ラジオdeアイマSTAR☆ 活動24週目

先週に引き続き「音無小鳥」役の滝田樹里さんがゲストと言う事で、語尾に力を入れて雄々しく?
仁後「なんでみんなそんな…なんでみんな語尾だけアレなの?」
中村「えせマッチョ」
仁後「あ、そっか。じゃあ今日はマッチョの日なんだね」

滝田「なんか、前回は、マッチョの話ばかりしてたのでね。今回は筋肉の話を…
長谷川「変わんないよ!」

ラジオ de アイマSTAR☆
アニメイトTV : ラジオdeアイマSTAR☆
http://www.animate.tv/radio/imas_star/

活動24週目『本日は予定を変更してラジオdeアイマ○○○を放送…はしません!』

マッスルの発音を指導する樹里きっつぁん。
滝田「Say!」
中村・仁後・長谷川「Muscle」
滝田「OK!」

何の番組ですか。
今日のポイント日直はあっさり決まってアッキーです。

コミュニMail☆

最初のメールが「卒業に関する思い出ありますか?」。
長谷川「え~、聴きたい。皆さんの甘酸っぱい青春を聞きたいな~」
中村「青春…卒業は甘くなかったもん」
長谷川「え?」
滝田「かったんですか?」
中村「うん、なんか辛くて酸っぱくてしょっぱかった。あと、苦かっ…焦げ臭かったし」
長谷川「いいとこ無し!」
中村「後から青春が来た感じだったもん。私は、」

先生、何があったんだよ。
まぁ、卒業式前後にプライベートなイベントとかフラグとか集中するのも今から思えば考え物だが、

仁後「真耶、意外と普通だよ」

滝田さんは、卒業式の送辞的なイベントに笑っちゃいそうだったと言う話。
そしてアッキーは、片思いをしていた人がいたと言う甘酸っぱいお話。

その流れで、樹里さんの学生時代の恋バナ、かと思いきや…
中村「マッチョ?」
滝田「いや、その時はマイルドマッチョ…」

「胸板に弱い」「筋肉マンみたいな人がタイプ」etc… 樹里さんの好みのタイプの話に。
恋バナじゃなかった。恋バナに戻る気配すら無ぇ。

中村「あと地球人じゃないです」

続いてのメールは「いつか話されていたマイブームの『釣り』はその後どうなりましたか?」。
釣りについて語る樹里さん。おじいちゃんの影響で基本は川釣りだけど、いずれは海釣りもしてみたい、漁船に乗ってマグロを釣ってみたい、と言う。

アッキーが「見た目は女らしいが中身は男らしい」「カッコイイ」と評すると、
中村「あたし、いまだに樹里ちゃんのイメージは、人命救助の人って言う…」

学生時代に応急処置の訓練を受けて資格を取ったらしい。
更に、サーフィンをやると言う話やプールの話に…。
果たして仁後さんは泳げるようになるのか?!

海に行くのに、ビート板もってピッチリした帽子被ってゼッケン付き水着を着せよう、等と言う変態淑女よりなトークが繰り広げられる。
仁後「樹里ちゃん一緒に行ってくんなくなっちゃうよ。そんな事したら」
中村「ダイジョブだよ。遠くから見てるから」
滝田「遠くから笛を持って見守ります。ライフセイバーはいつだって見守っているから、遠くから」
仁後「…普通に行こうよぉ」

プチニケーション

長谷川「バッドを引いたら、社長茶のご褒美があります」
中村「とっても身体にね。いい…人命救助な飲み物です」
長谷川「どどどどどーゆー事なんだろう?」
中村「すごく人命に関わる感じの飲み物です」

逆だ。

状況は「ライブで小道具に鞭を持たせる事に。誰に持たせる?」

え? そんなの「ぬー」一択じゃん。
選択肢は、A.響 / B.春香 / C.伊織 / D.なぜか小鳥さん

樹里さんは真っ先に選択、「もちろん、春香ちゃんに!」(小鳥さんで)
中村「なっ、もちろん?!」
長谷川「なぜですか?」
滝田「なんかこう、いつもの明るくて素直な春香ちゃんとは別に、別口で、もう一口欲しい時に、ちょっとSっ気のある春香ちゃんで、叩いてもらえれば…

中村先生は小鳥さん、仁後さんは響、アッキーは伊織を選択。
Aは「なんだかよく分からないけど」グッド、Bはノーマル、Cはパーフェクト、と言う事で、中村先生、バッドです。

中村「何それー!」
長谷川「真耶子さんが淡々と社長茶濃くしてますからね。今」
仁後「あのね。今一生懸命、絞れないかなって思ってるんだけど…」
中村「絞る?!」

仁後さん、いじめっ子過ぎる。

中村「せっかくだから、鞭を持った小鳥さん、飲んでみたらどうだろう?」
社長「中村君、誤魔化せると思っているのかね?」

と言うわけで、中村先生が息も絶え絶えに「…美味しい」
続いて、樹里さんと言う小鳥さん「あたしも飲んでみるわね…」
滝田「うーん、あ、でもちょっと苦いけど…」
仁後・長谷川「ちょっと?!」
滝田「なんか…身体に良さそう」
長谷川「無反応?」
仁後「…平気?」
滝田「うん、うーん、不味い!」

しっかり効いたようです。

ソフトにハードに!

今日のお題は?
社長「ハイ!ハイ!フッフー!でお馴染みの『Live For You!』だ」

噴いた。
えーっと、中村先生も爆笑してます。
フロンティアワークスは恐ろしい素材(音源)を手に入れてしまった様だ。

社長「ハイ!ハイ!フッフー!ハイ!ハイ!フッフー!」
小鳥さん「持病が出たのね…」

L4Uは小鳥さんが初めてゲーム本編に登場したと言う事で、樹里さんがその役になった経緯の質問。
音声の初登場は2006年1月の赤羽ライブの「開演の挨拶」との事で、アーケード版の出た2005年には決まって収録も終わっていた事になる。

滝田「当時はですね。オーディションの時、豆粒のような、コピーを三回繰り返したような、なんかよく分からないイラストがちっちゃくあって『音無小鳥』と書いてあったんですね」

滝田「あとですね。歌のテストも、ありました」
中村「え? 同時期に?」
滝田「はい、そのオーディションの時に、歌のテストも、同時に…実は、ありました。今となっては、暴露ですが」
中村「その時には、既にアイドルマスターの中に使われてた曲を課題曲として? それとも、好きな曲を歌ったの?」
滝田「えっとですね。『魔法をかけて!』を歌いました」
長谷川「わっ、なんか、親近か~ん。美希の時も『魔法をかけて!』課題曲だったんで」

樹里さんが「音無小鳥」役として公表されたのはいつだった?と言う話も。
赤羽ライブの時には紹介は無く、後日ネットで発表されたとの事。

滝田「こんな言い方あれなんですけど、かつてないぐらい雑な…もう、なんですかこれ?みたいな…どう演じればいいのだって言う」
中村「あー、おおらかな」

アイマスはキャラがかっちり固まってない状態で声優と共に肉付けをしていく、と中村先生が説明。

中村「でもまさかCDまで出るなんてね」
滝田「もうその当時は、だからもう、ビックリの連続で、もう、その、最初は小鳥ちゃんとして、その前説と後の挨拶をさせて頂く、と言うお話しか、たぶん自分のところには来てなかったので、その後こう徐々に、こうイベントにドラマパートで出させて頂いて、股その次に歌を歌わせて頂いて、等、そーゆー展開になるとは自分も予想してなかったので…」

続いて、「Live for You!」の限定版に同梱されていたオリジナルアニメDVDについて。
自分はXbox持ってませんから、知人の某ランキング動画編集者Pの部屋で見せてもらいました。
「ゲームとアニメで収録時の違いなどありましたか?」と言う質問に、中村先生とアッキーがハモって「ありましたねぇ」。
皆で集まって同じブースで掛け合いをするのが嬉しかったと言うアッキー、倍速で芝居をしているような印象があったと言う中村先生。
確かに、普通のテレビアニメ、オリジナルビデオアニメなら倍ぐらい時間使うような、詰め込み過ぎな感じのあるテンポでしたね。

続いてのメールは、「Live for You!」が発表されたイベント「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY @TOKYO」の話。
樹里さんが泣いてた件で盛り上がる三人。皆オシャレだからイベントで着る服を選ぶのが大変、と言う話も。
「あれ皆さん自前なんですよ!」と滔々と語る樹里さん。

中村「たまたま、実は中村の着てた服と、アッキーが着てた服の、売ってる店が一緒だったんだよね。あれ」
仁後「えー! そうなんだ」
長谷川「あー、そうですね。喋ってる時の服じゃなくて、『ふるふるフューチャー☆』を歌ってる時の服装を…」
中村「あ、メイドさんだったよね」
長谷川「『ふるふるフューチャー☆』だから可愛くせなって思って、あとちょっと、おにぎりぽくって面白いかなって思って、白黒の…
中村「海苔とご飯で白黒だったんだ?!あれ!」
仁後「あ、だから白黒だったんだ!」
長谷川「あ、いや…」
中村「でも確かに、髪型もちょっと『おにぎりっぽくしてください』って言ってたもん」
長谷川「…言わないでください」
仁後「そんな、そんな…」
長谷川「おにぎりっぽくなんて言ってない! おにぎりっぽくなんて言ってないもん!」
仁後「だから内巻きになっての?」

続いてのメールが、L4Uにより真美をステージに上げる事が出来た事を喜ぶ内容で、真美トーク。
加えて、「ファン代表P」の話も…

「Live for You!」豆知識:
アイドル達にちょっとだけ馴れ馴れしかったり、小鳥さんに常にちょっかいを出したりと、問題行動の絶えない「ファン代表P」ですが、その彼の名前を「アサミンゴスP」にすると、ちょっとだけ寛大な気持ちになれます。

その発想は無かった。

長谷川「なるほど」
社長「それだ!」
中村「なるほど」
仁後「なるほど」

みんな納得してるしw

Ending

いつもの様にボーカルコレクション01,02の案内。
02には「fo(u)r」のリミックスバージョンが入るそうです。
しかも、アッキーの新録ボーカル追加との事。

中村「もう、ウェルカム4月って感じでしょ」
滝田「ウェルカム8月」

はやっ、もう夏かよ。

「海に行きたい。ハマグリを食べたい」
「桜、桜見ようよ」

季節感が滅茶苦茶ですが、樹里さんが「生まれて此の方一回も花見をした事が無い」と言う話とか。
中村「社長! 場所取りしといてください!」

お花見放送ですか? お酒は?

中村「じゃ、花粉症じゃない人全員集めて…」
仁後「それじゃ真耶これないって事?」
中村「え? 真耶ちゃん花粉症なの?」
仁後「花粉だよぉ! 悪いけど花粉のベテランだよ」

それはそれとして、今回は最後まで「ハイ!ハイ!フッフー!」でした。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.