ラジオdeアイマCHU!! 活動2週目

今週は静岡県からと言う設定で、語尾に「ら」「だら」を付けての挨拶。
個人的にはあの訛りはかわいいと思っているのですが、何処の訛りであれ、非ネイティヴが無理に使ってるとイラッとするのは俺だけですか?w

美希「ところで、静岡と言えば温泉だよねー。美希、熱海に寄って行きたいなぁ」
やよい「伊東もいいらしいですよ」
真美「違うよ二人とも、そこはやっぱり下田ら!」

ラジオdeアイマCHU!!
アニメイトTV : ラジオdeアイマCHU!!
http://www.animate.tv/radio/imas_chu

活動2週目『最初からなんでもありな雰囲気に?』

…あれ? タイトルが先週と同じなのは何故?
まぁ、それはそれとして、先週末の決定通り席替えを行います。

仁後「すっごい真耶さぁ、あのー、自分ちのように広げたんだけど大丈夫?」
長谷川「あたしも、ごめんなさいね」
下田「あの、舐めかけの飴あるけど、気にしないで。舐めてもいいよ」

あさぽんの舐めかけの飴ぺろぺろ。

下田「本来は、こーゆーの始まる前にやるのにね。いいね、我々自由だね」
長谷川「あ~ん、真耶子さんの温もり~」

今回は真耶ちゃんとあさぽんが並んで、向かいにアッキーが座ります。

下田「この席さぁ、すごい強くなった気分」
長谷川「なんで?」
下田「隣に仲間を従えて、向かい側になんかもう支える人がいて、この人をターゲットにする事も出来る、みたいな(笑)」
長谷川「一回目の時、アーサーが座ってるとこ私だったけど、あんまり強くなかった気がするのはなんで?」
仁後「うん、なんだろうねぇ、まぁ、性分とかあるんじゃないかな?
長谷川「あれ? 何かちょっとピラミッドが今ぴらっと…」

アッキーMAJI底辺w 中村先生が抜けてもポジションは変わらないぞ、頑張れ!

ふつお大賞

今回は4月9日の公開録音イベント「星春桜歌祭 Powerful☆Miracle☆Chefftival」の感想メール等。

長谷川「去年の公開録音の時に、沼倉愛美ちゃんと2人で歌を歌っている時にサプライズしてくれて、いや、私今回は、確かに4月は誕生日だったんですけど、もちろんこう繪里子さんの卒業サプライズって言う事がメインだから、全然考えて無くて…」
下田「うんうん、だって打ち合わせでね、繪里子さん驚かすつもり満々でいたもんね、アッキーね」
長谷川「そう、そうだよぉ、それを、なんか、ねぇ。ホント、ありがとうございました。ホントにもう、嬉しかった~」

で、あの時の衣装の実物があるようです。

下田「悪鬼爆誕! って感じだね。これさぁ、特攻服かと思ったら白衣なんだもんね」

あの達筆はスタッフの手によるものだそうです。
アッキー誕生日サプライズのコーナー自体は、アッキーは目隠ししてされるがままなポジションなので、アッキーの台本は「コーナー趣旨しか書かれていない」状態だったみたい。

下田「あたしも打ち合わせの時にアッキーに台本が見えない様にね、すごい気を使った」
長谷川「あ、そうだったんだ」
仁後「そんな事言ったら真耶さぁ、誰にも台本見せれないからさぁ、全部書いてあって、で、いつも打ち合わせの時に、みんなが居る前で、とりあえず分かんない事は聞こうかなぁって思ってたんだけど、『あ、これも聴けない』『あ、これも聴けない』ってやってたら、打ち合わせ終わっちゃった、みたいな」

ジャポニカ学習帳体裁な進行台本ですが、アッキーの台本にはアッキー誕生日サプライズが抜けていて、中村先生の台本には中村先生卒業サプライズが抜けている。両方入ってる完全版は真耶ちゃんとあさぽんが持っていたと言うわけですね。
そう言えば、中村先生の進行台本ではあさぽんの登場はどーゆー形だったんだろう?

下田「サプライズ楽しいね! なんかやって下さいよ」
社長「おいおいおい」
長谷川「えー?! 強要した!」

真耶ちゃん&アッキーであさぽんを騙す企画を考えればいいんですよね?
続いてのお便りは、豚王さん改め(公開録音で『犬』代表を務めた)犬王さんから。
プロデューサーポイントではヨダンPがトップだったのですが、イベントには欠席と言う事で次点の豚王P(ラジマスでは「ブタオ→」P名義)が代わりにマスタープロデューサーの証のカーディガンと色紙を授与されました。
で、話し合って色紙は豚王Pへ、カーディガンはヨダンPへ、と分け合いましたよと言う御報告でした。

仁後「あのさぁ、公開録音終わった後に、あのー『もしもしどうしましょうか?』って連絡を取ったのかな?」
長谷川「お友達だったんでしょうかね?」

確か、公開録音直後に豚王PがTwitterで「ヨダンPと連絡を取りたい」とWantedをかけていたと記憶しています。
トップ投稿者達MAJIカッケーな。

仁後「で、犬王さんになっちゃったんだね。じゃあ豚王さんじゃなくなちゃっ…」
下田「なんで豚王さんだったの?」
長谷川「なんで豚王さんって名前なんですかね? 是非そこをね、何故豚王さんなのかって言うのをメールで教えて頂ければ」
仁後「今後どっちになるのかを聴きたいね」
下田「そうだね。『このブタ!』って呼んで欲しいのか、『この犬野郎!』って呼んで欲しいのか…」
仁後「(笑)もっかい! もっかい言って!」
下田「このブタ! この豚野郎!

真耶ちゃん受け過ぎw
個人的に気になってるのは豚王Pの名義バリエーション。
アイマスタジオでは「トンキング」Pですよね。記述がハッキリ分かるのはプロデューサーポイントランキングがあった「ラジオdeアイマSTAR☆」だけなんだけど、そこでも以前は「ブタオ→」Pではなく「豚王」Pだったような…
番組ごとに変えているんだろうか? 気になる。非アイマスな番組でもお名前を耳にしますが、そっちでの記述は?

続いてのお便りはオフィシャルパンフレットの感想。

長谷川「えー、『お三方の美しさに当てられ…』あらやだ~、えー『気付いたら、も』…」
下田「(笑)」
仁後「そ、そんなメールないよ! 『あらやだ』なんてないよ! ないよ!
長谷川「なにそのガチで『お前じゃねーわ』みたいな…」
下田「ゴメンね、ゴメンね」
仁後「あははっ、まぁまぁ、つづきよんで、よんで」
長谷川「だって『お三方』って書いてあるからさ…」

いや、今回のパンフはマジで写真に気合入ってるんですよ。
見ててニヤニヤしちゃいます。これは永久保存版。やれば出来るじゃないかフロンティアワークス!

学校生活をイメージした写真の中には3人でお弁当を囲んでいるカットがあるんですが、中村先生はスナック菓子ばかり、アッキーはコンビニおにぎり&サンドイッチで、真耶ちゃんだけ正統派のかわいい手作り弁当なのです。

長谷川「真耶子さん、これお弁当は、どなたの?」
仁後「うん、お母さんだよ」
長谷川「おっぷ(笑)」
下田「でもお母さん上手い、お弁当」
長谷川「超かわいいお弁当っすね」
仁後「ホントに? でも、これでも結構、急いで作ったからシンプルなの。学校行ってた時は、顔の形のおにぎりとか…」
長谷川「超かわいい! 何それ!」
仁後「うずらに目とか口つけてくれて、とか…」
長谷川「え、何それ? ウチのお母様のお弁当は基本的に茶色かったけど」

…真耶ちゃん、同年代のはずなんですが…今でもお弁当はお母様に作って頂くんですね。(^-^;;

下田「自慢のお母さんだね」
長谷川「お母さんのお弁当食べたいよぉ」
仁後「そんなに? でも、お母さん料理、上手ではない…んだ
長谷川「えっ?! 作って貰ったのに、上手ではない?」
仁後「実は、あの、レパートリーが少ないんだ」
下田「お、お母さんにも毒舌や

続いては、あさぽんのシークレットゲストは読んでた、確信していた、と言うお便り。
イベントのシークレットゲストとしての予想と言うより、中村先生がアニメイトTV枠から抜け、ミンゴスがコロムビア枠から抜けた後の両番組のパーソナリティ構成の予想、ですね。確かに、Twitter見てたらそーゆー予想をしてた人は結構居ました。慧眼です。
あさぽんは会場入りの際も、見つからないようにサングラス&帽子装備だったそうです。

続いて、参加者みんなから中村先生に贈ったメッセージボードの話題。

長谷川「すっごく、なんか私も感動したし、綺麗だったし、繪里子さんの『散らない桜もあるんだね』って言う言葉もね…」
下田「もう、ホントに…なんか…いちいち上手いよね、コメントがね」
仁後「(笑)なんか、後々思うよね。その時はさ、『うん、そうだね』って思ってるけどさ、終わった後に『あー、なんか、今日も上手い事ひとつ残していった』みたいに」
下田「メモメモ、あー、なるほどなぁ、先輩は最後に何か色んなものを残していってくれたなぁって」

中村先生大泣きで、以前「(人前で)泣かないって決めてる」と明言してた真耶ちゃんまで貰い泣きしてたのが印象的でした。
…と、しみじみ思い返していたらいつの間にか御飯の話になっていた。何を言ってるか分からないと思うが以下略

団結オーディション

本日のオーディションは、静岡に因んだ「利き茶オーディション」。
用意された数種類のお茶からひとつを飲み、お茶の名前は直接言わずにお題に沿って味を表現、残りの2人がそれを当てます。

仁後「真耶さぁ、味音痴なんだけど大丈夫かな?」
下田「うん、大丈夫じゃないかもしれないね」

と言う訳で、アッキーから。
お茶の味を「スポーツに例えて表現」します。

長谷川「はぁ…これはですねぇ…朝練だなぁ。高校、いや、中学だな。中学の朝練で、まぁ、ちょっとひとり、自分落ちこぼれだし、ちょっと朝早く行って、ちょっと朝練しようっていって、まぁ、素振りとかの練習を…」(以下略)

なげーよ。
あさぽんは「紅茶」と回答、真耶ちゃんは「烏龍茶」と回答し、正解は烏龍茶。

続いては真耶ちゃん、お茶の味を「アイマスキャラを使って表現」します。

仁後「これはねぇ、あたしの中では、伊織っぽい感じかな?」
下田「え? 何だろう? 光り輝いてるって事?」

どーゆーお茶だよ。
ってか、それ味の表現じゃねーよ。

仁後「イメージは、アイマスキャラじゃないかもだけど、なんか『繪里ちゃんがよく出てきているような春香』みたいな…テンションが高いような、何て言うの? ゲームの中に出てるちゃんとした春香じゃなくて、なんかどっか繪里ちゃんが出てきているような感じの…」
下田「え? 何? 真っ黒って言うこと? え、どーゆー事?」
仁後「あ、黒くない、あの、テンション的な問題? 結構、色んなものが出てきちゃってるよ、みたいな」
下田「そうとう濁ってるお茶って事でしょ?」
長谷川「あなた繪里子さんに対してどーゆーイメージをお持ちなの?」

居ないのをいい事に言いたい放題であるw

あさぽんとアッキーの回答は揃って「グァバ茶」。

下田「えっとねぇ、繪里子さんがパーってなってるかって言われると…」
仁後「なんか独特感が出てない? キャラから中身がすごく出てきてる感じ?」
下田「あー、わ…」
長谷川「ちょっとねぇ、渋い」
下田「アッキーが時を止めた時の味
長谷川「何でよー!」

…何を言ってるんだ。
最後はあさぽんが「コスメに例えて表現」。
飲むなりずーっと「あー」を連呼するあさぽん。

下田「そうだな、コスメで言うなれば…ベタですが…(笑)ファンデーションかな?」

定番でベーシックな感じ?

長谷川「なるほどね、これさぁ、ファンデーションで言うと、リキッドと粉とムースだったらどれ?」
下田「(笑)…どれでもいい」

うーん、ほうじ茶かなぁ?

アッキーの回答は緑茶、真耶ちゃんの回答はほうじ茶で、正解は緑茶でした。
外れたけど、俺は真耶ちゃんの感覚の方が近いらしい。

で、オーディションの出来で毎週ランキングが上下するそうです。
初期状態は100位で、今週は「1ランクダウン」。ゲームにもない101位となりました。
一番出来の悪かった真耶ちゃんが「地獄の告知」を担当します。

下田「ね、ほら、あんな『やりたくない』って言ってたのもフリだったからね」
長谷川「あ、やっぱね、先輩は違うなぁ」
仁後「みんな見てろよ、次、自分の番回ってくるからな!」

Ending

今回の「地獄の告知」は「お茶を口に含みつつ」だそうで、

下田「気をつけて下さいね。マイク、機材とかに飛んじゃったりしますからね」
仁後「じゃあ代わりにやってくれてもいいよ」
長谷川「やだぷー!」

告知内容自体は先週と同じですね。
4月27日リリースのドラマCD「ぷちます!(1)」、夏リリース予定のDJCD「ラジオdeアイマSTAR☆ SP02 ~Graduation~」。

仁後「見ないで! 見ないで! こぼれるじゃんか!」

笑いそうになるのを堪える真耶ちゃんがかなり面白い事に…でも、告知としてどうなんですか?w

仁後「もうこれやめようよ!」
長谷川「やめないよ~♪」
下田「これ楽しいな~、これさぁ、仁後ちゃんにこーゆー地獄の特訓をさせるってコーナーを作りましょうよ」
仁後「やめて! やだ、もういいよ、いいよ、やんなくていいよ!」
長谷川「あぁ、楽しい! さぁ、行こうか!」

パワーバランスが崩れて、とても面白い事になっていますw
弄られる真耶ちゃんもかわいいなぁ。

長谷川「いやぁ、楽しいねぇ、アーサー」
下田「楽しかったねぇ」
仁後「ねぇ、自分の番来た時に絶対凹むよ、あんだけ言い過ぎてゴメンネって言うよ、絶対に!」
長谷川「言わないもん、絶対負けないと思うな」
仁後「嬉しそう…なんかちょっと、繪里ちゃんがすごいって思ったよ。なんでもやってくれる」
下田「あー、そっかぁ」
長谷川「じゃあ今度からはそこを真耶子さんがやってくれるって…」
仁後「いや、だって(あさぽんが)二代目でしょ? 真耶、二代目にはならないよ」
下田「いや、もう三代目に…」
長谷川「襲名早っ!」
仁後「じゃあアッキー四代目に譲るよ」

なんで中村先生の名前を押し付けあってるんすかw

下田「愛されてます、繪里子さん愛されてますよ!」

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.