DS:ストーリー「日高愛」episode.3

ストーリー「日高愛」episode.3「小さな騎士様」

Rank.Dへのランクアップを賭けたオーディションを前に、涼が追っかけらしいヤツに学校周辺までつきまとわれてると言う話。
愛は学校から事務所まで涼をボディガードすると言い出すが、それって返ってヤバくね?
まなみサンと涼の二人で愛を思い止まらせるべき状況じゃないのか。

第一週、流行はVo>Da>Viとなっている。
これはVo曲だったような…と「shiny smile」を選んだのだが、よく考えてみればSPに出て来てない曲なのでタイプなど分かるわけが無い。

月曜日、Voレッスンに行くと千早と遭遇した。
千早の姿を見、声を聞いているだけで何だか落ち着くのは何故だろう。
AAABBBでグッド評価。

火曜日、「ボディガード」コミュ。
どう見ても涼クン(女装前)です。本当に有難う御座いました。
なのに追い回し、とっ捕まえて、お仕置き。涼クンかわいそうです。
愛の「じゃあ、もう行ってもいーです」に思わず噴いた。無闇に偉そうだ。
涼クンは散々な目に遭ってるのにパーフェクトコミュニケーション。

水曜日、まなみサンからメールで呼び出しがあり、「まなみと待ち合わせ1」コミュ。
昨日の件を報告した後、「ファンとの距離感」の話とか。
愛も「難しい問題」と気付いたようだ。
この子まっすぐだなぁ。

木曜日、Voレッスン。
AAAACBでグッド評価。パーフェクトとか絶対無理だ。

金曜日、「レッスン」コミュ。
よりにもよって事務所前で涼クン(女装前)と遭遇。
「義理の兄の遠縁の妹の一卵性双生児」って最初から他人じゃねぇか。
しかも全く誤魔化せずにまた海まで追い詰められる涼クン。不憫。

土曜日、どうやら昨日ので必須コミュを終えた様だ。
オーディションが選択可能になっているが、それでもVoレッスン。
AABABCでグッド評価。

日曜日、絵理のステージを見に行く。
実力の差を意識して落ち込んでしまった様だ。
プレゼントは「悪魔のつの」。

第二週、事務所前で会った涼クンは明らかに疲れ顔。何とも申し訳無い。
流行は変わってVi>Da>Voとなった。
あいたたた、土曜にオーディション受けとけばよかったな。
衣装を「サニーサイドオブザムーン」に、楽曲は「GO MY WAY!!」に変更。

月曜日、Viレッスンにて、りっちゃん再登場。レッスンを見てくれると言う。
BBADAEと微妙な出来てノーマル評価。ついでに「Lv.3」→「Lv.4」。
りっちゃんは辛口な評価だが、パネル「エクストラ21」をくれた。

火曜日、引き続きViレッスン。
ABADABでノーマル評価。

水曜日、またまたViレッスン。
ABBDCEでノーマル評価。

木曜日、ようやく充分なViになったので、オーディションへ。
思い出が7個しかないのが少し心配だが…。
涼クン「こんな暮らしに疲れたって言うか。えへへへへ…」
やっぱり不憫だ。→テンションダウン
思い出をちょうど使いきって90%で合格。

今頃気付いたが、近作はTV出演シーンでアクシデント無いのな。
Rank.Dに昇格。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

機械投稿阻止のための画像認証 * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.