アニメ「THE IDOLM@STER」 第26話特別編

本日6月17日午前3時30分(6月16日27時30分)より、BS-TBSにて、当初はBR/DVDにのみ収録されてテレビ放送はされないとされていたオムニバスエピソード「特別編」が放映されました。

6月28日のBR/DVD第9巻発売より前に内容に言及するのはネタバレじゃね?と言う話もありますが、現実的な問題として、ネタバレ配慮以前にライブ前に「特別編」の感想を書くのは私のリソース的に難しいかな、と。
実際に「特別編」の感想を書き終えられるのはBR/DVD発売以降になるかと思いますが、忘れないようにここにエントリを立てておきます。

《あにますまにあ》 26話を「みんなといっしょに!」見ようの会 『みんなと!』

そもそもの発端は、くれはP企画の7thライブ中打ち企画「キサラギ」に参加したかったんだけど、当初は両日参加できるかどうか分からなくてもたもたしていたら受付を締め切っていた、と言うのがありまして、その後キャンセル分の追加募集もありましたが、「ぼっち優先」等の条件もあり、その趣旨は理解しましたので、いつもの仲間と3人で7thライブ両日参加となる自分としては追加募集の方への申し込みは自重、であればと言う事で「26話を見ようの会」の方へ申し込みさせて頂いた次第です。
アニマス本放送時から「あにますまにあ」の盛り上がりは伝わって来ていましたし、一度はそれを見ておきたいとも思っていましたので、この特別編はまさに振って沸いたチャンスでした。

それともうひとつ、来週の7thを前に、久し振りに「Pヘッド」を被って身体を慣らしておこう、とw
いや、アレはアレで色々あるんです。暑いし、空気が篭って軽く酸欠になるし、視界が悪いし、音も聞こえ辛いし、首周りの不自由のせいか肩が凝るし…そーゆーのを久し振りに体感して、本番に向けて覚悟を決めておこうと言う事ですね。
私の「Pヘッド」稼動は過去3回、6th東京公演の物販待機列および開場待ちと、池袋「READY!!」発売記念イベントの整理券待機列およびハイタッチ会、池袋「CHANGE!!!!」発売記念イベントの整理券待機列およびハイタッチ会です。その後、冬にもアイマスイベントは色々ありましたが、WINTER C@RNIVALの様に会場周辺スペースに余裕が無いために、稼動を見送っていました。なので、かなり間が空いているわけです。

この日は24時(日曜0時)開始予定でしたが、当日になって前倒しで23時30分から入れるようになったそうです。
私はと言うと、23時以降の中央・総武線の接続が思ったより悪く、0時から20分ほど遅れて到着。
既に会場内ではフロアのスクリーン側半分にコールで盛り上がる一団が…w
いえ、全員と言うわけではなく半分ほどなんですけどね。

会計を済ませ、主催に御挨拶して、フロア後方で「Pヘッド」展開しておりました。
今回は試みにヘッド内にLEDを灯してみたのですが、頭頂部からぶら下げる形にしたため、少し動いただけでふらふら揺れて、ヘッド内ではLEDに照らされる領域と自分の頭部の陰になる領域とが絶え間無くチラチラ動き続ける状態に。あまりにも鬱陶しかったので途中で消灯しました。あれは固定しなきゃダメですね。何事も試してみないと分からないものです。まぁ、本番は昼間の屋外なので、そもそもLED使わないんですけど、

もうひとつ、過去の教訓に基き試してみないといけないのが水分補給。
今日は飲み放題と言う事で、カウンターでジントニックをオーダーします。
周囲から「あいつ、あの頭でどうやって飲むつもりなんだろう」と言う好奇の視線を集めつつ、背広の内ポケットから個包装された長いストローを颯爽と(?)取り出して、ドヤ顔で(←見えません)ロンググラスへイン、飲める! 私にも飲めるぞ!!
本番運用上の懸念としては、通常の500mlペットボトルではストローがボトルの底まで届かないと言う事でしょうか。かと言って、ペットボトル用として売られているストロー付きキャップだとボトルの口から外へ伸びる長さが足りないので使えない。短いペットボトル&通常のストローでの運用に限られます。当日の対応は要検討。

等と言うどーでもいい話は置いといて、スクリーンではアニマスダイジェスト上映が始まります。
ストーリーの勘所や名シーンよりは(どちらかと言うと)楽曲に重きを置いたライブ前に相応しい構成で、コール練習会か予習カラオケかと言うノリで盛り上がる皆さん。
私は頭が大きく後ろの人の視界を遮ってしまうので、基本的にフロア後方に居ましたが、この格好のまま楽曲で盛り上がる機会はまず無いため、思わず破目を外して(7thライブでは使えないタイプの)LEDスティックを振ってしまいました。革靴でも意外と飛べるものですね。
で、身体を動かしているとドリンクが進んでしまうわけで…

こ、こんなペースで27時半まで持つんですか?

(続く?)

第26話特別編「765プロという物語」

「Berryz仮面」ってのが何なのかは終ぞ分かりませんでしたが、グリーンとホワイトの身長差に慄きました。
グリーンが特に大きいのかホワイトが特に小さいのかは判断できませんが、グリーンは体格しっかりしてて素敵ですね。きらりんもあんな感じになるのかなぁ。

(感想は6月28日以降に書きます)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

アニメ「THE IDOLM@STER」 第26話特別編” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.