずれ、時間があったら。

アイドラ「トラブルウェディング」

こ、これは…公式が酷い病気だ。なんとかしてくれ… orz
もはや毎度の事ながら、どこから突っ込んでいいやら…

とにかく、ぬーが、いや、響がかわい過ぎる。貴音もかわい過ぎる。美希までかわいいのだから破壊力抜群。
少し前に「アバター欝」とか言うしょーもない記事を目にして鼻で笑った俺だが、アイドラ欝になりそうな勢いだ。

(続きは後で書く)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.