ラジオdeアイマSTAR☆ 活動20週目

本日の「3パターン SAY HELLO!!」は公開録音への意気込み。
まだ先の話なのに煽るなぁw

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/imas_star/

活動20週目『タイトルを決めるのも楽じゃない?』

二月最後の放送分と言う事で、あと一ヶ月ちょっとに迫っている事に驚く三人。

日直のジャンケンは珍しい事に中村先生の勝利。
中村「勝ったぁぁぁぁぁあああああ!!」
仁後「繪里ちゃんが勝ったぁ!」
長谷川「…凄い雄叫び」

コミュニMail☆ 公開録音特集

仁後「はい、まずは公開録音のタイトルを決定したいと思います!」

と言う事で、エントリーされたタイトルをテンション高く読み上げていく中村先生。
15個も挙げてるんでいちいち書きませんが、

タイトルとサブタイトルでそれぞれ1つずつ選ぶ流れになったが、中村先生が選んだタイトルがサブタイトルと毛色が違い過ぎるとアッキーから指摘が入る。
長谷川「なんか色が違うくないですか? …あ、そこがいいのかな?」
中村「でもさぁ、思い出してごらんよ、アッキー」
長谷川「なんです?」
中村「これ、一個前のさぁ、番組の公録タイトル、あんた何だった?」
長谷川「Let’s ExAite ~ 皆、公録さえくさ ~」
中村「なんでそーゆー事になった?」
長谷川「なんで?」
仁後「え、それアッキーが決めたの?」
中村「そう!」
長谷川「えぇ?」
中村「なんかカッコ良くしたかったんだけど…」
仁後「待って、ちょっと待って! あたし…アッキーに頼まない」
長谷川「待って! 真耶子さん待って! 違うの!」

前番組は中村先生をイメージしたからそうなったのだ、とアピールするアッキーw

仏語の店名風タイトルを呼んで、
中村「あたし言われなくてもフランス語読めてなかった? かっこいー! あたし」(怪しい笑い)
長谷川「笑いが可愛くない」

「注文が多い料理店」と言うタイトル案があり、なんで『が』? と言う話に。
発案者の意図は、イベントタイトルやらユニット名ロゴやら、何かとリスナーに注文が多い、と。
長谷川「それは…繪里子さんだけ…」
中村「ちょっと!」
仁後「なんか今いっしょにされた」
中村「急にその三分の二と三分の一に分かれた?!」
長谷川「分かれた!」

うん、分かれた。

パン祭りだの何だのと迷走しまくる。
長谷川「えーっとぉ…なんかねぇ、リアルなパン祭りの話になっちゃってるけど
仁後「ねぇ、じゃあさぁ! ねぇねぇ、このタイトルになったらさぁ、お皿をみんな持って来ればいいじゃん」
長谷川「それ、間違いなく、『なんかくれよ』って差し出して…こーゆー事ですか?」
仁後「いや、ただ、あの『パンっぽい』から…」
中村「そう、『パン祭り』っぽいから、お皿持って来たら、ねぇ」
仁後「そう、真耶も欲しいなぁって思って…
長谷川「はっ、そうですよ。迂闊な事したら『パーン』って飛んできますよ

…どーゆー公録だ。

中村「この番組になってから、はじめての公録でしょ? カッコイイ、カワイイのがいいよ。ダサいのやだ」
長谷川「え? それは『公録さえくさ』を…」
仁後「なんかさぁ、畑っぽくないのにしようよ

結局、これらの候補を組み合わせて新たに作ろう、と言う事になりました。
…それはそれでカオスな予感しかしないぜ。

色々と組み合わせて一旦ゴチャゴチャになったが、中村先生が整理し直して綺麗な感じに。
仁後「なんか、前回の…田舎…より、なんかちょっと、上京してきたって感じ」
中村「感じするよね」
長谷川「そうですよね! 春だから!」
中村「上京してきて、春を迎えるんだよ」
仁後「だって、アッキーかわいいのが良かったんでしょ?」
長谷川「うす!
中村「(笑)かわいくない」

決定タイトルは「アトリエ de あえまCHEFFLE ~ 桜の季節のフルコース ~」
※ 表記には自信無いです。

中村「今までで一番キレイってスタッフが超喜んでる!」

明作熟語

今日のテーマは「マラソンシーズンと言う事で走るようになったが、悲惨なお腹周りは一向に減る気配が無い憎さ」との事。

それに対してアッキーが作った四字熟語は「脂肪乱舞!

…これは酷い。
中村先生と仁後さんは「凄い!」と絶賛。

コミュニMail☆ 公開録音特集 後半

中村「後半は公開録音の内容についての提案、ご紹介していきまーす!」

提案1 : 中村さんのために水をあらかじめ三本ほど用意しておく → 舌の回りも良くなり、一度も噛む事無く…

中村「うん、余計なお世話だ!」

ここで先生が切れる。
中村「噛んじゃいけないわけ?」
長谷川「…うん、噛…」
中村「噛む事の何が悪いの?って言ったら…」
仁後「そうだよ! 繪里ちゃん!」
長谷川「乗っかった!」
仁後「噛む事は別に悪くない、人間なんだから!
中村「ねぇ?!」
仁後「いいんだよね?!」
長谷川「えーっとぉ…えーっとぉ…」
中村「噛むんだよ。人は!
長谷川「…そうかぁ、そうなのかなぁ?」

中村「あと、水飲んだからって噛まなくなるわけじゃねぇからな?」
仁後「そんな素晴らしい水は世の中には無い!」
中村「あったら買うよ!」
長谷川「うわぁ、なんか、なんだろう、すごい波が『ぶわぁ』って…」

アッキーそんなには噛まないもんね。

中村「じゃあアッキー水無しで!」

提案2 : 前回(シュシュ)みたいに今回もドレスコードを決めては?

中村「今回は何がいいと思う?」
仁後「え? 桜じゃない?」

事も無げに言うw

長谷川「桜? どこに?」
仁後「分かんない」
長谷川「花びらとか?」
仁後「ん、なんでも、いい」
中村「あの、かんざしみたいに頭に挿して来い、とかそーゆーイメージなんでしょ?」
仁後「なんか、木をしょって…
中村「ホント迷惑! そんな人」

…お前は何を言ってるんだ。

仁後「なんかね。真耶のイメージはね。こう、なんて言うの? あの、なんだろ? ここ桜があるじゃん。ここにお爺ちゃんがいるの

…?
イメージを描きながら話しているようなんだが、返って意味が分からない。

中村「なんかピンクの何か」
仁後「あ、ピンクのストール?」
中村「ストール! 欲しい物だよね、今ね」

長谷川「ピンクかぁ、ピンクと言えば…おピンク妄想が…出てくる…」

…お前も何を言ってるんだ。

暫定として、「ピンクのハンカチ」等と言う事になりましたよ。

提案3 : オリジナルカクテル作成やタップを披露しては?

中村「そう、中村と真耶ちゃんの、このバーテンとタップって言ってくれた、これ凄く確かに、生で見せたい、気持ちはある」
長谷川「そうですね」
仁後「うん」
中村「でも、やっぱね。アッキーのね、あの『明作熟語』が炸裂した瞬間のね…我々のリアクションも見せたい!」

長谷川「でも、って事は会場で私、お二人を爆笑させるぐらいの物凄い良い物を作らなきゃいけないって事ですよね」
中村「今まで通りに、積み重ねていけばそれで大丈夫だから」

この話題は何度やってもカオスになるなぁ…

その他、投稿者のプロデューサーポイントや、パーソナリティ三人のスターポイントもどうすんのよ?と言う話とか。
「プロデューサーポイントの使い道」は、なんと30ポイント貰えるそうなので、今からでも遅くないよ!と、

中村「皆さんには、この、自分達が貯めたポイントをどう使いたいかの、アイデア、意見を送って来て欲しいと思います」
仁後「じゃあ、あの、ハワイに行きたいけど、パスポートだけ取って真耶にくれるよ、とか、そーゆーのでも…」
中村「偽造です

Ending

昨日発売された「ボーカルコレクション01」と、4月21日発売の「ボーカルコレクション02」の紹介。
そして、5月22日のボーカルコレクション発売記念イベントの告知。ゲストはミンゴスとあさぽんが決まってましたが、それに加えて平田さんも参加されるそうです。

私事で恐縮ですが

4月11日開催の公録に当選した旨、謹んで御報告申し上げます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.