今週の予定 2011年第5週

ついに2月、私事ながら副業スケジュールが二転三転で気が抜けません。

アニメイトのアイマス展、天王寺での展示は2月2日(水曜日)までです。
なんかボリューム減ってるって聞きましたが、スペース狭いの?

後は中の人関連ですかね。
2月4日(金曜日)は「日高愛」役の戸松遥さんのお誕生日。2月は誕生日多いです。

2月5日(土曜日)は、昨年末に発売されたあさぽん(下田麻美さん)のミニアルバム発売記念イベントが池袋GIGOにて行われるそうです。

今週末からずーっと週末が埋まってるよ!と言う人も多いんでしょうね。

久しぶりに、木星のこと。

週末の間、木星関連のキーワードでの訪問者が増えていました。
聞くところによれば、この世の何処かでまた木星叩きが盛り上がっていたそうです。

ここまでしつこいと私も考えを改めざるを得ない。この状況はつまり、低年齢ユーザが増えたのだな、と。
より低い年齢層への拡大は前々からバンナムが狙っていたところでありますし、その施策が結実したのであろう、と。

それならば仕方がない。俺だって小中学生の頃はイケメンの存在自体許せなかったもん。
十代が不寛容なのは仕方ないよ。それをどーこー言うても詮無き事、「十代とオッサンをひとつの作品でカバー出来るとは限らない」と言う話でしかない。
3DSになるのかNGPになるのか知らないけど、また携帯機でカバーすればいいんじゃないですか?

製作者側が「男性の存在感を薄めた世界」を意図していなかった事はハッキリしているし、その様な勘違いをしていた人は、それが保てる場に留まるしかない。
木星の件と竜宮小町の件はそれぞれ別個の問題だし、無理矢理絡める事で主張の正当性を主張されても、根拠が薄過ぎて付き合ってられない。
まぁ、なんにしろ、製品としてはとっくにマスターアップしてるわけだし、ユーザそれぞれの「買う」「様子を見る」「買わない」のステータスも、これから発売日までに出てくる情報ぐらいでは大きくは変わらないと思うんですよね。今から予約が伸びたりキャンセル増えたりはほとんど無いでしょ。

もはや(発売までは)騒ぐ材料も尽きてる様に見えるけど、それでもまだ騒げるってのは、実は(いわゆる)「終わコン」論者とは真逆のスタンスで、「2は買わないけど『Project IM@S』は今後もフォローし続けるよ」と言うメッセージなんじゃないかなぁ。

テレビアニメが始まって更に(コンテンツとしての「Project IM@S」フォロワーの)流入があれば、「アイマスとは○○である」も更に多様化が進み、結果として「××はアイマスに非ず」と言う毒も薄まっていくわけで、その意味では状況は順調に推移している…のかもね。
おk、「Alice or Guilty」のCDは1年我慢するよ。それだけ経てば拒絶反応も十分薄まるだろ。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.